私たちの救い主、イエス・キリストは十字架で処刑されました。イエス様は十字架で死ぬためにお生まれになったということができます。今日の聖書では、イエス様は御自分が生きることについてこう語っておられます。

「わたしは真理について証しをするために生まれ、そのためにこの世に来た」。

イエス様は、自分が何のために生まれたのか、自分が何をするために生きるのかを自覚しておられます。あなたは、自分が何のために生まれたのか、何をするために生きているのか、ご存じですか。

 イエス様は何をするためにこの世に来たのかを何回も語っています。その表現も様々です。たとえば、マルコ福音書10章でイエス様はこうおっしゃっています。

「人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである」。

イエス様は人間の救いに仕えるために、ご自分の命を献げるためにこの世に来たというのです。

マタイ福音書の9章でイエス様はこうおっしゃっています。

「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである」。

ルカ福音書19章でイエス様はこうおっしゃっています。

「人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである」。

どれも私たち人間を救うために、イエス様がこの世に来たことを語っています。

 そして今日のヨハネ福音書では、

「わたしは真理について証しをするために生まれ、そのためにこの世に来た」。

神さまは、イエス様を救い主としてこの世に送られたのですから、イエス様の生まれた目的が明確なのは当たり前です。

では私たちはどうでしょうか。人は若い時に自分の生きる意味、目的を探しますが、必ずしも答えを見いだすとは限りません。私自身は、

「そのためなら自分の命をささげても惜しくないこと」

を行う人生を送りたいと考えました。まだ神さまを信じる前のことです。そして人生を神さまに献げる道を神さまが用意してくださったことを思います。それはそれとして、私たちには、生きる意味・目的があるのでしょうか。

 私たちは天地の創造主である神さまを信じます。私たちがこの世に生まれたのは、決して偶然ではなく、神さまのみ心があると信じます。私たちが個性ある人間として生まれたことには、神さまのご意志があると信じます。造り主なる神を信じるとは、わたしが偶然の存在ではなく、神のみ心によって生まれたことを信じることです。あなたが神さまのみ心によって生まれたのなら、あなたが生きる意味・目的は神さまによって備えられています。

 もしあなたがイエス・キリストを信じるなら、あなたの生きる意味・目的は、イエス様によって与えられます。イエス様とは無関係に、あなたの生きる意味・目的があるとは思えません。イエス様に対する信仰を持たない人は、その人なりに幸福な人生を送ることを目標にすると思います。私たちがイエス様を信じるなら、私たちの生きる目的は、イエス様ぬきに考えることはできません。イエス様が真理を証しするためにお生まれになり、この世においでになったのであれば、私たちの人生もまた、真理と関わりのある人生となります。そこに祝福された人生が用意されています。

 37節をもう一度読みます。

「わたしは真理について証しをするために生まれ、そのためにこの世に来た。真理に属する人は皆、わたしの声を聞く」。

ここで<真理に属する人>という言葉が出てきます。ここで私たち信仰者は、アイデンティティーということを考える必要があります。

アイデンティティーとは、自分が何者であるか、ということです。

「あなたは誰ですか」

と質問されたら、あなたは何と答えるでしょうか。

「堀江明夫です」

と名前を語るかもしれません。確かに名前はあなたが誰かを示しています。たとえば名刺は、あなたが誰かを語っています。名前は何で、どの会社・組織で働いているのか、役職なども記されています。住所、連絡先も書かれています。でも名前とか、役職などは、外面的なものです。

 自分探しという言葉があります。自分が何者で、何をするために生きるのかを探し求めるのです。自分が何者で、何をするために生きるのかを知れば、心が落ち着きます。心が落ち着くというより、何が起きても自分は大丈夫、自分は生きていけるという思いになります。

旧約聖書に出てくるイスラエル民族のアイデンティティーは、

「神の民」

です。

「神に選ばれた民」

です。彼らは奴隷で苦しんでいたエジプトから解放され、神の民となり、神の民として生きる者となりました。神に信頼して生きる民とされました。奴隷の地エジプトを出て自由に生きることができる約束の地に着くまで、困難が起きるたびに、神は彼らを助けました。神の民というアイデンティティーは、彼らから恐れを取り除きます。

 クリスチャン、これは私たちのアイデンティティーです。私はクリスチャンですと言えば、私は救い主イエス・キリストを信じる者であることを告白したことになります。クリスチャンってどんな人なの、と問われれば、私たちは<神の子>ですと答えることができます。クリスチャンのアイデンティティーの第一のものは<神の子>です。私たちは神の子です。それ故、祈る時、天の父に向けて祈ります。

あるいは

「地の塩」
「世の光」。

これもクリスチャンのアイデンティティーです。なぜなら、イエス様が

「あなたがたは地の塩である。・・・あなたがたは世の光である」。

とおっしゃっているからです。地の塩になりなさいとは、おっしゃてはいません。地の塩である、と言われたのです。私たち信仰者にとって大切なことは、この信仰者のアイデンティティーを知ることです。このアイデンティティーは目指すべき目標ではありません。信仰者の現実なのです。

