今日は説教題を

「主に選ばれた者の歩み」

としました。礼拝の看板を書いてくださる方には申し訳ないのですが、説教題を変えました。毎週説教題を変えているかもしれません。この点についてはお許しをいただくとして、今日は、主に選ばれた者の歩みについて語りたいと思います。

 18節。

「世があなたがたを憎むなら、あなたがたを憎む前にわたしを憎んでいたことを覚えなさい」。

<憎まれる>という言葉は、強い言葉です。<憎む>と訳された言葉は、幅広い意味を持つ言葉です。憎む、忌み嫌う、捨てる、無視するという意味を持ちます。イエス様の弟子たちは世の人々から無視されたり、嫌われたり、憎まれたりするというのです。3章の19節にはこんな言葉があります。

「光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。それが、もう裁きになっている。悪を行う者は皆、光を憎み、その行いが明るみに出されるのを恐れて、光の方に来ないからである」。

イエス様が光としてこの世においでになったのに、人々は光を憎んだとあります。光を憎むとありますが、ここでは光を嫌うと考えてもいいと思います。イエス様を最後には十字架につけるわけですから、敵対的な憎しみを抱いていたと考えることもできます。<憎む>という言葉には幅があります。

 20節によれば、イエス様が迫害されたように弟子たちも迫害されることをイエス様は予告しています。憎まれ迫害されるとき、弟子たちがうろたえ、信仰から離れることのないために、イエス様は前もって弟子たちに語っておられるのです。

 19節でイエス様は、弟子たちが何者であるのかを教えます。

「あなたがたは世に属していない。わたしがあなたがたを世から選び出した」。

まず、弟子たちはイエス様によって世から選び出されたこと、その結果として弟子たちは世に属していないことを知らせます。そしてイエス様は私たちも世から選び出し、私たちも世に属さない者とされたのです。ここで私たちも自分が何者かを知る必要があります。私たちは世に属さないものです。イエス様によって世から選び出されたのです。これは信仰者としての私たちのアイデンティティーを表しています。自分は何者か、自分のアイデンティティーを知ることは信仰者にとって重要です。

「あなたがたは地の塩、世の光である」

とイエス様は教えられました。地の塩になりなさい、世の光になりなさいというのではないのです。あなたがたは地の塩です。世の光です、と教えられたのです。自分が何者であるかを知るとき、ああいう人にならなければならないというストレスから解放されます。アイデンティティーを知るとは、信仰者の喜びを知るということです。

 16節で

「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ」

とあります。私たちは自分が決心してイエス様を信じるようになったと思っているかもしれませんが、信仰者となるようにすでにイエス様によって選ばれているのだと私たちは解釈します。19節では、その選びは、さらに世から選びであるとの説明が加えられています。

 イエス様を信じる者は、世から選び出された者、世に属さない者だというのです。これは私たちの<自己認識>(アイデンティティー)となるべきものです。私たちは何者かと言われたら、私たちは世から選び出された者、世に属さない者なのです。繰り返しますが、クリスチャンとは、イエス様によって世から選び出された者、世に属さない者のことです。

 では世に属さない者とはどんな人のことをいうのでしょうか。私たちはこの世に生きています。それなのに世に属さないとはどういうことでしょうか。ヨハネ福音書の8章でイエス様は、イエス様を信じる者は神に属する者だと教えています。イエス様を信じる人は、世に属さず神に属するのです。イエス様を信じない人は世に属し、神に属さないのです。それでは神に属する人とはどんな人なのでしょうか。イエス様はヨハネ8章46節以下でこう語っています。

「わたしは真理を語っているのに、なぜわたしを信じないのか。神に属する者は神の言葉を聞く。あなたたちが聞かないのは神に属していないからである」。

この言葉から分かることは、イエス様を信じる人は、神に属し、神の言葉を聞く人だということです。イエス様は真理を語ります。神の言葉は真理です。神の言葉を聞く人、真理の言葉に聞く人が神に属する人、世に属さない人、イエス様を信じる人だというのです。

