今日の聖書のエレミヤ書は、エレミヤという預言者の語った言葉を集めたものです。エレミヤは、紀元前600年頃に活躍した預言者です。預言とは、言葉を預かるという意味です。神さまが人々に向けて語る言葉を神さまから預かり、それを人々に伝えるのが預言者です。預言者は

「主はこう言われる」

と言って、語ります。そこで思います。神さまはどのようにして語るべき言葉を与えるのかと。礼拝で説教者が説教をします。それは神の言葉であると言われます。どうして説教者の語る言葉は神の言葉として聞かれるのかと。神の言葉、それは人間を通して語られます。今日はエレミヤの言葉に耳を傾けます。

 預言者は

「主はこう言われる」

と語り始めます。神さまのことが<主>と言われます。これは神さまご自身が、<わたしは主なる神である>と言われるからです。主とは主人、主(あるじ)を意味します。人は皆、神さまに従うべきものであることを意味する言葉です。

<主はこう言われる>と預言者が語るとき、彼は語るべき言葉の一言一句を神さまから示されるのでしょうか。もし語るべき言葉の一言一句を神さまが預言者に与えるとするなら、だれが預言者に選ばれてもいいと思います。しかし神さまは、ある人を特別に預言者に召されるのです。預言者として選ばれた人は、神の召しに答えて歩みます。彼は自分が生きている時代の人間の営みを観察して、神さまはどう思われるのだろうか、神さまは人々に何を語ろうとされるだろうか、と考えるのではないか、と私は思います。彼は自分が生きている時代を見て、人々の生きている有様を見て、神さまは人々をどのように導こうとされるのかを考えます。そして彼は神に祈ります。祈りの中で神と対話をしながら、語るべき言葉が示され、あるいはこれが語るべき言葉だと確信し、それを語るのではないか、と私は考えます。

 もし預言者が現代に現れたら彼は何を語るのでしょうか。たとえば、この日本の現実を見ます。いじめが頻繁に起こっています。長時間労働が強いられて病気になり、あるいは自殺する人がいます。非正規労働者は身分が安定せず、収入も抑えられています。企業の都合の良いように働かされる現実もあります。個人の尊厳が重んじられていない現実を預言者は見ます。

 あるいは、内乱が起きている状況を見ます。国家の支配権をめぐって内乱が続く中、国民は国を脱出します。内乱のために町は破壊され、国は廃墟と化していきます。勝利したとき、残るのは人がいない廃墟の国です。それでも勝利を手にすべく戦争をやめようとしない人間の現実を預言者が見ます。彼は神に祈り、

「主はこう言われる」

と言って語り出すと思います。でも彼は自分の考えを語るのではなく、神さまは、彼が生きている時代をどう導こうとされるのかを思いめぐらし、神さまに祈り、そして語ると思います。神さまと心をひとつにするように預言者は召されているのです。

 エレミヤは語ります。

「見よ、わたしがイスラエルの家、ユダの家と新しい契約を結ぶ日が来る、と主は言われる」。

ここで<新しい契約>という言葉が出てきます。さらに

「この契約は、かつてわたしが彼らの先祖の手を取ってエジプトの地から導き出したときに結んだものではない」(32節)

とあります。神さまは、かつてイスラエルの民と契約を結んだことがあるのです。しかし、それとは異なる新しい契約を神さまが、イスラエルの民と結ぶ日が来るとエレミヤは語りました。

 神がかつてイスラエルの民と結んだ契約は、どのようなものなのでしょうか。それはイスラエルの民がエジプトから解放された出来事と関係があります。エジプトにおいて奴隷で苦しんでいたイスラエルの民を神は解放し、自由に生きることができる土地へ彼らを連れて行こうとします。その旅の途中、シナイ山という山の麓で、神はイスラエルの民と契約を結ばれました。

 その時、神は指導者モーセに語るべき言葉を与えます。

「あなたたちは見た/わたしがエジプト人にしたこと/また、あなたたちを鷲の翼に乗せて/わたしのもとに連れて来たことを。今、もしわたしの声に聞き従い/わたしの契約を守るならば/あなたたちはすべての民の間にあって/わたしの宝となる。世界はすべてわたしのものである。あなたたちは、わたしにとって/祭司の王国、聖なる国民となる。これが、イスラエルの人々に語るべき言葉である」(出エジプト19:4〜6)。

神は言うのです。私があなたがたをエジプトでの奴隷状態から救い出し、ここまで連れてきたことを、あなたがたは見た。そこであなたがたが私の声に聞き従い、私の契約を守るならば、あなたがたはすべての民の中にあって、私の宝となると言われたのです。イスラエルの民は、神に選ばれた特別な民になるというのです。

 するとイスラエルの民は

「わたしたちは、主が語られたことをすべて、行います」

と語ります。ここで神とイスラエルの民の間に契約が結ばれることになります。まずイスラエルの民は、神さまが語ったことをすべて行いますと約束します。そして神さまは、イスラエルの民に

