まだイースタではありませんが、イエス様の復活を取り上げます。来月でヨハネ福音書の説教が終わり、私の金沢元町教会での説教も終わることとなります。今日のテーマは復活です。復活というのは、私たちの想像を越えたことなので、なかなか信じられないという方もおられます。私もかつてそうでした。信じることができる、それが不思議でした。

旧約聖書のイザヤ書55章にこんな言葉があります。

「わたしの思いは、あなたたちの思いと異なり/わたしの道はあなたたちの道と異なると/主は言われる。天が地を高く超えているように/わたしの道は、あなたたちの道を/わたしの思いは/あなたたちの思いを、高く超えている」。

 神さまのなさることは人間の思いを越えている、当たり前と言えば、当たり前です。それが神さまです。最初は信じられないことも、神さまの導きの中で、信じられるようになります。人間の思いを越えているところに神さまの祝福があります。今日も聖書に耳を傾けましょう。

 週の初めの日とあります。聖書の冒頭に神さまは世界を6日間で造り、7日目は休まれたとあります。旧約聖書においては、一週間の最後の日、七日目が安息日となっています。ユダヤ教の人々は、この安息日に神さまを礼拝します。それに対してキリスト教は、週の初めの日、つまり日曜日に礼拝をささげます。それは、イエス様が週の最初の日に復活されたからです。

 マグダラ出身のマリアという女性が、イエス様が葬られた墓に行きます。彼女はイエス様から七つの悪霊を追い出してもらった人です(ルカ8章)。イエス様に悪霊を追い出してもらい、感謝し、他の婦人たちと共にイエス様の働きを支えました。勿論、イエス様が宣べ伝える福音を信じ、主イエスにお従いする女性でした。

彼女が墓に来てみると石が取りのけてあり、墓の中に入れるようになっていました。彼女は、イエス様の遺体が盗まれたと考えました。弟子たちに一刻も早く知らせなければと考えて、マリアはその場を去ります。そしてペトロと、イエス様が愛しておられたもう一人の弟子のもとに行き、

「主が墓から取り去られました」

と知らせます。するとペトロとその弟子は、イエス様の葬られた墓に向かって急ぎます。二人は一緒に走りますが、もう一人の弟子の方が先に墓に着きます。

 彼は墓の中を見ますが、墓の中には入りません。身をかがめて中を見ると、亜麻布が見えました。これはイエス様の遺体に巻いた亜麻布です。彼は中に入らずペトロの到着を待ちました。ペトロは到着するとすぐに中に入ります。ペトロは亜麻布を見ます。それだけでなく、イエス様の頭を包んでいた布も見ます。復活っていったいどんな風に起きたのか、と思います。それは謎です。体を包んだ亜麻布と、顔を包んだ布が離れておかれていたということは、復活されたイエス様は、スルリと体を包んでいた布から抜け出たと想像させます。

 ペトロが入ってから、もう一人の弟子も中に入ります。8節。

「それから、先に墓に着いたもう一人の弟子も入って来て、見て、信じた」。

すると彼は、

「見て、信じた」

というのです。いったい彼は何を信じたのでしょうか。イエス様が復活したと信じたのでしょうか。9節にはこうあります。

「イエスは必ず死者の中から復活されることになっているという聖書の言葉を、二人はまだ理解していなかったのである」。

イエス様が復活することを二人はまだ理解していないのです。もう一人の弟子は、復活を理解していなかったのに、イエス様の復活を信じたのでしょうか。それともマリアの言ったとおり、墓の中は空でイエス様の遺体が盗まれたと信じたのでしょうか。

 私は、彼がイエス様の復活を信じたと思います。でも彼がイエス様の復活の証人であると著者ヨハネが主張しているわけではないと思います。彼が信じたということより、イエス様が復活したことを強調していると思います。特に9節です。

「イエスは必ず死者の中から復活されることになっているという聖書の言葉」

とあります。イエス様が死者の中から必ず復活されることになっている、とは言い換えると、イエス様の復活は、神さまの計画の中にあるということです。イエス様の十字架の死が神さまのみ心であったように、イエス様の復活も神さまのご計画であったというのです。聖書のどこに書いているのかというと、詩篇16編です。

