今日のイザヤ書の8章23節から9章の1節は、イエス様の活動を描き始めるとき、マタイ福音書に引用された言葉です。また9章の5節の言葉、これもまたイエス様の誕生と結びつけられる言葉です。今日はマタイ福音書に引用されるイザヤ書の言から神さまに聞いてみたいと思います。

 23節で

「先に/ゼブルンの地、ナフタリの地は辱めを受けた」

とあります。イエス様がよく活動されたのはガリラヤ湖のほとりでした。そのガリラヤ湖の西方にあるのがゼブルンの地、ガリラヤ湖の北西にあるのがナフタリの地です。イスラエルの国はソロモン王の死後南北に分かれました。南のユダ王国、北の北イスラエル王国です。紀元前10世紀。ずいぶん昔のことです。ゼブルン、ナフタリは北イスラエル王国に属していました。この二つの地域は辱めを受けたとあります。アッシリア帝国の侵略を受け、占領され、アッシリアの支配下に置かれたというのです。

 少しだけ詳しく話します。BC722年北王国はアッシリア帝国によって滅ぼされます。その20年ほど前から、アッシリア帝国がこの地域に侵略を始めます。アッシリアというのは、今のイラクあたりに中心をもつ国ですが、エジプトにまで侵略の手を伸ばします。パレスチナの地方は通り道となります。その時、アラム(今のシリア)の王レツィンと北イスラエルの王ペカが同盟を結んでアッシリアに抵抗しようとしました。その時、南のユダにも、同盟に加わるようにと誘います。ところがユダ王国はこれを断りました。するとシリアと北イスラエル王国はユダ王国を攻撃しようとします。何としても同盟に加わらせたいのです。その時、イザヤはユダ王国の王アハズに語ります。

「神は言われます。落ち着いて、静かにしていなさい。恐れることはない」。

つまりアラムと北イスラエル王国の攻撃を恐れなくてよいと語ったのです。神さまが守ってくださるというのです。信じられないなら、神にしるしを求めなさいとイザヤはアハズ王に言いました。恐れる必要のないことを神はしるしによって示すというのです。

「それゆえ、わたしの主が御自ら/あなたたちにしるしを与えられる。見よ、おとめが身ごもって、男の子を産み/その名をインマヌエルと呼ぶ」。

おとめが子を産む、それがしるしだというのです。これはマタイ福音書の1章で引用されている言葉です。

 しかしアハズは神を信じることをせず、アッシリア帝国に助けを求めます。するとアッシリアは援助の手をさしのべ、アラムと北王国と戦います。その結果、ナフタリ、ゼブルンの地は、アッシリアの支配下に置かれ、占領されてしまいます。北イスラエル王国が滅びる10年ほど前です。

 ナフタリ、ゼブルンの地は、アッシリアの支配の下に置かれます。占領されました。その時、イスラエルの民はどんな思いでアッシリアの支配のもとに生きたのでしょうか。9章の1節では、

「闇の中を歩む」

とあります。あるいは

「死の陰の地に住む」

とあります。惨めで、悲惨で何の望みもなく、喜びもない生活を強いられたのだと思います。その昔、イスラエルの民はエジプトにおいて奴隷として辛く苦しい生活をしていました。この時のイスラエルの民も、希望もなく、望みもなく、惨めな生活を強いられていました。

 23節の後半、

「後には、海沿いの道、ヨルダン川のかなた/異邦人のガリラヤは、栄光を受ける」。

辱めを受けていた地は、栄光を受けるようになるとイザヤは語ったのです。つまりアッシリア帝国の支配から解放されるとの喜ばしきメッセージです。そのことが9章1節では、

「闇の中を歩む民は、大いなる光を見、死の陰の地に住む者の上に、光が輝いた」

とあります。既に現実になったような表現がされていますが、これから起きることとしてイザヤが語ったのです。3節

「彼らの負う軛、肩を打つ杖、虐げる者の鞭を/あなたはミディアンの日のように/折ってくださった」。

これは、神さまがアッシリアの支配を打ち砕かれることを意味しています。4節も同様です。

 ではこのような事態にどうしたらなるのでしょうか。5節

「ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた。ひとりの男の子がわたしたちに与えられた」。

これは男の子が誕生したと書かれていますが、神さまによって王として立てられたことを意味すると言われています。すると南のユダ王国にアハズに代わる王が立てられる。その王はアッシリアの支配を打ち砕き、ガリラヤの地域は支配された状態(辱め)から解放され、自由になる(栄光を受ける)というのです。支配されていて闇の中を歩んでいましたが、大いなる光を見、彼らの上に光が輝く、つまり救いがもたらされるのです。

