今日の聖書でイエス様は弟子たちに語ります。

「あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている」(7節)。

イエス様は弟子たちに

「あなたがたがわたしを知っているなら、あなたがたは父なる神を見ている」

と告げられました。

ではイエス様のことを知っている私たちはどうなのでしょうか。イエス様はおっしゃるに違いありません。

「あなたがたがわたしを知っているなら、あなたがたも父なる神を見ている」。

<私たちは神さまを見ている>、これは本当でしょうか。どう思いますか。聖書を読んだり、礼拝説教を聴いたりして、私たちはイエスを知り、父なる神さまのことを知っていきます。でも神を見たとは普段言いません。今日も聖書に聞きたいと思います。

 もし私が

「神を見た。神を見ている」

などと言ったとします。あなたは言うに違いありません。

「神って見えるの?神が見えるなんて聞いたことがないわ」。

この福音書の最初にも、

「いまだかつて、神を見た者はいない」

とあります。イエス様がおいでになる前までは、神を見た人はいませんがイエス様がおいでになった後は、イエス様を信じる人は神を見ているということなのでしょうか。

 旧約聖書には、神を見ると死ぬと書いてあります。出エジプト記に登場するモーセがある時、羊を連れて神の山ホレブに来ました。すると彼は柴が燃えているのを見ます。<柴>というのは背の低い木のことです。不思議なことに木は燃え尽きないのです。そこで不思議に思い、その木に近づきますと神がモーセに言いました。

「わたしはあなたの父の神である。アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である」(出エジプト記3:6)。

その時モーセは、神を見ることを恐れて顔を覆いました。それは死ぬかも知れない、と恐れを感じたからです。

 イザヤという名の預言者がいました。彼は語ります。

「わたしは、高く天にある御座に主が座しておられるのを見た」(イザヤ6:1)。

続けて言います。

「災いだ。わたしは滅ぼされる。わたしは汚れた唇の者。汚れた唇の民の中に住む者。しかも、わたしの目は/王なる万軍の主を仰ぎ見た」。

神を見ただけでなく、自分の汚れを知っているので、私は滅ぼされるとイザヤは感じたのです。

 神は形を持たないのに神を見たとはどういうことでしょうか。亡くなられた高畠照子さんは、ある時お話になりました。

「わたしの枕元に白い衣まとったイエス様が現れた」。

そして

「私はいつ死んでもいい」

と話されました。夢以上のリアリティーがあったのだと思います。

 何らかの形で神さまが姿を見せることはあるかもしれませんが、それは例外です。私たちは神の姿を見ることはありません。それなのになぜ、神を見たというのでしょうか。聖書にこんなことが書かれています。イスラエルの初代の王サウルは神の前に悪を行い、神はサウルを王の座から退けることにしました。そして次の王を選ぼうとされます。その時、神は預言者サムエルに言うのです。

「私はエッサイの息子たちの中に王となる者を見いだした」(サムエル記上16章)。

サムエルはエッサイの息子たちを呼び寄せます。そしてある息子が王となるにふさわしいとサムエルは考えました。

 すると神が言います。

「容姿や背の高さに目を向けるな。わたしは彼を退ける。人間が見るようには見ない。人は目に映ることを見るが、わたしは心によって見る」。

人の外見は、その人がどんな人であるかを映し出しません。神は人の心を見るというのです。それと同じように神を見るとは何か神々しいものを見るということではなく、神の心を知るということです。神を見るとは、神の心を知ることです。

 イエス様は弟子たちに言いました。

「わたしを見た者は、父を見たのだ」。

弟子たちはイエス様のお姿を見ていますし、イエス様と行動を共にしてきました。弟子たちはイエス様の思いを知っていますし、その目でイエスを見ています。イエス様がどんな心を持っているお方か、弟子たちは知っています。でもイエス様の心を知ると神の心を知ることになるのでしょうか。

 イエス様がこれまで繰り返し語ってきたことがあります。@私は父なる神から遣わされてここにいる。A私は父から語るように命じられたことを語っている。B私は父から行うように命じられたことを行っている。

だから、わたしを知る者は父なる神を知っていることになるとイエス様は言われるのです。あるいはイエス様は

「わたしと父とは一つである」(10:38)

とも語ります。わたしと父は一つだから、わたしを知る者は父なる神の心を知る者、つまり父なる神を見たのだというのです。

 弟子のフィリポが

「主よ、わたしたちに御父をお示しください。そうすれば満足できます」

と言うと、イエス様はお答えになります。

「フィリポ、こんなに長い間一緒にいるのに、わたしが分かっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのだ。なぜ、『わたしたちに御父をお示しください』と言うのか。

