ヨハネ福音書の17章はイエス様の祈りです。十字架にかかる直前のイエス様の祈りです。イエス様の生涯の最後の祈りです。14章では、イエス様は弟子たちのもとを去りますがまた戻ってくると語られました。でも17章では、弟子たちとは最後の別れを迎えるとの思いから、イエス様は祈っておられます。

 イエス様はここで、自分のために、御自分を信じる人のために、そしてこれから自分を信じる人のために祈っています。皆さんは自分の生涯の最後に何を祈られるでしょうか。親しい人のために祈られるのでしょうか。金沢元町教会を覚えて何か祈られるのでしょうか。

 今日も聖書に耳を傾けます。ヨハネ福音書のイエス様は弟子たちに語っておられるわけですが、同時にヨハネ福音書が書かれた最初の読者に向かって語っておられます。つまりヨハネは、ヨハネの属する教会のためにこの福音書を書きました。その教会の信仰者に向けても、イエス様は語っているのです。さらにイエス様の祈りは、私たちのための祈りとなっています。イエス様は天にあって神さまの右で、この祈りを私たちのために祈っておられます。

 9節で

「彼らのためにお願いします」

とイエス様は祈ります。<彼ら>とは誰のことでしょうか。その答えは6節にあります。6節。

「世から選び出してわたしに与えてくださった人々に、わたしは御名を現しました」。

<彼ら>とは、神さまが世から選び出した人々のことです。イエス様のもとに行き、イエス様を信じるようにと神さまが選び出した人たちです。イエス様は語られました。

「わたしをお遣わしになった父が引き寄せてくださらなければ、だれもわたしのもとへ来ることはできない」(6:44)。

だれかがイエス様のもとに行き、イエス様を信じるとしたら、その人は神さまによって、すでに世から選び出されていたのです。だからイエス様のもとに行くことができたのです。あなたが教会に来たこと、あなたがイエス様を信じるようになったのは、神さまがあなたを世から選び出されていたからです。皆さんの中には、私は自分の意志で教会に来たと言われる方もおられるかもしれませんが、あなたはすでに神さまが世から選び出されていたのですとイエス様はおっしゃっています。さらに同じ6節に<彼らはあなたのものでした>とあるように神さまが世から人々を選び出したのは、その人々を神さまのものとするためです。つまり、その人々を特別に愛するためです。旧約聖書によれば、神さまはイスラエルの民を選び、ご自分のものとし、彼らを愛し、神の民としました。神のものとされた私たちは神の子とされます。

 

「世から選び出してわたしに与えてくださった人々に、わたしは御名を現しました」。

<御名>とは神さまの名前のことです。私たちは名前を自分と人を区別するために用いますが、イエス様の時代・聖書の時代には名前には意味が込められていました。<御名を現す>とは、神さまがいかなる方であるかを明らかにすることを意味します。キリスト教的な表現を用いるなら、イエス様は神を“啓示”したのです。<啓示>とは、隠れているもの、覆われていて見えないものを見えるようにするとの意味です。神はいかなる方か、それは私たちには隠されており、私たちは自分の努力で神を知ることはできませんが、イエス様が、神さまを啓示してくださったので、私たちは神さまを知ることができるようになりました。イエス様は、イエス様によって神を知るようになった人々のために祈られるのです。

 イエス様は神を啓示されたわけですが、人は何を知るようになったのでしょうか。8節を読みます。

「わたしはあなたから受けた言葉を彼らに伝え、彼らはそれを受け入れて、わたしがみもとから出て来たことを本当に知り、あなたがわたしをお遣わしになったことを信じたからです」。

人は、イエス様が神のもとからおいでになり、神さまがイエスをお遣わしになったことを知り、信じるようになったのです。このことこそ、ヨハネ福音書が一番伝えたいことです。神さまはイエスをこの世に遣わしたお方なのです。そしてイエス様は神さまのもとから来られたお方なのです。

 ヨハネ福音書において、イエス様が繰り返し語っていることがあります。つまり、イエス様は神さまが語れとおっしゃったことを語り、神さまがしなさいと命じたことを行ったということです。でもそれは、イエス様がロボットのように神さまの指示に従ったということではありません。イエス様はその語ること、その行うことにおいて、神さまがいかなる方か、神さまのみ心を体現されたのです。ですから、イエス様が神さまのもとから来たこと、神さまがイエス様を遣わされたことを信じるとは、イエス様が示されたとおりに神さまを信じる、ということです。私たちは、聖書から神さまがいかなる方かを知ります。そして神さまがそのような方であると信じて、神さまと交わります。そして神さまがそのような方であると体験的に知っていきます。このようにして神を知り、神さまの言葉に従って考え、行動する人のために、イエス様は祈られるのです。

