イエス様は十字架で処刑されて亡くなりました。マタイとマルコは、イエス様の十字架の死は、神さまに見捨てられる死であると語ります。イエス様は、私たちの代わりに神に見捨てられて亡くなりました。神さまに対して罪を犯す私たちこそ、見捨てられてしかるべき存在なのでした。それに対して、ヨハネ福音書におけるイエス様の死は、なすべき働きを成し終えて神さまのもとに帰るための死であると言ってよいと思います。イエス様の死の意味は一つではありません。私たちもまた、この地上にあって果たすべきことを果たして神さまのもとに帰ります。十字架にかけられたイエス様を見上げつつ、今日も聖書に聞きましょう。

 38節でイエス様は、すべてのことが成し遂げられたことを知ったとあります。この地上で、神さまから託された働きを成し終え、いよいよ父なる神さまのもとに帰る時が近づいたことを悟られました。その時、

「渇く」

と言われました。喉が渇いたのです。イエス様はこの日、明け方から裁判を受けておられました。大祭司の家で、そしてローマ総督ピラトの官邸で。イエス様は昼過ぎに十字架につけられました。イエス様が亡くなるのは午後3時頃です。イエス様は鞭打たれ、裁判で死刑を宣告され、ゴルゴダの丘まで十字架を背負って歩かれました。さらに手足を釘で打たれ十字架ではりつけにされます。鞭打たれ体力が失われた体にとって、十字架を背負い続けたことは大きな疲労でした。鞭打たれた上に、手と足は釘で打たれ、絶え間ない痛みに苦しみます。そして喉の渇きを覚えられ、

「渇く」

と言われました。

 十字架のそばに、酸いぶどう酒を満たした器が置いてありました。恐らくローマの兵士が自分の飲み物を入れていた器です。今で言えば水筒です。

「渇く」

という声が聞こえたので、兵士たちは、このぶどう酒をいっぱい含ませた海綿をヒソプに付け、イエス様の口もとに差し出しました。イエス様は、このぶどう酒を受けると、

「成し遂げられた」

といって、息を引き取られました。

 

「渇く」

とイエス様がおっしゃったことについて、28節で、聖書の言葉が実現したと説明されています。これは詩編22編に書かれている言葉です。そこにはこう書かれています。

「口は渇いて素焼きのかけらとなり/舌は上顎(うわあご)にはり付く。あなたはわたしを塵と死の中に打ち捨てられる」(22:16)。

実はこの詩篇22編の出だしには、

「わたしの神よ、わたしの神よ、なぜわたしをお見捨てになるのか」

との言葉があります。マタイ、マルコ福音書で、亡くなる直前のイエス様が叫んだ言葉です。詩篇22編は、イエス様の十字架の出来事を預言しているとヨハネは考えています。それ故イエス様の死は、神さまのご計画の中にあったと考えることが出来ます。そして今や、イエス様がなさった働きは、終わりを迎えます。イエス様は働きを終えて父なる神さまのもとに帰られます。

 ヨハネ福音書は、イエス様の活動を書いています。そのイエス様の口から出る言葉をよく考えてみると、それは復活されたイエス様の言葉に思えてなりません。たとえば、わたしは良い羊飼いである、とのイエス様の言葉。これは復活されたイエス様、目には見えませんが、私たちと共におり、私たちの羊飼いとなってくださるイエス様の言葉です。わたしはぶどうの木、私につながっていなさいと語るイエス様の言葉。私たちがつながるのは、復活されたイエス様です。ヨハネ福音書は、地上で活動されたイエス様を描きますが、語られるイエス様の言葉は、復活されたイエス様の言葉です。ヨハネ福音書は、復活されたイエス様を私たちの救い主と紹介しています。私たちは、地上を歩まれたイエス様はその働きを全うされたこと、そして三日目に復活され、復活の主イエスとして、私たちと共におられることを教えられるのです。

 イエス様が十字架につけられた日は、安息日の前日です。翌日は特別の安息日とあります。特別というのは翌日が過越祭の初日だからです。過越祭というのは、イスラエルの民がエジプトの奴隷状態から解放されたことを覚えるお祭りです。ユダヤ人は、安息日に遺体を十字架の上に残しておかないために足を折って取り下ろすようにピラトに願ったとあります。これは神さまがイスラエルに与えた律法・教えに基づくことです。

