今日は、金沢元町教会の創立130周年の日です。1886年10月9日に教会が創立されました。その5年前、トマスウィン宣教師によって金沢教会が設立されていました。金沢教会の信徒13人が、金沢の東の地域に伝道する必要があるとして殿町教会が創立されました。殿町教会は、金沢元町教会の前身です。初めに教会が創立され、それから伝道が開始されました。普通は伝道者がある地域で伝道を開始し、信者がある程度の人数になると教会を設立します。しかし殿町教会は、その逆でした。教会が先で伝道が後でした。1953年殿町教会が、移転して彦三教会となり、さらに1975年に移転して金沢元町教会となって今日に至っています。今日は、創立130周年の日であることを覚えて説教をしたいと思います。

 1節でパウロは、コリントの人々に福音を告げ知らせたことを思い起こさせています。福音とは

「喜びの知らせ」

を意味します。この福音をコリント教会の人々は、生活の拠り所としたのです。3節でパウロはこう語ります。

「最も大切なこととしてわたしがあなたがたに伝えたのは、わたしも受けたものです」。

福音は、パウロが自分で考えだしたものではなく、パウロもまた人から聞いたものであり、それをあなたがたに伝えたのですと語ります。そして私たちも教会の礼拝を通して、あるいは聖書を読むことを通して、福音を聞き、信じる者となっていきます。陸上競技でリレー競技があります。ランナーが定められた距離を走り、次の走者にバトンを渡すように、教会は福音を受け取り、これを宣べ伝えてきたのです。金沢元町教会は、130年前のこの日から福音を宣べ伝え始めたのです。そして今も、さらにこれからも宣べ伝えていきます。

 では、この福音の内容は一体何でしょうか。

「キリストが、聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために死んだこと、葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおり三日目に復活したこと、ケファに現れ、その後十二人に現れたことです」。

キリストの死と復活、これが福音です。キリストの十字架の死により私たちは罪赦され、キリストの復活により、信仰者である私たちは新しい人間に生まれ変わります。神の子として私たちは歩みます。これが福音だというのです。

 この福音によって私たちは救われるとあります。何から救われるのでしょうか。それは罪からの救いです。罪がもたらす様々な悪からの救いです。罪に対する神さまの裁きからの救いです。罪がもたらす死からの救いです。罪がもたらす様々な不自由からの救いです。それゆえ、この福音が私たちの生活のよりどころとなります。

 私たちは福音によって救われます。罪から救われます。救いには二つの側面があります。一つは人間が死んだ後、神の国に迎えられるという救いです。神の審きを受けて地獄に行くのではなく、神の国に迎えられるという救いです。先日の祈祷会で地獄とはどんなところかとの質問が出ましたので、

「地獄とは、神さまのいないところ」

と私は答えました。

「神の国は、神さまのおられるところです」。

救いの一つは死後の救いです。

 救いのもう一つの面は、この世における救いです。つまり私たちは

「救われて」

生きるのです。私たちは救われた人間として生きるのです。正確に言えば、私たちは救われ続けるのです。なぜ救われ続けるかと言えば、罪に打ち勝って生き続けるからです。罪に打ち勝って生きる救いです。この世において私たちは罪から完全に自由になることができません。しかし私たちはもはや罪の奴隷ではなく、罪の支配を打ち破って生きることができる者とされました。私たちは神さまの恵みの支配の下に生きるので、罪に打ち勝って生きることができるようにされました。私たちは罪に打ち勝ち続け、救われて生きるのです。救われ続けて生きるのです。

 当たり前のことですが、罪は抽象的なものではありません。罪は具体的です。私たちは具体的な罪を犯しています。ですから罪が赦されること、罪に対して勝利して生きることは喜びとなります。罪とは心のあり様でもあります。心が変えられること、それもまた喜びとなります。

 そこで罪について考えます。最初に考える罪は、現実の自分を受け入れない罪です。多くの人が悩み苦しむ劣等感があります。劣等感からなかなか自由になることができません。自分と他者を比較し、劣等感を味わいます。私も劣等感で長い期間、苦しみました。学生時代、頭の良いクラスメートが沢山いました。牧師になってから私より聖書を読む信徒の存在、私より思慮深く物事を考える長老の存在、私より敬虔な祈りをする信徒、牧師の存在、私より神学的な知識や考え方が身についている牧師の存在、私より良い説教をする牧師の存在、自分と人を比較すれば、自分の劣った点を知ります。そして劣等感に悩みます。自分をダメな人間だと思います。さらに、自分が劣るゆえに、人を妬むこともあります。あるいは、人を批判して、自分を高めようともします。自分に自信を持ちたいからです。時にはなぜ頑張らないのだと自分を責めます。そして自分を知られることを恐れ、人を恐れます。また人の目を気にします。自分を受け入れないと、様々な弊害が生じます。自分を受け入れない罪は、様々な苦しみをもたらします。

 私たちは、神さまがこの世界を造ったと信じます。神さまは、私たち人間を造ったと信じます。造られた人間を見た神は、

「よし」

とされたのですよいものができたと喜ばれたのです。神は人間を喜ばれたのです。

 ただし罪を犯す人間を神さまは喜びません。しかしイエス・キリストを信じる人について、神はその罪を赦し、その人を愛し、受け入れてくださいます。神は、信仰者を神の子として受け入れ、顧みてくださいます。ですから、私たちは神さまに受け入れられています。私たちは神に愛され、受け入れられています。それなのに私たちが自分を受け入れないのなら、それは神さまに反抗する罪に他なりません。神さまが私たちのことを愛し、神の子として受け入れてくださるのに、私はダメな人間ですというのは、神さまの愛を否定する罪です。神さまに受け入れられているのですから、現実の自分を受け入れるのが自然です。そうすれば、劣等感、妬み、人を裁く意地悪な心から解放されます。人の目を恐れ、人の目を気にすることから解放されます。そして心に喜びが満ちます。

