ヨハネ福音書には、「栄光」、「栄光を与える」、「栄光を現す」という言葉が繰り返し使われています。ここにヨハネ福音書の特徴があると思います。ヨハネ福音書が書かれた時、これを読んだ人たちは、「栄光」という言葉が出てきたとき、説明を加えなくても理解できたのかもしれません。でも私は「栄光」という言葉が出てくると、それはなんなの、と考えてしまいます。読んですぐ分かる箇所ではありませんが、今日の聖書が語っていることは、次のように言い換えることができると思います。

 イエスはおっしゃるのです。

  1. 私はみんなに神さまがいかなる方かを教えてきたよ。
  2. 神さまのこと、伝えることができるってすごいと思わない?
  3. だって神さまを知っている人っていないでしょ。
  4. 私はね、神さまのもとにいたから、神さまを知っているのさ。
  5. 神さまのもとにいた私だけが神様のことを伝えることができるのさ。
  6. 神さまのもとにいたということは、私は神の子、いや私は神でもあるのさ。
  7. 私は神さまのもとからこの世界に来て、みんなに神さまのこと知らせたんだ。
  8. 私を見た人は神さまを見たのさ。
  9. 人は私をとおして、神を知ることになるよ。
  10. でもね、神を知るというのは、神について何か知識を身につけることではないよ。
  11. 神さまがどんな方かを知って、神さまが本当にその通りの方だと知ることが大切なんだ。
  12. そのためには神さまとの交わりに生きることが大切。
  13. 神さまとの交わりに生き、神さまを本当に知る人が永遠の命を持っているんだ。
  14. 神との交わりに生きる、それが永遠の命に生きることなのさ。

 以上が今日の聖書でイエス様が話されていることだと私は思っています。聖書をたどりながら、確認をしたいと思います。

 今日の聖書でイエス様は祈ります。弟子たちに語るべき事を語り終え、十字架を前にして祈られます。「天を仰いで」とあります。私たちは祈る時、頭をたれ、目をつぶって祈ります。イエス様の時代のユダヤ人たちは、祈る時は天を仰ぎ、目を開けて祈ったそうです。ですからイエス様は、その当時のやり方で祈られたことになります。この17章全体はイエス様の祈りとなっています。イエス様は最初に、ご自分のために祈っておられます。この祈りを読んで、これは神さまとの交わりの祈りだと思いました。神さまに自分の思いを打ち明けての祈りです。

「時が来ました」。これは十字架を指し示します。イエス様が十字架の上で死を遂げる時が来たのです。イエス様は御自分の死を目前に見ています。そして父なる神に願うのです。「子に栄光を与えてください」。 5節でも「父よ、今、御前でわたしに栄光を与えてください」 と願っています。そして「あなたの子があなたの栄光を現すようになるために」 とご自分の栄光を求める理由を語っています。イエス様にとって、神の栄光を現すことは大切なことです。それはイエス様の使命です。

 1章14節に次のように書かれています。

「いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである」。

神の栄光を現すとは、神がいかなる方かを示すことです。イエス様の使命の一つは、神がいかなる方かを伝えることです。神がいかなる方かを知らなければ、私たちは神を信じることはできません。知らされた通りに神さまを信じることが大切なのです。でも人は、いつの間にか自分の神をつくり、神はこのような方だと考え、信仰生活をします。でもそのような神を聖書は偶像と呼びます。人は自分に都合のよい神をつくる傾向があります。私たちは神さまがいかなる方か、正確に知る必要があります。私たちが聖書を読むのは、そのためです。

 今イエス様は十字架を前にして、「神の栄光を現す」 ことを考えておられます。4節では、「わたしは、行うようにとあなたが与えてくださった業を成し遂げて、地上であなたの栄光を現しました」 と語られます。つまりイエス様は、これまでの地上の歩みの中で、神の栄光を現してきましたし、さらに十字架の死において神さまの栄光を現そうとしておられるのです。繰り返しますが、神の栄光を現すとは、神がいかなる方かを示すことです。神がいかなる方かを知る時、私たちは神の栄光を見たことになります。