「ある人が死刑に当たる罪を犯して処刑され、あなたがその人を木にかけるならば、死体を木にかけたまま夜を過ごすことなく、必ずその日のうちに埋めねばならない。木にかけられた死体は、神に呪われたものだからである。あなたは、あなたの神、主が嗣業として与えられる土地を汚してはならない」。

死体を木にかけたまま夜を過ごす時、その木が生えている土地が汚れるというのです。汚れを恐れるユダヤ人たちは、十字架にかけられた人たちをその日のうちに埋葬する必要があります。

 ローマの兵士たちは十字架にかけられた犯罪者の足を折ります。十字架にかけられた人の足を折るのは、早く死なせるためです。イエス様は既に死んでいたので、兵士たちはイエス様の足を折ることはしませんでした。その代わり兵士たちは、イエスが本当に死んでいるかを確かめるために、槍でイエス様のわき腹を刺しました。すると

「血と水が流れ出た」

とあります。35節によれば、

「それを目撃した者が証ししており、その証しは真実である。その者は、あなたがたにも信じさせるために、自分が真実を語っていることを知っている」。

わかりにくい文章です。要するに、血と水は確かに出たことは確かであること、そして、これは重要なことだということです。血と水には意味があるのです。

 この血と水は何を意味しているのでしょうか。人は色々に解釈しますが、わたしはヨハネ福音書を読み、血について、水について書かれている箇所を調べるのがよいと思います。まず<血>については、6章に書かれています。

「はっきり言っておく。人の子の肉を食べ、その血を飲まなければ、あなたたちの内に命はない。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠の命を得、わたしはその人を終わりの日に復活させる」(6:53〜54)。

イエス様のこの教えを聞いたとき、それまでイエス様に従ってきた多くの人が、これはひどい話しだ、だれが、こんな話を聞いていられようかと言った、と書かれています。イエス様は教えられたのです。イエス様の血を飲む者は永遠の命を得るし、血を飲まなければ、その人の内には命がないと。さらに

「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、いつもわたしの内におり、わたしもまたいつもその人の内にいる」(6:56)。

イエス様の血を飲む者はイエス様の内におり、イエス様はその人の内におられるとあります。イエス様の血を飲む者は、イエス様との交わりを持ち、イエス様とつながっているというのです。イエス様と絆で結ばれるのです。

 次に<水>です。4章に書かれています。サマリアという町にある井戸で、イエス様はその井戸に水を汲みに来た女性と会話をなさいます。イエス様は、生ける水を与えることができる、と語ります。そして、その生ける水を飲む者は決して渇くことがないと語ります。さらに、その水は飲む人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出るというのです。7章にも同じことが書かれています。

「祭りが最も盛大に祝われる終わりの日に、イエスは立ち上がって大声で言われた。『渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる』」。

<その人の内から生きた水が川となって流れ出る>とは、4章の<その水は飲む人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る>と同じです。

 永遠の命は、イエス様を信じる人に与えられます。イエス様を信じる人は永遠の命を持っています。この命に生きる人には一つの特徴があります。神さまとの交わり、イエス様との交わりに生きるということです。言い換えると、神さまとの交わりが永遠の命なのです。

 神さまとの交わりを持つ人は、神さまに結ばれています。この神さまとの結びつきというのは、私たちの死によって終わることがありません。この交わり・結びつきは、私たちの死を越えて続きます。この交わり・結びつきは永遠であり、永遠の命です。永遠の命を与えられているのは、神の子とされた人たちであり、この人たちは、神との交わりを与えられ、この交わりに歩みます。イエス様の血もイエス様の水も共に、永遠の命と結びついています。

 兵士たちがイエス様のわき腹を刺した時、血と水が流れ出ました。それは第一にはイエスが本当に死んだことを意味します。第二に、血と水が出たとは、救いの恵みが流れ出したこと、その恵みを受ける者は永遠の命に生きることを意味します。イエス様の死を通して、救いの恵みが流れ出たのです。

