ヨハネ福音書も最後に近づいてきました。今日は21章です。20章の最後には、この書物・ヨハネ福音書が書かれた目的が書かれています。

「あなたがたがイエスは神の子メシアであると信じるためであり、信じてイエスの名により命を受けるためである」。

ヨハネ福音書は20章で終わっていた、と考えることができます。

 しかし何らかの理由で21章が付録のような形で付け加えられました。付け加えられたと判断する理由があります。21章でも復活されたイエス様が弟子たちの前に現れます。ただし場所はティベリアス湖畔。つまりガリラヤ湖です。なぜ弟子たちがガリラヤに戻ったのか、その理由は書かれていません。また20章でイエス様は弟子たちにこう語っています。

「父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす」。

弟子たちはイエス様によって遣わされたのです。それなのにガリラヤに戻り、しかも漁をします。前の仕事に戻ったかのようです。21章は、それまでのヨハネ福音書の記述とは、つながっていないのです。そこで後から付録のように追加されたと考えられてきました。

 なぜ、わざわざ付け加えられたのでしょうか。その理由は必ずしも明確ではありませんが、イエス様を裏切ったペトロが赦しを受け、イエス様から派遣されることをはっきりさせたかったのではないかと思います。ペトロに対する赦しと派遣、それが21章が付け加えられた理由だと考えます。今日も聖書に聞きます。

 今日の聖書は1節で、復活されたイエス様がご自身を弟子たちに現された次第はこうであると始まります。最後の14節では、イエス様が弟子たちに現れたのはこれで三度目であると書かれています。今日の聖書箇所はイエス様が確かに復活されたと伝える物語になっています。イエス様の復活は事実なのであると語っています。

 最初にティベリアス湖畔にイエス様の弟子たちが数名いることが書かれています。最初に名を挙げられているのはシモン・ペトロです。彼は

「わたしは漁に行く」

と語ります。すると他の弟子たちも

「私たちも一緒に行こう」

と語り、彼らは共に漁に出ます。漁師が魚を捕るのは夜です。夜を徹して漁をします。夜が明ければ漁は終わりです。

 夜が明けた頃、イエス様が岸に立っておられました。弟子たちはその人がイエス様だと分からなかったとあります。弟子たちとはいえ、復活されたイエス様を見ても、それがイエス様だと分からないことが聖書の中に繰り返し書かれています。ルカ福音書では二人の弟子たちがエマオという村に向かって歩いている時、主イエスが近づいて話しかけても、弟子たちはイエス様だと分かりませんでした。ヨハネ福音書の20章では、マグダラのマリアも振り向いてイエス様を見たのですが、イエス様だと分かりませんでした。今日の聖書で漁をしている弟子たちは、岸にいるのがイエス様だと分かりませんでした。

 一晩漁をしても魚は捕れませんでした。しかしイエス様が弟子たちに

「舟の右側に網を打ちなさい」

と命じ、ペトロたちが網を打ったところ、沢山の魚が捕れました。その時、イエス様の愛しておられた弟子がペトロに

「主だ」

と告げます。岸にいる人が復活されたイエス様だと気づいたのです。20章においても、マグダラのマリアが墓で泣いている時、彼女はイエス様を見てもイエス様だと分かりませんでした。しかし

「マリア」

とイエス様が呼んだ時、マリアは声をかけたのがイエス様だと分かります。復活されたイエス様がそばにいてもイエス様だと分からないのですが、きっかけが与えられると復活のイエス様に気づくのです。このようにして、ヨハネ福音書はイエス様の復活は確かであることを伝えています。

