ここに窓があり、この窓を通して信仰の世界が見えるとします。信仰に生きている人たちの姿が、その生き様が見えます。もしその窓のガラスが、すりガラスだとしたら、はっきりとは見えません。しかし窓ガラスが透明なら、はっきりと信仰の世界が見えます。聖霊に導かれるとき、私たちは透明なガラスを通して見るように信仰の事柄が分かるようになります。今日の聖書は、そのように私たちを教えています。

 今日の聖書25節で、イエス様は

「これらのことを、たとえを用いて話してきた」

と語ります。<たとえ>というと私たちは種まきのたとえとか、放蕩息子のたとえとか、神の国のたとえを思い出します。するとイエス様はどんなたとえを語ったのだろうか、と疑問が湧いてきます。一五章の最初にぶどうの木のたとえがありますが、それ以外にたとえは見当たりません。でも<これらのことを、たとえを用いて話してきた>とイエス様は語ります。どういうことなのか、と考えてしまいます。

 イエス様が種まきのたとえを語られたとき、弟子たちは、たとえが何を意味しているのかイエス様に尋ねました。たとえには、意味がすぐには分からない謎めいたところがありました。イエス様は、<これらのこと>を謎めいた形で話してきたというのです。だから聞いた弟子たちは、なんのことかわからないのです。<これらのことを話してきた>とあります。これらのこととは、イエス様が弟子たちと最後の夜を過ごしている今、話してきたことを指しています。

 13章33節にこうあります。

「いましばらく、わたしはあなたがたと共にいる。あなたがたはわたしを捜すだろう。『わたしが行く所にあなたたちは来ることができない』とユダヤ人たちに言ったように、今、あなたがたにも同じことを言っておく」。

今、イエス様は弟子たちと共にいますが、この後、イエス様は十字架につけられ死んでしまいます。弟子たちの前からいなくなります。そのことを<わたしが行くところにあなたたちは来ることができない>とおっしゃるのです。

36節もイエス様は弟子のペトロに

「わたしの行く所に、あなたは今ついて来ることはできない」

と語ります。14章3節では、<行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える>。14章18節では、<わたしは、あなたがたをみなしごにはしておかない。あなたがたのところに戻って来る>。19節では、<しばらくすると、世はもうわたしを見なくなるが、あなたがたはわたしを見る>。16章の16節でも<しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる>。イエス様はどこかへ行き、また戻ってくるらしいのです。

 すると弟子たちが言います。17節。

「『しばらくすると、あなたがたはわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる』とか、『父のもとに行く』とか言っておられるのは、何のことだろう」。

弟子たちはイエス様が何を語っているのか分からないのです。イエス様が語られたことは謎めいていて、すぐには理解できないのです。

 これまでイエス様が弟子たちに語ってきたことは

「たとえ」

、つまり謎めいていたのです。しかし25節の後半には

「もはやたとえによらず、はっきり父について知らせる時が来る」

とあります。時が来ると、はっきり父についてイエス様が弟子たちに知らせるというのです。イエス様が語られた謎めいたことがはっきり分かる時が来るというのです。26節では<その日には>とあります。<その日には>分かるのです。何が分かるのでしょうか。

 28節でイエス様はこう語ります。

「わたしは父のもとから出て、世に来たが、今、世を去って、父のもとに行く」。

イエス様は弟子たちがついてくることができないところに行くと話されましたが、それは父のもとです。その時、イエス様が父のもとへ行けば、弟子たちはイエスを見なくなります。しかし弟子たちはまたイエス様を見るというのです。これは謎めいた言葉です。しかし29節。

「弟子たちは言った。『今は、はっきりとお話しになり、少しもたとえを用いられません』」。

弟子たちはイエス様の語ることがはっきりと分かったというのです。普通に考えると何か変だなと思うのです。なぜなら17節で弟子たちは、イエス様が語られたことについて<何のことだろう>と言っているのです。それなのにここでは、弟子たちは<今、はっきりとお話になり>と言います。つまりよくわかるというのです。28節でイエス様は<父のもとから世に来て、また父のもとに帰る>と言いました。17節で<父のもとへ行くとは、何のことだろう>と弟子たちは述べたばかりです。それなのに、今、はっきりと分かるというのは変だと思います。どういうことなのでしょうか。

 29節の<弟子>は、実は26節にある<その日>の弟子なのです。今、イエス様は十字架にかかる前のイエス様です。しかし<その日>つまり、弟子たちが復活したイエス様に会い、弟子たちが聖霊を受ける日です。ヨハネ福音書では、復活されたイエス様に出会った時、イエス様から<聖霊を受けよ>と言われ、弟子たちは聖霊を受けています。聖霊を受けた後、弟子たちは、はっきりと分かるのです。イエス様が父のもとからこの世に来て、そしてこの世から父のもとに帰るということが何を意味しているのか、はっきりと分かるのです。

 そこで30節、弟子たちは告白します。

「あなたが神のもとから来られたと、わたしたちは信じます」。

弟子たちは、イエス様が神のもとから来られたことがはっきり分かったというのです。

ヨハネ福音書の冒頭に<初めに言があった>とあります。そして1章14節では、<言は肉となって、わたしたちの間に宿られた>とあります。言は、神と共にあり、神でした。その言が肉となった、つまり人となったのです。それがイエス様です。ですから<あなたが神のもとから来られたと信じます>と告白することは、イエス様は神であると告白することに他なりません。弟子たちが聖霊を与えられた時、聖霊によって弟子たちは教えられたのです。