 次に考える罪は、神を受け入れない罪です。神を信じる人が神を受け入れないというのは分かりにくいかもしれません。人間は神に造られた存在です。人間は神ではなく、限界のある存在です。そこで生じるのが、自分の限界を受け入れない罪です。自分に限界があるから、人間は神になろうとします。人生を自分の思い通りにしようとします。自分の思い通りに生きることが人生だと考えます。

 その結果、多くの人が思い煩います。人生は思い通りになりません。また、もしああなったらどうしよう、こうなったらどうしようと将来に起こりそうなことを予想して、悩むのです。自分で何とかしようと思うのですが、思い通りにならなくて悩みます。自分ではどうにもできないことは分かっているのですが、ああすれば、うまく行くのではないか、こうすればうまく行くのではないかと考え、でもうまく行かないかも知れないと考え、心の中は堂々めぐりです。心の中は心配で満ちてしまいます。将来のことは自分ではどうすることもできないという自分の限界を受け入れ、将来のことは神さまにゆだねればいいのです。それなのに自分で何とかしたいと考え、何とかできるのではないかとの淡(あわ)い期待を抱き、思い煩います。

 神さまに委ねることは、何もしないこと、努力をしないことを意味しません。むしろ何をして神さまにゆだねるのか神さまに教えてもらいます。そのようにして努力をし、神さまにゆだねるのです。つまり神さまに信頼するのです。そうすれば、心は思い煩いから解放されます。自分に限界があるから、限界を超えることについては神さまにゆだねるのです。人間は頭では限界があることを知っていても、心は認めようとせず、結果的に限界を持つ人間を創造した神を受け入れようとしないのです。反抗するのです。反抗の結果が思い煩いです。

 人間に限界があることを示すのが死です。人間の命には限りがあり、人間はこれをどうすることもできません。つまり人間は死にます。生涯の終わりの時が来ます。自分の存在が消えてしまう死を人は恐れます。そこでどうするか、です。多くの人は死を考えないようにします。いつかは死と直面するのですが、死を考えないようにして、自分をごまかしながら生きています。人は皆死ぬのだから心配ないとか、人は死んだら天国に行くのだと漠然と信じて自分を安心させようとします。しかしイエス様は、死の恐怖のために一生涯、奴隷となっている者たちを解放します。私たちは救い主イエス様のおかげで、死の恐怖からも解放されます。人は、限界ある命を与える神を恨み、死の恐怖におののいているのです。

 さらに私たちには、他者を受け入れない罪もあります。私たちは自分の罪に対しては神さまの赦しを受けているのに、人の罪を赦そうとしないのです。

「赦せるわけがない」

と居直りもします。でもイエス様は、

「もし人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの過ちをお赦しにならない」

と教えておられます。あなたが人の罪を赦せないのは、あなたが自分の罪が赦されていることを知らないからだと思います。もしかしたら、自分の罪を知らないのかもしれません。あるいは心が頑なで、自分は神さまに赦されているのに、他者の罪は赦そうとしていないのかもしれません。

 あるいは自分の思いは相手に押しつけるのに、相手の心に聞くことや相手の心を重んじることをしないで、自己中心的になります。親は子に、夫は妻に、妻は夫に、自分の思いを押しつけ、相手の心を理解しようとせず、相手を受け入れない罪を私たちは犯します。つまり相手を愛さないのです。

 そして悪い習慣があります。自分でコントロールすることができずに、悪いと分かっていることをしてしまいます。悪いと分かっていることに身を任せてしまいます。

 以上あげた罪から私たちは救われます。神さまが救ってくださいます。そして私たちの心は晴れやかに、自由になります。人を愛することができるようになります。神さまに信頼することができるようになります。喜びが心に満ちます。神さまの恵みが罪からの解放、罪に対する勝利を与えてくださいます。罪は具体的であり、救いも具体的で、喜びも具体的です。

 私たちに必要なことは、信じることです。私たちが神さまの支配の下に置かれていることを。私たちは神さまの恵みの支配の下に置かれていることを。神さまは信頼に足る方であると信じることです。そして神さまのみ心を求めて生きるのです。人生がうまく行かないのは、自分の思いと心の欲するところを求めて生きるからです。私たちの人生は神の導きのもとにあると信じ、神さまのみ心を求めて生きる時、私たちは神さまの祝福の中を生きることができます。キリストの死と復活の恵みが私たちに救いを与えます。そして喜びがもたらされます。

 11節。

「とにかく、わたしにしても彼らにしても、このように宣べ伝えているのですし、あなたがたはこのように信じたのでした」。

私たちも福音を宣べ伝えます。どのように福音を語るかと言えば、私たちが味わった救いの喜びを語れば良いのです。それだけで十分です。伝道とは伝えることです。相手が信じるかどうかは、相手の問題です。私たちは伝えるのです。

 こう言ってもどう伝えたらいいのか分からない、と言う方もおられるかもしれません。この頃、うれしいのは、救いの喜びが祈祷会で語られていることです。分かち合いの場に身を置いて分かることは、素直に与えられた救いを語ればよいということです。語り方が上手でなくても、言葉がなめらかに出なくても、訥々(とつとつ)と語ったとしても、口に出せば、喜びが広がります。この喜びの分かち合いが、さらに教会全体に広がっていくことを願います。家族に、友だちに、救いの喜びを伝えることができることは何と幸いなことでしょうか。金沢元町教会が伝道できる教会に向かって成長していることをうれしく思います。130周年を迎えた私たちも福音を宣べ伝えていきます。

祈り