一年の計は元旦にありと言われます。一年の最初の日に礼拝を献げ、説教を聞くことができることは、新しい年の出発にとって幸いなことです。今日も聖書に聞きましょう。

 1節を読みます。

「こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます」。

<あなたがた>と呼ばれるこの手紙の読者は、イエス様を信じた人たちです。神の憐れみを受けています。このローマの信徒への手紙で、パウロは救いについて語りました。この手紙を読んだローマにいる信仰者たちは、自分たちが神の憐れみを受けて救われていることをあらためて確認したと思います。今日は聖書に登場するダビデという人物を通して、

「神の憐れみを受ける」

ということが、どういうことかを最初にお話したいと思います。

 ダビデは紀元前1000年頃のイスラエルの王です。彼は信仰深い王でした。ペリシテ人との戦いにおいては、神に祈り、どのように戦ったらいいか、神の導きを求めました。神の導きに従って戦ったので、彼は勝利に勝利を重ねました。聖書にはこう書かれています。

「主はダビデに、その行く先々で勝利を与えられた」(サムエル記下8:6)。

信仰深い王でしたが、魔が差すと言いますか、罪を犯します。聖書のサムエル記下11章に書かれています。ある時、彼が王宮の屋上から、一人の女性が水浴びをしているのが見えました。とても美しかったので心惹かれ、家来に命じて、彼女を王宮に連れてこさせます。そして彼女と床を共にします。他人の妻と関係を持つ、姦淫の罪を犯します。彼女の名は、バト・シェバ。

 しばらくすると彼女から、身ごもったとの知らせが届きます。そこでダビデは、戦場で戦っている彼女の夫ウリヤを呼び寄せます。そして戦況お聞き、彼をねぎらい、家に帰って休むように告げます。バト・シェバのお腹の中にいる子をウリヤの子にしようとしたのです。でもその目論見はうまく行きません。ウリヤは、自分だけ家に帰って飲み食いし、妻と床を共にすることはできないと語ります。戦場では仲間が戦っているのです。自分だけいい思いをするわけにはいかないとウリヤは言うわけです。そこでダビデはウリヤを戦場で死ぬように計らいます。美しいバト・シェバを妻にするつもりなのです。戦場にいる将軍ヨアブに手紙を書きます。

「ウリヤを激しい戦いの最前線に出し、彼を残して退却し、戦死させよ」。

こんな命令、普通出しません。自分で直接手を下しませんが、ダビデは殺人の罪を犯します。しかし最高権力者であるダビデは、自分の罪に気づきません。そこで神さまは、ナタンをダビデのもとに遣わします。そしてダビデの罪を指摘させます。するとダビデは自分の罪を認めました。

 ダビデは、

「わたしは主に罪を犯した」

と語ります。自分の罪を認めました。ダビデは神に向かって祈ります。

「あなたに、あなたのみにわたしは罪を犯し/御目に悪事と見られることをしました」(詩編51:6)。

神に対して<罪を犯した>との自覚があります。さらに祈ります。

「ヒソプの枝でわたしの罪を払ってください/わたしが清くなるように。わたしを洗ってください/雪よりも白くなるように」。

罪からの清めを願います。さらに続けて祈ります。

「神よ、わたしの内に清い心を創造し/新しく確かな霊を授けてください」。

 ここには罪の悔い改めがどういうものかが示されています。まず、自分が神に対して、神の前で罪を犯したという自覚があります。神から罰を受けても仕方がないとの思いがあります。その罪を神に神の前に告白し、赦しを求めます。赦しが与えられるまで、心に安らぎはありません。そして罪からの清めを願い求め、さらに清い心を神に求めます。罪から離れることを真剣に求めます。清く生きたい、罪を犯したくないとの思いがあふれてきます。

 するとナタンは言います。

「主があなたの罪を取り除かれる。あなたは死の罰を免れる」。

ダビデはその罪が赦されます。ナタンは続けます。

「このようなことをして主を甚だしく軽んじたのだから、生まれてくるあなたの子は必ず死ぬ」。

生まれてくる子はダビデの罪のゆえに死ぬのです。ダビデは自分の罪がいかに重いものか、思い知らされました。自分が神の怒りを受けて罰を受け、死んだとしても仕方がないと思います。しかし、神さまはその彼を赦しました。神の憐れみによる赦しです。ただただ神の憐れみによってダビデは赦しを受けたのです。

