「私たちは今、アドベントの時期を過ごしています」

などと信仰者は口にします。え、アドベントって何?と思う方もおられると思います。アドベントという言葉は<出現><到来>を意味します。週報の表紙に<待降節>という言葉が書かれています。昔の信仰者は、アドベントを待降節と訳したんです。上手に訳したなと感心します。私たちがアドベントと言うとき、それはイエス・キリストの出現、到来を意味します。今から二千年前、救い主がこの世においでになりました。アドベントです。第一のアドベントです。私たちは今、クリスマス礼拝を待ち望みます。ろうそくに火をつけます。先週は一本のろうそくに、今日は二本。来週は三本。そうやってクリスマスの日の到来を待ち望みます。

 この時期、もう一つ私たちが待ち望むものがあります。第二のアドベントです。イエス・キリストがもう一度この世界においでになる日を待ち望むのです。キリストの再臨を待ち望むのです。キリストは今一度この世においでになり、審きを行われます。私たちは救いに入れられることを希望とします。これが終わりの日の救い、終末の救いです。救いの完成です。この救いに入れないこと、それが滅びです。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」(ヨハネ3:16)。

私たちを救いに導き、滅びではなく救いに入れてくださる救い主の到来を喜ぶ、これがクリスマスの喜びです。

 今日の聖書は、救い主イエス・キリストの誕生に関わる物語が書かれています。この救い主の誕生については、23節

「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる」

とあります。これはイザヤという預言者の言葉の引用です。イザヤは紀元前八世紀の人です。イザヤは救い主の誕生を預言したと言われます。言い換えると救い主の到来は待ち望まれていたということです。救い主は突然現れたのではなく、待ち望まれていた方が、時が満ちてお生まれになったのです。

 マタイ福音書は、系図で始まります。つまりイスラエルの歴史を語っているのです。その歴史は、旧約聖書に書かれています。ということは、旧約聖書は、どのような救い主が到来するのかを語っているということです。預言者イザヤは、その預言者は“インマヌエル”と呼ばれると告げています。インマヌエルは

「神は我々と共におられる」

という意味です。救い主は私たちに

「神はあなたと共におられる」

と告げています。神は、私たちと共におられる方です。でも何故、そのような神をイスラエルの民は待ち望んだのでしょうか。

 旧約聖書を読むと、

「わたしはあなたと共にいる」

と語りかける神が描かれています。系図の最初に出てくる人物はアブラハム。彼は信仰の父と呼ばれます。その子のイサクがある時、飢饉を経験します。食べ物に不足しました。彼の父アブラハムは、飢饉が起きたとき、エジプトに行きました。それは神のみ心ではありませんでした。そして飢饉に直面しているイサクに神は命じます。

「エジプトに行ってはならない。あなたがこの土地に寄留するならば、わたしはあなたと共にいてあなたを祝福し、これらの土地をすべてあなたとその子孫に与え、あなたの父アブラハムに誓ったわたしの誓いを成就する」(創世記26:3)。

イサクもその父アブラハムと同じように、神の約束を信じて生きるように神に導かれたのです。飢饉に直面し、エジプトに行けば食べ物を手に入れることができます。それは安易な解決の道、人間の思いによる解決の道です。でも神は、今いる土地にとどまりなさいと命じます。神が、共にいて助けると約束されたのです。信仰による解決の道を選ぶように神は命じたのです。

 イサクの子供にヤコブがいます。ヤコブには双子の兄弟で兄のエサウがいます。父親の財産の相続をめぐってヤコブは兄をだまします。兄のエサウは怒り、弟のヤコブを殺そうとします。そこでヤコブは、母の兄、おじさんを頼って家を出ます。家を出た最初の日、彼は野宿をします。その時、神が語りかけます。

「見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守り、必ずこの土地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない」(創世記28:15)。

兄をだますようなヤコブでしたが、そのヤコブに対して神は、

「わたしはあなたと共にいる」

と励まされました。

 時はくだり、イスラエルの民がエジプトで奴隷として苦しんでいました。彼らは苦しみからの救いを求めて神に助けを叫び求めました。そして神は彼らをエジプトから救い出し、自由に生きる土地へ導くと約束されます。イスラエルの民は約束の地に向かって旅をします。その時のことが出エジプト記に書かれています。

「主は彼らに先立って進み、昼は雲の柱をもって導き、夜は火の柱をもって彼らを照らされたので、彼らは昼も夜も行進することができた。昼は雲の柱が、夜は火の柱が、民の先頭を離れることはなかった」(出エジプト13:21)。

