14章の最初で主イエスは弟子たちに

「心を騒がせるな、神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい」

と語られました。イエス様は、弟子たちが行くことのできないところに行く、と弟子たちに話されました。

最初に

「私についてきなさい」

との呼びかけを聞いて、弟子たちは仕事を捨て、家族と離れてイエス様に従ってきました。今そのイエス様が

「私が行くところにあなたがたは来ることができない」

とおっしゃるのです。弟子たちはイエス様に置いてきぼりにされたように感じたに違いありません。

しかも

「あなたがたのうちの一人がわたしを裏切ろうとしている」

とイエス様は語ります。何か不吉なことが起ころうとしているようで、弟子たちは不安と恐れにとらわれました。そこでイエス様は、

「心を騒がせるな」

と語り始めました。

14章3節でイエス様は、

「戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる」

と語られました。弟子たちがついてこれないところへ行きますが、弟子たちのもとに戻ってくると語られました。今日の聖書でも、18節でこう言われます。

「わたしは、あなたがたをみなしごにはしておかない。あなたがたのところに戻って来る」。

弟子たちを置いてきぼりにし、みなしごにはしないと語られました。弟子たちはイエス様が十字架につけられ殺されるのを見て落胆し、絶望するかもしれませんが、イエス様は戻ってくると前もって告げられました。

19節。

「しばらくすると、世はもうわたしを見なくなるが、あなたがたはわたしを見る」。

イエス様が十字架で死ねば、世の人はイエス様を見ることはなくなります。しかしイエス様は復活し、弟子たちのもとに戻ってこられるのです。弟子たちはイエス様を見るのです。イエス様に会うことができるのです。そのように告げてイエス様は弟子たちを安心させようとしています。そして大切なことをお話になります。

16節。

「わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる」。

<弁護者>とありますが、以前の口語訳聖書では<助け主>と訳されていました。ギリシャ語は<パラクレートス>です。パラクレートス。何となくいい響きです。<パラ>とは<そばに>の意味です。<クレートス>は呼ばれた者、の意味です。私たちが誰かに

「ちょっとここに来て」

と言うとその人はそばに来てくれます。この<そばに来てくれる者>、それがパラクレートスです。文字通りの意味は、

「かたわらに呼ばれた者」

との意味です。

そこから弁護者の意味が生まれます。たとえば裁判において、被告の傍らで被告を弁護し、被告を助けるのです。弁護する者、助ける者、これがパラクレートスです。あるいはそばに来て慰め、励ます、これがパラクレートスです。

イエス様は別の弁護者を弟子たちのもとに送ってもらうように父なる神にお願いしようと語ります。別の弁護者という表現は、イエス様自身が弁護者、パラクレートスであることを意味しています。そしてイエス様がいなくなる代わりに、イエス様の代わりとなる別の弁護者、パラクレートスを送ると語られます。

出来事としては、イエス様は復活して弟子たちのもとに戻ってきます。しかしその後、イエス様は父なる神のもとに帰られます。そしてイエス様の代わりとして別の弁護者が弟子たちのもとに来ます。17節では、この弁護者は

「真理の霊」

とも呼ばれています。弁護者・真理の霊は<聖霊>を指します。聖霊は聖なる霊、神の霊です。

イエス様は語りました。

「父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる」。

<永遠>という言葉が心に残ります。聖霊は<永遠にあなたがたと一緒にいる>というのです。あなたがたとはイエス様の弟子たちを指しています。言うまでもありませんが、弟子たちは命に限りのある存在です。聖霊は命に限りのある弟子たちと永遠に共にいるというのです。

ここには約束があります。まず少なくとも、私たちがこの世に生きている限り、そして私たちが死ぬときも、聖霊は私たちと共にいてくださるということです。私たちが死んだ後、聖霊がどのような形で私たちと共にいてくださるのかはわかりません。聖霊は真理の霊として、私たちが生きる時も死ぬときも、共にいてくださることが約束されています。私たちが死の間際にいるときも、聖霊はイエス様の言葉を、聖書の言葉を真理として教えてくれ、私たちを励まし慰め、力づけてくださいます。

聖霊が真理の霊と呼ばれるのには理由があります。真理の霊である聖霊は、信じる者たちを導いて真理を悟らせます。聖書が語ることが真理であると悟らせるのです。真理である聖書の言葉によって、私たちを励まし、慰め、力づけ、助けるのが聖霊です。私たちの罪を責める者に対しては、イエス・キリストによる罪の赦しの恵みをもって私たちを弁護してくださいます。

弟子たちが主イエスと一緒にいるときは、イエス様ご自身が、パラクレートスとして弟子たちに真理を伝えました。弟子たちを励まし、助け、弁護しました。しかしイエス様が天の父のもとに帰られた後は、聖霊が弟子たちと一緒にいてくださるのです。永遠に一緒にいてくださるのです。弟子たちだけではなくイエス様を信じるすべての人と、永遠に一緒にいてくださるとイエス様は約束されます。

私はこの<永遠>という言葉をうれしく受けとめます。つまり死を越える希望の確かさを見る思いがするからです。そもそも死を越える希望というものは、信じるほかありません。そこでこの希望の確かさをいかに確かなものとするかという課題が生まれます。ある日突然、余命宣告を受けたとき、私たちは死を越える希望にしっかりと立つことができるでしょうか。

