昨日の朝、ヨハネ福音書の15章を読んでいました。そして15節を読んでいたとき、ふっと

「そうか、分かった」

との思いが与えられました。その途端、うれしくなりました。聖書が分かるってうれしいものです。やっぱりそうなんだよな、と教えられたような気がしました。

私たちは、神さまの命令に喜んで従うことができるのでしょうか。もしできるとするなら、どうしたらいいのでしょうか。聖書を説き明かす牧師としては、自分だけでなく、信仰者の皆さんがどうしたら喜んで神さまの教えに従うようになるのか、その秘訣を見つけることができたらと思います。おおよそ答えは分かっているつもりでいました。そして今日、確認できた思いがしています。今日の聖書でイエス様は

「あなたがたをしもべとは呼ばない」

とおっしゃいました。イエス様は弟子たちのこと、私たちのことを

「友」

と呼んでくださるのです。このことうれしくないですか

讃美歌で

「いつくしみ深き、友なるイエスは」

とあります。この讃美歌で、私たちはイエス様のことを友と呼んでいるし、今日の聖書でイエス様も私たちのことを友と呼んでくださいます。イエス様の友だち関係に生きることができる、うれしいことだと思います。私たちがイエス様の友となるとき、私たちは愛する人となります。ではどうしたらイエス様と友だちになり、喜んでイエス様に従うことが出来るのでしょうか。

15節でイエス様は言いました。

「もはや、わたしはあなたがたを僕とは呼ばない」。

イエス様は、ご自分の弟子たちに対して語られたわけですが、これは後の時代のすべての信仰者に向けての言葉です。イエス様は、私たちに対しても、

「しもべ」

とは呼ばないと語られました。

使徒パウロは、ローマの信徒への手紙の冒頭で、

「キリスト・イエスの僕、神の福音のために選び出され、召されて使徒となったパウロ」

と自己紹介しています。パウロは繰り返し、自分はキリスト・イエスの<しもべ>だと語っています。このことを知っていると、では私たちはイエス様のしもべなのか、そうでないのか、と迷う方もおられるかもしれません。今日は、パウロの言葉は忘れてください。イエス様が弟子たちに向かって

「もはや、わたしはあなたがたを僕とは呼ばない」

と語られたことに心を向けたいと思います。

通常しもべは、主人の命じることに従います。なぜ従うかと言えば、相手が主人だからです。その命令には従いたくありませんとか、その命令はちょっとおかしいのではありませんか、などと主人に言うことはありません。それは主人に逆らうことになります。主人に逆らえば、罰を受けます。しもべは、主人の命令に対して無条件に従うものです。でもイエス様は、弟子たちにそして私たちに、イエス様の命令には、無条件に従いなさいとは言わないのです。

私たちは信仰者ですから、神の命令には従うべきだと考えます。なぜ従うのかと言えば、神の命令だからです。でもイエス様は、神さまの命令といえども、何が何でも、無条件に従いなさいとは言わないです。私たちがしもべなら、無条件に従うべきでしょうが、私たちはしもべではないのです。大切なことは、私たちはどのような動機から神さまに従うのかということです。

私たちは神さまの戒め、命令をどう受けとめているのでしょうか。私たちは、神さまの命令だからと言って、何でもかんでも喜んで従っているわけではありません。時には、従いたくないと反発を感じる命令があります。また命令されること自体嫌だと感じ、喜んで神に従うことはできないということもあります。私たちは、それは従えないと弁明したりすることもあります。あるいは、神さまの命令を守れない自分を卑下することもあり、逆に守っていると自負し、自分を誇ることもあります。あるいは神さまの命令を知っているだけで、従っているつもりになることもあります。神さまの命令に従う動機、それは愛です。

すでに14章15節でイエス様は語っておられます。

「あなたがたは、わたしを愛しているならば、わたしの掟を守る」。

イエス様を愛するから、イエス様の命令に喜んで従うことができるのです。神さまを愛しているから、神さまの戒めに喜んで従うことができます。イエス様を愛するとは、イエス様の命令が私たちを祝福するものであると信頼することです。神さまを愛するとは、神さまの命令が私たちを祝福するものであると信頼することです。でも功利的な思いで私たちは神さまの命令に従うのではありません。ここには深い信頼があります。私たちは信頼し、従う中で、祝福を受け取り続けていくのです。イエス様の命令に従う動機、それは愛なのです。神さまの言葉に従う動機、それは愛なのです。

イエス様は、弟子たちを僕と呼ばない理由についてこう語りました。

「しもべは主人が何をしているか知らないからである」。

しもべは主人が何を考えて命令しているのか分からなくてもいいのです。しもべはただ従えばいいのです。でもイエス様は、弟子たちがイエス様の命令の意味を知って従って欲しいのです。イエスがそう命じるお気持ちを知って欲しいのです。イエス様は

「互いに愛し合いなさい」

と弟子たちにお命じになりました。イエス様はどんなお気持ちから、この命令を弟子たちにお命じになったのでしょうか。

すでに13章で、イエス様は弟子たちに命じています。

「あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」(13:34)。

イエス様から愛されているので、弟子たちが互いに愛し合うことが分かります。イエス様に愛されたことがうれしいから、感謝だから、互いに愛し合うというのです。私たちが、愛するということがどういうことかが分かって、互いに愛し合うことをイエス様は願っているのです。

