もし皆さんがイエス様の時代に生きていたとします。イエス様の話を聞き、イエス様の活動の目の当たりにしたとします。皆さんはイエス様を信じるのでしょうか。信じてその後、エルサレムで誕生した教会に属したとします。そうなったあなたと、いまのあなたと同じ信仰者でしょうか。イエスと出会ったあなたの方が信仰深いでしょうか。私たちは聖霊に導かれ、教会で神の言葉を聞きます。イエス様から神の言葉を聞くのと、教会で神の言葉を聞くのと、違いがあるのでしょうか。差があるのでしょうか。どう思いますか。今日は、真理の霊である聖霊に導かれて歩むことについてお話しします。

 イエス様はまもなく十字架の死を遂げようとしています。弟子たちに最後の説教をしています。イエス様はこれまで何をしてきたのでしょうか。ご自分が救い主メシアであることをイスラエルの人々に伝えてきました。たとえば、わたしは命のパン、わたしは世の光、わたしは良い羊飼いであると語ってこられました。わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、誰も父なる神を知ることはできない、と語ってこられました。それだけではなく、死んだラザロを生き返らせ、生まれつき盲人の目を見えるようにし、生まれてから40年近く歩けない人の足を癒やしたりして、神が遣わされたメシアであることを伝えてきました。

 さらに、私は父から聞いたことを語り、父からしなさいと言われたことを行っていると語り、父なる神と一つであることを告げられました。父なる神さまに遣わされて世に来たとも語られました。イエス様は神の民イスラエルのもとに来られたメシア、救い主でした。

 9節に

「罪についてとは、彼らがわたしを信じないこと」

とあります。神の民であるイスラエルの民のもとにイエス様は来られました。イエス様のことを信じないイスラエルの民をヨハネ福音書では、ユダヤ人と呼んでいます。ユダヤ人は主イエスを信じませんでした。彼らは、イエス様が語るのを聞きました。イエス様の行う奇跡、不思議な業を見ました。でもイエス様を信じようとはしませんでした。それには理由があります。イエス様がご自分を神と等しい者としている、つまりイエスは神を冒とくしている、とユダヤ人たちは考えたのです。

 イエスが救い主としておいでになり活動なさったのに、信じない人がいたのです。ユダヤ人たちが信じなかったのには理由がありました。神はお一人しかいないというのが、彼らの信仰でした。それは間違ってはいません。神さまご自身、

「わたしをおいてほかに神があってはならない」

とイスラエルの民に命じています。ただひとりの神だけを信じるのです。まことの神はただお一人なのです。そこにイエス様が、ご自分がまるで神であるかのように語るので、自分を神とするのは、神を冒とくすることであると考え、イエス様を信じようとはしませんでした。

 私はこのユダヤ人たちを見て思います。自分が直面している現実には謙遜に向き合うことは大切だということです。イエス様は盲人の目を見えるようにし、死んだラザロを生き返らせたのです。こんなこと、だれができるでしょうか。神でなければできないことということさえできます。どうしてこのような業が行えるのか、不思議です。イエス様とはどのような人間なのか、早急に判断を下さないで、様子を見ることが大切だったのではないかと思います。自分を神のごとく考え、神を冒とくしている、と考えて、イエス様を拒むことを急がなくても良かったのにと思います。

 人間は、自分が見たこや聞いたことがないことは、なかなか信じることができません。それは分かります。イエス様が乙女マリアから生まれたとか、死んだのに復活したとか、簡単に信じることができるわけではありません。皆さんの多くは、だからといって信じることを拒むのではなく、信じることができる時が来るのを待っておられたと思います。

 そしてイザヤ書55章で神さまはおっしゃるのです。

「わたしの思いは、あなたたちの思いと異なり/わたしの道はあなたたちの道と異なると/主は言われる。天が地を高く超えているように/わたしの道は、あなたたちの道を/わたしの思いは/あなたたちの思いを、高く超えている」。

神さまは人間の思いを越えることを考え、行う方なのです。

 となれば、そんなことは信じられないと言って、心を閉ざすことは賢明ではありません。あるいは自分の考えに枠を設けて、その枠におさまらないことは受け入れないのは、神の前に愚かなことかもしれません。神は、人間の枠におさまることしか行わない方ではないからです。

