今日の説教は、私の最後の説教となりました。私の説教はこの礼拝で最後となりますが、来週からは大澤正芳先生が説教を始められます。金沢元町教会の礼拝では、毎週途切れることなく説教がなされてきました。またこれからもなされていきます。神さまは説教者を通して、聖書によって、私たちに語り続けて下さいます。今日も、神さまの声に耳を傾けたいと思います。今日は

「清い心で深く愛し合いなさい」

と神さまは語ってくださいました。神さまは<清い心で深く愛し合いなさい>と命じておられます。

 <清い心で深く愛し合う>、なんと素敵なことか、と思います。でも<清い心>ってどんな心なのでしょうか。深く愛し合うというときの<深く>とはどういう意味なのでしょうか。愛し合う理由として偽りのない兄弟愛を抱くようになったからとありますが、<偽りのない兄弟愛>とは、どのような愛なのでしょうか。これらの問いは答えるのは正直、私にはむずかしいです。

 こういう時は、聖書は聖書によって解釈するという原則に従います。愛することについて聖書は具体的に書いています。たとえば

「互いに相手を自分より優れた者と考えなさい」(フィリピ2:3)

との教えがあります。この命令には愛という言葉はありません。でも具体的に愛するとはどういうことかを教えています。あるいは

「互いに赦し合いなさい」(エフェソ4:22)。

この命令にも愛という言葉はありません。でも愛するとはどういうことかを具体的に教えています。聖書には、愛するとはどういうことかを具体的に教える言葉がいくつも書かれています。

「互いに親切にし、憐れみの心で接しなさい」(エフェソ4:22)。

ここでも愛という言葉はありません。しかし愛することがどういうことかは語られています。あるいはコリントの信徒への手紙の『愛の賛歌』と呼ばれる部分は、

「愛は忍耐強い、愛は情け深い、ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない」

と続きます。

 私には<清い心>がどういうものかは一言で説明することはできません。しかし私たちが、上に述べたように人を愛する時、私たちの心は清いと言うことができるのではないでしょうか。上に述べたように違う形で愛することを積み重ねるなら、それは<深く>愛していると言えるのではないでしょうか。<清い心>で愛し合うことがどういうことかは分からなくても、<愛する>形は色々あることを知って、その場その場で人を愛するなら、それでよいと私は思います。<深く>愛することが分からなくても、ある時は人を赦し、ある時は人に親切にし、ある時は忍耐をするなら、それは深く愛していることだと私は思います。

 <清い心で深く愛し合う>のは、

「真理を受け入れ、魂を清め、偽りのない兄弟愛を抱くようになったから」

と理由が説明されています。最初に生じる疑問は、いつ・どのようにして、私は・あなたは、偽りのない兄弟愛を抱いたのでしょうか。どうでしょうか。皆さんは、いつ偽りのない兄弟愛を抱いたのでしょうか。思い出せますか。偽りのない兄弟愛を神さまが私たちに与えてくださるとするなら、まだ与えられていないとあなたは言われるのでしょうか。

 22節の最初に<あなたがたは真理を受け入れて魂を清め>とあります。真理を受け入れ魂を清め、とはイエス様を救い主と受け入れることです。

「わたしは真理である」

とイエス様はおっしゃいました。真理を受け入れるとは、イエス様を受け入れることであり、そのことによって私たちは自分の魂を清めます。私たちはイエス様を信じて生きる決心をしました。私たちは自分の魂を清めたのです。

 あなたがイエス様を救い主として受け入れた時、あなたは偽りのない兄弟愛を抱くようになったと言ったら、驚かれるでしょうか。そんなことあり得ないと思われるでしょうか。私たちの心にはやましい汚れた思いが湧いてくるので、愛することにおいてもっと成長してこそ、偽りのない兄弟愛を抱くようになると言った方が納得されるのでしょうか。私は敢えて宣言します。

「私たちはイエス様を救い主として受け入れた時、つまり洗礼を受けてイエス様に結ばれた時、偽りのない兄弟愛を抱くようになりました」。

これは私の考えではなく、今日の聖書に書いてあるとおりです。

 そこで私たちは信仰者のアイデンティティを考える必要があります。信仰者とは何者か、ということです。アイデンティティーをはっきりさせることは、信仰生活の土台を築くことです。これがあやふやだと信仰生活の喜びを見失ってしまうかもしれません。