神はイスラエルの民と共におられ、彼らの先頭に立って、彼らを約束の地に導かれました。

 イスラエルの民の指導者モーセが死んだ後、イスラエルの民を導いたのはヨシュアでした。ヨシュアは、イスラエルの民を引き連れて約束の地に入ります。約束の地を得るためには戦いが必要となります。モーセが死んだ後、神はヨシュアに語ります。

「わたしの僕モーセは死んだ。今、あなたはこの民すべてと共に立ってヨルダン川を渡り、わたしがイスラエルの人々に与えようとしている土地に行きなさい」(ヨシュア1:2)。
「一生の間、あなたの行く手に立ちはだかる者はないであろう。わたしはモーセと共にいたように、あなたと共にいる。あなたを見放すことも、見捨てることもない。強く、雄々しくあれ」(ヨシュア1:5)。

 旧約聖書は、神は信じる者たちと共におられる方であると告げています。私たちもまた、神さまは私たちと共におられると信じ、この信仰に支えられてこの世の旅をしています。

 神は

「わたしはあなたと共にいる」

と語る神、私たちと共におられる神です。今日の聖書で、救い主はインマヌエルと呼ばれるとあります。

「神はあなたと共におられる」

とのメッセージが必要とされていました。どういうことでしょうか。

 実はイスラエルの民の歴史を見ると、彼らは神と共に歩もうとはしませんでした。神は共にいてくださるのに、彼らは神と共に歩もうとしなかったのです。むしろ神さまに背を向けて歩んだのです。それは<最初から>ということができます。エジプトを脱出して、約束の土地に向かうとき、すでにそうでした。昼は雲の柱、夜は火の柱によって、神は彼らを導いていたのです。神は彼らと共にいたのです。ところが飲み水がなくなるとか、食べ物がなくなるとかの困難が訪れると、彼らは文句を言い不平を言い出すのです。エジプトにおいて大いなる業を行った神に助けを求めるどころか、不平を言い、エジプトにいたときの方がよかったなどと言い出す始末です。神さまが共におられるのですから、神さまに助けを求めればよいのです。しかし彼らは神と共に歩むことはせず、神に助けを求めることをしませんでした。助けを求めるよりも、何故こんな辛い目に遭わせるのか、と神に文句を言ったのです。

 待つことはむずかしいとよく言われます。人間は信じて待つことよりも、自分は安心して生きていけるという確信を手に持ちたいと願う存在です。しかし人生は自分の思い通りにはできません。しかし約束の地に向かう旅では、そのような確信を持つことはできません。そこで不安が生じると、不平、不満を言うのです。これを不信仰と言います。神を信頼して待たないからです。信仰者は、不信仰という罪を犯します。

 さらについに約束の地が目の前に迫るところまで来たときのことです。約束の地に入ってそこを自分たちの土地にするためには戦いが必要でした。すでに偵察隊が、これから行く土地を偵察してきました。偵察隊が

「そこはよい土地です。しかしそこには強そうな人々がいる」

と報告しました。すると偵察隊の一員であったヨシュアとカレブは言います。

「我々が偵察して来た土地は、とてもすばらしい土地だった。もし、我々が主の御心に適うなら、主は我々をあの土地に導き入れ、あの乳と蜜の流れる土地を与えてくださるであろう。ただ、主に背いてはならない。あなたたちは、そこの住民を恐れてはならない。彼らは我々の餌食にすぎない。彼らを守るものは離れ去り、主が我々と共におられる。彼らを恐れてはならない」(民数記14:7〜9)。

ヨシュアは神が共におられるから恐れる必要はない、前進しようと励ましたのです。しかしイスラエルの民はどうしたでしょうか。

「しかし、共同体全体は、彼らを石で打ち殺せと言った」(14:10)。

ヨシュアとカレブが、

「主が我々と共におられる」

と語ったのに、その彼らを殺そうとしたのです。エジプトを脱出した後、困難が起きるたびに神は助けてくれたのに、今や彼らは、神に信頼しようとしませんでした。彼らは神と共に歩もうとしませんでした。神に背を向けたのです。神と共に歩まない、つまり不信仰の罪を犯しました。

 ここで私たちは罪とは何かを知ります。神が共にいてくださるのに、神と共に歩もうとしないことです。私たちは今紹介したイスラエルの物語を読むと、イスラエルの民ってなんて不信仰なんだろうと思うかもしれません。私なら神さまに信頼し、助けを求めるわ、と言うかもしれません。聖書を最初に読んだとき、私はそう思いました。あなたも、自分だったら神さまに信頼し、助けを求めるのにと思うかもしれません。