では私たちはどのようにイエス様から愛されているのでしょうか。13節に

「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」

とあります。主イエスは友である私たちのために、死んでくださったのです。イエス様は、十字架の上で、ご自身を罪の償いのためのいけにえとして献げました。イエス様がご自身を犠牲にしてまで私たちの罪を赦してくださいました。イエス様は私たちの罪を赦すために、命を投げ出してくださったのです。ヨハネは、その手紙の中でこう書いています。ヨハネの手紙一3章16節です。

「イエスは、わたしたちのために、命を捨ててくださいました。そのことによって、わたしたちは愛を知りました。だから、わたしたちも兄弟のために命を捨てるべきです」。

私たちは愛を知ったから、兄弟のために命を捨てるべきだと教えています。兄弟のために命を捨てることを求められると正直、戸惑いを感じます。文字通り命を捨てるのは、極限状況におかれた場合です。

私たちは本当に愛を知るために、イエス様につながり続ける必要があるのだと思います。ヨハネ福音書の15章は、ぶどうの木のたとえで始まります。イエス様は、私につながっていなさいと弟子たちに語ります。私もあなたがたにつながっているから、わたしにつながっていなさいと命じます。つながっていれば豊かに実を結ぶとも約束してくださいました。そのように命令された後、イエス様は、

「わたしの愛にとどまりなさい」

と命じておられます。イエス様につながるとは、イエス様の愛にとどまることと知ります。イエス様の愛にとどまるとは、イエス様に愛されていることを信じ続けることです。イエス様の愛にとどまり続けるとき、私たちは兄弟を愛することに励ましを受け続けるのです。

私たちはどのようにイエス様に愛されているのでしょうか。13節に

「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」

とあります。イエス様は、私たちのために命を捨ててくださいました。イエス様の十字架の死により、私たちは罪赦されました。罪を赦していただき、生きることが許されている、私はここに神さまの愛を思います。自分が神さまに愛されていることを思い、神さまに恩返しをしたいと思わされます。私が牧師を続けている理由の一つはここにあります。

16節には、

「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ」。

私たちが信仰に導かれたこと、これもまたイエス様の愛によることです。イエス様を信じない人が多い中、信仰に導かれたのはイエス様に愛されているからです。復活を信じるように導かれる、聖霊と共に歩むことができるように導かれる、イエス様の愛の導きに他なりません。イエス様の復活を信じるとは、単にイエス様が死者の中から復活したことを信じるに留まりません。私たちは死んで復活したイエス様とひとつにされ、罪人の私が死に、私たちが神の子として生きるようになるのです。このことを信じ、神の子として生きることができる、これは神さまの愛、イエス様の愛によることです。

さらにイエス様は羊飼いとして羊である私を守り導き、支えてくださいます。いつも寄り添って共にいてくださいます。この点でも私たちはイエス様に愛されています。イエス様が共におられるゆえの平安が私たちを包みます。

このように私たちを愛して下さっているイエス様の愛を知り、神さまの愛を知り、また私たちも神を愛し、人を愛して生きていこうとするとき、イエス様は、私たちのことを<友>と呼んでくださいます。愛することにおいて、イエス様と私たちは同志なのです。

11節。

「これらのことを話したのは、わたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの喜びが満たされるためである」。

私たちがイエス様の愛にとどまり、互いに愛し合うとき、イエス様の喜びが私たちを満たすというのです。

「いつも喜んでいなさい」

と神さまは私たちにお命じになっています。私たちは何を喜ぶかに注意を向ける必要があります。イエス様の愛に留まり、イエス様の愛を受けて生きること、そしてイエス様につながり私たちもイエス様を愛し、イエス様の教えに従って生きる時、私たちとイエス様との間に愛し合う関係が生じます。

イエス様を愛するといっても、恋愛感情のような感情を抱くのではありません。愛は感情ではなく意志です。そして愛とは、相手の人格を大切にすること、重んじることです。相手の心を大切にすることです。私たちは人間ですから、感情や気分に左右されて、相手の気持ちを大切にするという意志を持つことがむずかしいことがあります。しかし愛するとは意志です。神さまご自身、私たちを愛するとの確固たる意志を持ち、イエス様を十字架におつけになったのです。神さまも感情を持たれますが、神さまは気分によって愛したり愛さなかったりしません。

イエス様の喜びとは、このように互いの人格を重んじ合う関係に生きることにあります。愛し合う関係に生きる喜びは、具体的には夫婦の間で、親子の間で、教会員同士の間で、感じることができます。私たちは、愛し合うことが互いの人格を重んじることであることを教えられ、この世に出て行って、家族を隣人を愛します。愛し合う関係に生きる時、イエス様の喜びが私たちのうちに満ちます。この喜びは、私たちの心の底にいつでもあります。だから私たちはいつも喜んでいることができます。

今日の聖書にはうれしい約束があります。

「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである」。

私たちが愛に生きるなら、実を結ぶこと、そして神さまの願い求めるものが何でも与えられるとの約束があります。イエス様の愛にとどまり、イエス様を愛し、イエス様の言葉に従う人の幸いがここにあります。

祈り