今日の聖書でイエス様は

「見ないのに信じる人は、幸いである」

と語られます。本当なのでしょうか。イエス様の語られた言葉なので、おおっぴらに疑うわけにはいきません。しかし私たちには、<見て信じたい>との根強い思いがあるのではないでしょうか。私は信仰に入る決心をする前、神さまが<私はいるよ>と教えてくれるような出来事があれば、すぐにでも信仰に入る決心ができるのにと思ったこともあります。29節をもう一度読みます。

「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである」。

この言葉の意味を教えられたいと思います。

 この言葉を思いめぐらす中で気づいたことがあります。信じることについて二つの面があるということです。一つは

「見て信じる」

ということ、もうひとつは<見ないのに信じる>ということです。これは言い換えると<聞いて信じる>ということです。私たちが信じるには、<見て信じる>ことと<聞いて信じる>、二つの信じ方があり、これを区別することが大切です。

 今、夜の祈祷会で出エジプト記を読んでいます。神さまはエジプトに色々な災いを降します。神さまはモーセに語ります。

「わたしは主である。わたしはエジプトの重労働の下からあなたたちを導き出し、奴隷の身分から救い出す。腕を伸ばし、大いなる審判によってあなたたちを贖う。そして、わたしはあなたたちをわたしの民とし、わたしはあなたたちの神となる。あなたたちはこうして、わたしがあなたたちの神、主であり、あなたたちをエジプトの重労働の下から導き出すことを知る」(6:6)。

 神さまは、エジプトに大いなる御業を行い、イスラエルの民に、彼らをエジプトの重労働から救い出す神がいることを知らせるというのです。神ご自身の姿は見えません。イスラエルの民が見るのは、エジプトを襲う災いです。イスラエルの民は神の大いなる御業を見るのです。その結果として、彼らは主なる神を知るのです。神の御業を見てイスラエルの民は神を知り、神を信じるようになるのです。

 神さまだけではありません。イエス様もまた同じです。

「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」(マルコ1:15)

と言ってイエス様はその活動を始められました。そしてイエス様は多くの病人を癒やし、悪霊に取り憑かれて苦しんでいる人から悪霊を追い出しました。それを見て、人々は驚きました。さらにまたイエス様が会堂で教えられると人々はイエス様の教えに驚きました。そしてイエス様の評判はあっという間に広まっていくのです。いったいこの人は誰なのか、と人々は考え始めます。

 何でこの人の教えは権威があり、何で病気を癒やしたり、悪霊を追い出したりできるのか、人々はイエス様に注目します。人々はイエス様の活動を見たのです。イエス様の教えを聞き、イエス様の行う業を見たのです。イエス様は普通の人とは違う人間なのです。イエス様は弟子たちに言います。

「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか」(マルコ8:29)。

 私たちは神がいかなる方かを知りません。神は人間が頭の中で考え出したものではありません。神さまがご自身を現してくださらなければ、私たちは神を知ることはできません。神さまの姿を見ることはできません。私たちが見るのは、神さまが起こす出来事です。ある人はこの出来事を見て、それは神のなさったことと信じます。別な人は

「偶然よ」

とか言って見過ごします。さらに別な人は、神のなさったことと信じることは拒みます。

 神さまはご自身を知らせる時、何らかの出来事を起こし、それを人に見せます。たとえば病人をいやし、権威ある教えをした人間を十字架につけます。この出来事が神から来ていると考える人は、十字架につけられた人が救い主であると知り、これを信じます。人は、見て信じるのです。見て信じることは否定されるべきではありません。それなのにイエス様は、

「見ないのに信じる人は、幸いである」

と語られます。どういうことでしょうか。

 <見て信じる>ことと<見ないで信じる>ことの区別が必要です。今日の聖書の19節で、弟子たちがいる家の中にイエス様は突然姿を現しました。そしてイエス様は弟子たちに、手とわき腹をお見せになったのです。弟子たちは喜びました。つまりそこにいた弟子たちは見て、イエス様の復活を信じたのです。イエス様を、見て信じたのです。しかしその場にトマスはいませんでした。そこでイエス様を見た弟子たちは、トマスと会った時に

「わたしたちは主を見た」

と言います。するとトマスは、

「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない」

と語ります。トマスの気持ちも分かります。他の弟子をうらやましく思います。だからかどうか分かりませんが

「わたしは見なければ信じない」

と語りました。

 他の弟子たちは見て信じたのです。トマスも信じたいのです。でも聞いただけでは、不十分だとトマスは感じたのです。他の弟子たちの言葉を聞くだけでは納得しがたいのです。トマスは納得した上で信じたいのです。