 私たちは時に自分に都合のよいように神を造ることがあります。それは偶像と呼ばれ、まことの神さまではありません。私たちは神を信じているつもりになりますが、まことの神を信じることから道がそれるので注意する必要があります。使徒パウロは祈ります。

「どうか、わたしたちの主イエス・キリストの神、栄光の源である御父が、あなたがたに知恵と啓示との霊を与え、神を深く知ることができるようにし、心の目を開いてくださるように」(エフェソ1:17)。

私たち信仰者は生涯を通して、神を知り続ける者です。

 次にイエス様の祈りの内容です。イエス様の祈りは、一つは11節にあるように

「信じる者たちを守ってください」

との祈りです。何のために信じる者たちを守るのかというと、11節

「わたしたちのように、彼らも一つとなるためです」

とあります。信じる者たちが<一つとなるように>守るのです。イエス様と父なる神さまが一つであるように信じる者たちが一つとなるように守ってくださいとイエス様は祈っているのです。ここに集う神さまを信じる者たちが、イエス様と父なる神さまが一つであるように、そのように一つとなれるように守ってくださいとイエス様は祈られたのです。イエス様がこのような祈りをされていることを聞くのは初耳だという人がおられるかもしれません。

 イエス様が<守ってください>と祈られることは、私たちが一つになれない可能性があり、一つになることを妨げる誘惑あるいは私たちの罪があるということです。<悪い言葉を一切口にしてはなりません。ただ、聞く人に恵みが与えられるように、その人を造り上げるのに役立つ言葉を、必要に応じて語りなさい>(エフェソ4:29)。<あなたがたは神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい>(コロサイ3:12)

私たちが一つとなるための命令、勧めが聖書に書かれています。神さまの命令、勧めは無理だ、困難だといって従おうとしないのは、頑なという罪を犯すことになります。なぜ頑なかというと、神さまは聖霊によって、神さまのみ心に従う新しい心を与えてくださるからです。この恵みを拒む心は頑なな心と言ってよいのではないでしょうか。さらに一つになることに無関心になることもあります。イエス様は、私たちが一つとなるために、悪しき行為、罪、誘惑から守られるようにと祈っておられるのです。

 イエス様と父なる神が一つであるようにとありますが、この一つとはどういうことなのでしょうか。それは、ひと言で言えば<互いに愛し合う>ことです。父なる神はイエス様を愛し、イエス様は父なる神さまを愛しておられます。イエス様は神さまのみ心と心をひとつにされました。私たちも互いに愛し合うことによって、一つとなるのです。先ほど引用したいくつかの聖書の言葉は、愛し合うことがどのようなことかを教えています。

そこで大切なことは、私たち一人一人が心を持っており、人格を持った者であるということです。愛し合うとは、お互いの人格を尊重するということです。そこで次のような勧めがなされます。

「何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい」(フィリピ2:3)。

イエス様は信じる者たちが一つとなるように、守ってくださいと祈られました。

 さらにイエス様は、信仰者たちを

「悪い者から守ってください」

と祈られます。マタイ福音書では、<わたしたちを誘惑に遭わせず、悪い者から救ってください>(マタイ6:13)と祈るようにイエス様は教えておられます。15節を読みます。

「わたしがお願いするのは、彼らを世から取り去ることではなく、悪い者から守ってくださることです。わたしが世に属していないように、彼らも世に属していないのです」。

悪い者から守るとは、イエス様を信じる者たちが<世に属していない者>として歩み続けることができるようにするということです。世に属する者のように生きることへの誘惑から守るということです。世に属さない者として生きる時に直面する試練に打ち勝つことができるように守るということです。世に属さない者とは、神に属する者ということです。これに関連してイエス様はこう語っています。<神に属する者は神の言葉を聞く。あなたたちが聞かないのは神に属していないからである>(8:47)。つまり世に属さない者として生きるとは、神の言葉によって生きるということです。

 6節を見るとイエス様が守ろうとする信仰者がどんな人かが分かります。

「彼らは御言葉を守りました」

とあります。ですから信じる者たちが御言葉を守って生きることができるように守ってください、とイエス様は祈られるのです。私たちはこの世に生きています。だからイエス様は、<わたしがお願いするのは、彼らを世から取り去ることではなく、悪い者から守ってくださることです>と祈られます。私たちはこの世に生きます。そしてこの世の人と同じような歩みをしてはいけないのです。私たちはこの世の人と同じ生活をしています。しかし私たちは神の言葉によって生きるのです。