 今日の聖書で、イエス様は天の父のもとに帰った後、弁護者、つまり聖霊を送ると弟子たちに語ります。聖霊は、罪について世の誤りを明らかにするとあります。その罪とは、イエス様を信じないこととあります。ユダヤ人たちは、イエス様を信じない罪を犯してしまいました。彼らは、神は唯一であるとの信仰に立つ自分たちは正しいと考え、イエス様を信じることを拒みました。

 しかし、イエス様を信じた人たちはやがて教会をつくります。そしてイエス様がメシアであると宣べ伝えることとなります。さらに教会は、イエス様が神であると告白するに至るのです。すると神が二人いることになるのでしょうか。教会はさらに、真理の霊である聖霊も神であると告白するようになります。こうして三位一体の教理、教えが誕生します。父なる神、神の子であるイエス、聖霊、この三者が神ですが、一つの神であるとの教えです。ユダヤ人には理解できない教えかもしれません。神は唯一であるとの信仰からすれば、おかしいように見えるかもしれませんが。これが、神が示された現実なのです。

 イエス様は天に戻られたら、聖霊を弟子たちのもとに送ると約束されました。13節によれば、聖霊は、

「自分から語るのではなく、聞いたことを語り」

とあります。14節では、

「わたしのものを受けて、あなたがたに告げる」

とあります。ちょうどイエス様が父なる神から聞いたことを語ったのと同じように、聖霊はイエス様から聞いたことを弟子たちに語るというのです。このことは私は今回の説教準備で知りました。イエス様が父から聞いて語ったように聖霊はイエス様から聴いて語るというのです。

 イエス様は地上にあるとき、ご自身がメシアであることを自分で語られました。しかしイエス様が天の父のもとに帰られた後は、教会が、イエス様はメシアであると語ります。この歴史の中、教会はイエス様のことを宣べ伝えてきました。教会が語る言葉は、神の言葉として聞かれてきました。イエス様はメシア、これは神さまからのメッセージです。イエス様が神の言葉を語る、これは分かります。イエス様は神さまなのですから。

 では教会の語る言葉がどうして神の言葉となるのでしょうか。教会が語ると言っても、人間が語ります。金沢元町教会の礼拝では、牧師が語っています。説教者の語る言葉は神の言葉なのでしょうか。

 テサロニケの手紙一で、使徒パウロが感謝を述べています。

「このようなわけで、わたしたちは絶えず神に感謝しています。なぜなら、わたしたちから神の言葉を聞いたとき、あなたがたは、それを人の言葉としてではなく、神の言葉として受け入れたからです」。

パウロが語ったとき、テサロニケの教会の人々は、神の言葉として受け入れたというのです。パウロという人間の語る言葉がどうして神の言葉となるのでしょうか。教会の礼拝で説教者の語る言葉がどうして神の言葉となるのでしょうか。

 昔、神さまは預言者を選び、ご自身の言葉を預言者に語らせました。イザヤ、エレミヤ、アモス、色々な預言者の言葉が旧約聖書に残されています。神さまは仲介者を通してお語りになるのです。神さまは神さまの言葉を語る者を召し出すのです。でも私は神に召し出されましたと誰かが言えば、それを鵜呑みにしていいのでしょうか。それで教会は、神に召された語る者に対して、本当にそうか、確かめることとしました。日本基督教団では教師試験を行い、合格する人を神に召された者と判断しています。歴史の中で教会は、何らかのカタチで、神さまに召し出されたことを確認してきました。神に召し出された者は教会に遣わされ、神さまの言葉を語るべく説教をすることになります。

 説教者は人間です。その人間の語る言葉が神の言葉となるためには、次のことが必要です。説教者が神に召されていること、説教者が聖霊に導かれて説教の準備をして語ること、そして教会が説教者のために祈ることです。聖霊はイエス様から聞いたことを語るわけですが、自ら直接言葉を語ることは出来ませ。聖霊は教会を通して、説教者を通して語ります。説教者は聖霊に用いられる者として、祈りをもって、誠実に説教の準備をします。教会がこの世に向かって神の言葉を語りますから、説教者のために祈るのです。そうした上で、説教者の語る言葉は神の言葉として聞くのです。説教者を通して聖霊が神の言葉を語ってくださると信じて私たちは説教を聞きます。