 私たちが信仰を貫こうとして、たとえば礼拝を厳守しようとします。この世に生きる私たちは、日曜に行われる親族の法事に呼ばれることがあります。あるいは親族の都合を考えると日曜日に法事をしなければいけない立場に置かれることもあります。そんな事態に直面することがあるかもしれません。そんな時、私はクリスチャンで日曜は礼拝があるからと強く言うと、つきあいにくいとか、頑なだ、と非難され、嫌われることがあるかもしれません。世から憎まれるのです。実際の生活において、私たちがどのような決断・選択をするのか、私たちにとって悩ましいことだと思います。それでもなお私たちは、神の言葉を聞き、それを真理の言葉と受けとめ、神の言葉に立って生きて行くということです。イエス様を信じる人とは、そのような人のことをいいます。ですから私たちは信仰に入ると聖書を読み、聖書を学びます。聖書に書かれている言葉を

「御言葉」

と言って、これが神の言葉であることを言い表します。あるいは説教を

「御言葉」

と言って、神の言葉として聞きます。

 イエス様が、

「あなたがたは世に属していない。わたしがあなたがたを世から選び出した」

と語られるとき、私たちは自分が、この世の人とはちがって、神の言葉によって生きるべくイエス様によって選び出された者であることを知るわけです。聖書の言葉は、人生の折々に役に立つという程度の言葉ではありません。私たちの人生の土台となる言葉です。

 プロ野球の選手は、広島とか、阪神とか、日本ハムとか、特定のチームに属して試合をします。相撲の力士も相撲部屋に属し、勝負します。自分が所属するところで、練習を積み、試合、勝負をします。私たちは神に属し、神の言葉に立ってこの世に生きるのです。

 次に<選ばれる>ということを考えます。イエス様に選ばれる、神さまに選ばれると言ってもピンとこない面があります。そこで具体的に考えます。実は私は、妻とはお見合いをして結婚しました。妻と出会うまで、私は何回も見合いをしました。20回まではいきませんが、それくらい見合いをしました。それで私は、私でいいと言ってくれる人なら、その人と結婚してもいいと思うようになりました。大事なのは結婚して、よい夫婦関係を築いていくことだからです。そしてお見合いした日、別れ際に

「僕は神学校に行くつもりです。牧師になるかもしれません。豊かな生活ができるかどうか分かりません。いやなら断ってください」

と話しました。妻は断らず、つまりそれでもよいと判断したようで、結婚することとなりました。2月にお見合いをして5月に結婚しました。妻は言うのです、

「私の目に狂いはなかった。いい人を選んだ」。

私は、結婚を決断したのですから、相手を選んだことは確かですが、妻が自分を選んでくれたことに感謝の思いをもっていました。ある時妻が言うのです。

「私には選ばれたという意識はなかった、自分も選ばれた、選んでもらったと気づいた」

と。

 

「選ばれる」

ことには喜ばしい面があります。ですから相手の選びに答えたいと思います。

「神さまは私たちを愛してくださっている」

とよく私たちは口にしますが、神さまに愛されるということを少し深く考えると、それは選ばれるということだと思います。神さまは、私たちを愛の対象に選んでくださったのです。神さまは、いつも考えてくださる対象として私たちを選んでくださったのです。しかも私たちには、選ばれる価値・資格がないのに、神さまは選んでくださったのです。神さまに愛されていることが分かると、その愛に応えたい、神さまの選びに応えたいとの思いに導かれます。

 相手の愛に応えたいと考えるとき、相手の気持ち、相手の心を大切にし、相手に応えようとします。互いに相手の心を重んじる関係は、愛し合う関係です。夫婦にしても親子にしても、本来は、お互いの心を大切にし合う関係です。しかし人間は、相手の心より自分の心を大切にする傾向があります。そのために夫婦の関係、親子の関係がうまくいかなることが起こります。相手の心より自分の心を大切にする、これは聖書によれば罪です。

 神さまに選ばれるとは、神さまと愛の関係に生きるように招かれることです。神を信じるとは、その招きに応え、神さまの心、気持ちを大切にすることです。そのためには、神さまがいかなる方かを知る必要があります。