 罪を自覚するとは、神に対して罪を犯したという自覚です。神に裁かれ、罰を受けても仕方がないという思いが伴います。その罪は小さな嘘だったとしても、神に対して罪を犯したという自覚は生まれます。ダビデのような、重い罪だから罪の自覚が生じるというわけではありません。私自身、自分を守るために小さな嘘をついたことがあります。その時は、気がつかなかったのですが、後から、あの時、自分を守るために嘘をついたと思い出した途端自分は頭のてっぺんから足のつま先にいたるまで罪の塊だと感じたことを思い出すことができます。自分の罪を思う、これこそ神がおられる証拠だと私は思っています。このような自覚を持つとき、二度と同じ事はしたくないとの思いが生まれます。

 パウロが、

「神の憐れみによってあなたがたに勧めます」

と語るとき、ローマの教会の信仰者が、罪の赦しという神の憐れみを受けていることを前提にしていると思います。かつて私は

「わたしは憐れみを受けるほどみじめな人間ではない」

と考えていたことがあります。その時の私は、自分の惨めさが分かっていませんでした。パウロは自分のみじめさを知っています。パウロは、自分の弱さを誇ると語りました。なぜなら、力強い神が共にいてくださり、パウロはその神との交わりに生きることができるので、自分の弱さを誇ると語ることができました。何と自由な人でしょう。何と幸いな人でしょう。

 ダビデは神の憐れみによって赦しを受け、今一度、神の前に生きることが赦されました。彼は神の前に信仰者として歩むことが許されました。彼は、神との和解を受けたのです。ダビデは、神との交わりに生きることを許されたのです。信仰者とは、神との交わりに生きる人のことです。神との交わり、それは人格的な交わりです。人格的な交わりとは、相手に対してふさわしい態度をとって、交わりに生きることを意味します。

 たとえば夫婦を考えます。結婚した男女は、夫婦として人格的な交わりを持ちます。結婚とは夫婦の人格的な交わりである、これが神さまの教えです。この人格的な交わりに生きる人には、自分のなすべき本分というものがあります。結婚している男性、夫が果たすべき本分を聖書はこう告げます。

「夫たちよ、キリストが教会を愛し、教会のために御自分をお与えになったように、妻を愛しなさい」(エフェソ5:25)。

キリストに倣い、自分の命を捧げるほどに妻を愛しなさいとの教えです。あるいは

「夫も、自分の体のように妻を愛さなくてはなりません」。

これが結婚に生きる夫のなすべき本分です。妻が果たすべき本分について、聖書はこう語ります。

「妻たちよ、主に仕えるように、自分の夫に仕えなさい」。

お互いに本分を果たすことによって、夫婦関係が築かれ、夫婦は夫婦となっていきます。

 親と子もまた人格的な交わりです。

「子供たち、主に結ばれている者として両親に従いなさい」(エフェソ6:1)。

あるいは

「父と母を敬いなさい」。

これらは子の果たす本分です。親の本分についてはこのように書かれています。

「父親たち、子供を怒らせてはなりません。主がしつけ諭されるように、育てなさい」。

自分の本分を誠実に果たすこと、それを<愛する>と言います。

 そこで神と信仰者の交わりです神さまは父なる神であり、信仰者は神の子です。神さまは父として子を守り、教え、導きます。これが父としての神の本分です。子として父に信頼し、父に従う、これが子の本分です。私たちは神の子としての本分を果たすことによって、父と子の交わりを確かなものにしていきます。父と子の関係づくりを行います。父なる神との関係づくり、これが信仰生活です。父なる神は本分を果たすことにおいて誠実で、裏切ることはありません。

 神と私たちの関係は、父と子の関係だけではなく神と人間という関係があります。神さまに対する人間の本分は何でしょうか。礼拝です。神さまに対する人間の取るべきふさわしい態度、それは礼拝です。神さまを敬い、崇めることです。パウロが、

「こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます」

と語るとき、パウロは、信仰者である人間のなすべき本分を語ろうとしているのです。そして

「これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です」

と語り、私たちのなすべき礼拝が何であるかを教えています。私たちは日曜毎に教会に集い礼拝を献げています。日曜毎に礼拝に集い、私たちは人間として神さまに対する本分を果たしています。私たちが神を礼拝するのは、日曜日だけではありません。私たちは自分の人生を通して

「神を礼拝する」

という本分を果たします。そのことが1節で語られています。

 

「自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい」。

<献げなさい>と訳された言葉は、<置く>という言葉が使われています。つまりいけにえを祭壇に置くわけです。いけにえを置くという物理的な行動は、信仰的には献げるという行動になります。皆さんが、自分自身をいけにえとして祭壇に献げる場面を想像してください。献げる自分と献げられる自分がいるわけです。献げられる自分って、どんな自分でしょうか。どんな自分を皆さんは、献げられるのでしょうか。

 <体>を献げるというのは、自分を献げることと同じです。体という言葉を使うのは、いけにえは見えるからです。体は見えます。でも<自分>は見えません。実際には私たちは自分を献げるわけですが、どのようにして献げるのでしょうか。どの信仰者でもできる献げ物は、一つの<生き方>を献げることです。神の言葉によって生きるという生き方です。この世の人々は、自分の思い、自分の考えによって生きています。私たちはこの世の人とはちがって、この世の人と区別されて、神の言葉に立って、歩みます。神の言葉に立って、子供を育てます。神の言葉に立って、夫として、妻として生きます。神の言葉に立って、老いを生きます。神の言葉に立って、部下として上司に仕え、上司として部下を導きます。神の言葉に立って、親に接し、また子に接します。聖なるいけにえとは、他のものと区別されたいけにえの意味です。つまりこの世の人々とは違う生き方をするという意味で、私たちの歩みは、聖なる生き方です。御言葉に立って生きる生き方は、この世の人々の生き方とは区別されるとの意味で、聖なる生き方となります。この生き方を私たちはいけにえとして神さまにささげることができます。

 あるいは、特別な使命に生きることによって、人生をいけにえにすることがあります。たとえば牧師として生きることは、自分の人生を神さまに献げることになります。福音歌手の森祐理さんも歌を中心とした活動によって神さまを伝える働きをなさっていますが、それは仕事と言うよりも神様から与えられた使命に生きているということができると思います。ミッションスクールで、教師として働く、そこにも使命があります。そのように使命に生きることによって、自分の人生をいけにえとして神さまにささげることがあります。

 もっと身近なことで言えば、教会において神さまに仕えることもあります。教会にのきを担う、仕える、それもまた、いけにえとしての自分を献げることになります。パウロはこのように自分を献げなさいと勧めます。

 2節。

「あなたがたはこの世に倣ってはなりません。むしろ、心を新たにして自分を変えていただき、何が神の御心であるか、何が善いことで、神に喜ばれ、また完全なことであるかをわきまえるようになりなさい」。

意味は明白です。神の言葉に立って歩みなさい、ということです。この世に倣うとは、この世の人々の生き方に倣うことです。神の言葉に立つ生き方を捨てるのです。やめるのです。まるっきり捨ててしまえば信仰者であることをやめることになります。以前の口語訳聖書では、この世と妥協してはならない、とあります。信仰者として生きる時、御言葉に立つことを妨げるものとの戦いがあります。敵は自分の内にも外にもいます。しかし何が起ころうと、なにものも

「わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです」(ローマ8:39)。

これは神様の約束です。約束を果たす、これは神さまの本分です。どんな時も何があっても神さまは、共にいてくださり、私たちを守り導いてくださいます。

 新しい年の終わりに、あるいは私たちの人生の終わりに次のパウロの告白を共にできるなら、幸いだと思います。

「わたし自身は、既にいけにえとして献げられています。世を去る時が近づきました。わたしは、戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました。今や、義の栄冠を受けるばかりです」(テモテ二4:7)。

祈り