 しかも神によって立てられる王は、

「驚くべき指導者、力ある神/永遠の父、平和の君」

と唱えられるというのです。これはどう考えても普通の王ではありません。特別な王です。平和の君とありますので、軍事力ではなく、別な力によって平和をもたらす王だというのです。当時は、強い国はその支配地域を広げるべく、侵略を当然の如く行います。他国の侵略におびえるような状況の中で、平和をもたらす王が登場すると語り、イザヤは希望のメッセージをイスラエルの人々に語ったのです。6節では、ダビデの王座がその王国の権威は増し、王国は永遠に続くというのです。南のユダ王国は以前にも増して、固く立つというのです。神によって立てられる王は特別な王です。イザヤは希望を語ったのです。

 アハズ王が亡くなるとヒゼキヤが王となりました。彼は信仰深い王でした。後にアッシリアがまた攻めてきて、ユダ王国を屈服させようとします。その時イザヤは、ヒゼキヤ王に神が守ってくださる、と語ります。神に信頼するように忠告しました。そしてヒゼキヤ王も神に祈ります。

「わたしたちの神、主よ、どうか今、わたしたちを彼の手から救い、地上のすべての王国が、あなただけが主であることを知るに至らせてください」(イザヤ37:20)。

 しかし歴史はイザヤの預言通りにならなかったことを示しています。アッシリアによって北イスラエル王国は滅ぼされます。北イスラエル王国のかなりの人々が捕虜となってアッシリアに連れて行かれました。ガリラヤの人々は栄光を受けることなく、大いなる光を見ることはなかったのです。死の陰に住む人たちは、アッシリアに連れて行かれました。するとイザヤの預言は実現しなかったように見えます。もし実現しなかったとするなら、その預言には意味がなかったことになるのでしょうか。ところが驚くことにマタイ福音書では、このイザヤの預言が実現したと告げるのです。どう考えたらいいのかと立ち止まってしまいます。

 イザヤは彼の生きた時代の中で預言したのです。彼の生きた時代の中で、まさに神がイスラエルの民に語る言葉を語ったのです。イザヤはイスラエルの人々に神のみ心を伝えたのです。希望を語ったのです。ヒゼキヤは、信仰深い王でした。残念ながら

「驚くべき指導者、力ある神/永遠の父、平和の君」

と言われるような王ではありませんでした。イザヤの預言は実現したとは言えません。しかし神はイザヤにその時代の人に語るようにお命じになったのです。イザヤは希望を語ったのですが、語ったとおりにはなりませんでした。

 そこで思います。神は歴史の中で、神の民イスラエルに語られます。その神の言葉は、実は後の時代の人々にも語りかける言葉になっているのです。ですから文字通り、歴史においてイザヤが預言したとおりにならなくても、彼の語った言葉、歴史の中に生きている人々に向かって語られた神の言葉は、後の時代の人に向けて語られる言葉となっているのです。もし聖書が歴史の本なら、語ったことが実現しない預言者は偽預言者となります。しかし聖書は信仰の書物です。

 そうです、聖書は信仰の書物です。聖書には昔のこと、過去の出来事が書かれています。それは過ぎ去ったことの記録に終わらないのです。神とのかかわりに生きたイスラエルの民に語られた神の言葉は、時代を超えて、神との関わりに生きる人々に語られている神の言葉です。

 私たちにとって心が痛むことがあります。シリアが内乱の中にあります。政府軍と反政府軍が戦っています。どちらかが勝利したとしても、国は廃墟となり、そこに住む人々がいなくなってしまったという事態になりかねません。それでも戦いは続いています。さらにロシアが政府軍を支援し、アメリカが反政府軍を支援し、これでは戦いが終わる見込みはありません。シリアの町に住んでいる人たちは空から落ちてくる爆弾におびえる生活をしています。まさに死の陰の地に住んでいます。闇の中を生きています。