 今日の聖書は、突っ込みたくなる記述となっています。漁をしている弟子たちと岸にいるイエス・キリストとどれくらい離れていたかというと、200ペキスとあります。1ペキスは45センチなので、90メートルです。舟に乗っている弟子たちとイエス様は90メートル離れていたのです。これだけ離れていたら、舟から岸にいる人間を見ても、それが誰であるか見分けることができないと思います。学校の運動会で100メートル競走を走りました。100メートルの距離を思い描きます。それだけ離れていて、会話ができるのかと思います。しかし、このような突っ込みは脇へおき、復活されたイエス様はガリラヤにおいても、ご自身を弟子たちに見せたのです。今日の聖書は、イエス様の復活を証言する物語になっています。

 実は、今日の聖書から何をメッセージとして語ることができるのか、よく分かりませんでした。何回も聖書を読む中で、ようやく教えられたことがあります。1節でイエス様は、

「弟子たちにご自身を現された」

とあります。イエス様はどのようなお方なのか。イエス様はご自身を現される方なのです。そこでまず、イエス様はどのようにご自身を現されるのかを聖書から読み取りたいと思いました。

 ペトロは漁師でした。そしてここで

「わたしは漁に行く」

と語ります。漁をする、それはペトロの生活の一場面です。他の弟子たち、ゼベダイの子たちも漁師でした。彼らは夜を徹して漁をします。漁に適しているのは夜なのです。明るい昼間は漁には適しません。残念なことにこの夜は、収穫がありませんでした。3節には、

「その夜は何もとれなかった」

とあります。弟子たちは落胆したに違いありません。物事はいつもうまく行くとは限りません。

「まあ、こんな時もあるさ」

と言ってやり過ごすことができます。それが人生と人は思うかもしれません。でも忘れてはならない事実があります。その時、イエス様は弟子たちの近くにおられたのです。一生懸命力を尽くして漁をしたのに収穫がない時、弟子たちは気づきませんでしたが、復活の主は弟子たちの近くにおられたのです。弟子たちはそのことに気づいていませんし、イエス様がいることを想像すらできませんでした。イエス様は弟子たちの近くにおられたのです。

 落胆している弟子は思いがけなく呼びかける声を聞きます。

「子たちよ、何か食べる物があるか」。

夜を徹して漁をした漁師たちは岸に戻れば朝食を食べることになります。しかし今、食べ物はないので、

「ありません」

と答えます。するとさらに声が聞こえてきます。

「舟の右側に網を打ちなさい。そうすればとれるはずだ」。

主イエスからの導きが聞こえてきたのです。弟子たち・漁師たちは、迷うことなくその声に従いました。イエス様の命令にただちに従いました。すると驚いたことに豊漁です。

「魚があまり多くて、もはや網を引き上げることができなかった」

のです。後になって分かりますが、大きな魚が153匹も網の中に入っていました。

「舟の右側に網を打ちなさい」

という声に従ってみると、この結果です。一晩中漁したのに何も取れなかったのに、この驚くべき結果です。漁師の常識として、明るくなったら魚は捕れないのです。しかし驚くべきこの結果です。復活されたイエス様は、漁というペトロの生活の場面にご自身を現されるお方です。

 沢山の魚が捕れた時、主イエスの愛された弟子と呼ばれる弟子は、あの声の主は、復活された主イエスであると気づきます。彼はペトロに

「主だ」

と伝えました。今まで、主イエスが近くにおられたのに気づきませんでした。しかし今や、分かったのです。主イエスが共におられる、そのことが分かったのです。そして弟子たちはイエス様と朝食を共にします。主イエスは炭火をおこし、パンと魚を既に焼き始めていました。そして今捕ってきた魚をさらに焼きました。弟子たちはイエス様と食事を共にする喜びの時を過ごしました。主イエスとの食事の交わりを喜んだのです。

 この物語は、弟子たちの生活の場において復活の主が現れたことを告げます。ペトロたちが漁という彼らの仕事をしている時に、彼らの生活の場で主イエスはご自身を弟子たちに現されました。そしてこのことは、私たちの生活の中において、復活の主が現れることを暗示しているのではないか、と思わされます。復活された主イエスは私たちの生活の中で、ご自身を現される方である、これが今日のメッセージです。

