今日は召天者記念礼拝です。私たちの教会で信仰生活を送り、天に帰られた方々の名簿が配られました。これらの方たちは、自分の死を生きたのです。人生の最後に何かを感じ、何かを思ったのです。もし語ることが許されるなら、私たちに伝えたいことがあるのではないでしょうか。きっと私たちに語りたい言葉を持っておられるのではないかと思います。天に帰った方々がもし、私たちに思いを語られるとするなら、どんなことを話されるのでしょうか。きっと私たちの信仰の歩みを励まし、慰めてくれる言葉を聞くことができるのではないでしょうか。信仰の先輩たちの声を聞くことはできませんので、今日はテモテの手紙から、自分の死を目の前にしているパウロの言葉に耳を傾けたいと思います。

 1節でパウロはこう書いています。

「神の御前で、そして、生きている者と死んだ者を裁くために来られるキリスト・イエスの御前で」。

ギリシャ語の聖書や英語の聖書では、こう書かれています。<神とキリスト・イエスの前で、生きている者と死んだ者を裁くために来られる>。パウロは、神さまとイエス様の前に自分が立っていることを意識しています。そして手紙の受取人であるテモテにも神さまとイエス様の前に立つように促しています。

 自分が神さまの前にいること、イエス様の前にいることを意識することは大切なことだと思います。神さま、そしてイエス様は私たちを見ておられるのです。その視線を意識するのです。ある人は、

「私たちは神さまのまなざしのもとに生きている」

と語ります。神さまの前にいることと似た表現に私たちは

「神と共にいる」

という表現もあります。今礼拝で読んでいるヨハネ福音書には、イエス様は<あなたがたを私のもとに迎える>と語られました。イエス様は私たちと共にいてくださると語られます。

 パウロが

「神と共に」

という表現ではなく

「神とキリスト・イエス様の御前に」

という言葉を用いる時、パウロは、私たちは神の前にいる、ということを強調しています。ラテン語で“コーラムデオ”という言葉があります。“神の前に”を意味します。神の臨在を意識して生きることを伝える言葉です。パウロは、私たちが神の存在を意識するように語っています。神がここにおられることを意識して生きるのです。

 パウロはさらに

「その出現とその御国とを思いつつ」

と語ります。イエス・キリストがもう一度この世界においでになり、神の国が実現することを思いつつ語る時、そこには、神の裁きが想定されています。それで

「厳かに命じる」

と語ります。パウロは、神の存在を意識し終わりの日の裁きを覚えつつ、私の命令を受け取りなさいと語ります。パウロが語る命令を手紙の受取手であるテモテがどう受けとめるのでしょうか。厳粛な気持ちで受け取ることになります。テモテは神を意識し、神の裁きを意識します。安易な気持ちでパウロの命令を受け取ることはできません。

 神の存在を意識するとは、二つのことを意味すると思います。神さまは正しい神さまですから、神さまが自分のことをどう思うか、自分を顧みて自分を吟味し、自分を正すように私たちは促されます。神さまを意識すれば、悪いこと、良くないこと、良心が咎めるようなことはできなくなります。神を信じる人は、簡単に良心が咎めることはできないと思います。神のみ心に反することを行うのに私たちは抵抗を感じます。神の前に間違ったことをしていたのなら、それを悔い改めるように促されます。神さまに赦してくださいと祈るように導かれます。

 神を意識する時のもう一つの意味は、私たちは神さまを見上げ、神さまに信頼するようになります。神さまは愛の神さまだからです。神さまは私たちを守り・導き・助けてくださる神さまですから、神の存在を意識する時、私たちは神さまに信頼するようになります。神を信じるとは、神を信頼することです。

 私たちは聖書を読み、神さまを意識します。神さまがどんな方なのか、そして私たちにどのような生き方をすることを願っておられるのかを知ります。パウロもまたテモテに、神を意識し、神さまのご意志として私の命令に従いなさいと語り始めます。

 テモテは、パウロが伝道してイエス様を信じるようになりました。そしてパウロと行動を共にし、テモテもまたイエス様を宣べ伝える者となりました。パウロはテモテに命じます。

「御言葉を宣べ伝えなさい」(1節)。

言い換えれば、イエス・キリストを宣べ伝えなさいとの命令です。パウロが死んだ後、パウロの働きを受け継ぐのです。テモテは、神の存在を意識し、神のみ心を意識して、イエス・キリストを宣べ伝えるのです。この働きを<伝道>と言ったり、<宣教>と言ったりします。

 この宣教の業には終わりがありません。継続的な働きです。人は死に、人は生まれます。この世界には、生まれてくる人がいつもいるので、イエス・キリストを宣べ伝える働きに終わりはありません。

「折が良くても悪くても励みなさい」

とあります。どんな時も励むのです。今は状況が悪いから宣べ伝えるのは中断し、よい時期が来たら再開しようというのではないのです。常に行うのです。

 さらに

「だれも健全な教えを聞こうとしない時が来ます」。

いくら語っても人々が聞こうとしない時が来るというのです。語ろうとすると人々は背を向けて去って行くのです。そんな時にイエス・キリストを宣べ伝えるのは苦しいことです。辛いことです。心がくじけるかもしれません。それでも宣べ伝え続けるのです。

 

「しかしあなたは、どんな場合にも身を慎み、苦しみを耐え忍び、福音宣教者の仕事に励み、自分の務めを果たしなさい」。

神を意識し、忍耐しながら、イエス・キリストを宣べ伝える仕事を果たしなさいとパウロは弟子のテモテに命じます。

 そこで思います。

「生きること」

もまた継続的なことであり、これで完成ということはありません。死は人生の終わりをもたらしますが、それまで私たちは生き続けるのです。折が良くても悪くても生き続けます。自分の人生を終わりにしたくなる時があるかもしれませんが、神さまから与えられた命・人生を私たちは生きているので、神さまに対して、生きる責任が私たちにはあります。神さまも私たちが生きることに責任を持ってくださいます。