 あらためて思います。イエス様の血とか、イエス様の与える水とは、何なのでしょうか。それは、イエス様が私たちにご自身を与えてくださるということだと理解します。血は命を意味します。イエス様はご自身を私たちに与え、私たちはイエス様ご自身を受け取るのです。そのことがイエス様の血を飲むとか、イエス様の与える生ける水を飲むということだと私は理解します。イエス様ご自身を受け取るのです。イエス様ご自身を受け取り、イエス様との交わりに私たちは生きるわけです。そして、イエス様ご自身を受け取るといっても、これもまたどういうことなのか、という疑問が生じます。それはイエス様の言葉にとどまる、そしてイエス様の愛にとどまるということだと私は理解します。

 イエス様は教えられました。

「神に属する者は神の言葉を聞く。あなたたちが聞かないのは神に属していないからである」(8:57)。

神に属する人は神の言葉を聞きます。神の言葉を受け入れます。神の言葉によって歩みます。ヨハネ福音書の最初に、

「言は肉となってわたしたちの間に宿られた」

とあります。イエス様ご自身は、言、神の言葉なのです。神の言が人となったのがイエス様です。イエス様がご自身を与えるとは、言葉を語るということです。イエス様を受け取るとは、言葉を受け取るということです。そして神の言葉が、神と私たちを結びつけるものです。神は語り、私たちは聞きます。私たちは聞き、神の言葉によって歩み、神に生かされます。イエス様の血を飲む、イエス様の与える生ける水を飲む、それは言い換えると、イエス様ご自身を受け取ること、つまり神さまの言葉を丸ごと受け取って生きると言うことです。そこに救いの恵みがあるのです。

 ユダヤ人たちは、ピラトに死刑囚の遺体を十字架から取り下ろすように願いました。イエス様以外の二人の死刑囚が死ぬのには時間がかかりました。その後、ヨセフという人物がイエス様の遺体を取り下ろし、引き取ることをピラトに願いました。ピラトが許したので、ヨセフは遺体を引き取り、新しい墓にイエス様の遺体を安置したとあります。その時、ニコデモが来て、ヨセフと共に主イエスを埋葬しました。イエス様の遺体が腐らないように、没薬や香料を塗りました。イエス様の弟子たちは、イエス様が捕らえられた時、イエス様を見捨てて逃げてしまいました。イエス様の弟子たちがイエス様の遺体を引き取ることはありません。誰がイエス様の遺体を引き取り、埋葬するのでしょうか。ローマ兵に任せていいのでしょうか。

 このヨセフは、イエス様の弟子でありながら、ユダヤ人を恐れて、そのことを隠していたとあります。ニコデモもヨセフも、最高法院の議員でした。この最高法院で、イエス様の死刑が決まりました。ヨセフについてルカ福音書にはこう書かれています。

「さて、ヨセフという議員がいたが、善良な正しい人で、同僚の決議や行動には同意しなかった」(ルカ23:50〜51)。

ヨセフもニコデモも最高法院の議員でしたが、イエス様を死刑にする判決には同意しませんでした。そして恐らくイエス様の処刑を見ていたと思われます。遺体を木にかけられたまま夜を迎えてはいけないとの神の教えに従い、ヨセフはイエスを引き取りました。

 この時ヨセフは、イエス様との関わりを公にしました。イエス様を信じる者であることを明らかにしたのです。カミングアウトしたのです。ニコデモは、かつてイエス様から、水と霊から生まれない限り神の国に入ることはできないと言われた人です。イエス様に関心を持っていた人物です。十字架につかれたイエス様の姿を仰ぎ見ながら、ヨセフとニコデモは、イエス様を信じる者であることを隠さず、信じる者として堂々とした行動を取り、イエス様を埋葬しました。そしてイエス様の復活の備えをしました。

 イエス様はまことの救い主です。ご自分を私たちに与えてくださる救い主です。復活されたイエス様は私たちと共におられ、私たちを交わりに招いてくださいます。私たちを愛し、神の言葉を語って下さいます。このイエス様につながって生きる時、私たちは永遠の命に生きるものとされます。そしてイエス様との絆は、決して失われないものであることを知ります。神さまは、御子イエスを遣わし、私たちが滅びることなく永遠の命に生きるようにしてくださいました。神様に感謝と賛美を献げます。神さまに栄光がありますように。

祈り