「あなたがたはわたしの宝とする。さらにあなたがたを聖なる国民とする」

と約束します。双方が相手に約束をし、ここに契約が成立します。シナイ山の麓で結ばれたので、これをシナイ契約と呼びます。

 契約について別の表現があります。そもそもイスラエルの民がエジプトで奴隷として苦しみ、神さまに助けを求めたとき、神さまはモーセを選び出し、語ります。

「イスラエルの人々に言いなさい。わたしは主である。わたしはエジプトの重労働の下からあなたたちを導き出し、奴隷の身分から救い出す。腕を伸ばし、大いなる審判によってあなたたちを贖う。そして、わたしはあなたたちをわたしの民とし、わたしはあなたたちの神となる。あなたたちはこうして、わたしがあなたたちの神、主であり、あなたたちをエジプトの重労働の下から導き出すことを知る」(出エジプト6:6〜7)。

ここには

「わたしはあなたたちをわたしの民とし、わたしはあなたたちの神となる」

との神の言葉があります。するとシナイ契約は、次のように言うことができます。イスラエルの民は神に約束します。

「私たちはあなたの言葉に従い、あなたの民になります」。

神さまはイスラエルの民に約束します。

「わたしはあなたたちの神となる」。

神さまはイスラエルの民を守り、導き、祝福すると約束されたのです。

 ここで神とイスラエルの民が、それぞれ相手に対して約束をし、契約が成立します。これをシナイ契約と言いますが、

「新しい契約」

との対比で言えば、旧(ふる)い契約となります。神を信じるとは、神の民となって生きることであり、あなたの神になるとの神さまを信頼して生きることです。

 イスラエルの人たちが守るべき代表的な神さまの教えは、十戒です。モーセの十戒と呼ばれるあの戒めです。人を殺してはならない、姦淫してはならない、盗んではならないというあの戒めです。出エジプト記20章に書かれています。十戒の最初で、神さまはご自分がいかなる方かを示されます。

「わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である」。

そして戒めが続きます。最初の戒めは、

「あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない」。

私はあなたがたを救う神であるから、私だけを神としなさい、と神さまは命じるのです。

 出エジプト記24章には、契約を結んだときの情景が描かれています。モーセはいけにえを神さまに献げますが、いけにえとして献げられる雄牛の血を鉢に入れます。その血の半分を祭壇にかけます。その後、神さまの戒めを書いた契約の書をモーセが読み、民が

「私たちは主が語られたことをすべて行い、守ります」

と答えます。するとモーセは残りの血を民に振りかけ、これは

「契約の血である」

と宣言します。契約には血が必要なのです。契約を破ったとき、自分の命が失われてもやむを得ないという覚悟が示されます。日本では血判状というものがありました。命を賭けるのです。こうしたイスラエルは神との契約関係に入ります。

 この契約を似たものがあります。結婚です。結婚式において結婚する男女が神の前で約束します。

「わたしはあなたの夫となり、あなたを妻とします」

と男性が約束し、

「わたしはあなたの妻となり、あなたを夫とします」

と女性が約束し、結婚が成立し、結婚生活が始まります。結婚は神さまの前の契約です。夫婦は互いに愛し合って生きるとの約束をしたのです。神とイスラエルの民の関係も同じです。神はイスラエルの民を愛し、イスラエルの民は神を愛するのです。これが、神さまがイスラエルの民と結んだ契約です。

 イスラエルの民は約束の地に入り、やがて国家をつくります。その国は、南北に分裂します。そして北のイスラエル王国は、アッシリア帝国により滅亡します。南のユダ王国は、バビロン帝国により滅亡します。旧約聖書を読むと、イスラエルの民が神に背き続けたから国家が滅亡したことが分かります。

 最初、イスラエルの人々はエジプトから解放されて自由に生きることのできる土地に導かれそこで生活をするようになりました。しかし彼らは、神の教えを守りません。

「私のほかに神があってはならない」

と十戒の最初の戒めは語ります。しかしイスラエルの民は、他民族が崇める神を礼拝するようになります。すると預言者が登場し、神に立ち帰るように人々に語ります。さらに人々が神に逆らい続けていると、預言者は、神の裁きが来ると警告します。結果的に神はイスラエルの民の罪を裁き、イスラエルの国は滅亡しました。

 エレミヤは預言者としてイスラエルの民に語ります。エレミヤはイスラエルの人々に向かって、繰り返し、繰り返し、

「あなたがたは神を捨てた」
「あなたがたは神を忘れている」

とイスラエルの民の不信仰という罪を語ります。そして神に立ち帰るように忠告します。しかし悔い改めないイスラエルの民に、あなたがたはバビロンに捕虜となって連れて行かれるだろうと語ります。

エレミヤは、イスラエルの民のいやしがたいほどの罪を知ったのです。エレミヤは語ります。

「まことに、わが民は二つの悪を行った。生ける水の源であるわたしを捨てて/無用の水溜めを掘った。水をためることのできない/こわれた水溜めを」(エレミヤ2:13)。

イスラエルの民が犯した第一の悪は、生ける水の源である神を捨てたこと。第二の悪は、水を溜めることのできない役に立たない水溜を掘ったこと。エレミヤは民に罪についてこうも語ります。

