今日もヨハネ福音書から説教をします。ヨハネ福音書は手強い福音書です。たやすく頂上を登らせない山のごとく、近づこうとする者を簡単には寄せ付けないところがあります。14〜17章が近づきがたい山頂のような箇所です。北アルプスの剱岳のような険しい山は滑落したら怖いので、いくら山が好きでも私は登りませんが、信仰の高嶺は、一番高いところまで登りたいとの思いを持っています。そんな思いで、ヨハネ福音書に挑戦しながら説教をしています。

 13章でイエス様は弟子たちと最後の夕食の時を過ごします。その時イエス様は弟子たちの足を洗います。それが終わって14章でイエス様は、今後のことを語ります。つまりイエス様は十字架にかかって亡くなります。弟子たちからすれば、イエス様はいなくなるのです。このことをイエス様は、弟子たちがついてくることのできないところに行くと語ります。しかし

「また戻ってくる」

とイエス様は弟子たちに告げました。

 <また戻ってくる>には、二つの解釈があると思います。一つは、十字架の死から復活して弟子たちの前に現れることです。戻ってくることのもう一つの意味は、イエス様が私たちの心の内においでになることです。死んで復活されたイエス様は、天の父のもとに帰ります。天に戻られた復活されたイエス様が信じる者たちの心においでになるのです。信仰者の内に住んでくださるのです。<私は世の終わりまであなたがたと共にいる>と宣言されたイエス様は、聖霊と共に私たちの内に住んでくださいます。

 14章でイエス様は、弟子たちのもとを去りますが、また戻ってくると語り、これについて詳しい話をしています。しかし今日の聖書では、そのイエス様の話を聞いていないような弟子たちの姿が描かれています。今日の聖書でも、その弟子たちにイエス様はお話をします。イエス様がいなくなると聞いて、弟子たちは悲嘆に暮れています。弟子たちは悲しみの中に突き落とされました。14章では、イエス様がいなくなることを聞かされた弟子たちは動揺してしまいました。イエス様がいなくなり、自分たちはどうしていいか分からなくなります。そこでイエス様は<心を騒がせるな>と語り、さらに<神を信じなさい>と言って、弟子たちを落ち着かせようとしています。そして、私はまた戻ってくると話を続けます。今日の聖書では、

「あなたがたは悲しむが、その悲しみは喜びに変わる」

とイエス様は語ります。弟子たちが感情を持っていることをイエス様は忘れていないと私は思いました。

 イエス様がどこかへ行ってしまうと聞いて悲しみに沈んでいる弟子たちに、その悲しみは喜びに変わる、とイエス様は語ります。このイエス様の言葉を読んで私は、<その悲しみは喜びに変わる>とのイエス様の言葉を自分の耳で聞いた思いがしました。そこで思います。感情は、信仰にとって大切なのです。感じる、それは人間にとって本質的なことです。以前の私は、自分の感情がどうであれ自分がなすべきことをすることが大事だと考えていました。仕事をする、家族を養う、牧師としての務めを果たす、など。ある人から

「あなたは自分の気持ちを大事にしていない。だから他人(ひと)の気持ちが分からない」

と言われたこともあります。気持ちよりもなすべきことが大事、と考えていた私には、これは考えさせられる出来事でした。感情に左右されるのはよくないと考え、感情に重点を置いていなかったのです。

 しかしイエス様は弟子たちの悲しみに目を留められたのです。そしてその悲しみは喜びに変わると告げられました。山上の説教でイエス様は

「悲しむ人々は、幸いである、/その人たちは慰められる」

と語られました。今、私は、感情を大切に考えています。特に感情は、私たちの信仰を反映していると思うからです。

 たとえば何かあるとすぐいらいらする人がいたとして、その人の信仰は、成熟した信仰と言えるでしょうか。すぐ人を批判の目で見て苦々しい思いを抱くとしたら、その人の信仰は、成熟した信仰と言えるでしょうか。時に寂しさや空しさを感じ、これに捕らわれているとしたら、その人の信仰は、成熟した信仰と言えるでしょうか。妬み、恨み、憎しみなどの悪い感情はしばしば私たちを不自由にします。あなたは普段、どんな気分に支配されているのでしょうか。普段の自分の気持ちを顧みるのもよいと思います。私たちの心を支配している気分、感情は、私たちに自分の信仰の吟味を迫るように思います。成熟した信仰者の心を支配しているものは<喜び>にあると聖書は教えています。<愛、喜び、平安>は聖霊に導かれている人の特長と聖書は語ります。

 イエス様は女性の出産を例に出します。出産直前の女性は、産みの苦しみを味わいます。苦しみの中で出産をします。しかし出産すると、子供が生まれた喜びが心を支配し、産みの苦しみを思い出さないとイエス様はおっしゃいます。イエス様は、出産した経験はないのに、よく妊婦の気持ちが分かるなと思いました。出産した女性の話を聞いていたのでしょうか。

 22節。

「ところで、今はあなたがたも、悲しんでいる。しかし、わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる」。

これは死から復活したイエス様にお会いした時の弟子たちの喜びを意味しますが、さらに、イエス様が心の内に住んでおられると信じるところから来る喜びと言ってよいと思います。この喜びは誰も奪うことができないとあります。復活したイエス様に出会った感激・喜びは時間の経過と共に、弱まっていくと思います。ですから、その喜びは誰も奪えないと言うとき、この喜びは、イエス様が自分の内にいてくださる喜びです。イエス様を自分の内にお招きしている喜びです。

 つまりイエス様との交わりに生きている喜びと言えます。ヨハネ福音書のイエス様は交わりを強調しています。14章でイエス様は、弟子たちを孤児(みなしご)のままにはしておかないと語り、戻ってくることを弟子たちに伝えています。戻ってくることについて、イエス様は三通りの仕方で語っています。一つ目は