 私たちの社会も格差がひどくなり弱い立場の人々が生きづらくなっています。長時間の残業が強いられ、過労から自殺する人も生まれています。一人一人の命が軽んじられる社会となっています。武力によって侵略をする国はないかもしれませんが、会社が社員を、政府が国民を人間扱いしていないという事態がないとは言えない現実があります。闇の中を歩まざるを得ない人、死の陰の地に住まざるを得ない人が、この世界には沢山いるのです。私もその中の一人でした。

 旧約聖書は信仰の書であり、希望を告げる書物です。イザヤはイスラエルの民に、特別な王が到来すると語りました。その王は

「平和の君」

と呼ばれます。私たちはイザヤの預言をこれから実現する預言と見ることができます。イザヤの預言を通して、神さまが今語っておられると信じます。

「やがて到来する救い主を待ち望むように」

とイザヤは語っています。そのように私たちは受けとめます。イザヤの語った言葉は、その当時の人に向けられた言葉ですが、私たちにも向けられた言葉です。だから我々は旧約聖書を読みます。旧約聖書は、今を生きる人のための神の言葉です。

 たとえば、私はアブラハムから教えられます。アブラハムは神から与えられた約束を信じて人生を歩みました。信仰とは、神の約束を信じることであると教えられます。アハズ王は神がアッシリアから守ると約束されたのに信じようとしませんでした。アブラハムは、自分が生きている間に実現しない約束を信じ、その約束の実現を目指して生きて、生涯を終えました。神はアブラハムにあなたの子孫は大いなる民となるとの約束を与えられました。約束を与えられたとき、彼は既に年老い、しかも子供は一人もいませんでした。子供が一人もいない年老いたアブラハムが、自分の子孫が大いなる民となると信じるなんて、驚くべきことですが、彼は信仰の父と呼ばれました。私も神の国の実現を信じて、神の国を目指して今を歩みます。自分が生きている間に世の終わりが来て神の国が実現するとは思いません。でも神様の約束を信じて、信仰によって歩みます。

 私はモーセの物語が大好きです。信仰が何かを教えてくれるからです。神は私たちを自由にしてくださる方であることを教えるのがモーセの物語です。神は憐れみと恵みをもって、私たちを自由にしてくださり、生きる喜びを与えてくださいます。神さまは死の恐れから、罪の支配から、劣等感から、思い煩いから、人の目を恐れることから、妬みから、様々な悪しき思いからわたしを自由にしてくださいました。

 聖書は信仰の書物です。イザヤの預言のように、歴史の中では語られたとおりには実現しなかったものがあります。でもその預言は、信仰に基づく希望の言葉です。預言は、信仰に基づく希望の言葉です。だから、イザヤの預言は今実現したと語ることもできます。マタイは、福音書の中でそのように書きました。

 マタイはイエス様のことを罪から私たちを救う方であると語りました。そしてイザヤの言葉を引用します。

「ゼブルンの地とナフタリの地、/湖沿いの道、ヨルダン川のかなたの地、/異邦人のガリラヤ、暗闇に住む民は大きな光を見、/死の陰の地に住む者に光が射し込んだ」。

マタイは、イエス様に光を見たのです。自分たちの上に光が射し込んだのを体験したのです。そして私たちも光を見ました。死と罪の支配のもとにある私たち、暗闇の中に住み、死の陰の地に住んでいる私たちの上に光が輝きました。

 私たちはなかなか自分の罪に気づきません。罪に支配された歩みが不自由でみじめであることに気がつきません。自分の罪は、神さまに教えられなければ分かりません。最初は礼拝に出席して説教を聞きつづける中で、神さまは私たちに私たちの罪を示してくださいます。信仰を得て聖書を読むようになると神さまは私たちに不信仰の罪を気づかせてくださいます。そして聖書が神の言葉であり、神の言葉が、光であることを私たちは知らされます。

 福音書を書いたマタイもまさに、イエス様こそ、罪と死の支配という暗闇に住む民にとって、イエス様こそ光であることを知った人物です。そしてイエス様のことを伝えるべく、この福音書を書いたのです。イエス・キリストは私たちを、罪と死の支配という暗闇から、死の陰の地から救い出すためにお生まれになりました。私たちの心を照らし、私たちが罪の惨めさの中にあることを教え、憐れみをもって私たちを罪から自由にし、新しい人間として造り変えてくださる救い主、イエス・キリストを賛美します。

祈り