 ではイエス様はどのように神の栄光を現してこられたのでしょうか。第一に、イエス様は奇跡を行いました。例えば、生まれつき盲人の目を見えるようにしました。イエス様と弟子たちが道を歩いている時、生まれつき盲人の人を見ました。弟子たちは、が生まれつき目が見えないのは誰が罪を犯したからですか、本人ですか、それとも両親ですか、とイエス様に尋ねました。その時、イエス様は神のみ業が現れるためであると弟子たちに答えました。イエス様はこの盲人の目を開かれました。盲人の目を見えるようにさせる力を神は持っておられ、神はその憐れみによって、盲人の目を見えるようにしました。神は憐れみ深い方であり、大いなる力を持つ方であることが示されました。

 あるいはイエス様は、死んだラザロを生き返らせました。ラザロが病気になった時、姉のマルタは、イエス様に使いを送り、わが家に来て、ラザロをいやしてくださいとお願いしました。でもイエス様は、

「この病気は死で終わるものではない。神の栄光のためである」

と語り、ラザロのところに行きませんでした。ラザロが死んだと聞いてから出かけ、墓に葬られたラザロを生き返らせます。そして死者をも生き返らせる神のみ業を人々に見せたのです。死者をも生き返らせる神の力の偉大さをお示しになりました。

 イエス様は御自分の地上での行動について、父なる神から「話しなさい」と命じられたことを語り、「しなさい」と命じられたことを行ったと語られました。イエス様は、子として父なる神に従順に従われました。そして神さまは、私たちが畏れ敬い、従うべき方であるとお示しになりました。神さまがどのような方かが示される、それは言い換えると神の栄光が現れるということです。神の栄光を見たということは、神さまがいかなる方かを知ることです。

 またイエス様は、

「わたしを見た者は、父を見たのだ」

とおっしゃいました。イエス様は身をもって神さまがいかなる方かを示されたことになります。イエス様のお姿は具体的にはマタイ、マルコ、ルカ福音書に描かれています。そこでは、愛に満ちた憐れみ深い主イエスの姿を見ることができます。罪深い者たちを見下すことなく、イエス様の方から近づき、一緒に食事をなさるなど、人を分け隔てることをなさいませんでした。このようなイエス様のお姿は、神さまのお姿なのです。またイエス様は不信仰な者たちを叱ることがありました。それもまた神さまのお姿を示しておられます。

 イエス様は、これから十字架に向かいますが、ここでもイエス様は、神さまの栄光を現すことになります。神さまがいかなる方かを示されます。私自身は、神さまが愛に満ちた方であり、神さまは私たちが敬うべきお方であると知らされます。

 イエス様は十字架の死に向かって歩みます。つまりイエス様は自分の命を犠牲にされます。救い主が死んでしまうなんて、この世の人の常識からすればおかしなことですが、イエス様は人間を救うために己の命を犠牲にされます。このことについては、イエス様は繰り返し語っています。

「わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる」(10:11)。
「はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ」(12:24)。

これはご自分の死が沢山の人を救うものとなることを述べたものです。さらに

「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」(15:13)

と語りました。イエス様が命を犠牲にするのは、愛の故だというのです。

 そしてイエス様にこのような犠牲の道を示されたのは、父なる神です。父なる神は、我が子を犠牲にしてまで人間を救おうとされました。父なる神は、我が子を世に送り、十字架の死に導いたのです。ここには神の愛が示されます。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」(3:16)。

イエス様の十字架の死は、人間に対するイエス様の愛、そして父なる神の愛を示しています。

 さらにイエス様の十字架の死は、父なる神さまのご意志に従う御子イエスの死です。この点については使徒パウロも、イエス様は死に至るまで、十字架の死に至るまで、神さまに従順であったと指摘しています。御子であるイエス様は、父なる神さまのご意志に徹底して従順でした。このイエス様の従順、それは父なる神さまを敬い、崇める思いから出たものです。つまり父なる神さまは、崇められるべきお方、敬われるべきお方であることをイエス様は示されたのです。神さまは、畏れ敬われるべきお方なのです。イエス様は地上の歩みにおいても十字架の死においても、神さまの栄光を現そうとされたのです。神さまがいかなる方かを示されたのです。