 イエス様語ることを聞いても信じない人がいたように、説教者の語る言葉を聞いても信じない人もいます。礼拝に来て説教を聞く人が皆、信仰に導かれるわけではありません。また説教を聞く人は、自分が聞きたいことを聴き取る傾向があります。大切なことを聴き取ってもらえていないという印象を持つこともあります。

 12節。

「言っておきたいことは、まだたくさんあるが、今、あなたがたには理解できない。しかし、その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる」。

イエス様には語りたい真理が沢山ありますが、今弟子たちは理解できないというのです。

「理解できない」

と新共同訳で訳されていますが、口語訳では

「堪えられない」

とあります。受け入れる力がまだない、その心理を担うことが出来ないとの意味です。理解し、自分のものにすることはまだできないというのです。信仰の世界の真理をすべて理解し、受け入れるには信仰の成長が必要です。

 信仰の世界が広く深いことを分かってもらうために、私は洗礼準備会で、いくつかの聖書を読むことにしています。信仰はこういうものだという人間の理解を固定させないために、信仰に対して心を開いていただくために、いくつかの聖書を紹介します。たとえばエフェソの手紙1章の3節を読みます。

「天地創造の前に、神はわたしたちを愛して、御自分の前で聖なる者、汚れのない者にしようと、キリストにおいてお選びになりました」。

 天地創造の前に、神は私たちをお選びになったこと、これは真理です。しかも神さまは、私たちを聖なる者、汚れのないものにしようとお選びになったというのです。洗礼を受けようとする人が、これを真理の言葉を受け入れ、この言葉に生きようとすることができるとは限りません。10節にはこうあります。

「こうして、時が満ちるに及んで、救いの業が完成され、あらゆるものが、頭であるキリストのもとに一つにまとめられます。天にあるものも地にあるものもキリストのもとに一つにまとめられるのです」。

神さまが世界をお造りになりましたが、そこには目的があります。それはキリストのもとですべてのものが一つになることです。たとえば、夫婦はキリストのもとで一つになる、これが神の計画であり、真理なのです。教会は、キリストをかしらとしてそこに集う人たちが一つとなることが神の計画であり、神のみ心です。これもまた真理です。そして人々が憎しみ争わず、一つとなって平和を生み出すことが神の願いであり、人間の生きる目的なのです。これもまた真理の言葉です。これが信仰の世界です。信仰の世界は広く深いのです。私たちは聖書に対して、謙遜にならないと真理を見過ごしてしまいます。そして真理は私たちの思いを越えることも多々あるのです。このような真理を受け入れ、この真理に従って生きるには、謙遜に聖書を学ぶ必要があります。さもないと私たちは自分勝手に信仰に生きているつもりになってしまいます。

 ですから私たちは知るべきことを知らない者であるとの謙遜な気持ちで聖書に向き合うことが大切となります。そして聖霊は私たちを真理に導き、その真理が私たちの血となり肉となり、私たちは真理に生き、真理に生かされるようになります。13節の

「真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる」。

これは神様の約束です。真理の霊は私たちを真理に導き、私たちがこの真理に生きるようになります。繰り返しますが、これは神様の約束です。

 私たちは真理の霊に導かれるとき、信仰の世界に目が開かれていきます。そして信仰の世界に漕ぎ出していきます。ある意味、信仰の冒険をします。つまり私たちの生活を御言葉に導かれて生きるという冒険をします。御言葉によって子供を育てる冒険をします。御言葉によって夫婦が一つとなる冒険をします。御言葉によって教会が一つとなる冒険をします。み言葉によって聖なる者、汚れのない者になるという冒険をします。御言葉によって世の光、地の塩として働く冒険をします。御言葉によって老いを生きます。真理の霊である聖霊が私たちを導き、私たちを生かします。

祈り