今日でヨハネ福音書の説教が終わります。このヨハネ福音書は困難な状況にある教会のために書かれたものです。それはユダヤ教からの迫害の下にある教会に向けて書かれました。イエス様を信じたのに迫害を受け、信仰があいまいになり、ユダヤ教に戻ろうとする人もいました。そこでナザレ出身のイエスが神の子メシア・救い主であることを伝え、困難の中にある信仰者を励ますために書かれました。ユダヤ教の人々へもイエス様がメシアであることを伝えるためにも書かれました。

 この福音書もイエスの活動を描いています。イエス様の十字架と復活も書いています。でもイエス様が語る言葉を聞いているとそれは復活されたイエス様の言葉に思えます。たとえば、

「わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている」(10:14)。

あるいは

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である」(15:5)。

ヨハネ福音書は、地上のイエス様を語りながら、実は復活されたイエス様、信じる者たちと共におられるイエス様を語り、励ましを語っているのです。

 イエス様はペトロが年をとったら迫害され、捕らえられると予告しました。ペトロは神さまのために命を犠牲にし、神の栄光を現すだろうと言われました。その時ペトロは、イエス様の愛しておられる弟子はどうなるのかと聞きました。このイエス様の愛しておられる弟子とは誰なのか、これは謎です。24節によれば、この弟子がヨハネ福音書を書いたことになっています。この弟子は、イエス様と弟子たちの最後の夕食の時、イエス様の胸元に寄りかかったまま、

「主よ、裏切るのはだれですか」

と言った人です。そしてイエス様が葬られてお墓へペトロと一緒に走って行った弟子です。

 ペトロは自分が将来迫害を受けることは受けとめました。ではこのイエス様の愛する弟子はどのような運命を辿るかをイエス様に聞きました。イエス様は答えます。

「わたしの来るときまで彼が生きていることを、わたしが望んだとしても、あなたに何の関係があるか。あなたは、わたしに従いなさい」。

イエス様の答えは明確です。<彼のことは、あなたには関係がない><あなたにはあなたの使命があり、彼には彼の使命がある>。これがイエス様の答えでした。

 そこで、ふと思います。私たち牧師は、自分が赴任する教会を自ら選ぶことはしません。多くの場合、

「○○教会の牧師となりませんか」

との招きを受け、これを受け入れてその教会の牧師となります。ある人は地方の小教会へ赴任します。礼拝に集う人数も少なく、伝道に苦労します。別な人は都会の教会に赴任します。礼拝に集う人数も多く、クリスマスにはいつも受洗者が与えられます。するとどうなるでしょうか。小教会へ赴任した牧師は、

「いいなあ、礼拝に来る人が多く、受洗者も与えられて」

と妬みを感じることがあります。あるいは自分の無力さを感じることもあります。赴任した教会が異なったために、抱かなくていい妬みを感じたりすることがあります。でも今日のイエス様の言葉によれば、他の牧師がどこの教会でどんな働きをしているのか、それはあなたには関係ありません、となります。人はそれぞれ与えられた場で、真剣に誠実に務めを果たせばいいのです。皆さんも同じだと思います。

「あの人はクリスチャン夫婦でいいなあ。私は家でただ一人の信仰者。クリスチャン夫婦なら、互いに励まし合うことができるのに」

などと思うことがあるかもしれませんが、他の人は関係ないのです。あなたはあなたの信仰生活を生きるのです。ベストセラーになった本の題名で言えば、

「置かれた場所で咲きなさい」。

 言い換えると神さまは一人びとりの人に向き合い、導いてくださるということです神さまは一人びとりの人に心をかけてくださるということです。他人をうらやむ必要はないし、他人と自分を比較する必要もありません。一人一人が神さまを信じて、神さまの導きを受けて歩めばよいのです。復活されたイエス様も、順調に伝道できている教会を顧みられるし、迫害下にある教会も顧みられるのです。ペトロに必要なことは、<イエス様に従う>ことでした。復活されたイエス様は、私たち一人一人を顧みてくださる救い主です。