それは聖書の言葉を信じることによります。イエス様は自分を信じる者は永遠の命を持っていると宣言されました。使徒パウロは、イエス様に続いて信じる者たちも復活すると語っています。そして今日の聖書は、聖霊は永遠に私たちと共にいてくださると告げます。このような言葉を思いめぐらすとき、死を越える希望が確かにされていくと私は信じています。

来年の3月で牧師を隠退し、いよいよ人生の最終章を生きることになります。このことを自覚するとき、聖書の言葉が新たな光を放ってくることを感じています。今日の聖書では

「永遠」

という言葉が目に飛び込んできました。聖書から希望を確かなものとされていく喜びを与えられます。

17節でイエス様は、

「あなたがたはこの霊を知っている」。

これを読むと<えっ>と思います。だって、主イエスの弟子たちはまだ聖霊を受けていないでしょ、聖霊の話しを聞いたばかりじゃない、それなのに知っているなんて、おかしいんじゃない。そう思うかもしれません。

ここの<あなたがた>はイエス様の直弟子ではなく、ヨハネ福音書を読む信仰者すべての人を指します。イエス様を信じるわたしに向かって、イエス様を信じるあなたに向かって、イエス様は

「あなたがたはこの霊を知っている」

と告げられます。

なぜ<知っている>と言われるのかというと、

「この霊があなたがたと共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである」

と理由が語られます。聖霊が共にいてくださり、自分の内におられることを知っている、それが信仰者の体験だからだというのです。そして

「世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることができない」

イエス様は語ります。

ここで大切なことを知ります。つまり聖霊について関心を持つこと、そして聖霊を求めることの大切さです。<世は、この霊を見ようとも知ろうともしない」

とは、聖霊について無関心であることを意味しています。聖霊を求めようとしていないことを意味しています。信仰者とは、聖霊を見よう、知ろうとする人のことです。信仰者とは、聖霊を求める人のことです。

聖霊は霊ですから、目には見えません。しかし霊の働きは見ることができます。風は目に見えませんが、風に揺れる木の葉を見るとき、風が吹いていることを知ることができますし、風が吹いていれば、私たちは体で風を感じます。風は見えませんが、風があることは分かります。同じように聖霊は見えませんが、その働きは見えるのです。体験することができます。

聖霊は真理の霊です。真理の霊である聖霊は、私たちに真理を悟らせます。つまり聖書の言葉が真理であると悟らせます。真理を悟ると人はどうなるのでしょうか。聖書の言葉は真理である、神の言葉であると単に知識として知っているのではなく、悟ると人はどうなるのでしょうか。人は聖書を学ぶようになります。真理を慕い求めるようになります。そして悟った人は真理である聖書の言葉に立って、考え、行動するようになります。御言葉に立って、大胆に生きるようになります。

私は、聖書の言葉に立ち、聖書の言葉によって考え、行動するようになり、聖霊がわたしの内にいてくださって、御言葉により励まし導いてくださっていることを知るようになりました。御言葉によって生きるように変えられたのは、聖霊の働きと信じています。御言葉によって生きるように新しく生まれたのは、聖霊の働きと信じています。

聖霊を受けて大胆に生きた人として、聖書はペトロの姿を描いています。イエス様を裏切ったペトロでしたが、聖霊を受けてからは、迫害を恐れず、大胆にイエス様を宣べ伝えました。ペトロはイエス様のことは語るなと脅されました。しかしペトロは祈ります。

「主よ、今こそ彼らの脅しに目を留め、あなたの僕たちが、思い切って大胆に御言葉を語ることができるようにしてください」(使徒言行録4:29)。

するとペトロは聖霊に満たされ、大胆に神の言葉を語り出しました。沢山のクリスチャンが聖霊に導かれ、信仰者として大胆に生きてきました。

信仰者が世の人と区別されるのは、信仰者の話す言葉が、その行動が、聖霊に導かれていることが見えるようになるからです。

「神の聖霊を悲しませてはいけません」(エフェソ4:30)

とあります。

「霊の火を消してはいけません」(テサロニケ5:19)。

わたしたちはもっともっと聖霊を求め、聖霊の働きを求める必要があります。イエス様が、聖霊が永遠に私たちと一緒にいるように父なる神に願ってくださったからです。

17節で、

「この霊があなたがたと共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである」。

とあります。<あなたがたと共に><あなたがたの内に>とあります。あなたがたとは教会です。そして、あなたがたとは、私たち一人一人のことです。

教会とは、聖書を真理の言葉として慕い求め、聖書を共に学ぶ人の交わりです。この交わりに身を置くとき、その交わりを通して、聖霊が働き、私たちはこの真理を悟るようになります。

私たちは共に聖霊を求め、共に聖霊に導かれる歩みをいたします。教会は信仰者が共に生きる場です。聖霊は、み言葉を通して、私たちを教え導き、励まし慰めてくださる神です。時に悔い改めを導く神です。御言葉によって、私たちの信仰を強めてくださるのが聖霊です。このことは、この教会において現実となっています。

福音を宣べ伝える働きをイエス様は弟子たちにゆだねます。そして聖霊が弟子たちと共にいるように父なる神に願っておられます。これが私たちの救い主、主イエスです。私たちはこの世の人と同じような生活をします。ただ違うのは、聖書の言葉によって、真理の言葉によって生きようとすることです。そのために主イエスは、私たちに聖霊を送り、真理を悟らせてくださいます。

祈り