17章はイエス様の祈りとなっています。イエス様は最初、ご自分のために祈り、次に弟子たちのために祈り、そして今日のところは、弟子たちの伝道によってイエス様を信じるようになる人たちのために祈られます。十字架の死を目前にしたイエス様の祈りです。イエス様の地上人生最後の祈りです。イエス様は、福音が宣べ伝えられてイエス様を信じるようになった人たちのために祈られました。天におられるイエス様は今もこの祈りを祈っておられると信じます。

 今弟子たちと一緒にいるイエス様は、弟子たちの間にあって祈っておられます。私たちが祈祷会で祈る時、私たちの間にあってイエス様が、私たちのために祈っておられると想像してよいと思います。二人三人、わたしの名によって集まるところにわたしもいるとイエス様はおっしゃいました。ですからイエス様は祈祷会の場に臨在され、私たちの間にいてくださり、私たちが一つとなるように祈っておられることを覚えたいと思います。私たちが一つとなる時、伝道の道が開かれていきます。今日も聖書を通して神さまの語りかけに耳を傾けたいと思います。

 20節を読みます。

「また、彼らのためだけでなく、彼らの言葉によってわたしを信じる人々のためにも、お願いします」。

イエス様は、弟子たちがイエス様を宣べ伝える言葉を聞いて信じる人々のために祈ります。

「彼らの言葉」

とは、弟子たちがイエス様を宣べ伝える言葉です。信仰者がイエス様を宣べ伝える言葉です。今も教会がイエス様を宣べ伝える言葉です。その言葉を聞いて信じた人たちのためにイエス様は祈られます。つまりイエス様は、私たちのために祈っておられるのです。イエス様が生きていた時からはるか後の時代の、エルサレムから遠く離れた土地にいる私たち信仰者のためにイエス様は、祈っておられるのです。イエス様は、今も信仰者のために祈っておられます。イエス様は、今も教会のために祈っておられます。十字架で亡くなる直前、地上の人生の最後の祈り、このためにこそ、イエス様は救い主としてお生まれになったのです。

 ではイエス様は私たちのために何を祈っておられるのでしょうか。21節を読みます。

「父よ、あなたがわたしの内におられ、わたしがあなたの内にいるように、すべての人を一つにしてください」。

イエス様は、イエス様を信じる者たちを一つにしてくださいと父なる神に祈ります。22節でも、23節でも繰り返し

「一つとなるように」

と祈っておられます。イエス様は地上での活動の最後として、信じる者たちが一つとなることを父なる神に祈られたのです。それは信じる者たちが一つとなるだけではなく、この地上に生きる人々がみな一つとなることを目指す祈りです。この地上に生きる人々が自分を愛するように隣人を愛し、一つとなることが今ほど求められているときはないと思います。しかしまず、信じる者たちが一つとなることを、イエス様は祈られました。

 実は、信じる者たちが一つとなることは容易ではありません。たとえば、エジプトにおいて奴隷であったイスラエルの民。彼らは奴隷としての苦しみから、神さまに助けを求めて叫びました。そして神さまは、彼らを自由に生きることのできる地に導くと約束されました。神さまの大いなる働きにより彼らはエジプトから解放され、約束の地を目指す旅を始めたのです。イスラエルの民のだれもが奴隷状態から解放されたことを喜びました。約束の地を目指して旅を始めたのです。ところが旅の途中で困難が生じます。

 困難な時こそ、民は心を一つにすべきなのですが、民は一つになれませんでした。神さまは約束の地に連れて行くと約束されたから、この困難も神は助けてくださると信じる人たちがいました。他方で、こんな苦しい目に遭うならエジプトにいたときの方がよかったと文句を言う人が出てくる始末です。約束が実現する将来を見る人と困難な今の現実しか見ない人がいたのです。現代の教会でも、信仰者の群れ、つまり教会が一つになかなかなれない現実もあります。だからこそ、聖書には色々な教えが書かれています。信じる者たちが一つになるのを妨げるもの、それは罪です。

 実は教会は分裂の歴史を持っています。16世紀にプロテスタント教会ができて、カトリックとプロテスタントに教会は分裂しました。プロテスタント教会も分裂を重ね、沢山の教派に分かれています。イエス様は信じる者たちが一つとなることを願われます。でもそれは教派がなくなり、プロテスタントとカトリックの分裂がなくなることではありません。世界にある教会が一つに統一されることでもありません。イエス様が祈り求められる一致は、組織的な一致ではありません。イエス様が祈り求められる一致は、霊的な一致です。信仰者として生きる姿の一致です。一つの教会の中で、信じる人たちが一つとなることを意味しています。