「あなたはわたしの魂を陰府に渡すことなく/あなたの慈しみに生きる者に墓穴を見させず命の道を教えてくださいます」。

イエス様の復活から50日後、弟子たちの上に聖霊が降った時、ペトロはこの詩篇を引用して、イエス様の復活は神さまのご計画なのだと宣べ伝えました。

 神さまはイエス様を復活させたのです。イエス様は十字架の上で亡くなりました。裁判を受け、ローマ帝国に反抗する者として処刑されました。イエス様の活動は挫折したように見えます。しかし復活は、イエス様がまことの救い主であることを証明するものです。イエス様の復活は十字架の死と共に神さまのご計画であることを示しています。神さまはイエスを復活させたのです。

 イエス様の復活を思う時に、私には思い出す聖書の箇所があります。それは使徒パウロの祈りです。

「また、わたしたち信仰者に対して絶大な働きをなさる神の力が、どれほど大きなものであるか、悟らせてくださるように。神は、この力をキリストに働かせて、キリストを死者の中から復活させ」

ました(エフェソ1:19〜20)。私たち信仰者のために働いてくださる神の力がどれほど大きなものかあなたがたが悟るようにとパウロは祈ります。それはキリストを死者の中から復活させる力であるというのです。死者からの復活は人間の想像を越えたことですが、死者を復活させる神の大いなる力を、神さまは私たちのために働かせるというのです。イエス様の復活を信じるとは、この神さまの絶大な力を信じることでもあります。イエス様の復活を信じないということは、神さまの大いなる力を信じないということにもなります。神さまは大いなる力を持つ方、全能なる方です。そして歴史の中で働かれる方です。勿論、私たちの生活の中でも働かれます。

 マリアは、ペトロともう一人の弟子が墓に向かうのを見たあと自分ももう一度墓に向かいます。彼女が墓に着いた時、恐らく二人の弟子は墓を去ったあとだと思います。マリアは墓の外で立って泣いていました。泣いていたのです。イエス様が死んでその遺体が見つからず、イエス様が自分から遠いところへ行かれたことを悲しんでいるのだと想像します。イエスを慕う気持ちが深いのです。マリアが墓の中を見ると、何と白い衣を着た二人の天使がいます。

「婦人よ、なぜ泣いているのか」

と天使は尋ね、マリアは

「わたしの主が取り去られました。どこに置かれているのか、わたしには分かりません」

と答えます。

「わたしの主」

というところに、マリアがイエス様をいかに身近に感じていたかが分かります。

 その時マリアは何かを感じたのでしょう。後ろを振り向きます。するとそこに人がいるのが見えました。イエス様が立っているのです。でもマリアは、それがイエス様だとは分かりません。イエス様も

「婦人よ、なぜ泣いているのか」

と尋ねます。マリアが答えた後、イエス様が

「マリア」

と言われるとマリアは、その人がイエス様であることがはじめて分かり、

「ラボニ(先生)」

と言います。

 ここで後ろにいるイエス様を見たのに、マリアはその人がイエス様であると分からなかったとあります。目の前にイエス様がいるのにイエス様であると分からない、そんなことがあるのでしょうか。イエス様は変装しているわけでもなく、化粧しているわけでもありません。復活されたイエス様に出会った二人の弟子が、それがイエス様だと分からなかったという話しがルカ福音書にあります。

 彼らは話しながらエマオという自分たちの村に向かっています。そこにイエス様が歩きながら近づき、彼らに話しかけます。二人はイエス様を見ても、イエス様だと気づきません。この時、イエス様は聖書の話をされ、メシアが復活することを話されました。二人は自分たちの村にイエス様を招き、夕方食事を共にします。そしてイエス様が食前の祈りをなさった時、二人はその人がイエス様であると気づきます。するとイエス様は突然消えてしまいます。その時二人は、イエス様が聖書の話をしていた時、

「心が燃えていた」

ことを思い出します。聖書の話に聞き入り聖書を理解したことが、イエス様だと分かることにつながったのです。

 今、私は皆さんに質問してみたいと思います。

「イエス様は十字架で死んだ後どうなりましたか」。

皆さんは、イエス様は復活したと答えるでしょう。信仰を持つ方も、まだ信仰を持っていない方も、イエス様は復活したと答えるでしょう。なぜなら今日の説教で私は、イエス様は復活したと語ってきたからです。イエス様が復活したことを知っていることと、イエス様が復活したことを信じることは別です。知識として知っていても、それを信じていないことはあります。イエス様を見てもイエス様だと分からないとは、イエス様について知識はあっても、イエス様のことを信じていないことと同じだと考えます。