 ある人たちは、自分の人生において何事かを達成しようとします。己の夢を実現させようとし、その達成を目指します。しかしクリスチャンの人生は成功を目指す人生ではないと考えます。クリスチャンの人生も継続的な働きをする歩みです。パウロは語ります。6節。

「わたし自身は、既にいけにえとして献げられています。世を去る時が近づきました」。

パウロは自分の死を予期しています。自分の死を目の前においています。そして自分の歩みについて、自分自身をいけにえとしてささげる歩みだと語ります。パウロは、イエス・キリストを宣べ伝えるように神さまに召され、使命を与えられました。そしてそのことに生涯をささげて取り組んできました。

 私たちもまた、自分の人生を神さまにささげる歩みをします。パウロは語ります。

「こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です」(ローマ12:1)。

自分自身を神さまにささげる、それは神さまを崇めて生きる行為であり、礼拝であるというのです。パウロはイエス・キリストを宣べ伝える働きに自分を献げました。私たちの誰もがイエス・キリストを宣べ伝える働きにもっぱら従事するわけではありません。しかし人はそれぞれの仕方でイエス・キリストを伝える働きを使命として与えられています。簡単に言えば、信仰者として生きる使命です。

 私たちは、この世に生きる人たちと同じ生活をします。生計を立てるために仕事をします。結婚をして子供が与えられれば、子供を育てます。老いた親の世話をします。老いの時期を生きます。老いて人の世話をうけます。趣味を持ったり、人の役に立ちたいと考えボランティアをしたりします。私たちはこの世の人と同じ人生を送りますが、信仰者として生きる使命を与えられています。信仰者として歩み続ける人生を神さまに献げます。私たち自身もまたいけにえなのです。信仰者として生き続ける歩みに完成はありません。死ぬまで、継続的に生き続けます。病気になったら、信仰者として病気に向き合います。治療も受け、信仰者として闘病生活を送ります。言い換えるなら、信仰者はどんな時も聖書の言葉によって生きるように神さまから使命を与えられています。折が良くても悪くても、病めるときも健やかなときも聖書の言葉によって歩みます。ここに信仰者としての独自性があります。

 パウロはテモテに向かって、

「御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい」

と命じました。パウロは私たちに向かって、

「御言葉によって歩みなさい。折が良くても悪くても歩みなさい」

と命じていると受けとめます。私たちもまた、生きている者と死んだ者とを裁くためにおいでになるイエス・キリストを意識して歩みます。裁きの後、御国に迎えられることを意識して、御言葉によって歩む歩みを人生の終わりの時まで続けるのです。そのようにしなさい、との神さまの声を、パウロを通して私たちは聞きます。

 今日の聖書を読んで、私はあらためて自分の意識の転換を迫られる思いをしました。私の父は74才で、母は60才で亡くなりました。平均寿命からすれば、私はあと10年ほど生きることができることになりますが、いつ神さまから

「おいで」

と言われてもおかしくない年齢になりました。私の頭の隅には、自分の死を意識する思いがあります。ラテン語で

「メメントモリ」

という言葉があります。意味は

「汝、死すべき者であることを覚えよ」

です。修道院では、お互いに

「メメントモリ」

と言い合ったと聞きます。私はメメントモリの人生を歩んできたような思いがします。この年になれば、人から言われなくても、自分の死を意識します。人によって違うと思いますが、この頃は、自分の死を忘れて日々を過ごすことはありません。

 しばらく前から、私は意識の転換を考えてきましたが、今日の聖書は、はっきりと迫るものがありました。

「イエス・キリストの出現と神の国」

です。イエス様の働きは十字架の死で終わってはいないのです。イエス様の働きは、今一度この世においでになり、生きている者と死んだ者とを裁くことによって完成するのです。そのことをはっきりと悟りました。私たちは終末において起きることを意識して生きるのです。

 聖書には、様々なイメージが描かれています。今日の聖書でパウロは、終末とは、義の栄冠を受ける時であると語ります。ヨハネ黙示録21章では、神の国のイメージが語れます。

「見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない。最初のものは過ぎ去ったからである」。

ヨハネの手紙一3章では、私たち自身の姿についてのイメージがあります。

「愛する者たち、わたしたちは、今既に神の子ですが、自分がどのようになるかは、まだ示されていません。しかし、御子が現れるとき、御子に似た者となるということを知っています」。

イエス・キリストの裁きについてはコリント二5章。

「わたしたちは皆、キリストの裁きの座の前に立ち、善であれ悪であれ、めいめい体を住みかとしていたときに行ったことに応じて、報いを受けねばならないからです」。

私たちはこの裁きを恐れる必要はありません。終わりの裁きは、私たちにとっては、

「あなたはよく生きた」

をイエス様からほめられるときであり、喜ばしきときです。だから讃美歌18番でこう歌います。

「終わりの日が来たなら、裁きの座を見上げてわが力の限りに心を高く上げよう」。

裁きの座を見上げて神さまを讃えるイメージがあります。死の向こうにあるものを意識して生きることをパウロは教えているように思います。パウロはぎの栄冠を受けることを思いつつ生涯を終えます。

 私たちは死ぬ時も信仰をもって死にます。私たちは、イエス様の裁きと神の国に対するイメージを抱いて、言い換えると希望を抱いて生涯を閉じるのです。先に召された方々もそのようにしてその生涯を、信仰を持って終えられたと信じます。

祈り