今日の説教の題をペトロの裏切りとしましたが、聖書を読んでいるうちにそれはふさわしくないと考えるようになりました。それで

「光を理解しない闇」

としました。イエス様が光としてこの世においでになったのに、この世の人、つまりイスラエルの人々はイエスのことを信じませんでした。そのことがこの福音書の最初(1:5)で、

「暗闇は光を理解しなかった」

とあります。

 今日の聖書は、ペトロがイエス様のことなんか知らない、と語る物語です。イエス様を裏切る物語です。ペトロが

「あなたはイエスの仲間だ」

と言われて、

「違う」

と三回も語っています。ペトロがイエス様を否認する物語です。否認する物語が二つに分かれ、大祭司がイエス様を尋問する記事の前後に置かれています。なぜ、このような構成になっているのかは、分かりません。

 ペトロがイエス様を否認する物語は、四つの福音書のどれにも書かれています。17節で門番の女中がペトロに

「あなたも、あの人の弟子の一人ではありませんか」

と言うと、ペトロは

「違う」

と簡単に答えます。25節で人々がペトロに

「お前もあの男の弟子の一人ではないのか」

と言うとペトロは打ち消して

「違う」

と言います。26節では、

「園であの男と一緒にいるのをわたしたちに見られたではないか」

と言われるとペトロは再び打ち消したとあります。ペトロの否認する言葉は激しさがありません。軽い響きです。イエスを否認したという深刻さは伝わってきません。

 マルコ福音書では、女中の一人がペトロを見て言います。

「あなたも、あのナザレのイエスと一緒にいた」

と言います。するとペトロは、

「あなたが何のことを言っているのか、わたしには分からないし、見当もつかない」

と答えます。この女中が

「この人は、あの人たちの仲間です」

と周りにいる人々に語るとペトロは、再び打ち消します。そして居合わせた人々が

「確かに、お前はあの連中の仲間だ。ガリラヤの者だから」

と言います。するとペトロは、呪いの言葉さえ口にしながら、

「そんな人は知らない」

と誓い始めたとあります。ペトロの動揺した気持ち、そこから出てくる、ひどい言葉が印象に残ります。呪いの言葉を口にしながら言ったということは、わたしが嘘をついているなら呪われてもいいという意味です。実際に嘘をついています。ごまかそうとしています。強い否定の言葉をペトロは語ります。ヨハネ福音書のペトロは、ただ

「違う」

と三回答えるだけです。

 イエス様は鶏が鳴く前にペトロは三度、イエス様のことを知らないと言うだろうと予告しました。鶏が鳴いた時、ペトロはイエス様の言葉を思い出し、いきなり泣き出したとマルコ福音書に書かれています。ルカ福音書では、鶏が鳴いた時、イエス様は振り向いて、ペトロを見ます。さらにイエス様は振り向くのです。ペトロはイエス様を見て、きっと目が合ったと思います。この時、ペトロはどんな気持ちだったのかと想像します。そしてペトロはイエス様の言葉を思い出し、激しく泣いたとあります。自分の行動を悔いるペトロの姿、人間ペトロが描かれています。イエス様の眼差しもあり、説教を準備することができます。

しかしヨハネ福音書のペトロは、鶏が鳴いてもイエス様の言葉を思い出したと書かれてしないし、泣いたとも書かれていません。三回

「違う」

と否認したのに、何事もなかったようなペトロの姿です。このペトロの姿をもとにどんな説教ができるのかと考えた時、<ペトロの裏切り>という説教題はやめにしました。

ヨハネ福音書のペトロの姿から一つだけ教えられることがあります。一つだけ確かなことがあります。四つの福音書にペトロのことが書かれているのは、ペトロ自身が、この出来事を他の人たちに語ったからです。ペトロが黙っていれば、誰も知ることはなかったと思います。ペトロは自分の失敗、自分の罪を隠さなかったのです。ヨハネ福音書の21章を読むと、イエス様はペトロの罪を赦し、ペトロに使命を与えておられます。だから、自分の過ちを語ることができたと言えます。

 私たちは失敗を恐れます。だから、難しいこと・困難なことは

「無理だ」

と言って行いません。失敗して人から何と言われるのか、何と思われるのか、恐れるのです。このような恐れは、信仰の敵です。神さまは、万事を益としてくださる方です。私たちの失敗、罪を犯したことは、無駄な出来事ではなく、神さまの導きの中で、益となるというのが聖書の教えです。失敗の中から学ぶことができますし、罪を犯せば、清い心を求める思いが強められます。失敗を恐れる必要はありません。神さまは万事を益としてくださるように導いてくださいます。人生において無駄なことはありません。これが今日の聖書から学ぶことができる第一のことです。

 ペトロがイエス様を否認した物語に挟まれているのが、かつて大祭司をしていたアンナスの家でのイエス様に対する事情聴取です。大祭司はイエス様に弟子のことや教えについて尋ねたとのことです。他の福音書では、イエスを死刑にしようと尋問が行われています。