 24節。

「これらのことについて証しをし、それを書いたのは、この弟子である」。

<これらのこと>とはヨハネ福音書全体のことです。イエス様の愛された弟子はヨハネ福音書の著者です。

「わたしたちは、彼の証しが真実であることを知っている」

とあります。この<わたしたち>は、ヨハネ福音書を読んでいる人たち、迫害の中におかれている信仰者たちを指しています。

 <彼の証し>とは、言い換えるとヨハネ福音書に書かれていることです。この弟子は、<証し>を書いたのです。<証し>という言葉は日常的に使う言葉ではありません。信仰者がよく使う言葉です。<証し>とは<証言>と言い換えることができます。裁判では、証人が自分の知っていることを話します。証人は、自分が知っている事実を証言します。裁判は、証言に基づき、真実を究明します。信仰者の場合は、自分の経験に基づいてイエス様が救い主であることを証言します。それを<証し>と言います。このヨハネ福音書は、イエス様が神の子・救い主、神さまがこの世に送った救い主であることを証言しています。この証言を信じるか否か、それは読む人の判断によります。裁判では嘘の証言をすることがありますが、それは偽証と言われ、犯罪となります。証言は、真実か否か吟味されます。

 ヨハネ福音書を読むと、イエス様が救い主であることを証言するものがいくつも登場します。

「神から遣わされた一人の人がいた。その名はヨハネである。彼は証しをするために来た。光について証しをするため、また、すべての人が彼によって信じるようになるためである」(1:6〜7)。

光とはイエス様のことです。神さまはヨハネを派遣し、ヨハネの語ることを通して人々がイエス様を信じるようになることを願われたのです。

 あるいは

「しかし、わたしにはヨハネの証しにまさる証しがある。父がわたしに成し遂げるようにお与えになった業、つまり、わたしが行っている業そのものが、父がわたしをお遣わしになったことを証ししている」(5:36)。

イエス様の行った奇跡、それはイエス様が救い主であることを証ししている、証言しているというのです。さらに

「わたしが父のもとからあなたがたに遣わそうとしている弁護者、すなわち、父のもとから出る真理の霊が来るとき、その方がわたしについて証しをなさるはずである」(15:26)。

真理の霊、つまり聖霊がイエス様について証しをするとあります。もしかしたら礼拝において説教を聞いている時、聖霊の導きによってイエス様を信じようとの思いが与えられるかもしれません。説教もまたイエス様が救い主であることを証言します。人は証しを聞いて信じるようになります。言うまでもなく、聖書もまたイエス様を証しするものです。イエス様はおっしゃいました。

「あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している。ところが、聖書はわたしについて証しをするものだ」(5:39)。

 このヨハネ福音書が書かれた目的については、20章の最後にはっきりと書かれています。

「これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである」。

<これらのこと>とは、ヨハネ福音書のことです。この福音書は証しの書物であり、これを読んだ人々がイエス様を信じ、信じて命を受けるためであると書かれています。証しは、人々を信仰に導く手段となります。

 もう一度24節を読みます。

「これらのことについて証しをし、それを書いたのは、この弟子である。わたしたちは、彼の証しが真実であることを知っている」。

ここで<私たちは彼の証しが真実であると知っている>とあります。えっ、と引っかかりませんでしたか。<私たちは彼の証しが真実であると信じている>となっているなら、何の違和感も感じません。しかし<知っている>とあります。

「私はイエス様を信じています」

という発言を聞いても違和感は感じません。でも

「私はイエス様を知っています」

という発言はどうでしょうか。信仰を持っている皆さんは、

「私はイエス様を知っています」

とためらわずに言えますか。

 ずっと昔、鳥羽教会の牧師をしていた時のことです。ある方が、所属していた教会から鳥羽教会に転入会されました。その方が言うのです。

「私はイエス様に出会いました」。

でも<出会いました>という言葉に私は違和感を感じました。その方は、顔と顔を合わせてイエス様に出会ったかのように語っているので、私は違和感を感じたのです。でも、私もイエス様と出会ったから信仰をもったのです。私の場合は、顔と顔を合わせて出会ったわけではなく、強いて言えば、心の中でひそやかに出会ったのであり、あのように<出会いました>と言うことはできません。これと同じ違和感が、<知っています>という言葉にあります。

