マタイ2章を読んで、ヘロデが幼子を殺す命令を出したことは知っていました。何故、2歳以下の男の子を殺す命令を出すのか、不思議に思っていました。というのは、イエス様は生まれたばかりなのだから、2歳ではなく、1歳以下でもよかったし、生まれて間もない子にしてもよかったと思います。そうすれば必要以上に多くの子を殺さずにすむわけです。でも不思議に感じるのは、私に思い込みがあったからでした。

 クリスマスには、イエス様のお生まれになった生誕劇をします。キリスト教の幼稚園では幼子たちが生誕劇を演じます。その劇の中で、生まれたばかりの幼子が飼い葉桶に寝かせられているところに東方から来た学者たちが訪れます。生誕劇を見慣れているので、東方から来た学者たちは生まれたばかりの幼子を訪ねる、という思い込みが私の頭の中にできあがっていました。だからヘロデ王が2才以下の男の子を殺すように命じたのは何故なのか、不思議に思ってしまったのです。

 ヘロデ王は、占星術の学者たちを呼び寄せて、星の現れた時期を確かめました。私はこれを見過ごしていました。ヘロデ王は星の現れる時期を確かめたのです。この東方から来た占星術の学者たち、彼らは天文の研究もしていました。そして星の動きとこの世界で起きる出来事の関連を研究していました。彼らはエルサレムに来て、質問をします。

「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです」。

彼らが星を見たとき、それはユダヤ人の王となる人が生まれたときなのです。それからこの学者たちは旅をしてエルサレムに来たのです。星を見た時から、学者たちがエルサレムに来るまで、一年が過ぎていたのか、それは分かりませんが、ある程度の時が流れていました。だからヘロデ王が2才以下の男の子を殺すように命じたのです。ヘロデ王が2才以下の男の子を殺すように命じたのも理解できます。東方の学者たちは、ユダヤ人の王の誕生に合わせてエルサレムに来たのではないのです。生誕劇を見慣れていた私には幼子が生まれた直後、学者たちがエルサレムに着いたとの思い込みがあったのです。自分にも思い込みがあったのだと少々、驚いています。

 今日の聖書は、実は説教者を困らせる箇所です。星が旅人を導くことがあるのだろうか、との疑問が生じます。さらに東方から来た学者たちは、生まれた幼子の前にひれ伏し拝みましたが、それは信仰から来るものではなく、むしろ王として生まれた方への敬意を表したに過ぎません。表敬訪問です。彼らは故国に帰る道すがら、

「星の動きは本当だったなあ」

と語るに違いないのです。今日の聖書箇所には、この言葉を説教すればよい、という言葉がないのです。

 ルカ福音書においては、たとえば、

「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである」

との天使のお告げがあります。あるいは

「いと高きところには栄光、神にあれ、/地には平和、御心に適う人にあれ」

との天使の賛美があります。このような天使の言葉、天使の賛美は説教の題材になるというか、これらの言葉をテーマとして説教することができます。しかし、マタイの今日の箇所にはテーマとするような言葉がないのです。何を説教したらいいのか、何日も考え込んでしまいました。一つだけ見えてきました。それはヨセフの姿です。マタイ福音書が語るイエスの誕生物語にずっと登場するのはヨセフです。しかも目立ちません。

 ヨセフはある時、婚約者のマリアに驚かされました。マリアが子を宿していることを知ったからです。裏切られたとの思いから、マリアを姦淫したと訴え、公にすることができますが、それはしませんでした。ひそかに離縁しようとしました。ところが驚いたことに夢の中に天使が現れて言うのです。

「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである」。

マリアは聖霊によって身ごもったというのです。これを聞いてヨセフがどこまで理解できたのか分かりませんが、マリアの妊娠は神がかかわっていることは分かったと思います。そして彼は天使が語ったとおり、マリアを妻として迎え、生まれた子をイエスと名づけました。

 それからしばらくしてある晩、ベツレヘムの家に旅人が訪ねてきたのです。そして訪問した理由を語ります。

「私たちは東方の国で占星術の学者をしています。天文学者でもあります。ある時、特別な星を観察しました。その星はユダヤで新しい王が生まれたことを知らせる星でした。そこで本当に王が生まれたのかどうか確かめに来ました。ここまで星が導いてくれました」。

そして幼子にひれ伏し拝み、持参した宝物を献げました。この場面にヨセフは登場していませんが、そこにいたと思います。ヨセフは、天使の言ったことは本当なのだとあらためて思ったに違いありません。この幼子は将来救い主となる。天使はそう告げた。天にしるしも現れた。この幼子は救い主になるのだ。そう確信したと思います。そして旅人たちは帰って行きました。

 13節以降になりますが、この夜起きた不思議な出来事についてマリアと語り合った後、ヨセフは眠りにつきました。すると、またもや夢の中に天使が現れて言います。

「ヘロデ王が、幼子イエスを探し出し殺そうとしているので、エジプトに逃れなさい」。

これを聞いたヨセフは、即座にマリアを起こし、幼子を連れてベツレヘムの町を離れ、エジプトに向かいました。

「私はこの子を守らなければならない。これは神から与えられた私の使命だ」。

ヨセフはそう考えたと思います。

 エジプトでの生活が始まります。そしてヘロデ王が亡くなります。これはBC4年のことです。すると主の天使がヨセフの夢の中に現れ、イスラエルに戻るように告げます。そしてイスラエルに帰り、ナザレの町に住みます。

