今日からイエス様の受難の物語に入ります。イエス様は自ら、十字架の死を受け入れ、そこに向かって歩まれます。私たちがガンに冒されていることが判明し、余命宣告をされたとすると、私たちは自分の死を受け入れ、自分が亡くなる日に向かって生きることになります。自分の死を受け入れ、そこに向かって歩むという点で似ているかもしれません。もちろん違っている点もあります。イエス様は自ら、十字架の死を受け入れましたし、ガンの場合は、自分が選択をしたと言うより、受け入れざるを得ないものとして、向こうからやってきたと言えます自分の死を受け入れるといっても全く違うことも確かです。今日も聖書に耳を傾けましょう。

 イエス様が逮捕される場面です。よく聖書を読まれる方は、他の福音書とは違っている点があることに気づかれると思います。1節。

「こう話し終えると、イエスは弟子たちと一緒に、キドロンの谷の向こうへ出て行かれた。そこには園があり、イエスは弟子たちとその中に入られた」。

エルサレムの町は丘の上にあります。谷を挟んで向かい側にオリーブ山があります。そのオリーブ山の麓にオリーブの木が植えられている園があります。他の福音書では、その園をゲッセマネの園と呼んでいます。ヨハネ福音書では、キドロンの谷の向こうにある園とだけ記されています。

 もう一つの大きな違いはユダです。イエス様を捕らえるために、ユダは道案内をします。夜の暗さの中で捕らえるべきイエスはどの人物なのかを特定できるように、他の福音書では、ユダはイエス様に接吻します。

「わたしが接吻するのが、その人だ」

と前もって誰を捕まえたらいいのか、決めておいたのです。ヨハネ福音書では、ユダがイエス様に接吻はしません。ヨハネ福音書では、イエス様が

「だれを探しているのか」

と問いかけます。人々が

「ナザレのイエスだ」

と答えると

「わたしである」

とイエス様は答えます。イエス様が自ら、

「わたしだ」

と答え、あなたがたが捕らえるべきは、わたしだと名乗りを上げています。

 このようなヨハネ福音書と他の福音書のちがいは何を意味しているかというと、イエス様は、積極的に自分の道を歩んでいるということです。単に事の成り行きをイエス様が御支配しているということです。イエス様は、捕らえられることを承知で、いや捕らえられるためにイエス様は行動をしていることをヨハネ福音書は伝えようとしています。イエス様が逮捕されるというドラマ、劇が演じられているわけですが、イエス様は主人公を演じているのです。

 1節で、イエス様はキデロンの谷の向こうへ出て行かれたとあり、まずイエス様が行動を起こします。イエス様が行かれた園は、イエス様が弟子たちとたびたび過ごしたところです。ユダもそこを知っています。つまり、イエス様は自ら捕らえられる場所へ出向くのです。すると待ち構えていたように、イエス様を捕らえようとする人々が登場します。夜の暗がりの中では、だれを捕らえたらよいのか分かりません。4節

「イエスは御自分の身に起こることを何もかも知っておられ、進み出て、『だれを捜しているのか』と言われた」。

イエス様は進み出て、呼びかけます。そして

「ナザレのイエスだという答えが返ってくると
「わたしである」

と答えられます。事の進行をイエス様が司っているのです。

 イエス様が

「わたしである」

と答えた時、予想もしない答えに人々は一瞬ひるみ、後ずさりした時、後ろにいる人とぶつかり、人々は倒れてしまいました。そこでイエス様は今一度

「だれを探しているのか」

と尋ね、返ってきた答えに対して

「わたしである」

と答えています。そして私を捕らえればよいはずだ、弟子たちを去らせるように、とお命じになります。逮捕劇というドラマは、イエス様が中心となって進行しています。つまりイエス様は、

「イエスは御自分の身に起こることを何もかも知っておられ」

、自分の死に向かっているのです。十字架の死を遂げるという神さまの計画に向かって真っ直ぐに歩んでいるのです。

 4節で、イエス様は

「イエスは御自分の身に起こることを何もかも知っておられ」

ました。神のみ心として、自分が十字架の上で死ぬことを知っていました。十字架の上で死ぬことをイエス様は受け入れていました。でもイエス様は、何故、自分が十字架の上で死ぬことを知ったのだろうかと考えます。その理由は、イエス様が聖書のことをよく知っていたからだと思います。

 イエス様は聖書つまり、私たちにとっての旧約聖書の内容をよく知っておられました。ルカ福音書において、イエス様は安息日に故郷のナザレの会堂に行き、手渡されたイザヤ書の巻物を開き、語ります。

「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」

と語られました。イエス様は自分の行動が旧約聖書の言葉を実現していることを知っていました。そこにはこう書かれていました。

「主の霊がわたしの上におられる。貧しい人に福音を告げ知らせるために、/主がわたしに油を注がれたからである。主がわたしを遣わされたのは、/捕らわれている人に解放を、/目の見えない人に視力の回復を告げ、/圧迫されている人を自由にし、主の恵みの年を告げるためである」。

イエス様の働きは人々に自由、解放を与える救いであることを宣言されたのです。イエス様には神さまに遣わされているとの自覚があり、聖書から自分の務めを理解しておられました。

さらにイザヤ書の53章もイエス様はよく知っておられたと思います。

「彼が担ったのはわたしたちの病/彼が負ったのはわたしたちの痛みであったのに/わたしたちは思っていた/神の手にかかり、打たれたから/彼は苦しんでいるのだ、と。彼が刺し貫かれたのは/わたしたちの背きのためであり/彼が打ち砕かれたのは/わたしたちの咎のためであった。彼の受けた懲らしめによって/わたしたちに平和が与えられ/彼の受けた傷によって、わたしたちはいやされた」。