たとえば夫婦喧嘩をした時、それをどのようにおさめたらよいのでしょうか。あなたはどうですか。この世の人と信仰者は違います。信仰者は赦し合い仲直りするのです。私たちはこの世の人と同じ生活をしますが、信仰が見えるような生活をするのです。悪魔は、私たちのプライドをくすぐり、易きに流れるように仕向け、自分の気持ちに素直になれとささやき、御言葉に反する行い、つまりこの世に属する人々がするように行うよう誘惑します。

 イエス様は私たちが世に属さない者として生き続けるように私たちのために祈っておられます。世の人々とは違う歩みをしますから、この世の人から時に、私たちは疎まれるかもしれません。嫌われるかもしれません。憎まれるかもしれません。世の人々との摩擦を恐れてこの世の人と歩みを同調して得られる平和は、偽りの平和です。16章の最後でイエス様は語ります。<これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによって平和を得るためである。あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている>。

イエス様に従う者、み言葉に従う者には、イエス様が与えてくださる平和があります。揺るぐことのない平和です。たとい周囲が嵐でも心には平和が宿ります。祈祷会で<自分の十字架を背負う>とはどういうことかが話し合われました。私自身は、信仰が生活に現れるように生きることを第一とすることだと考えています。私たちの生活で色々なことが起きます。その時、信仰が見えるように生きること、つまり世に属さない者として生きることが、自分の十字架を背負うことと私は考えています。

 イエス様は<守ってください>との祈りのほかにもう一つ神さまに願っています。17節。

「真理によって、彼らを聖なる者としてください」。

聖なる者とは、行いが立派な人という意味ではありません。<聖なる>とは、他のものと区別されて神さまに用いられる、との意味です。聖餐式の時、パンとぶどう酒について、聖別してくださいとの祈りがささげられます。小さなパン、わずかなぶどう酒が、他のパン、ぶどう酒とは区別されて神さまに用いられるようにとの祈り、それが聖別の祈りです。聖書もまた他の本と区別されて神さまに用いられ、信仰のために読まれるので聖なる書、つまり聖書と呼ばれます。聖書には生々しい人間の罪も書かれています。神殿の中に置かれた様々な器具も聖別されて礼拝のために用いられました。

 <真理によって、彼らを聖なる者としてください>とのイエス様の祈り、それは私たち信じる者たちが、神さまに用いられる者となるようにとの祈りです。私たちがこの世の人々とちがって神さまに用いられる者となるようにとイエス様は祈っておられるのです。イエス様はその生涯の最後に、私たちのために祈られますが、私たちが神さまに仕える者となるように祈っておられます。そのことは18節の表現を用いるなら、私たちはイエス様によって、この世に遣わされているということです。この世の生活にあって神さまに用いられる、それが私たちの使命、ミッションです。Realize your Mission は北陸学院の標語ですが、私たち自身にも向けられています。

 私たちが聖なる者とされるのは真理によってですが、<あなたの御言葉は真理です>とイエス様は語られました。私たちは真理である神さまの言葉に生きる時、私たちはこの世の人々と区別されて、世に属さない者として、聖なる者とされます。イエス様が、聖なる者としてくださいと祈られましたが、これは神の導き、聖霊の導きによって実現します。それゆえ、聖霊の導きを祈り求めることが必要です。

 19節で

「彼らのために、わたしは自分自身をささげます」

とありますがギリシャ語をそのまま訳せば、<彼らのために、わたしは自分自身を聖なる者とします>となります。この日本語訳はわかりにくいので、<ささげます>と訳されています。17節の<聖なる者とする>ということばが使われています。イエス様は今、信じる者たちのために、自分自身を神さまに用いられるものとするというのです。つまり十字架に向かう覚悟をしておられるのです。そしてそれは、私たちも真理によって自分を聖なるものとするためです。イエス様がそうされたように、私たちもまた神の言葉によって歩み、神さまに用いられる者となるのです。イエス様は、私たちが神さまに用いられる者となるために、十字架にかかり、今なお私たちのために祈っておられます。イエス様は、あなたの使命を全うしなさい、Realize your Mission とわたしたちを励まし、またそのために祈ってくださっているのです。

祈り