 そもそもイエス様は、神さまがいかなる方かを示すために、この世においでになりました。ヨハネ福音書の中で、イエス様ははっきりとお語りになりました。

「神さまから聞いたことを語り、神さまがしなさいと命じたことを行っている」。

こうしてイエス様は神さまがいかなる方かを伝えたのです。あるいは、

「わたしを見た者は父を見た者である」

と語りました。父とは神さまのことです。あるいは

「わたしは道であり、わたしを通らなければ誰も父のもとへ行くことができない」

とも語られました。イエス様なしに神さまを知ることができないというのです。

 イエス様は救い主として、まず神の民イスラエルのもとに来ました。イスラエルの民が待ち望んでいた救い主、メシアとしておいでになりました。しかし、イエス様が語ったのに、イエス様が神さまの御業を行ったのに、イスラエルの宗教指導者たちはイエス様を信じようとはしませんでした。22節でイエス様は言います。

「わたしが来て彼らに話さなかったなら、彼らに罪はなかったであろう。だが、今は、彼らは自分の罪について弁解の余地がない」。

つまりイエス様が、神さまがいかなる方かを語られたのに信じない、そこに罪があるというのです。神さまを信じている人々に、イエス様がさらに神さまがいかなる方かを伝えたのに、信じない、そこに罪があるというのです。

 24節

「だれも行ったことのない業を、わたしが彼らの間で行わなかったなら、彼らに罪はなかったであろう。だが今は、その業を見たうえで、わたしとわたしの父を憎んでいる」。

イエス様は、生まれつき盲人の目を見えるようにしたり、生まれつき歩けない人の足を癒やして歩けるようにしたり、死んだラザロを生き返らせるなどの業を行いました。誰ができることではありません。目を見えるようにしてもらった人は、神のもとから来た人でなければこのようなことはできないとはっきり述べています。しかし当時の宗教指導者たちは、これらを見てもイエス様を信じなかったのです。だから罪があるというのです。イエス様を通して神さまをさらに知り、神を信じる生活をしようとはしなかったのです。それどころか、イエス様と父なる神を憎んだのです。この場合の<憎む>は無視するという意味合いがよいかと思います。

 使徒言行録を読みますと、イエスの弟子がイエス様のことを救い主メシアと宣べ伝えました。神さまはイエスを復活させ、はっきりとメシアとされたと告げます。宗教指導者たちは、ここでも聞こうとはしません。それどころか、イエス様のことを語るなと脅しました。神さまがご自身のことを伝えようとしているのに耳を傾けない宗教指導者たちがいたのです。彼らはイエスを死に追いやったように、イエス様を宣べ伝える弟子たちを迫害したのです。

 使徒言行録のペトロは、脅され、迫害されても心がひるむことはありませんでした。それどころか、聖霊に満たされて確信を持って、大胆にイエス様のことを宣べ伝えました。鞭打たれるなどの辱めを受けても、イエス様のために辱めを受けるほどの者となったことを喜びました。迫害というのは恐ろしいかもしれませんが、その向こうには私たちの知らない喜びが待っているのかもしれません。

 26節でイエス様は、父なる神のもとへ帰ったら、聖霊を送ると語ります。聖霊はイエス様について証しをするとあります。イエス様が救い主であるとの確信が聖霊によって与えられたので、弟子たちはますまず大胆にイエス様のことを宣べ伝えました。迫害に遭ったらひるむのではなく、聖霊に満たされ、大胆にイエス様を宣べ伝えました。イエス様を宣べ伝えたパウロも迫害を受けながらもイエス様を宣べ伝えました。彼らは、神さまとの愛の関係、イエス様との愛の関係に生きていたのです。イエス様を宣べ伝える者として選ばれ、選びに応えてイエス様を宣べ伝えたのです。迫害の中にあっても、神さまに愛され、イエス様に愛され、その働きをやめることはありませんでした。

 26〜27節。

「わたしが父のもとからあなたがたに遣わそうとしている弁護者、すなわち、父のもとから出る真理の霊が来るとき、その方がわたしについて証しをなさるはずである。あなたがたも、初めからわたしと一緒にいたのだから、証しをするのである」。

神さまがイエス様をこの世にお遣わしになったようにイエス様は聖霊を私たちのもとにお遣わしになります。そして聖霊に導かれて説教を聞くとき、聖書を読むとき、私たちは神さまのこと、イエス様のことを知ります。イエス様が自分の救い主と確信します。そしてイエス様のことを証しし、人々に伝える者となるように招きを受けます。そのために選ばれていることを知り、その選びに応えようとします。私たちはこのような聖霊の働きを教会の中で目にしています。あなたも目にしています。聖霊はあなたを待っておられます。

祈り