このイザヤ書53章を読むと、イエス様の十字架の場面と重なります。イエス様はこのように旧約聖書に親しむ中で、メシアはどのような道筋を歩くのかを理解され、それを自分の歩むべき道とされたのです。そして十字架の死を受け入れられました。

 イエス様が捕らえられようとした時、ペトロが剣を持っていたので、それを阻止します。その時イエス様は、

「父がお与えになった杯は、飲むべきではないか」

と語りました。父がお与えになった杯とは、苦難の杯、つまり十字架の死を意味します。イエス様は父なる神が与えたものに従おうとします。

 ヨハネ福音書に登場するイエス様は、父なる神に従うイエス様でした。イエス様が語ることは、父なる神さまから語るように指示されたことであり、イエス様の行うことは、父なる神さまから、行うように指示されたことである、とイエス様は繰り返し語っておられます。イエス様は、その活動において、そして最後の十字架の死に至るまで、父なる神さまに従順でした。聖書の他の箇所にも、イエス様は

「へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした」

とあります(フィリピ2:8)。イエス様は徹底して父なる神さまに従順に歩み、救い主としての働きをなさいました。

 十字架の死が人の救いになるとは、人が考えもしないことです。しかしそこに人間を救う神の業が現れるのです。人間を救うために、イエス様は十字架の上で苦しみを味わったのです。ヨハネ福音書において十字架につけられたイエス様は

「成し遂げられた」

と語って息を引き取ります。イエス様は、神さまのみ心に従って歩み、果たすべき事を成し遂げて亡くなられました。

 イエス様は、十字架の死に至るまで、父なる神さまに従順でした。それと対照的なのが、旧約聖書に登場するイスラエルの民です。彼らは神の民とされ、神に愛される民でした。それ故に、神に従うことが期待された民です。しかし彼らは、神さまに対して従順に生きることができなかったことを旧約聖書は書いています。そして私たちもまた神さまに対して従順に生きるものとされています。神さまに従う、それは信仰者として当たり前のことだと言われます。でも本当に当たり前のことなのでしょうか。当たり前なら、イスラエルの民は何故、失敗したのでしょうか。当たり前なので、私たちは従順に生きることができているのでしょうか。理屈の上では、神さまに従うのは当たり前かもしれません。でもイスラエルの民が従順になることに失敗したことは、神さまに従順になるためには、もう少し深く考えるべきことがあると思います。

 イスラエルは神の民、神はイスラエルの神でした。ここには、神とイスラエルの民との交わりがあります。交わりに生きるか否か、それは人の選択です。たとえば結婚は、一組の男女の交わりです。人は相手を選択し、交わりに生きることを選びます。交わりに生きるようとする時、私たちは相手に対してふさわしい行動を取ることが求められます。そうしないと交わりが成立しないのです。それがイヤなら、交わりに生きることを選ばなければよいのです。

 神との交わりに生きる時は、人はどのようなふさわしい行動をすべきなのでしょうか。神さまは崇められるべきおかたです。それ故、神を信じる者は、神さまを崇めます。神さまを崇めないで、神との交わりに生きることができません。神は畏れ敬われるべきお方です。人は、神さまに従うことを通して神さまを崇め、神を畏れ、敬います。私たちは神さまに従うことによって、神さまを神と認めていることになります。神さまには権威があると認め、神さまに従う時、私たちは神さまを神と認め、神さまとの交わりに生きることになります。

 イエス様はその活動の最初から、神さまとの交わりに生きていました。神さまのみ心を人々に伝え、御心を行いました。イエス様がどれほど父なる神さまを崇め、従おうとしていたかは、十字架の死を受け入れるほどでした。イエス様は自らの選択として十字架の死を選び、神さまに従順に生きることを選びました。それは父なる神さまに対してのふさわしい態度でした。そして神さまはイエス様に対して、イエス様を信じる人に、イエス様が命を与えることができるようにされました。イエス様を救い主とされたのです。

イエス様は人々に告げます。

「わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へと移っている」。

神さまはこのようにイエス様に語ることをお許しになったのです。イエス様は、イエス様を信じる者に永遠の命を与えることができるようにされました。永遠の命を与える権威を神さまはイエス様にお与えになったのです。イエス様は父なる神さまを崇め、従順に歩みました。父なる神さまは、イエス様を神の子とし、永遠の命を与えるものとされました。ここに父なる神と神の子であるイエス様との交わりがあります。神さまとの交わりに自分は生きる者であるとの意識が、神さまに対する従順を生み出します。

 実は私たちは交わりに生きることに慣れていません。夫婦関係、親子関係は、交わりです。ですから交わりに生きることを学ばないと、夫婦であること、親子であることの喜びを得ることがむずかしいです。そして交わりに生きることを妨げるのが罪です。交わりは相手を大切にするところに成立します。しかし私たちは、他者を思うより、自分のことしか考えない傾向があります。相手のことを考えない、神さまのことを考えない、自分のことしか考えない、心の傾向、これが罪です。私たちはこの罪の赦しを受ける時、愛する心を神様から与えられ、交わりに生きることができる者へと生まれ変わります。そして私たちは聖書から、交わりに生きることを学びます。その模範はイエス様です。イエス様は、神さまを敬い、徹底して従順に歩まれました。イエスを模範とすることによって、私たちもまた神さまとの交わりに生きることができるようにされました。

祈り