 皆さんは祈る時、神さまに向かって天の<父よ>と呼びかけます。言い換えると皆さんは、自分を神さまの子であると考えているということです。神の子であると言うことを自覚しないで、習慣で<父よ>と呼びかける方もおられると思います。注意してください。私たちは神の子とされたから、<父よ>と神さまに呼びかけているのです。神の子、これは信仰者のアイデンティティです。

これについては、

「あなたがたは皆、信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子なのです」

とあります(ガラテヤ3:26)。私たちは洗礼を受け、キリストに結ばれます。その時、私たちは神の子となります。神さまは私たちのことを、神の子と見てくださいます。私たちのことを価高く貴い神の子と見てくださいます。これは神さまの恵みによるものです。私たちは神の恵みによって、神の子とされました。私たちは自分の努力によって神の子となるのではありません。私たちがどのような者であろうと、私たちがイエス様を信じ、洗礼を受けてイエス様に結ばれるなら、神さまは、私たちを神の子と取り扱って下さいます。これは恵みです。わたしは神の子と呼ばれるのにふさわしくないなどという必要はありません。これは神さまの恵みなのです。そうすると自分が神の子にされていると知り、喜びが湧いてきます。

「わたしは神の子とされている」

と自分の心に何回も語りかけてください。あるいは

「あなたは神の子とされている」

と自分に語りかけてください。きっと喜びが湧いてきます。

もし、私たちが神の子とされているなら、私たちは偽りのない兄弟愛を抱くものとされているのです。神さまの子どもが偽りのある兄弟愛を抱くでしょうか。

 ちなみに私が皆さんに是非知ってほしい信仰者のアイデンティティーがあります。一つはイエス様がおっしゃいました。

「あなたがたは地の塩である。あなたがたは世の光である」(マタイ5:13〜14)。

イエス様は地の塩になりなさい、世の光になりなさいと言っていません。

「あなたがたは・・・である」

とおっしゃっています。地の塩、世の光、これは信仰者のアイデンティティーです。ですから地の塩・世の光として歩んだら、そのことを喜ぶことができます。自分が理想とする地の塩、世の光になっていないと考え、自分の力不足を悲しむ必要はありません。自分にできる地の塩・世の光として一歩、一歩を歩む時、その一歩の歩みを神様に感謝し喜べばよいのです。

 もう一つのアイデンティティーはこれです。

「だから、キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた」(コリント二5:17)。

信仰者は、<新しく創造された者>です。今までしてこなかったのに、信仰者になって新しく造られた人として行動する時、あなたが新しく造られてことを喜ぶことができます。聖書を読むようになったこと、礼拝を大切にするようになったこと、人を愛する努力をするようになったこと、どれもあなたが新しく造られたことを証明しています。信仰者のアイデンティティーを知る時、喜びが湧いてきます。

 私たちが信仰者のアイデンティティーを考える時、一つ問題が生じます。それは<実感ができない>という問題です。あなたは神の子として、偽りのない兄弟愛を抱く者とされました。

「その通りです。アーメンです」

と言うことができるでしょうか。自分の心には、妬みが生じるし、批判する心、人を低く見る心があり、恨みを感じることもあり、自分が偽りのない兄弟愛を抱く者であるなんて、信じることができないと言われるかも知れません。そこで一つの問いが生まれます。実感できるから信じるのか。神さまがおっしゃるから信じるか。何を根拠に私たちは信じるか、ということです。

 オタマジャクシに聞いてみてください。

「あなたは蛙だよ」。

オタマジャクシはどう答えるのでしょうか。

「蛙じゃないよ、だって手と足がないもん。地面に上がれないもん」。

しかし

「オタマジャクシは蛙の子、やがて手が出る足が出る」。

毛虫に聞いてみてください。

「あなたは蝶々だよ」。

毛虫はどう答えるでしょうか。

「蝶々じゃないよ、だって空を飛べないもん。羽だってないもん」。

毛虫は蛹になり、やがて羽化して蝶になります。オタマジャクシも毛虫も自分が蛙であり蝶であることは実感できないと思います。しかし時が経てば、オタマジャクシは蛙になり、ピョンピョン跳ぶようになります。毛虫は蝶になり、空を飛ぶのです。