 この現実を目標と入れ替えると悲劇が生じます。たとえば地の塩になろうと目指し、地の塩になれたという実感を持つことができず、自分を卑下する信仰者になりかねません。あるいは、地の塩なんて無理だと思い込み、その結果信仰者としての成長が止まってしまうことになりかねません。

 私は神の子である、私は地の塩である、私は世の光である、そう考えるだけでうれしくなります。どうですか。神さまは、私たちのことをそのように見てくださいます。

私たちは信仰者のアイデンティティーに立つことが大事です。そしてそのような者として生きれば良いのです。神の子として生きれば良いのです。イエス様もご自分のアイデンティティーにしっかり立って歩んでおられます。

「わたしは良い羊飼いである」
「わたしは命のパンである」

などご自分がいかなる方かを教えてくださいました。私たちはイエス様に従う者、アイデンティティーに生きるという点でも、イエスに倣いたいと思います。今日の聖書が示す私たちのアイデンティティーは何でしょうか。

 37節にこうあります。

「真理に属する人は皆、わたしの声を聞く」。

真理に属する人、これが私たちのアイデンティティーです。イエス様は、あなたに

「あなたは真理に属する人です」

とおっしゃるのです。あなたが礼拝に来て説教を聞く、それはあなたが真理に属する人だから真理を聞こうとしているということです。

 今日の聖書でピラトが言います。

「真理とは何か」。

真理とは何か、ひと言で言い表すことはできません。それは富士山ってどんな山ですかと問われた時、ひと言で、富士山のことを言い表すことができないのと同じです。富士山は日本で一番高い山ですと答えたところで、それは高さについて述べただけです。

聖書は真理についてこう語っています。

「あなたがたもまた、キリストにおいて、真理の言葉、救いをもたらす福音を聞き」(エフェソ1:13)。
「福音の真理が、あなたがたのもとにいつもとどまっているように」(ガラテヤ2:5)。

真理とは福音のことです。福音が真理です。

「あなたの御言葉は真理です」(ヨハネ17:15)

とイエス様は語ります。神さまの言葉が真理だとイエス様は語ります。福音が真理であり、神の言葉が真理です。

 

「御父は、御心のままに、真理の言葉によってわたしたちを生んでくださいました」(ヤコブ1:18)。

イエス様を信じる人は新しく生まれ変わった人です。新しく生まれ変わった、これも信仰者のアイデンティティーです。イエス様を信じる人になった、つまり新しい人です。福音を信じる人になった、つまり新しい人です。真理の言葉、福音によって生きる人になり、私たちは新しい人にされました。神の言葉を求め、神の言葉によって生きる、これが私たちのアイデンティティーです。

 

「神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます」(テモテ一2:4)。

信仰者は真理を知る努力をします。聖書を読み、礼拝説教を聞き、真理を知る努力をします。この努力をするのは、あなたが真理に属しているからです。真理に属する、それは神に属すると言い換えることができます。私たちもまた神の民です。

「神に属する者は神の言葉を聞く」(ヨハネ8:47)。

信仰者は真理を知り、真理によって歩みます。

「真理を帯として腰に締め」

という言葉もあります。あなたは今日、あなたが真理に属する者であることを知りました。真理に属する、これはあなたのアイデンティティーです。

 36節でイエス様は

「わたしの国は、この世には属していない」

と語ります。イエス様が<わたしの国>と言う時、それは神の国のことです。イエス様を信じる人は、神の国に属し、この世には属していません。信仰者は、この世に生きていますか、この世に属していません。この世は、光であるイエス様を理解せず、受け入れません。この世に属する人は、イエス様を受け入れないし、神の言葉を聞くことができません。

イエス様は語ります。

「神に属する者は神の言葉を聞く。あなたたちが聞かないのは神に属していないからである」。

神に属さない、つまりこの世に属するということです。イエス様を信じる人は、真理に属する人であり、福音を信じ、神の言葉を信じる人です。神の国に属する人であり、神の国の民です。私もあなたも、神の国の民です。

 イエス様は真理を証しするために生まれ、この世においでになりました。私たちの生きる目的・意味は、イエス様なしに考えることはできません。イエス様は真理を証しするためにお生まれになり、この世においでになりました。そして私たちは、真理に属するものです。忘れてはならないイエス様の言葉があります。

「私は道であり、真理であり、命である」。

他ならぬイエス様が真理なのです。人となられた神の言葉、それがイエス様です。

私たちの生きる目的・意味は、イエス様によって生きることにあります。イエス様が与えてくださる救いの恵みを受けて生きることです。イエス様こそ救い主であることを伝えることにあります。イエス様こそ、真理です。この方が、私たちの生きる目的です。私たちは神の国の民として、真理に歩みます。神の国に至る道、それは真理の道です。私たちは真理の道を歩み、神の国に至ります。

祈り