聖書、特に詩篇を読むと神が顔を隠されたといって嘆く詩篇に出会います。神が姿を隠され、助けを求めても得られず、戸惑いや落胆を詩人は味わっているのです。イエス様の弟子たちは、イエス様が

「わたしが行く所にあなたたちは来ることができない」

とおっしゃったとき、心を騒がせました。14章では、その弟子たちにイエス様が語られます。

私についてきなさい、と言われてイエス様に従ってきた弟子たちです。

「わたしが行く所にあなたたちは来ることができない」

と言われて、置いてきぼりを食わされたような、あるいはイエス様に見放されたような思いになった弟子たちは、これから自分たちはどうなるのか、と心を騒がせました。

イエス様がいなくなるなら、それはそれで仕方がない、以前の生活に戻ればいいのだと割り切れる弟子たちではありません。イエス様の説教、イエス様のいやしの働きを目撃した弟子たちは、本気でこの人について行こうとの思いを持っていました。イエス様がいなくなるなんて、考えることができません。弟子たちはイエス様を信じて引き返せないところまで従ってきたのです。

私たちも弟子たちのように心騒ぐことがあるのではないでしょうか。何に心が騒ぐかは人それぞれだと思いますが、神を信じていても、疑いや迷いが生じて、心が騒ぐときがあるものです。

私も心が騒ぎました。引退を決意したときです。新たに住む場所を決めなければなりません。慣れ親しんだ場所、慣れ親しんだ人たちから別れ、これまで果たしてきた務めを手放し、現役から退きますから、寂しさを感じます。新しい環境に慣れなくてはならないないし、神さまに召されて福音を伝える者とされましたので、この召しは生涯続くと考えています。この召しにどのように答えていくのか、新しい答えは未だないし、単純に第二の人生を楽しめば良いというものではなく心が定まりません。

年を取り、行く末に自分の死を見据えて生きることになります。いつ死んでもいいという覚悟ができているわけではありません。寂しさや不安がわき起こってきます。心騒ぐ弟子たちに、そして私たちにイエス様は、

「喜びなさい」

と今日の聖書で励まされます。

不安の中にある人に光が射すと希望が、喜びが訪れるのです。多くの信仰者が頼りとする聖書の言葉があります。

「あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます」(コリント一10:13)。

試練の中にあっても、それに耐えられるように神は道を用意しておられるとの言葉です。多くの方たちが試練の中にあって、この言葉に支えられました。この言葉は約束の言葉です。

あるいは

「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう」(マタイ11:28)。

重荷に打ちひしがれ倒れそうでも、私たちには行くところがあります。行き詰まり、自分で自分の人生を終わらせるのではなく、イエス様のもとに行くことが出来ます。<休ませてあげよう>。これはイエス様の約束の言葉です。

神さまの言葉、神さまの約束の言葉は、私たちを不安・落胆・恐れから自由にし希望に歩むことができるように導きます。今日の聖書でイエス様は言います。

「わたしを愛しているなら、わたしが父のもとに行くのを喜んでくれるはずだ」。

心騒いでいる弟子たちに向かって、<私を愛しているなら、喜んでくれるはずだ>と言うのです。

イエス様は弟子たちがついてくることができないところへ行くと言われました。弟子たちは、突き放されたような、見捨てられるような思いを抱いたかもしれませんが、イエス様は父なる神さまのもとへ行くのであり、喜べるはずだというのです。イエス様を愛しているなら、喜べるはずだというのです。

イエス様を愛するとはどういうことなのでしょうか。神を愛する、イエス様を愛するということが今ひとつ分からない、という方もおられると思います。一番大切な戒めは、神を愛することだとイエス様は教えられましたが、異性に対するような感情を持つわけでもありませんし、子供に対するような愛着を抱くわけではありません。見えない神を愛するってどういうことか考える方もおられると思います。

実は私たちがイエス様を愛する前に、イエス様が私たちを愛しておられると聖書は告げます。私たちが神さまを愛する前に、神さまが私たちを愛しておられると聖書は告げます。

「友のために命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」(ヨハネ15:13)

とイエス様は語ります。そして弟子たちに向かって、

「わたしはあなた方を友と呼ぶ」

とおっしゃいます。イエス様は十字架でご自分の命を犠牲にされます。あの十字架の死において、イエス様は私たちすべての人間を愛されたのです。

13章で、イエス様は弟子たちを愛し抜かれて弟子たちの足を洗ったと書かれています。弟子の足を洗うことは罪を清めることを意味しています。イエス様の十字架の死は、私たちを罪から清めるための死でした。十字架で流されたイエス様の血は、私たちを罪から清めます。まずイエス様が私たちを愛してくださいました。

ヨハネの手紙にはこのような言葉もあります。

「わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります」(ヨハネ一4:10)。

神さまが、イエス様が、私たちを愛しておられるので、私たちが神さまを、イエス様を愛することをイエス様は期待しているのです。

神さまが、私たちを大切な存在、価値ある存在と見てくださり、私たちの心を大切に受けとめてくださいます。それで私たちもまた、神さまを、イエス様を大切な存在と考え、神さまの心、イエス様の心を大切にしようとします。つまり神さまを、イエス様を

