今日の聖書の最後に

「これらのことを話したのは、わたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの喜びが満たされるためである」

とあります。私たちの知らない喜びがあるのかもしれません。イエス様の喜びです。それが弟子たちの心に満ちるために、これらのことを話したとイエス様はおっしゃいます。言うまでもありませんが、今日の聖書を読むのは、このイエス様の喜びが私たちの心に満ちるため、ということができます。その喜びとは、豊かに実を結ぶ喜びです。わたしはこの喜びをときに味わっています。皆さんもイエス様のこの喜びをいただいているのではないでしょうか。

1節を読みます。

「わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である」。

イエス様がまことのぶどうの木であるというのはたとえです。ぶどうの木は、豊かな実を結ぶことが期待されます。そして父なる神はぶどうの木を育てる農夫だと言います。豊かな実を結ばせるために、農夫は、実を結ばない枝は取り除くとあります。そして実を結ぶ枝は手入れをするというのです。

実際にぶどうを育てる場合は、実を結ばせない枝と結ばせる枝を区別し、結ばせない枝を切り取るようです。冬の間に枝を切り取るようです。

イエス様はまことのぶどうの木です。このぶどうの木が実を結ぶとは、言い換えるとイエス様を信じる者たちが実を結ぶということです。これはどんな実なのでしょうか。

12章で、イエス様は一粒の麦について話されました。

「はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ」(ヨハネ12:24)。

この場合の実とは、イエス様を信じ、救われる人のことです。イエス様の死は、多くの人の救いをもたらすというのです。しかしまことのぶどうの木が結ぶ実は、別です。

3節を読みます。

「わたしの話した言葉によって、あなたがたは既に清くなっている」。

いきなり<清い>という言葉が出てきて戸惑います。2節で、農夫である父なる神さまは、実を結ぶ枝をいよいよ豊かに実を結ぶように手入れをなさるとあります。この

「手入れをする」

という言葉と

「清い」

という言葉は同じギリシャ語が使われています。神さまがぶどうの木の手入れをするとは、ぶどうの木を清めるということなのです。それはもちろん、実を豊かに結ばせるためです。

イエス様はまことのぶどうの木です。このぶどうの木に実を豊かに結ばせるために、神さまは手入れをするのですが、それは枝にイエス様の言葉を聞かせるということなのです。ぶどうの木の枝、それは弟子たちであり、また私たちです。イエス様の言葉を聞くことにより、ぶどうの枝である信仰者は、実を結ぶように整えられるのです。それ故、まことのぶどうの木にどんな実が結ぶのかと言えば、イエス様の言葉が結ばせる実ということができます。

4節でイエス様は命じます。

「わたしにつながっていなさい」。

わたしたちは枝として、まことのぶどうの木につながっている必要があります。実際のぶどうの木には、枝はつながっていて、栄養分がぶどうの木の根から、ぶどうの木の枝に行き渡り、実を結ぶようになっています。イエス様というまことのぶどうの木の場合は、イエス様を信じる者たちが、イエス様につながっている必要があります。

私たちがイエス様につながろうとするとき、イエス様は私たちにつながって下さるのか、という心配があります。私のような者にイエス様はつながってくださるのだろうかという心配です。イエス様はおっしゃいます。

「わたしもあなたがたにつながっている」。

私たちがイエス様につながろうとするなら、イエス様はつながっていてくださるというのです。

「わたしにつながっていなさい」

との命令には、

「わたしもあなたがたにつながっている」

との約束が伴っています。言い換えれば、イエス様は手を伸ばしておられ、わたしにつながっていなさいとおっしゃっているのです。イエス様につながるとは、イエス様の手をつかむということです。

さらにぶどうの枝がぶどうの木につながっていなければ実を結ぶことができないように、あなたがたもわたしにつながっていなければ実を結ぶことができないとイエス様は語ります。イエス様につながってこそ、実を結ぶというのです。

さらに5節では、

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である」

とイエス様は語られます。その上で人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶとの約束が語られます。そして

「わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである」

との説明が加えられます。<何もできない>という言葉に疑問を感じる人もおられると思います。イエス様を信じない人は、イエス様につながっていません。イエス様につながっていなくても、人は色々なことができます。イエス様を信じていなくてもオリンピックで金メダルをとることはできます。

ここで言われているのは、イエス様につながっていない人は、イエス様につながっているときに結ぶことができる実を結ぶことはできないとの意味です。イエス様というまことの木がもたらす実を結ぶことはできないということです。11節のイエス様の喜びで満たされることはできないということです。それで