「この子を育てる、それが私の使命だ」

とヨセフは考えたと思います。

 ヨセフはマタイ福音書では、この後登場しません。なぜ登場しないのか、理由は分かりません。もしかしたら、亡くなったのかもしれません。ルカによる福音書では、イエス様が12歳になったとき、両親と一緒にエルサレムに行ったとありますので、イエス様が12歳になるまでは、ヨセフはイエス様の成長を見守ることができました。ヨセフは、イエス様がメシアであることの証人です。ヘロデ王から守り、愛をもってイエス様を育てることによってイエス様がメシアであることを証言しています。ヨセフの声を聞くことはできませんが、聖書を通してヨセフの声を聞くような思いがします。

 そして今日の聖書から見えてくるものがありました。先ず、占星術の学者たちです。彼らは珍しい星の動きを観察しました。そして彼らは、その星はユダヤ人の王が生まれたことを示していると考えました。天にしるしが現れるのですから、注目すべき王の誕生です。そして彼らは、その子に会いたいと考え、旅をします。学者として本当に王が生まれたのかどうか確かめたい思いはあったと思います。彼らはその思いを実行に移しました。王に対する敬意を表すために高価な贈り物を用意して出かけました。私は彼らの姿の中に、神さまの働きに対して、積極的にかかわっていく姿を見る思いがします。メシア救い主の誕生に伴い、神さまは天にしるしを現したのです。占星術の学者たちはそれを見たとき、行動を起こしたのです。見過ごしにしなかったのです。

 次はヨセフです。マリアが身ごもったという知らせを聞いたとき、ヨセフは戸惑い、また落胆もしたと思います。何故マリアが、と裏切られたとの思い、悲しみも感じたと思います。ひそかにマリアを離縁しようと考えました。そんな思案をしているある晩、夢を見ます。夢の中で主の天使がヨセフに語りかけます。天使が語りかけたとはいえ、夢です。この夢が神から来ていると考えていいのでしょうか。マリアは自分を裏切るはずがないとの思いが、この夢となったのではないか、と考えることもできます。ヨセフは、その夢が神さまから来ていると考えました。神さまの働きを受け入れたのです。そして天使の指示に従いました。彼は神さまの働きに対して、心を開いています。その後、天使が夢の中でヨセフに語るとき、ヨセフは迷うことなく、その指示に従っています。

 ヨセフの次は、祭司長たちや律法学者たちです。ヘロデ王が彼らに尋ねます。

「メシアはどこに生まれることになっているのか」。

イスラエルの人々の間にはメシアに対する期待がありました。特に外国の支配から自分たちを解放し、独立をもたらすメシアの到来が待ち望まれていました。そしてここに引用されている旧約聖書の引用は、メシアの到来を預言するものとして知られていました。そこで祭司長、律法学者たちは即座にヘロデの質問に答えることができました。ベツレヘムに生まれると知ったヘロデ王は、占星術の学者たちに、メシアに会ったなら、報告するように命じます。

「自分も拝みに行くから」

と言いましたが、実は、殺すつもりでいます。ヘロデは行動を起こそうとしています。しかし、祭司長や律法学者たちは、何の動きもしていないように見えます。神さまの働きかも知れない出来事が起きているのに無関心でいます。神さまの働きに対して心を閉ざしているように見えます。神さまを信じて、なお宗教指導者であるはずなのに、彼らは神さまの働きに対しては心を閉ざしています。

 神さまの働きに対して心を開くことの大切さをマタイは私たちに教えているように感じました。マタイはこの後3章以降イエス様の活動を紹介し、イエス様はメシア救い主であることを伝えます。この福音書を読む人が、ここに書かれていることを、心を開いて受け入れることを願っています。何よりも神さまが人々を救おうとして、救い主をお遣わしになりました。この神さまの働きに対して心を開くのか、閉ざすのか。あなたはどうしますか。

 天使はヨセフに、生まれてくる子はインマヌエルと呼ばれるであろうと語りました。インマヌエルとは、神は我らと共におられるとの意味です。私たちは今、

「わたしはあなたと共にいる」

との神の声を聞くことができます。

私は弱い者ですが、神さまは私を強くしてくださいます。私が疲れているとき、神さまは力づけてくださいます。神さまが私の心を高く上げてくださるとき、私は神さまが素晴らしい方であることを知ることができます。私が神さまを呼ぶとき、神さまは答えてくださいます。私が悲しみの中にある時、神さまは喜びへと導いてくださいます。神さまは私の渇きを生ける水でいやしてくださいます。神さまは、愛と安らぎの御手で私の心に触れてくださいます。

このような神さまが、わたしはあなたと共にいると、このクリスマスの時、語りかけておられるとしたら、どうでしょうか。占星術の学者たちは東方から王として生まれた方に会うべく旅をしました。ヨセフはマリアを受け入れ、生まれた子を受け入れ、その子を守り育てることを自分の使命としました。祭司長や律法学者たちは、メシアの誕生の知らせを聞いても無視しました。

あなたは身も心も打ち砕かれ、立ち上がれないときがあるかもしれません。神さまが本当におられるのか、神さまは本当に自分のことを心にかけてくれるのか、知りたくなるときがあるかもしれません。神さまに対する希望や信頼も消えかけ、神さまの愛も信じられなくなり、ただ不安や恐れしか残っていないときがあるかもしれません。でもその時、神さまはあなたのそばに来ておられるのです。

救い主は

「わたしはあなたと共にいる」

ことを私たちに伝えようとしておられるとしたら、どうでしょうか。占星術の学者たちは東方から王として生まれた方に会うべく旅をしました。ヨセフはマリアを受け入れ、生まれた子を受け入れ、その子を守り育てることを自分の使命としました。祭司長や律法学者たちは、メシアの誕生の知らせを聞いても無視しました。神さまは、あなたが神さまに対して、心を開くのを待っておられます。

祈り