 たとえばマルコ福音書では、イエス様を死刑にするために、イエス様に対して不利な証言を求めます。しかし、そのような証言は得られません。すると

「お前はほむべき方の子、メシアなのか」

と尋ねます。

「お前は神の子、メシアなのか」

との問いです。イエスは一体誰なのか、それが問題とされます。イエス様はメシアとして神さまから遣わされています。しかし宗教指導者たちは、イエス様をメシアとして認めるどころか、殺そうとするのです。ファリサイ派や律法学者たちは、イエス様が律法を破っている、神の教えを守っていないと批判します。また彼らはイエス様から偽善者と批判されます。彼らにとってイエス様は憎らしい人物です。

 大祭司たちは、別な考えを持っています。人々はイエス様の力を認めています。人々がイエス様をメシア・救い主と崇め、ローマに対する独立運動をイエス様に期待するかもしれません。もしそうなったらエルサレムに混乱が起きます。それは困るのです。カイアファという大祭司は、そういうことが起きるなら、イエス様を殺せばよいと考えます。イエス様は邪魔なのです。

 ところがヨハネ福音書では、大祭司はイエス様に弟子たちのことや教えについて尋ねます。のんきな尋問を行っているように見えます。イエス様は答えます。

「わたしは、世に向かって公然と話した。わたしはいつも、ユダヤ人が皆集まる会堂や神殿の境内で教えた。ひそかに話したことは何もない。なぜ、わたしを尋問するのか。わたしが何を話したかは、それを聞いた人々に尋ねるがよい」。

 もし大祭司がイエス様に尋問するなら、イエス様が教えたことをきちんと調べ、その上で追及するような質問をすればいいと思います。しかし、イエス様の教えたことを調べることはしません。それなのに

「お前は何を教えたのか」

という質問は、イエス様を馬鹿にした質問と言えます。

 もし私たちが作家に対してインタビューをするとします。その場合、その作家の書いた小説を何冊か読んでからインタビューをすると思います。インタビューの最初に

「あなたはどんな本を書いたのですか」

などと尋ねれば、作家は

「読んでからまた来なさい」

というに違いありません。こう考えると、大祭司にとっては、イエス様のことなど眼中にないと言ってもよいと思います。彼は、イエス様のことなど理解しようとすら考えていないのです。暗闇は光を理解しようとしなかったのです。

 ペトロはイエス様を信じていました。そのペトロも、イエス様を知らないと三度否認してしまいました。ペトロも闇の中に落ち込んでしまいました。光としておいでになったイエス様からすれば、周りはイエス様のことを理解しない闇でした。今日の聖書は、誰もイエス様を理解しようとしていないことを告げています。弟子のペトロすら、イエスを否認しているのです。

 他の福音書では、大祭司はイエスを死刑にしようとして尋ねます。

「お前は神の子、メシアか」。

マルコ福音書ではイエス様はこう答えます。

「そうです。あなたたちは、人の子が全能の神の右に座り、天の雲に囲まれて来るのを見る」。

大祭司は、イエス様が神の子と名乗り、神の右に座りと言ったことについて、自分を神としている、神を冒とくしていると非難し、イエスを死刑にしようとします。イエスが何者かを調べ、イエスを死刑にしようとしています。

 ヨハネ福音書は最初から、イエス様は御自分と父は一つと語っています。そしてユダヤ人たちは、イエス様が神を冒とくしているので、殺さなければならないと考えています。ヨハネ福音書においては、イエス様は最初から、イエスは神だと語っているのです。だからイエスが誰なのか、神を冒とくしているから死刑にしようという狙いをもった大祭司による尋問は、ヨハネ福音書では必要ないのです。だから、描かれていません。

 今日の聖書を読んでみると、この言葉、この文を説明すれば、福音を伝えることになるというような言葉、文章はありません。全体が暗闇の中に包まれています。イエス様を否認するペトロ、イエス様の教えを聞こうとしない大祭司が描かれています。イエスを理解しようとしない宗教指導者たちです。あるのは闇だけで、光は見えてきません。ここから福音として何を聞くのか、福音が聞こえてきません。私たちはイエス様が光であること信じます。イエス様がメシア・救い主であることを信じます。イエス様が神であることを信じます。

 そこでヨハネ福音書において、イエス様が具体的に自分は何者かを語った言葉を紹介します。

「わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている」(10:14)。
「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ」(15:5)。
「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない」(14:6)。

まだ他にもあります。私たちは光であるイエス様を信じる者として、イエス様が誰なのか、これらの言葉を握りしめたいと思います。自分はどの言葉を握りしめるのか、是非、考えてみてください。私は、

「わたしの羊はわたしの声を聞き分け、わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う」(10:27)

です。イエス様はご自分がメシアであることをいろいろな言葉で語っています。これらの言葉を通してイエス様はご自身が光であると宣言しておられます。

祈り