私は聖書を読む中で、戸惑うというか、分からないことがありました。それは神さまを愛するということです。今日の聖書でイエス様はペトロに

「わたしを愛するか」

と問いかけます。イエス様を愛するとは何を意味しているのか、神を愛するとは、何をすることなのか。神を愛するとは、神さまに対して何か特別な感情を抱くことなのでしょうか。そのような感情がどのようなものか、わかりません。皆さんはイエス様を愛していますか。神さまを愛していますか。

 今日の聖書の15節でイエス様はペトロに言います。

「ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか」。

イエス様はおっしゃいます。

「わたしを愛しているか」。

ペトロに対して愛しているのか否か、答えを求めています。この場合、<イエス様を愛する>ことについて両者に共通の理解があることが前提となっています。

 共通の理解と言えば、たとえば交際している男女がいたとします。男性が女性に

「僕はあなたを愛している」

と言った場合、それを聞いた女性は、

「愛している」

ことが何を意味しているのか、了解できます。男性はきっと私に結婚を申し込むわ、と女性は考えます。男性と女性の間で、

「愛する」

ことが何を意味するか共通の理解があります。神さまを愛するという時、それが何を意味しているのか、わかりにくいですが、男性が女性に

「愛している」

と言えば、それが何を意味しているのか、私たちにはすぐ分かります。

 親が子に向かって

「愛している」

といった場合、それを聞いた子供は、

「愛している」

ことが何を意味しているのか、了解できます。親は自分のことを大切に考えていると子どもは理解します。親もまたそう考えています。

「愛している」

との親の言葉を聞けば、子供は喜びます。

「愛している」

という言葉が何を意味しているのか、親も子も共通の理解を持っています。

 イエス様が

「わたしを愛しているか」

ペトロに尋ねたとき、イエス様を愛することが何を意味しているのか、ペトロは分かっています。もしペトロが、イエス様を愛することがどういうことか分からないなら、そのことを質問するはずです。質問しないということは、イエス様を愛するということがどういうことか、ペトロは分かっていたことになります。

「イエス様を愛する」

ことが何を意味しているのか、イエス様とペトロの間には共通の理解がありました。

 イエス様は神さまの戒めを二つに要約されました。一つは、神を愛することです。イエス様はおっしゃいました。

「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」。

神を愛するとはどういうことなのか、それが分からなければ、神さまを愛することはできません。

 

「わたしを愛しているか」

とイエス様に言われて、ペトロは、イエス様が何を求めているのか、分かっていました。では<イエス様を愛する>ということをペトロはどのように理解していたのでしょうか。イエス様が弟子たちと過ごした最後の晩、イエス様は弟子たちに話されました。

「わたしが行く所にあなたたちは来ることができない」(ヨハネ13:33)。

するとペトロは言うのです。

「主よ、どこへ行かれるのですか」。

するとイエス様は、

「わたしの行く所に、あなたは今ついて来ることはできないが、後でついて来ることになる」。

するとペトロは、

「主よ、なぜ今ついて行けないのですか。あなたのためなら命を捨てます」。

ペトロにとってイエス様を愛するとは、イエス様について行くこと、イエス様に従っていくことです。その結果、命を捨てることになろうと、イエス様に従うとペトロは語ります。彼はイエス様を愛しているのです。

「あなたのためなら命を捨てます」

と語ります。大胆な発言です。

私は若い日に信仰を持ちました。その時、私はイエス様について行こう、従っていこうと決心しました。この決心を持って生きることがイエスを愛することであると考えはしませんでした。しかしペトロはイエス様に従うことが、イエス様を愛することであると知っていました。そしてイエス様もペトロにそのことを求めて、

「わたしを愛しているか」

と尋ねたのです。

 ペトロはイエス様の問いに答えます。15節。

「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」。

ペトロは

「はい、主よ、あなたを愛しています」

と直接的な答えをしません。直接的な答えをせず、私があなたを愛していることは、あなたがご存知ですと、歯切れの悪い答えをします。きっぱり、

「あなたを愛しています」

と答えていません。なぜでしょうか。

ペトロには、イエス様を裏切ったという思いが心にあるので

「あなたを愛しています」

と語ることにはためらいを感じたのだと思います。そこで

「わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」

と判断をイエス様にゆだねたと考えます。

 もし

「あなたを愛しています」

と答えたとします。イエス様から

「あなたは私のことを知らないと言ったよね。それって、どういうこと」

などと言われたら、どう答えていいか分かりません。イエス様を裏切ったのは確かです。

「あなたはわたしを愛していない」

とイエス様に言われても仕方がありません。でもイエス様に従いたいとのペトロの思いは偽りではありません。人間は過ちを犯し、失敗することがあるのです。イエス様を愛している気持ちに偽りはなくても、行いで、裏切るようなことをすることもあります。

 イエス様はペトロに

「わたしを愛しているか」

と三度尋ねました。三度言われた時、ペトロは悲しくなりました。イエス様の言葉は、ペトロが三度裏切ったことと無関係ではないからです。ペトロがイエス様のことを三度

「知らない」

と言ったから、イエス様はここで三度、

「わたしを愛しているか」

と尋ねたのです。そのことがペトロにははっきり分かります。

 ペトロの三度目の答えはこうです。

「主よ、あなたは何もかもご存じです。わたしがあなたを愛していることを、あなたはよく知っておられます」。

あなたは何もかもご存じです、とペトロは言います。つまりペトロが三度イエス様のことを知らないと言ったことを、あなたは知っていますとペトロは語るのです。その上で、

「わたしがあなたを愛していることを、あなたはよく知っておられます」

と言います。<わたしはあなたを裏切りました。あなたの目を見て、あなたを愛していますとは言えません。それでもなお、わたしはあなたを愛していますし、あなたについて行きたいと思っています>。これがペトロの気持ちです。自分がイエス様のことを愛していることについて、ペトロはイエス様の判断にゆだねました。