 しかし私たちもまた、神と共に歩んでいるかどうか、問われます。多くの信仰者は、神が共にいてくださると信じ、何かあればすぐに神さまに助けを求めます。それは神さまのみ心にかなうことです。しかし神と共に歩もうとしているでしょうか。神の御心を知って、神と共に歩もうとしているでしょうか。神さまはあなたの心をご存知です。神さまに背を向ける、神さまを忘れる、そのような不信仰に信仰者が陥るのです。信仰者だから不信仰に陥るのです。不信仰は信仰者が犯す罪です。

 神と共に歩もうとしないイスラエルの民は、神の審きを受けました。不信仰なイスラエルの民は約束の地に入れませんでした。マタイが書いた系図の中で、一つだけ歴史的出来事が書かれています。11節と12節で“バビロンへの移住”が語られています。約束の地に入ったイスラエルの民はイスラエルという国家を築きますが、神と共に歩もうとしないイスラエルの国は、ついにバビロン帝国によって滅亡させられます。そして多くの人々が捕虜となってバビロンに連れて行かれました。神の審きです。私たちは聖書から、罪は神の審きを招くことを知ります。

 イスラエルの民は、神と共に歩むことを拒んだのです。イスラエルの民は信仰に立って約束の地まで旅をすべきでした。でも彼らは神と共に歩むことを拒み、神に信頼しようとせず、不信仰に陥ったのです。罪とは不信仰であり、意図的につまり、分かっているのに神と共に歩まないことです。私たちもまた、信仰の旅をしています。それは神の国を目指す旅です。私たちは神の国を目指し、信仰をもってこの世の旅をします。私たちはこの世の旅において、神が共におられると信じ、歩みます。そして神と共に歩みます。

 イスラエルの民が約束の地を目指したとき、神は雲の柱、火の柱の中にいてイスラエルの民を導かれました。神は彼らの先頭に立って民を導きました。神は今も、私たちを導かれます。私たちが神と共に歩もうとするなら神は導いてくださいます。神は私たちの先頭に立って導いてくださいます。詩編に信仰者の告白があります。

「あなたの御言葉は、わたしの道の光/わたしの歩みを照らす灯」(詩編119:105)。

今は雲の柱・火の柱ではなく、神さまの言葉が信仰者を導きます。自分の思い、自分の考えで歩み、神と共に歩もうとしない人は神の審きを招きます。神を知らない人たちは言うまでもなく、自分の思い、自分の考えで歩みます。それは神の目に罪の歩みとなります。神を知らない人たちのことをパウロは、生まれながら神の怒りを受けるべき者、と語ります(エフェソ2:3)。

 今はアドベントの時期です。キリストの再臨を思うときです。キリストは何のために再臨なさるのかと言えば、世をさばくためです。この福音書の25章に、キリストが再臨されたとき、すべての人がキリストの前に連れてこられ、羊飼いが羊と山羊を分けるように右と左に分けられるとあります。神の国を受け継ぐ人と永遠の滅びに入る人とに分けられるというのです。

 私たちが神さまと共に歩もうとせず、神さまの御言葉によって歩まないなら、私たちは神に背を向け、神を忘れ、神さまなしに生きようとする不信仰の罪を犯します。本当のことを言えば、私たちは自分の事柄を優先し、日々の生活で神さまのことを思うことの少ない者です。イエス様を信じていると主張しても、あなたは信じたつもりでいるだけ、あなたは何を信じたのですか、とイエス様から問われるかもしれません。

「わたしに向かって『主よ、主よ』と言う者が皆、天国に入るわけではない」

とイエス様は教えられました。

 感謝すべきことに主イエスは罪から私たちを救うために来られました。イエス・キリストは、神が私たちと共におられることを身をもってお伝えになりました。イエス様は、私たちを罪から救い、神と共に歩むように私たちを助けてくださる救い主です。旧約において待ち望まれた救い主は、私たちを罪の支配から救ってくださる方です。この方こそ、私たちが神と共に歩むことを可能にしてくださるお方です。この助けこそ、救いの恵みです。神さまが私たちと共にいてくださり、私たちが神と共に歩むとき、そこに神さまとの交わりが生まれます。神さまとの交わり、それが信仰です。神さまは共にいてくださいます。だから、神と共に歩もうとしている人は幸いです。しかし自分のことにかまけて神さまを忘れ、神さまに背を向けている人は不幸です。

 今は待降節です。イエス様の再臨を私たちは待ち望みます。イエス様は今一度、さばくためにおいでになります。ある人を救いに入れるために、ある人を滅びに入れるため。イエス様は私たちを罪から救う救い主です。

祈り