 パウロは教会を<キリストの体>と教えました。教会に集う人はキリストの体の部分です。そして部分が集まって一つの体ができるように、教会はキリストの体として一つになるのです。教会はキリストを証しする存在となるわけです。信仰者の群れの一致は、霊的な一致ということができます。

 この一致は、完成することはありません。なぜなら、教会に集う信仰者は入れ替わるからです。つまり天に召される人がおり、新しく信仰者になって教会に加わる人がいるからです。それゆえ教会は、一つとなることをいつも求め続けます。今日私たちは、教会が何なのかを心に刻みたいと思います。教会とは信仰者が一つとなることを目指すものであることを覚えたいと思います。イエス様は、教会に集う人が一つとなることを亡くなる直前に祈られたのです。イエス様の人生最後の祈りであす。イエス様の働きが目指していたことの実現を祈られたのです。

 次に<一つになる、一つである>とはどのようなことを意味しているのでしょうか。21節では

「あなたがわたしの内におられ、わたしがあなたの内にいるように、すべての人を一つに」

とあります。この<あなたがわたしの内におられ、わたしがあなたの内にいる>とは、イエス様と父なる神さまが一つであることを意味しています。ですから、イエス様と父なる神さまが一つであるように信じる者たちが一つであるということです。22節には明確に<わたしたちが一つであるように>とあります。父なる神さまと神の子であるイエス様が一つであるとはどういうことでしょうか。それは愛し合う関係にあるということです。

 イエス様は父なる神さまからこの世界に遣わされます。そしてイエス様は救い主としての働きをなさいます。父なる神は神の子イエス様を愛し、救いの働きをさせます。神の子イエス様は父なる神を愛し、救いの働きをします。父なる神はイエス様を愛し使命を与えます。イエス様は父なる神を愛し、その使命に生きるのです。ですからヨハネ福音書にはこう書かれています。

「父は子を愛して、御自分のなさることをすべて子に示される」(5:20)。
「わたしが父を愛し、父がお命じになったとおりに行っていることを、世は知るべきである」(14:31)。

 父なる神さまと御子イエスとの一致とは、使命における一致です。父なる神さまは使命を与え、イエス様は使命を果たします。イエス様は自分の心を父なる神さま心とひとつにするのです。イエス様は、人々を救うという父なる神のみ心をご自分の心とされたのです。そしてイエス様は信じる者たちが一つとなるようにしてくださいと神に祈られました。23節で

「わたしが彼らの内におり、あなたがわたしの内におられるのは、彼らが完全に一つになるためです」

とあります。これは、イエス様が信じる者たちを愛し、父なる神がイエス様を愛したのは、信じる者たちが一つとなるためだというのです。イエス様が父なる神に愛され、自分の心を父の心とひとつにされたように、信じる者たちは、自分の心をイエス様の心とひとつにするのです。そのようにして、信じる者たちは一つになるのです。21節で

「彼らもわたしたちの内にいるようにしてください」

とあります。信じる者たちが、<わたしたちのうち>、つまり父なる神と子であるイエス様と心を一つにするようにとあります。

 話はちょっとそれますが、創世記の最初に、神さまがご自分に似せて人を造られたとあります。その時、神さまは男と女に人を造られました。そして<二人は一体となる>と言われました。男と女は一つとなり、家庭を築くことになります。男と女が一つになることができるのは、共に自分の心を、神さまの心とひとつにするからです。妻が夫の心に自分を合わせて一つになるのではなく、夫が妻の心に自分を合わせて一つになるのではなく、二人が神さまの心に自分を合わせるから一つになれるのです。そして夫婦一体となり、家庭を築きます。同じように信仰者は教会に連なり、神さまの心に自分を合わせ、キリストの体なる教会を築きます。

 聖書には、信仰者が一つになるための教えがあります。いくつか紹介します。

「兄弟愛をもって互いに愛し、尊敬をもって互いに相手を優れた者と思いなさい」(ローマ12:10)。
「悪い言葉を一切口にしてはなりません。ただ、聞く人に恵みが与えられるように、その人を造り上げるのに役立つ言葉を、必要に応じて語りなさい」(エフェソ4:29)。
「互いに親切にし、憐れみの心で接し、神がキリストによってあなたがたを赦してくださったように、赦し合いなさい」(エフェソ4:32)。
「何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい」(フィリピ2:3〜4)。