 言うまでもなく、イエス様はペトロの愛を認めています。最初に尋ねた時のペトロの答えに対して、

「わたしの小羊を飼いなさい」

との命令は、すでにペトロを赦し、ペトロの愛を認めている言葉です。

「わたしを愛しているか」

と三度尋ねたことは、ペトロを悲しませたかもしれませんが、しかし

「私の羊を飼いなさい」

との三度の命令は、私はあなたの愛を分かっているよ、とのイエス様の言葉に他なりません。イエス様はペトロの失敗を赦し、ペトロの愛を受け入れています。あなたについて行きます、あなたに従っていきますとのペトロの愛をイエス様は受け入れておられます。

 ペトロはイエス様を愛することにおいて失敗しました。イエス様を裏切りました。失敗と言えば、イスラエルの民もまた失敗しました。モーセは神の命令をイスラエルの民に伝えました。

「あなたは心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい」(申命記6:5)。

神を愛する、それは神さまの命令でした。神がイスラエルの民に与えた十戒の第一の戒めは、

「あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない」(申命記5:7)。

しかしイスラエルの民は、他の神々を礼拝し、この掟を破ったのです。神はイスラエルの民のこの行為を姦淫、と非難します。イスラエルの民も神を愛することに失敗します。

 神さまはイスラエルの民に神を愛することを命じました。イスラエルにとって神を愛するとは、神の戒めを守ることでした。神の戒めを守る、ということを考えると気が滅入る方がおられるかもしれません。しかし神さまの戒めは、神の愛から出たものです。神さまの戒めを守ることは人間の祝福につながるのです。繰り返します。神さまの戒めを守ることは人間の祝福につながるのです。神さまはイスラエルの民を愛し、その幸せを願って戒めを与えられました。神さまにとって、イスラエルの民を祝福することと戒めを与えることは同一のことです。その戒めを守ることに失敗したイスラエルの民を神は赦します。

 そもそも神がイスラエルの民と関わったのは、イスラエルの民がエジプトで奴隷として苦しんでいた時です。神はイスラエルの民を奴隷の苦しみから救い、自由に生きることができる土地へと彼らを導きました。そもそもイスラエルにとって神とは、彼らを救う神なのです。神はイスラエルの民がさらに祝福された歩みをするようにと戒めを与えられました。その戒めを守ることに失敗したイスラエルの民を神は赦します。そのことは旧約聖書の<士師記>に書かれています。神は私たちを救う神、そして私たちを赦す神です。

 イエス様はペトロの失敗を赦し、またペトロのイエス様に対する愛を喜ばれます。そして羊を飼いなさいとの新たな使命をペトロに与えます。ペトロに新たな出発をさせるのです。イエス様を愛する歩みをペトロにさせるのです。教会の指導者としてペトロを派遣します。本当の羊飼いはイエス様ですが、ペトロに羊飼いとなることを命じたのです。ペトロは赦され、イエス様からあらためて派遣されるのです。イエス様は失敗する者を赦し、再出発をさせてくださる方です。

 そしてペトロについてイエス様はさらに語ります。

「はっきり言っておく。あなたは、若いときは、自分で帯を締めて、行きたいところへ行っていた。しかし、年をとると、両手を伸ばして、他の人に帯を締められ、行きたくないところへ連れて行かれる」。

これはペトロが捕らえられて迫害されることを語っています。イエス様はペトロの将来を示されたのです。

「あなたのためなら命を捨てます」

とペトロは語りました。その言葉の通り、ペトロはイエス様のために苦しみを受け迫害されるとの予告です。ペトロは自分の死をもって、神の栄光を現すことになるとの予告です。

 だれが好き好んで他者のために自分の命を犠牲にするでしょうか。ペトロはイエス様を宣べ伝え、神さまに仕え、命を犠牲にします。それは言い換えると、神を証しする死です。それ故に、神の栄光を現す死とされます。

 このイエス様とペトロの対話は

「あなたはイエス様を愛しているか」

と私たちに問いかけてきます。私たちにとって、イエス様を愛する、神さまを愛するとはどういうことでしょうか。それは何か特別な感情を持つことではないと思います。

 申命記6章で、神さまはイスラエルの民に

「心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして神を愛しなさい」

と命じています。この前後には、神の戒めを守りなさい、神の言葉を心に留めなさいと書かれています。つまり神を愛するとは、神の言葉を守ることです。

 神さまはいかなる方でしょうか。神さまは私たちを救い、私たちを赦されるお方です。イスラエルの民をエジプトの奴隷状態から救い、私たちを罪から救われるかたです。その神様は私たちに語りかける神です。ですから私たちは神さまに聞き従います。聞き従う、これが神さまを愛することです。

 イエス様はペトロに言いました。

「わたしに従いなさい」。

それは言い換えると、わたしを愛しなさい、です。私たちもまた、イエス様を愛するように命じられています。私の、イエス様について行こうとの若き日の決心に変わりはありません。そこで私も

「イエス様、あなたを愛しています」

と告白します。

祈り