「聖霊はあなたがたと共におり、あなたがたの内にいる」(14:17)

と語ります。二つ目に

「あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいることが、あなたがたに分かる」(14:20)。

三つ目は、

「わたしを愛する人は、わたしの言葉を守る。わたしの父はその人を愛され、父とわたしとはその人のところに行き、一緒に住む」(14:23)。

父なる神が、イエス様が、そして聖霊なる神が、信仰者のうちにいるとイエス様は語ります。

 父なる神、イエス様、聖霊なる神が私たちのうちに住むという表現は、どのような現実をいうのでしょうか。それはどのように経験されるのでしょうか。ヨハネ福音書が手強いと申し上げたのはこのことです。言葉で表現すれば神との交わりとなります。そしてこの交わりに生きる時に喜びがあり、この喜びは、誰も奪えないというのです。この喜びをさらに表現し、また説明しようとすれば信仰者が、それぞれの体験から説明するしかないと思います。

 私自身は、神さまの言葉によって生きることが、神さまとの交わりだと考えています。言葉の背後は、それを語る人がいるわけで、私たちは、言葉を介して、神さまのとの交わりに生きると考えます。もちろん、祈りも伴います。ただ願いだけを神に伝えるのではなく、神さまの言葉が理解できるように、神さまの言葉を通して導きが与えられるようにと祈り、神さまの言葉に親しみ、与えられる導きに歩みます。それだけではなく、自分の気持ちを神さまにお話しし、聖書を通して、神さまの心に耳を傾けます。

 そんな私には、心の底にはいつも喜びと平安があります。これは誰も私から奪うことができないと信じています。そんなこと言えるのは、辛い目に遭っていないからだと人は言うかも知れません。大地震に遭い、大きな被害を受けたなら、お前の信仰はどうなるのか、と言われるかも知れません。あるいはガンが見つかり、余命の宣告を受けたとしてもいつも喜びと平安があるのか、と言われるかも知れません。それは、その時になってみないと分かりませんが、神さまとの交わりに生きる限り、喜びと平安はあると私は信じています。イエス様が

「誰も奪えない」

とおっしゃっているからです。この喜びは、誰も奪うことができない、そういう喜びなのです。また以前の讃美歌520番に“神によりてやすし”があります。<静けき河の岸辺を過ぎ行く時にも、憂き悩みの荒海を渡り行く折にもこころやすし神によりてやすし>。皆さんもこの讃美歌喜んで歌ってこられたのではないでしょうか。それは信じたいから、信じているから、喜んで歌われたのだと思います。

 これと似た喜びは、実は私たちは体験していますたとえば、親子の交わり、夫婦の交わり、友人との交わり、教会員同士の交わりの中に、私たちは喜びを感じています。今年の教会の主題聖句は、詩篇133編の言葉です。

「見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び」。

これは信仰者の交わりの喜びです。親しい人とお茶を飲みながらおしゃべりをする、喜びです。友との交わりの喜びです。共にいる喜び、同じことをする喜び、交わりがもたらす喜びです。私たちは、他者との交わりの喜びを知っています。そして聖書は、神さまとの交わりを伝えています。イエス様は14〜16章で、特に私たちとイエス様との交わり、私たちと聖霊との交わりについて語っています。

 神さまとの喜びについては、詩編に沢山書かれています。私の好きな詩編の言葉を紹介します。<人々は麦とぶどうを豊かに取り入れて喜びます。それにもまさる喜びを/わたしの心にお与えください>(4:8)。それにもまさる喜び、それは神との交わりに生きる喜びです。詩編16にはこうあります。<わたしは常に主をわたしの前に置く。主がわたしの右にいますゆえ、わたしは動かされることはない。このゆえに、わたしの心は楽しみ、わたしの魂は喜ぶ。わたしの身もまた安らかである>。

 この喜びが奪われることがないとあります。これについては、使徒パウロの力強い言葉があります。

「わたしは確信しています。死も、命も、天使も、支配するものも、現在のものも、未来のものも、力あるものも、高い所にいるものも、低い所にいるものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです」。

何ものも、神さまの愛から私たちを引き離すことはできないというのです。死も、引き離すことはできないというのです。私たちと神さまとの結びつき、神さまとの交わりは、誰も妨げることができません。そしてこの神さまとの交わりこそ、喜びの源泉です。<いつも喜んでいなさい>とのパウロの命令は、この喜びに生きなさい、との命令です。神さまとの交わりにある人は、この交わりのゆえに、いつも喜びに満たされ、喜んでいることができます。私の場合は、この喜びは、私の心の底に根を張っているように感じています。

 さらにもう一つの喜びが語られています。14〜16章でイエス様が繰り返し語っている言葉があります。それは祈りについての言葉です。24節。

「今までは、あなたがたはわたしの名によっては何も願わなかった。願いなさい。そうすれば与えられ、あなたがたは喜びで満たされる」。

14章では<わたしの名によって何かを願うならば、わたしがかなえてあげよう>(14:14)とあります。15章には<あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる>(15:7)。何でもかなえられるとの言葉には、戸惑いを感じます。そんなことがあるわけがない、と思ったりします。

 願うものは何でもかなえられるとのイエス様の約束がここにあります。そしてかなえられると喜びに満たされると約束されています。15章の場合、

「あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば」

とイエス様が語っておられることに注意したいと思いますイエス様につながっている人、イエス様の言葉が心にいつもある人が、望むものを願うとき、何でもかなえられるというのです。イエス様との交わり、神さまとの交わりに生きる人の願いがかなえられるとイエス様は約束しておられます。願いがかなえられて喜びで満たされるとの約束があります。イエスを信じる人には、私たちの思いを越える喜びが約束されています。感謝です。

祈り