 マリアは、

「マリアよ」

と呼ぶイエス様の声を聞いて、つまりイエス様に呼びかけられて目の前にいるのがイエス様だと分かりました。エマオ村に向かっていた弟子たちは、聖書の話をイエス様から聞いた後、イエス様だと気づきました。私たちも聖霊に導かれる時、イエス様が救い主であると分かるようになりますし、イエス様が復活されたことも信じるようになります。

 マリアは、目の前にいるのがイエス様だとわかり、大きな喜びに包まれました。思わず、イエス様にすがりつきます。するとイエス様は、

「わたしにすがりつくのはよしなさい」

と言われます。なぜイエス様が、このようにおっしゃったのか、理解をするのはむずかしいです。

「すがりつく」

という言葉は、

「触る」と訳すこともできます。注解書を読んでも、これは解釈がむずかしいと書いてあります。マタイ福音書では、お墓に来た女性がイエス様と出会い、イエス様が復活されたことを知った時、イエス様に近寄りイエス様の足を抱いたとあります。ヨハネ福音書では、この後イエス様は、弟子たちの前に姿を現します。トマスという弟子は、その時、その場にいませんでした。他の弟子たちがイエス様は復活されたと言ってもトマスは信じません。一週間後イエス様は、疑り深いトマスに対して、私のわき腹に手を入れなさい」

と語ります。そして見ないで信じる者は幸いであると教えられます。トマスには触ってみなさい、マリアには、触れるなと言うのです。福音書の著者ヨハネが、なぜこのような出来事をわざわざ、記したのでしょうか。

 私が考えるところを紹介します。復活されたイエス様は、弟子たちと交わり、弟子たちに姿を見せ、教えられました。イエス様の直弟子たちは、復活したイエス様を見、その声を聞きました。復活したイエス様を見たのは、弟子たちだけです。その後のイエス様を信じる者たちは、復活されたイエス様を直接見ることはありません。むしろイエス様を見ずして信じるのです。後の時代の信仰者はイエス様に触れようとしても、すがりつこうとしても、それはできません。イエス様は、見ずして信じることの大切さを教えようとしておられるのだと思います。見ないで信じることが幸いであるとイエス様は考えておられます。疑り深い弟子のトマスに対してイエス様は、

「見ないで信じる者は幸いである」

と語られました。

 イエス様はマリアに語ります。

「わたしの兄弟たちのところへ行って、こう言いなさい。『わたしの父であり、あなたがたの父である方、また、わたしの神であり、あなたがたの神である方のところへわたしは上る』」。

 イエス様は、ご自分が父なる神さまのもとへ帰ることを弟子たちに告げなさいとマリアに命じました。イエス様は父なる神のもとから来て、神のもとへ帰るのです。地上での救いの御業を終えられます。ここで注目すべきことは、イエス様が父なる神さまについて語った言葉です。

「わたしの父であり、あなた方の父である方、また、わたしの神であり、あなたがたの神である方」。

 神を信じる上で大切なことは、神さまがいかなる方かを知ることです。私たちは漠然と何となく神を信じることはしません。神さまがいかなる方かを知ることがなければ、神さまを信頼する生活は生まれません。

 私たちが信じる神は、イエス様が父なる神と呼んだ方です。イエス様を死に追いやったユダヤ人も神を信じています。イエス様の父なる神とユダヤ人が信じた神は、同じ神です。でもユダヤ人たちは、神さまが、救い主を送ったことを認めないのです。御子をこの世に送るほどこの世の人々を愛した神さまの愛を信じないのです。

聖書は神さまがいかなる方かを知らせる書物です。聖書が教えるとおりの神さまを信じることは大切です。私たちは神さまのことをいくら知る努力をしても、知り尽くすことはありません。マリアがイエス様を見てもイエス様だと分からなかったように、私たちも神を知っているつもりで神さまのことが分かっていないということが起こりうるのです。神さまが聖書に書いてあるとおりの神であることを知っていくことには、発見する喜びがあり、それは信仰の成長につながります。

 私たちが信じる神さまは、イエス様の神であり、イエス様の父なる方です。イエス様を復活させた方が私たちの神さまです。イエス様を死者の中から復活させた方が、私たちの神さまです。

祈り