これらの戒めは、信じる者たちが一つとなるための教えです。

 信じる者たちが一つになる努力をするとどうなるのでしょうか。この世の人々は、イエス様が神さまから遣わされた方であると信じるようになります。そのことは21節、23節で繰り返されています。この世では、人々は一つになることができず、むしろ争い対立しています。争い対立の中で心は消耗し、ストレスで疲れ、不満、怒りが心の中に渦巻き、不安で心が揺さぶられ、心の中から平安が失われています。寂しさや空しさもつきまといます。

 そんな人が教会に来て、そこに一つとなった人たちを見ると驚くのです。愛に生きる人たちの有様に驚き、感動し、神さまの愛に触れて信仰に導かれていきます。

「すべての人を一つにしてください。そうすれば、世は、あなたがわたしをお遣わしになったことを、信じるようになります」(21節)。

これほど明確な伝道の実りに関する約束はありません。正直、この箇所を読んで私は驚きでした。でもその通りなのだ、と私は心を強くしました。そして伝道不振が叫ばれる現在、ここに突破口があります。

「伝道の突破口がここにある」

と私は大きな声で叫びたい。困難といわれる伝道の道が開けるのです。神さまが伝道の実りを約束なさっているのです。イエス様もおっしゃいました。

「目を上げて畑を見るがよい。色づいて刈り入れを待っている」(4:35)。

私たちが刈り入れるのを畑は待っているのです。この世の人々は、福音を信じることの素晴らしさを知るのを待っているのです。

 金沢元町教会は、一つとなる歩みを積み重ねてきました。神の家族となるように、神の家族を目指して歩んできました。私たちは神の家族である、神の家族でありたいとの思いで一つとなるように歩んできました。神の家族の一員として、神の言葉に立って生きる歩みも積み重ねてきました。私たちはこの世の人と同じ生活をしています。違うのは考え方です。そして行動です。私たちは神さまの言葉に基づいて考え、行動します。この世の人たちは、自分の経験、常識、人間の知恵で考え行動します。しかし私たちには、神さまの言葉に基づいて考え、行動するという一致があります。

私たちは老いの時期も、神さまの言葉によって歩みます。

「夕暮になっても、光がある」(ゼカリヤ14:7、口語訳)。

この言葉は老いた人たちに力を与えてきました。子育てをするときも御言葉によっていたします。

「父親たち、子供を怒らせてはなりません。主がしつけ諭されるように、育てなさい」(エフェソ6:4)。

結婚生活については、夫婦の教えがあり、これは結婚式でよく読まれます。

「妻たちよ、主に仕えるように、自分の夫に仕えなさい」(エフェソ5:22)。
「夫も、自分の体のように妻を愛さなくてはなりません」(エフェソ5:28)。

私たちは御言葉によって、人生のそれぞれの時期を歩みます。試練の中にあっても嘆かず、絶望せず、み言葉を握りしめます。

「神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます」(コリント一10:13)。

 さらに共に聖書を学び、信仰の歩みを分かち合うことを通して、励まし合い、慰め合うことも積み重ねてきました。困難、苦しみ、試練にある人が御言葉によっていかに神さまに導かれたのかを聞けば、大いに励まされます。何気ない平凡な歩みでも、そんな風にみ言葉によって歩むのかとの発見もあります。苦しみの中にあることが語られれば、そこに祈りが生まれます。喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣くとき、お互いの心が一つとなり、祈り合う交わりに生きることができます。

 先日の信徒大会の時、各教会が近況を紹介する時間がありました。その時、金沢元町教会は

「祈祷会が非常に充実しています」

との報告がなされました。御言葉を学び、御言葉に歩み、分かち合うことが少しずつできるようになってきました。信じる人たちが一つになりつつある、それが金沢元町教会の現実だと私は思っています。あるいは教会学校の先生方の間にも一致があります。心をひとつにして教会学校の働きに仕えています。

私たちは畑を耕しています。いつ恵みの雨が降ってきてもいいように備えています。信仰者の一致をさらに広げ、深め、伝道の実りを神さまからいただきたいと思います。

祈り

天の父なる神、今日の礼拝のために私たちは祈ってきました。聖霊様が、説教者を導き、語るべき言葉を与えてくださるようにと。また聖霊様が、説教を聞く人たちを導き、神の言葉を聞くことができるようにと。今、この祈りにあなたが応えてくださったと信じて感謝します。
神さま、救いを必要としている人を教会に送ってください。神さま、子供たちを教会に送ってくださり、若い日に造り主を知ることができるように導いてください。神さま、私たちを用いてください。私たちの一致をさらに広げ、深めてください。イエス様が執り成してくださっていることを感謝します。神さま、私たちを用いてください。私たちの一致をさらに広げ、深めてください。イエス・キリストの御名によって祈ります。