 信仰者はどうでしょうか。信仰者は時間の経過ではなく、信仰によって歩むことによってアイデンティティーが実現します。偽りのない兄弟愛を抱くものとされていると信じて、兄弟を具体的に愛するのです。ある時は赦し、ある時は親切にし、ある時は自分より優れた者と考えるのです。ある時は憐れみ深く接するのです。そういう歩みを重ねていくのです。そうすると自分が偽りのない兄弟愛を抱いていることを知るようになります。信じて歩むと実感が後からついてくるのです。実感があるから信じるのではなく、信じて歩むから実感が生じるのです。

100」、心が偽りのない愛に満たされているというのではありません。そんなのは無理です。そうではなく、あなたは愛することができます。偽りのない愛で愛することができます。それは言い換えると、偽りのない愛を抱くものとされているのです。私たちに必要なことは、愛することに一歩踏み出せばいいのです。そして愛することができたら喜べばいいのです。大嫌いな親に親切にし、親切にできたことを喜べばいいのです。大嫌いな親を忍耐することができたこと、それを喜べばいいのです。愛せない夫の不満を数えるのではなく、夫の長所を見いだし、夫と共にあることを喜ぶのです。小さな愛の歩みの積み重ねは、偽りのない兄弟愛を抱く者とされているとの実感をあなたにもたらします。

 愛することを真剣に考えると自分が愛の薄い者であることを知らされます。そのことでくよくよしたり、自分を嫌いになったりする必要はありません。自分の現実ではなく、アイデンティティーを大切にするのです。信仰者のアイデンティティーを信じて歩むことを積み重ねる時、そのアイデンティティーを実感できるようになります。ここに信仰に生きる喜びがあります。私たちはこの喜びを分かち合うようになってきました。神さまの恵みです。

 23節を読みます。

「あなたがたは、朽ちる種からではなく、朽ちない種から、すなわち、神の変わることのない生きた言葉によって新たに生まれたのです」。

私たちは、そしてあなたは、新たに生まれたので、偽りのない兄弟愛を抱く者とされたのです。でも、私たちはどのようにして新しく生まれたのでしょうか。どのようにして、新しく生まれた者であると実感できるのでしょうか。

 私たちは、朽ちない種から生まれます。つまり神の変わることのない生きた言葉によって新たに生まれるとあります。どういうことでしょうか。私たちの信仰の土台にあるもの、それは聖書です。そして礼拝です。特に礼拝においては、聖書の説き明かしがなされます。私たちは、以前は人間の知恵、自分の考え・経験、世の常識によって考え行動してきました。時には、すぐれた思想家や実践家の教えに従って生きてきました。

でも信仰を持つ者は、聖書の言葉によって、つまり神の言葉によって生きるように招かれています。神の言葉は朽ちない種です。私たちの心に神の言葉という朽ちない種が蒔かれました。この種が私たちの心の中で芽を出し、成長し、実を結ぶようになります。言い換えると、私たちは聖書の言葉によって考え、行動するようになるのです。聖書の言葉が私たちの生活全体に影響を与えます。

 聖書の言葉に、それほどの絶大な信頼をおいていいのでしょうか。ここが信仰の分かれ目です。聖書が伝える信仰は、神の言葉に絶大な信頼を置く信仰です。神を信じるとは、神の言葉を信じる信仰に他なりません。25節には、

「主の言葉は永遠に変わることがない」

とあります。これは旧約聖書のイザヤ書にある言葉です。

旧約聖書にはアブラハムという人物が登場します。彼は信仰の父と呼ばれる人です。彼は75歳の時、神の声を聞きました。

「あなたは生まれ故郷/父の家を離れて/わたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民にし/あなたを祝福し、あなたの名を高める/祝福の源となるように」。

アブラハムは、神の約束を聞き、神の命令に従いました。アブラハムは、

「あなたを大いなる国民にし、あなたを祝福し、あなたの名を高める」

という神の約束を受け入れ、生まれ故郷を離れて神の示す地に行きました。この時から信仰の父として彼の信仰の歩みが始まりました。旧約聖書は私たちに教えます。神の言葉こそ、真理であり、人間を支え導く唯一のものであると。

 その神の言葉が言うのです。あなたは真理を受け入れ魂を清め、偽りのない兄弟愛を抱く者となった。だから私たちは、愛に生きるのです。一歩踏み出して愛に生き、また一歩踏み出して愛に生きるのです。聖書の言葉を取り次ぐ者として、皆さんに最後の言葉を語ります。

「清い心で深く愛し合いなさい」。

祈り