「愛します」。

神を信じるとは、神さまの愛を信じることであり、神さまを愛することです。イエス様を信じるとは、イエス様の愛を信じることであり、イエス様を愛することです。

イエス様は弟子たちがついて行くことのできないところに行きますが、弟子たちのもとに戻ってきます。そしてイエス様は言うのです。

「あなたがたをわたしのもとに迎える。こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる」。

これは約束です。確かにイエス様は、弟子たちがついて行くことのできないところに行かれますが、戻ってきて、イエス様のもとに迎えてくださるというのです。私たちはイエス様と共にいるというのです。

15節でイエス様はイエス様を愛する弟子たちのために父なる神にお願いをされます。聖霊が、弟子たちと共に、弟子たちの内にいてくださるようにしてくださいます。聖霊が弟子たちの内にいてくださる、弟子たちと共にいてくださることは、言い換えると主イエスが弟子たちと共にいてくださるということ、イエス様のもとに弟子たちを迎えてくださるということです。

20節では、

「あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいることが、あなたがたに分かる」

と表現されています。弟子たちとイエス様は一つに結ばれているというのです。イエス様と弟子たちが一つに結ばれることについてイエス様はたとえをもって語られます。まず

「私は良い羊飼いである」

と語られました。良い羊飼いとしてイエス様は、羊である信仰者を守り導きます。羊飼いと羊は一つの群れとなります。あるいは、

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である」

と語ります。信仰者はぶどうの木の枝として、ぶどうの木につながり、一つとなります。

イエス様が父なる神さまのもとに帰られた後、イエス様は戻ってこられます。それは復活した姿を現すということだけではなく、目に見えない形で信仰者と共にいてくださるということです。目には見えませんが、わたしたちをイエス様のもとに迎えてくださるということです。聖霊が私たちの心に住んでくださるとき、私たちはイエス様と一つであることが分かるようになります。

イエス様を愛するとは、私たちを迎えてくださるイエス様のもとに行くこと、イエス様の心を大切にし、敬うこと、イエス様と共にあることを喜ぶことです。私たちがイエス様を愛するのは、イエス様が私たちのもとに来てくださり、私たちの心を大切にしてくださり、私たちの存在を喜んでくださるからです。イエス様の愛に応え、私たちはイエス様を愛します。イエス様に愛され、イエス様を愛する、それが信仰です。信仰とは、神さま交わりで、愛し愛される関係に生きることです

イエス様を愛する人は、イエス様が父なる神のもとへ行くのを喜びます。イエス様は父なる神さまのもとからこの世界へおいでになりました。イエス様は父なる神さまを愛し、人を救おうとする父なる神さまの働きを実行されました。父なる神さまがしなさいと命じられたこと実行し、そして天の父のもとに帰られました。イエス様は救いの働きを全うされたのです。救いの働きを全うして父なる神さまのもとへ帰られました。救いが成し遂げられたので、わたしたちは喜ぶのです。

イエス様は父のもとに帰られましたが、なおご自分を信じる者たちと共にいてくださいます。イエス様は信仰者のもとに戻ってこられますが、それは聖霊が信仰者のうちに住むことを通して、イエス様が共にいて下さることが分かります。

聖霊は真理の霊と言われます。26節では、聖霊は、すべてのことを教え、イエス様が話したことをことごとく思い起こさせてくださるとあります。イエス様が語られたことが真理であると教えてくれるのが聖霊です。そしてイエスの言葉がわたしたちの心に留まるとき、イエス様が共におられることが分かるのです。

「キリストの言葉があなたがたの内に豊かに宿るようにしなさい」(コロサイ3:16)。

キリストの言葉が私たちのうちに宿るとき、イエス様は、私たちのうちに生きておられるのです。そして、イエス様の与えてくださる平和が私たちの心を守ります。イエス様が共におられるとの喜びが約束されているので、

「心を騒がせるな、おびえるな」

とイエス様はお命じになられます。イエス様の与える平安が与えられます。

私たちだれもが心騒ぐとき、それは死に直面するとき、死と向き合うときではないでしょうか。死が間近になって向き合う人もいれば、いつその時が来てもいいようにあらかじめ死と向き合う人もいます。死と向き合うとき、人は心が騒ぎます。少なくともわたしは心が騒ぎます。しかしイエス様は語られました。

「わたしを愛しているなら、わたしが父のもとに行くのを喜んでくれるはずだ」。

マタイ福音書は、復活されたイエス様が天に昇られたことを書いています。ヨハネ福音書は、復活されたイエス様が、その後どうなったのかは書いていません。父なる神さまのもとへ帰られたのだと思います。そのことは、私たちには確かめようがありません。使徒信条では、イエス様は

「全能の父の右に座したまへり」

とあります。

ステファノという信仰者は、石を投げられ、殉教の死を遂げる直前、天にいるイエス様のお姿を見たと使徒言行録七章に書かれています。

「主イエスよ、わたしの霊をお受け下さい」

と主に呼びかけました。イエス様が父なる神のもとへ行かれたこと、それは信ずべき事です。それを喜ぶことは、それは死を越える希望を確かなものにすることです。

「信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです」(ヘブル11:1)。

御言葉を真理と悟らせる聖霊なる神が、私たちの心を静め、平安を喜びをもたらします。

祈り