 漁をしている弟子たちのそばに、つまり岸辺に復活の主イエスはおられました。弟子たちはそれがイエス様だとは気づきませんでした。復活された主イエスは、私たちの近くにもおられます。そのことに私たちは気づいていないかもしれません。主イエスが近くにおられるのです。主イエスがご自身を現すにはきっかけが必要です。漁師たちは魚が全く捕れませんでした。自分たちの力で努力したのに、努力は実らなかったのです。私たちだって、努力してもうまく行かないことがいくらでもあります。そのような時、私たちはどうするのでしょうか。反省をするかもしれません。自分を責めるかもしれません。こんなこともあるさ、と気に留めないようにするかもしれません。

 その時、実は声が聞こえてくるのではないでしょうか。漁師たちは

「舟の右に網を打ちなさい」

との声を聞きました。私たちにも主イエスの声が聞こえてくるのではないでしょうか。私は聞こえてくると信じます。いや、私は何度も聞いてきました。え、イエス様の声を本当に聞いたの、などと突っ込みをいれないでください。神さまの導きをいただいたということです。うまく行かない時、自分で何とかするのではなく、主の声を聞くのです。モーセはイスラエルの民を率いて荒野の旅をした時、何度も窮地に陥りました。イスラエルの民はブウブウ文句を言います。モーセは神にどうしたらいいか尋ねます。すると神さまがなすべきことを教えてくださいました。

教会学校で何度も暗唱した聖句にこうあります。

「常に主を覚えてあなたの道を歩け。そうすれば/主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる」。

うまく行かないとは、神さまのみ心に沿っていないということかも知れません。そして神さまは私たちの歩む道を正してくださる方です。

 私には個人的な信仰告白があります。私は次のことを信じています。@神さまが私の状況をすべてご存じであることを。A神さまが万事を益としてくださる方であることを。B神さまは導きを与えてくださる方であることを。この三つのことをわたしは信じています。

イエス様は言いました。

「わたしは良い羊飼いである。わたしの羊はわたしの声を聞き分ける」。

羊飼いは羊を導くのです。羊は羊飼いの声を聞きます。私たちはどこで聞くのでしょうか。どこから羊飼いの声を聞くのでしょうか。説教で語られた言葉、聖書で読んだ言葉を思いめぐらす時に聞こえてきます。説教を聞く、聖書を読む、それは神の声を聞くことであり、羊飼いの声を聞くことです。聞いた声を思いめぐらし、自分に対する導きを聞き分けるのです。

 漁師たちは大きな魚を沢山捕りました。これはイエス様によって派遣された弟子たちの伝道が実を結ぶことを示唆しているかもしれません。教会は伝道の実りをなかなか得ることができません。漁師たちと同じように、何もとれないという落胆を味わっています。伝道は困難だといって、落胆を避けるかもしれません。しかし、主の声が聞こえてきます。伝道の実りを得るために復活の主は私たちに、どうしたらいいのか、導きを与えてくださいます。

 聖書を通してイエス様は、私たちに語りかけ、導きを与えてくださいます。伝道について言えば、イエス様は私に次のように語りかけて下さいました。

「だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい」(マタイ28:19〜20)。

イエス様はここで

「すべての民を私の弟子にしなさい」
「あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい」

と命じています。神さまの言葉に立って生きる人を育てなさいと命じているのです。そこで私は、聖書の言葉に立って生きる人を育てるためにデボーションの学びを行いました。そして御言葉に生きる歩みを分かち合う祈祷会、地域集会を行ってきました。また教会員の自主的な恵みの分かち合いも行われてきました。

「聖書の言葉によって歩み、その歩みを分かち合いなさい」。

私には、これが人をすなどる漁師、つまり私たち教会に与えられた主のご指示と受けとめて歩んできました。復活の主は私たちにも現れ、私たちに導きを与えてくださるお方です。

祈り