 ここで注目しておきたいことはトマス以外の弟子たちはイエス様の復活の証人であることです。彼らは証人として見たことを語っているのです。それを聞いてトマスは信じるかどうか、です。イエス様がトマスに<見ないのに信じる>人は幸いであると語られた時、トマスは<聞いて信じる>ことが求められたのです。神さまは、ご自分を信じてもらうために出来事を起こします。そして人間が神さまの御業を伝える時、聞いた人は<聞いて信じる>のです。

 エジプトを脱出したイスラエルの人々は、自分たちを救う神がいることは信じました。しかし次々に試練が訪れると彼らは神が助けてくれるのかどうか、疑いました。モーセがイスラエルの民に既に語ったことがあります。それは

「神があなた方を助け出し、自由に生きることができる土地、乳と蜜の流れる豊かな土地に導かれる」

という言葉です。つまり神さまの約束の言葉です。イスラエルの民は、この約束の言葉を<聞いて信じる>べきでした。聞いて信じたなら試練の時、神を疑うのではなく、神に助けを求めることができました。

 ですからトマスは、他の弟子たちの言葉を聞いてイエス様が復活したことを信じるべきでした。信じるべき、と言われるとうれしい気持ちがしません。人は納得して信じたいと考えるからです。それは当然だと思います。でも信仰という点から言えば、信じるべきなのです。

 だからイエス様がトマスに会った時、イエス様は

「信じない者ではなく、信じる者になりなさい」

と言われます。でもその時イエス様は、

「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい」

とおっしゃったのです。トマスは願い通り、見て信じました。これはトマスに対するイエス様の憐れみです。そして言うまでもなく、後の時代のクリスチャンは皆

「見ないのに信じた」

のです。

「聞いて信じたのです」

そして私たちも聞いて信じたのです。そこには神さまの導きがあり、私たちは信じることができるように導かれました。聞いて信じるとは、鵜呑みにすることではありません。何も考えずに信じるということではありません。納得して信じるのですが、神さまがそのように導いてくださいます。そんな私たちにイエス様は、

「見ないのに信じる人は、幸いである」

と祝福されたのです。

 イエス様は

「見ないのに信じる人は、幸いである」

と語られました。見て信じようと、見ないで信じようと、同じではないかと思いませんか。どちらも信じるのだから、違いがあるようには思えません。どうでしょうか。

 何が幸いなのでしょうか。神さまが教えてくださいました。幸いとは、信仰の姿勢が整えられることにあると思います。イスラエルの民は反面教師です。彼らは大いなる業を行って、自分たちをエジプトから救い出してくださった神を信じました。しかし約束の地に連れて行くという神の約束を聞いて信じなかったために試練が起きるたびに、神は本当に助けてくれるのかと疑い、不満・文句を言い出します。聞いたことを信じるという覚悟は信仰には必要です。

 もう一度繰り返します。見ないのに信じる人の幸いとは何でしょうか。それは聞いて信じるという信仰の姿勢が整えられることです。そのことは既に聖書に書いてあります。使徒パウロは、

「実に、信仰は聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞くことによって始まるのです」

と書いています。

 信仰とは、神を信じることではなく、神の約束を信じることです。信仰は神さまを信じることは勿論ですが、一歩突っ込んで言えば、神さまの約束を信じるのです。神の約束を聞いて信じる、そこから信仰が始まります。アブラハムは神の約束の言葉を聞いて、旅立ちました。モーセは、イスラエルの民を奴隷状態から解放するとの神の約束を聞いて、イスラエルの民の指導者となりました。

 私たちはイエス様の十字架の死が、私たちの罪の贖い、償いのための死であると信じます。そこには神の約束があります。イエス様を信じる者は罪が赦され、永遠の命を与えられるとの神の約束があり、私たちはこれを信じます。私たちが信じる神は約束を与える神さまです。神さまの約束を信じるのが信仰です。神さまはご自身の約束に対して真実な方です。信仰は、神さまを無条件に信頼します。疑いながら信頼することはできません。人間同士の場合、相手を無条件に信頼して裏切られることはあります。しかし聖書は繰り返し、神は真実であると語っています。私たちは聖書を読む時、聖書が繰り返し

「神は真実な方である」

と語るのを聞きます。聞いて信じるという信仰の姿勢、それは祝福されたもの、幸いなものです。

 いやそれでも、聞いて信じるには納得できないことがあると言われるかも知れません。実は私にもあります。たとえば最後の審判という教え。使徒信条に書いてあるので、一応

「信じます」

と告白します。最後の審判の教えは、これを信じる人に対しては、生き方を変えさせる強烈な力を持っています。なぜなら、この審判で人間の永遠の運命が決定するからです。私は牧師なので、これを聞いた人がその生き方を決定的に変えるように最後の審判の教えを理解し伝えたいと思っています。聞いて信じるとは、聞いたことをさらに深く考えることを意味します。深く考える時、恵みの泉を発見します。

祈り