 そしてイエス様は、「子に栄光を与えてください」 と父なる神に祈り求めています。しかもその栄光は、5節によれば 「世界が造られる前に、わたしが御許で持っていたあの栄光を」 とあります。1章14節によればそれは 「父の独り子としての栄光」です。要するにイエス様は、神の子であり、神であるいうことです。ですから 「子に栄光を与えてください」 とは、ご自分が神の子であり、神であることを世の人々に知らせてくださいとイエス様は願われたのです。

 神さまはこの願いを聞き入れられます。イエス様はこのように述べています。 「神が人の子によって栄光をお受けになったのであれば、神も御自身によって人の子に栄光をお与えになる。しかも、すぐにお与えになる」(13:32)。 私はこの言葉を次のように解釈します。つまりイエス様が父なる神がいかなる方であるかを示されることは、言い換えるとご自分が神の子であることを示されることに他ならないのです。ヨハネ福音書の最初にこうあります。

「いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである」。

いまだかつて神を見た人はなく、神がいかなる方であるかを示すことができる人はいないのです。父のふところにいる独り子である神だけが示すことができるというのです。だから、神さまがいかなる方かを示されたイエス様は、父の独り子である神なのです。私たちが父なる神を知る時、私たちはイエス様が神の御子、父なる神の独り子であると知るのです。

 ではなぜ、イエス様は、子に栄光を与えて下さいと願われたのでしょうか。ご自分が神の子であり、神であることを世の人々に知らせてくださいとイエス様は願われたのです。世の人々が、イエス様が誰かをはっきり知るようにとの願いです。この世の人々は、十字架の死を遂げた人が救い主であり、神の子であるとは到底信じないでしょう。だから、ご自分が神の子であり、神であることを世の人々に知らせてくださいとイエス様は願われたのです。そしてこのことは 「救い」 と関係があります。

 ヨハネ福音書における救いは、 「永遠の命」 です。御子イエスを信じる人は 「永遠の命」 を与えられます。ではその永遠の命とは何でしょうか。3節に書かれています。

「永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです」。

ここで 「知る」 とありますが、これは単なる知識のことではありません。私たちが誰かを知る時、二通りの知り方があります。実際にその人とつきあってみて、その人がどんな人か知る知り方が一つ、もう一つは、その人はこんな人だとの他の人から聞いた知識です。3節にある「知る」 とは、実際につきあってみて知る知識を指します。つまり神さまとの交わりを持ち、神さまとつきあう中で神さまを知ることを意味します。言い換えると永遠の命とは、神さまとつきあって生きることを指します。神さまとのおつきあいは、私たちが死んでも終わりにはならないのです。信仰とは神さまとの交わりであり、この交わりは、肉体の死をもって終わることはありません。それゆえ、永遠の命なのです。もし神さまとの交わりを持たないなら、永遠の命に生きているとは言えないと思います。

 私たちが、神さまがいかなる方かを知り、イエス様が神の子であり、神であることを知るのは、神さまとの交わり、イエス様との交わりに生きるためです。イエス様を信じる人は永遠の命を与えられます。言い換えると神さまとの交わりに生きることができるようにされたということです。神さまとの交わりに生きる、それが、永遠の命なのです。私たちが永遠の命に生きるために、神さまとの交わりに生きるために、イエス様は神さまの栄光を現し、神さまがいかなる方かを教えてくださいます。そしてご自身がいかなる方であるかを私たちが知るようにと神さまに願っておられます。そして私たちが聖霊に導かれる時、神さまがいかなる方かを知り、神さまとの交わりに生かされるようになります。ここに救いがあります。

祈り