「人の心は何にもまして、とらえ難く病んでいる。誰がそれを知りえようか。心を探り、そのはらわたを究めるのは/主なるわたしである」。

人の心はどうしようもないほど罪という病にかかっている。しかも人はそれを知ることができないというのです。

 イスラエルの民は言うのです。

「神さま、私が困っているときだけ、助けてください。戒めを守るなどと余計なことは言わないでください。私は、私の思い通りに自由に生きていきたいのです」。

そして神を捨てて生きること、神を忘れて生きることの<惨めさ>に気づかないのです。それどころか、自分の思い通りに生きているから、自分はよくやっていると錯覚するのです。

エレミヤは、イスラエルの国家が滅亡するのはやむを得ないと考えます。でも同時に、神はイスラエルを見捨てることはないと確信します。イスラエルの民は救いがたいほどに罪を犯します。神を捨て、神を忘れ、自分のしたいように生きようとします。そして神の裁きを招きます。やがて国家が滅びます。そして捕虜となって異国に連れて行かれます。神は神であるゆえ、罪を裁き、イスラエルの民を裁きます。しかし、しかしイスラエルは神の愛する民、宝の民、神はこれを見捨てることはできません。神は断腸の思いでイスラエルを裁くのです。

 シナイ契約では

「あなたの教えを守ります」

と約束したのに、イスラエルの民は守ることができませんでした。<神なしに自分の思い通りに生きたい>という思いから自由になれないのです。神を愛するより自分を愛さずにはおれないのです。結局、自分のことしか考えられないのです。このどうしようもない罪、これから自由になれないのです。これが現実でした。罪の支配下にある民。罪の奴隷であるイスラエルの民。この現実を神は放置されるのか、それではイスラエルは救われません。神はイスラエルを救うために、新しい契約を用意しているのではないか、との思いがエレミヤの心に生じたのかもしれません。あるいは神がイスラエルの民と新しい契約を結ぶ日の到来を、神がエレミヤに示されたのかもしれません。いずれにせよ、エレミヤは新しい契約について語るのです。

 

「しかし、来るべき日に、わたしがイスラエルの家と結ぶ契約はこれである、と主は言われる。すなわち、わたしの律法を彼らの胸の中に授け、彼らの心にそれを記す。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる」(33節)。

神は、律法つまり神の教えを民の心に記すというのです。

「そのとき、人々は隣人どうし、兄弟どうし、『主を知れ』と言って教えることはない」(34節)

のです。人の心に神の教えがしるされるので、神に従いなさいと教えることは必要がなくなるというのです。人の心に神の教えがしるされ、人は自ら進んで、神の教えに生きるようになるというのです。神の教えに生きることを喜びとするようになるのです。

 新しい契約とはどのような契約でしょうか。これは実際にイエス・キリストの十字架の死によってもたらされました。聖餐式の時に読まれる聖書の言葉があります。

「この杯は、わたしの血によって立てられる新しい契約である」。

この契約、イエス・キリストによって与えられる契約には、神の約束はありますが、人間の側で守るべきものは何もありません。契約とはいうものの、神の一方的な約束です。それゆえ信仰者は、神の約束をただ信じるだけです。私たちは神の約束に生きるように招かれるのです。

 ではイエス・キリストの十字架の死によって何がもたらされるのでしょうか。神は救いの恵みとして何が与えられるのでしょうか。一つは罪の赦しです。34節

「わたしは彼らの悪を赦し」。

イエス・キリストの十字架の死、それは<あなたの罪を赦す>との神の宣言です。二つ目は、神の怒りを受けないことです。同じく34節

「再び彼らの罪に心を留めることはない」。

イエス・キリストの十字架の死、それは<あなたの罪に対して怒らない>との神の宣言です。三つ目は新生です。33節

「私の律法を彼らの胸の中に授け、彼らの心にそれを記す」(33節)。

あなたがたを罪の支配から解放するとの神の宣言です。私たちは新しく造り変えられ、神の教えを守ることができるものとされます。しかも喜んで守る者へと造り変えられます。これは聖霊の働きによって可能となります。エレミヤはイスラエルの国家の滅亡を目の当たりにしながら、しかし

「わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる」

ことが神の救いによって現実となる日を仰ぎ見たのです。

 イエス・キリストによってこの救いが到来しました。私たちは、すべての罪を赦されました。私たちは、罪がもたらす神の怒りを受けない者とされました。私たちは、神さまの教えが心に刻まれる者に生まれ変わりました。そして聖霊の助けを受けて、喜んで神さまの教えに生きる者とされました。聖霊はパワー、力ではなく、人格を持った神です。この方が私たちの心の中に住まわれ、いつも共にいて私たちを導き生かしてくださいます。これがイエス・キリストが私たちに与えてくださる救いの恵みです。新しい契約、それは神さまが信じる者に与えてくださる救いの恵みの約束です。こんなにありがたい恵みはこの世にはありません。信じられないほどの恵みです。これさえあれば、ほかに何も必要ありません。この恵みさえあれば、私たちの心は永久に飢え渇きを覚えません。救いの日が到来した、それがクリスマスです。

祈り