「わたしにつながっていなさい」

とイエス様はお命じになり、

「わたしもあなたがたにつながっていよう」

と約束してくださいます。

5節では、

「わたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ」

との約束が語られました。

そしで6節には警告が語られています。

「わたしにつながっていない人がいれば、枝のように外に投げ捨てられて枯れる。そして、集められ、火に投げ入れられて焼かれてしまう」。

イエス様につながっていないなら、外に投げ捨てられるというのは分かります。これに似た警告は2節にもありました。2節では、

「わたしにつながっていながら、実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる」。

イエス様につながっていながら、実を結ばない枝があり、それは切り取られるというのです。5節では、人がイエス様につながれば、イエス様もその人につながって下さり豊かな実を結ぶと約束されています。しかし、イエス様につながっていても実を結ばないことがあるというのです。イエス様につながっていれば、必ず実を結ぶわけではないように見えます。でもつながっていれば、その人は豊かな実を結ぶと約束されています。どう考えたらよいのでしょうか。

そこで大切なことはイエス様につながるということがどういうことかです。イエス様を信じさえすれば、イエス様につながっていると言えるのか。あるいは毎週礼拝に出席すればイエス様につながっていると言えるのか。イエス様につながるとはどういうことなのかをはっきりさせる必要があります。

3節で

「わたしの話した言葉によって、あなたがたは既に清くなっている」

とありました。ぶどうの木を育てる農夫は、実を結ぶ枝を手入れしてさらに多くの実を結ぶようにします。この手入れとは、イエス様の言葉を聞くことだとお話ししました。イエス様を信じる人は、イエス様の言葉を聞く人となりました。ですから聞き続けることが大切です。

7節では、

「あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい」。

ここでは、イエス様の言葉を心の中にとどめておくことが語られています。聖書の別な箇所には、

「キリストの言葉があなたがたの内に豊かに宿るようにしなさい」(コロサイ3:16)

とあります。イエス様の言葉を聞き続ける、それがイエス様につながることです。

イエス様の言葉を聞き続けるとき大事なことは、聞きっぱなしではいけないということです。2節では、つながっていても実を結ばない枝があるというのです。そこで思い起こすのが詩篇の第一篇です。

詩篇の一篇に書かれています。

「いかに幸いなことか主の教えを愛し/その教えを昼も夜も口ずさむ人」。

昼も夜も口ずさむとありますが、主の教えだけを一日中ずっと考え続けることを意味するのではなく、主の教えを思いめぐらすことを大切にすることを意味しています。聖書の言葉をただ読むのではなく、思いめぐらすのです。

たとえば、それはどういう意味なのか、それは今の私とどういう関係があるのか。神さまがこの言葉をわたしに語りかけているとしたら、わたしはどう受けとめたらいいのか。神さまがこの言葉を通して私を導こうとしておられるなら、それはどのような導きなのか。このように考えるとき、私たちは知るのです。神さまは私たちを愛し、み言葉をもって導いてくださることを。

神さまは私たちの歩みをご存知です。私たちが抱えている問題や悩み、私たちが背負っている重荷や問題、私たちが押しつぶされそうになっていることも知っておられます。私たちの悲しさ、辛さ、思い煩いなど、神さまは皆ご存知です。そこで私たちが

「何とかして下さい」

と祈れば、神さまは、何とかしてくださるのでしょうか。

魔法のように何とかして下さることもあるかと思いますが、神さまは、神さまの言葉によって私たちを導こうとされます。み言葉をもって導こうとされていることを、私たちは知るのです。神さまは私たちに目を留めてくださり、私たちの抱える問題を解決に導こうとしておられることを知ることができます。神さまの言葉を思いめぐらすとき、それが私の生活のどの部分に関係し、私をどのように導こうとしているのかを思いめぐらすのです。このようにして神さまの言葉、イエス様の言葉を私たちの心にとどめるのです。

それは聖書の言葉を暗唱するということではありません。思いめぐらすということです。思いめぐらすとき、神さまの導きを知り、導いてくださいとの祈りに導かれます。7節には約束があります。

「望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる」。

8節にこうあります。

「あなたがたが豊かに実を結び、わたしの弟子となるなら」。

わたしの弟子となるなら、とあります。イエス様は13章でこう語っています。

「あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる」(13:34〜35節)。

イエス様の弟子の特長は、互いに愛し合うところにあります。そう考えると、

「あなたがたが豊かに実を結び、わたしの弟子となるなら」

とありますから豊かな実とは、愛の実ということができます。

私たちが必要としている実の一つは愛の実です。そして私たちに約束されている実が、愛の実です。よい夫婦関係がもたらす実、幸い。よい親子関係がもたらす実、幸い。信仰者の交わりの中で結ぶ実、幸い。これらは、イエス様の言葉を心にとどめ、思いめぐらし、与えられた導きに生きる時にもたらされます。

わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝であるとイエス様はおっしゃいました。わたしたちは枝です。ぶどうの木の枝はつながっていれば、実を結びます。私たちもイエス様につながっていれば実を結びます。イエス様の言葉によって神さまは私たちの手入れをなさいます。それは実を豊かに結ぶためです。イエス様につながり、イエス様にとどまる人の幸いがここにあります。その人は豊かに実を結ぶのです。

祈り