「真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる」(16:13)。
「父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる」(14:26)。

要するに、イエス様が十字架にかかる前の弟子たちは、イエス様が何を言っているのか、分からなかったのです。イエス様が<わたしは父のもとから来た><あなたがたはわたしを見なくなる><しばらくするとわたしは戻ってくる><しばらくするとわたしを見るようになる>。<わたしは父のもとへ行く>。これらの言葉が何を意味しているのか、わからなかったのです。しかし聖霊が弟子たちのもとに来ると、聖霊は、弟子たちを教えます。真理を悟らせるのです。そしてイエス様が神であり、この世においでになり、救いのみ業を終えて、父のもとに帰ったことを弟子たちは知ったのです。

 弟子たちはどのようにしてイエス様が神のもとから来たことを知ったのでしょうか。弟子たちが聖霊に教えられた時、弟子たちはイエス様がどなたであるのかが分かったのです。たとえばイエス様は教えました。

「わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない」(6:35)。

弟子たちは、飢え渇きを覚えない者とされたのです。イエス様が命のパンであることがはっきりと分かったのです。

「わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている」(10:14)。

イエス様が自分の羊飼いであることを弟子たちは知り、イエス様を羊飼いとして生きる幸いを知ったのです。

「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ」(8:12)。

弟子たちは、迫害や困難の中にあっても、光の中を歩ける経験をしているのです。

このような体験から、弟子たちは、イエス様が神のもとから来られたと信じるようになったのです。イエス様は、ご自分がいかなる方かを語られましたが、イエス様がその通りの方であることを弟子たちは体験したのです。それゆえ弟子たちは、イエス様が神であり、父なる神さまのもとからこの世へおいでになったことを信じるようになったのです。そして

「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた」

と告白するに至ったのです。

 そこで私は思います。聖霊を受ける前の弟子たちはすりガラスのメガネをしていたと。すりガラスは透明ではありません。でも向こうに何があるのか、まったく見えないわけでもありません。すりガラスのメガネをかけている時、見えるものは、何かぼんやりしていて謎めいて見えるのです。しかし聖霊は、そのすりガラスのメガネを、透明のメガネに変えるのです。すると弟子たちのメガネは、よく見えるメガネとなります。イエス様が神であり、救い主であることがはっきりと分かるようになるのです。

 イエス様は生まれつき盲人の目を開かれました。あの盲人は見えるようになりました。そして弟子たちは、聖霊の導きにより、心の目が開かれました。イエス様が誰か分かりました。

 私はさらに思います。私たちはすりガラスのメガネをかけているのか、それとも透明のメガネをしているのか、と。あなたはすりガラスのメガネで信仰の世界を見ているのでしょうか。それとも透明のメガネで信仰の世界を見ているのでしょうか。すりガラスのメガネをかけて生きているのでしょうか。それとも透明のメガネをかけて信仰に生きているのでしょうか。

 たとえば、皆さんは、説教を通して聖霊のことを聞きます。聖霊の話しは謎めいているように思えたのでしょうか。それとも、よく分かる、その通りだ、と聞かれたのでしょうか。聖霊は真理の霊である、その通りだと思われたのでしょうか。聖霊がすべてのことを教えるとイエス様は語られましたが、どう思われるでしょうか。イエス様の教えは、謎めいているでしょうか。それとも、その通りだとはっきりしているでしょうか。

 あるいは、使徒パウロはローマの信徒への手紙6章で、洗礼について語っています。

「わたしたちは洗礼によってキリストと共に葬られ、その死にあずかるものとなりました。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中から復活させられたように、わたしたちも新しい命に生きるためなのです。もし、わたしたちがキリストと一体になってその死の姿にあやかるならば、その復活の姿にもあやかれるでしょう」(6:4〜5)。

洗礼を受けるとは、自分がキリストと共に死に、キリストと共に復活し、新しい命に生きることに他ならない、新しい人に生まれ変わることだというのです。キリストと共に死に、キリストと共に生きる、これは謎めいた教えでしょうか。それともその通りだと<ガッテン>されるのでしょうか。

 あるいは、イエス様はその活動を開始される時、<時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい>と言われました。福音、喜ばしい知らせとは、神の国が近づいた、いや、あなたは神の国に生きることができるということです。神の国とは神の御支配です。あなたは神の御支配の下にある、これが喜ばしき知らせだというのです。そこでイエス様は多くの病人を癒やし、神の御支配はあなたと共にあることを教えられたのです。あなたは神のご支配の中を生きることができるとの教え、謎めいているでしょうか。神のご支配の中にあるのならば、神に信頼して生きることができます。神の導きを求めて生きることができます。思い煩うことなく、自分の無力さに打ちひしがれることもなく、神さまにゆだねることができます。

 <その日には>。聖霊が信じる者のもとに来て、信じる者の内に住まわれる時、私たちは透明なメガネを与えられているのです。そして信仰の世界を見ることができます。信仰の世界に飛び込み、生きることができます。そしてその時、

「勇気を出しなさい」

とのイエス様の声を喜んで聞くことができます。勇気とは、自分の信念の強さから生まれるものではありません。聖霊は、復活されたイエス様が私たちと共にいてくださることを教えます。そして主が共におられるなら、何も恐れることのないことを知らされます。それゆえに、

「勇気を出しなさい」

とのイエス様の言葉を謎めいた言葉としてではなく、恵みの言葉・真理の言葉として聞くことができます。そしてあなたは、その時には勇気を出す人間とされているのです。

祈り