「私はイエス様を信じています」

という発言を聞いても違和感は感じません。でも

「私はイエス様を知っています」

という発言を聞いたら、私はすぐに、どんな風にイエス様を知っているのですかと突っ込みを入れます。<知っている>という表現は、具体性を含んでいます。具体的に何かを知っているのです。

 ある方が銀行に行き、お金を引き出して家に帰りました。気がつくと通帳と引き出したお金が見当たりません。家の中を一生懸命探したのですが、見つかりません。そこで見つかるように祈りました。祈ったので安心して昼寝をしました。そして目が覚め、ふとゴミ箱の中を見たら、何とそこにあったのです。祈りが聞かれたと思った時、神は生きて働かれる方であると知ったと、その方が話してくれました。この時、その方は<知ったのです>。それまでは、神は生きて働かれる方であると信じていたのですが、今や、神は生きて働かれる方であると<知った>のです。そしてその方は、神は生きて働かれる方であると証しをするようになりました。証しは自分の見たこと聞いたこと経験したことを語ることです。証しの背後には体験があります。

 24節で、

「わたしたちは、彼の証しが真実であることを知っている」

と語る時、それは<証しされている>ことを、私たちも身をもって知っているということです。知っている人は証しをすることができます。ここの<わたしたち>は、復活されたイエス様との交わりに生きており、イエス様が神の子メシアであることを知っているのです。単なる知識として知っているのではなく、復活の主イエスとの交わりを持っているゆえに知っているのです。神を信じて生きるとは、何らかの形で神を体験し、神を知り、神を証しすることと言えます。さらに言えば、私たちもまた積極的に

「知っている」

と証しをしたいのです。それを神さま、イエス様は私たちに望んでおられることを、私は知っています。聖霊が降る時、あなたがたは地の果てに至るまで私の証人となるとイエス様はおっしゃいました。だから私も主イエスが神の子、メシアであることを語り伝えます。証しをします。証しこそ、神さまを宣べ伝える手段です。説教も、ただ聖書の説明をするだけでは不十分です。説教は、証しの言葉でなければなりません。

 25節。

「イエスのなさったことは、このほかにも、まだたくさんある。わたしは思う。その一つ一つを書くならば、世界もその書かれた書物を収めきれないであろう」。

イエス様のなさったことを一つ一つ書くなら、世界もその書物を収めきれないというのです。この世界には図書館が沢山あります。世界のすべての図書館も収めきれないほどになるというのは、どういうことなのでしょうか。24節で<証しは真実>と語られているのに、25節の言葉は、25節の言葉は、誇張した言葉に思えて、真実な言葉とは思えません。注解書には、これはイエス様の救いのすばらしさを表現するための誇張された表現であるというのです。私はこの説明には納得できません。もしこの25節から、福音を聞くことができるとしたら、それはどんな喜びの知らせなのでしょうか。そこで何日も思いめぐらします。

 今日の説教の最初で、ペトロとイエスの対話を取り上げました。神さまは、私たち一人一人に向き合い、心をかけてくださるお方ですとお話ししました。私たちがどのように小さな者であっても、私たちが取るに足りない者であっても、神さまは私たちを顧み、私たちを導き、私たちを生かしてくださる神です。復活された主イエスは、私たちの良き羊飼い、私たちを導かれる救い主です。私たちもまた、私たちを導き生かすイエス様の働きを書くことができるのではないでしょうか。私たちが信仰に歩み、証しをする者となるなら、私たちも主イエスの働きを証しする書物を書くことができます。どんなにささやかなことだとしても、人の目をひくようなものではないとしても、私たちもまた証しとして、復活された主イエスの働きを書くことができます。そう考える時、世界もその書かれた書物を収めきれないであろう、の意味が分かります。無数のクリスチャンが証しを書くのです。世界も収めきれない、なるほどと思います。イエスの愛する弟子がヨハネ福音書を証しの書物として書きました。私たちもまたイエス様を証しすることができ、それを身近な人に伝えることができます。身近な人の心に書くことができます。

祈り