トップへ> 私たちのビジョン〜神の家族

土台となる聖書の言葉

あなたがたはもはや、外国人でも寄留者でもなく、聖なる民に属する者、神の家族である。
(エフェソの信徒への手紙2章19節)

家族であるとは

神の家族としての教会の具体化

  1. そこには,、信仰者を育てる営みがある。
    • 神の家族は、日々、神の言葉を栄養として食べ成長する。
    • み言葉に養われ、み言葉によって生きる信仰者となる。
    • 信仰者としての聖書の学びを通して、成長を目指す。
  2. そこには、愛の交わりがある。
    • 家族は、互いに愛し合い励まし合い、支え合う。家族の中で愛を学ぶ。家族の中で人は安らぎ、新たな力を得る。
    • 愛が働く交わりとして教会員の交わりをもつ。具体的には神の家族としての小グループの交わりの中で、愛に生きる。
  3. そこには、この世に送り出され、責任をもって生きる信仰者がいる。
    • 心を尽くして主に信頼し、主を覚えて常に歩む。自分の知恵や分別に頼らず、神のみ声に聞いて日々生きる。
    • み言葉を適用して生きる。
    • 世の光、地の塩となることを目指す。