 そう言ってイエス様はさらに続けて語ります。

「わたしが父の内におり、父がわたしの内におられることを、信じないのか」。

ここで<わたしが父の内におり、父がわたしの内におられる>という表現が出てきます。これは著者ヨハネが使う独特な表現です。分かったような、分からないような表現です。互いに相手の内にいるという表現です。互いに相手の内に<とどまる>という表現もこの福音書に出てきます。意味することは、イエス様と父が一つだということです。ですからイエス様は、

「父と私が一つ」

だと信じなさいと言われたのです。イエス様と父なる神さまが一つなら、イエス様を知れば父なる神を知ることになります。だからイエス様の心を知れば父なる神の心を知ることになり、神を見たということができます。

 でも私たちは、<わたしが父の内におり、父がわたしの内におられる>との表現が、イエス様と父なる神が一つであることを示す表現だということで満足するわけにはいかないのです。なぜなら、この14章20節には次のような表現があるからです。

「あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいる」。

ここでは、イエス様と

「あなたがた」

、つまり弟子たちが一つであると言われています。言い換えるなら、イエス様と私たちが一つであると言われているわけです。いきなりイエス様と私たちが一つであると言われても、どう受けとめていいか分かりません。

一つということで思い出すことがあります。創世記にある言葉です。

「男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる」(創世記2:25)。

夫婦は一つだというのです。そこで<わたしが父の内におり、父がわたしの内におられる>という表現の意味を追求しなければなりません。

 実はこの表現は、すでに10章でイエス様は使っておられます。そして

「わたしと父は一つである」

とも語られました。この発言に対して、これは神を冒?(ぼうとく)するものだとユダヤ人たちから非難されました。神は唯一なのに、自分がその神であると語ったことになるからです。ユダヤ人たちはイエス様を非難しましたが、私たちはこの表現の意味を知りたいのです。この表現の意味を考えようとするとき、思い出すことがもう一つあります。それはパウロの言葉です。

「生きているのは、もはやわたしではありません、キリストがわたしの内に生きておられるのです」。

 これもまたわかりにくい表現です。キリストがわたしのうちに生きているからと言って、私という人間の心が、キリストに乗っ取られたわけではありません。キリストに支配されているわけではありません。キリストのように私は生きていきたい、キリストを模範として生きていきたいという思いがパウロにあるのです。それ以上にキリストのように生きていきたいという強い衝動にも似た思いがあるのだと思います。キリストがパウロに迫ってくるのです。それ故に、私のうちにキリストが生きていると語るのです。

 イエス・キリストに出会う前まで、彼は誰よりも神の教えを守っているとの誇りがありました。そしてクリスチャンを迫害していました。やがて復活したイエス様と出会い、彼は自分の罪を知りました。彼は、神のみ心を全然知ろうとしていなかったこと、そこに自分の罪があることを知りました。神の教えを守っているから、自分は信仰者として誇ることができるとうぬぼれていたことを知らされました。神を信じて生きるとは、神の御心を知り、神のみ心を大切にして生きることだと知ったのです。そしてイエス様のように生きていきたいとの迫りを与えられました。それで私のうちにキリストが生きているとさえ、語ったのです。

 パウロはイエス様と出会い、イエス様が救い主・キリストであると認めました。イエス様が救い主であると認めるとはどういうことでしょうか。救い主である方に従うということです。そしてパウロにとってイエス様に従うとは、イエス様のように生きるということ、イエス様に似た者となること、<わたしの内にイエス様が生きている>ということになります。パウロの例を参考にしながら、<わたしが父の内におり、父がわたしの内におられる>という表現の意味を考えます。

 まず、<わたしが父の内におり>という表現を取り上げます。イエス様が父のうちにいるという表現です。父なる神さまからすれば、イエス様が自分の中にいるということです。これをどう考えるか、です。

 パウロは、キリストつまりイエス様が自分の内に生きていると語りました。自分の内にイエス様がいることを認めるということは、イエス様のように生きることが彼の生き方になるということでした。それはイエス様がパウロの<主>だからです。主であるイエス様が自分のうちにおられるのだから、この方に従う、それが自分の生き方とパウロは考えます。そしてこの生き方について、イエス様がわたしのうちに生きていると表現しました。

パウロにとってイエス様が自分の内にいることを認めることは、この方に従う生き方をするということです。そのことを、イエス様が自分の内に生きていると表現したのです。そしてこれはパウロとイエス様が一つであることを表現しています。

 では、

「私が父の内にいる」

との表現です。父なる神の内にイエス様がいるのです。父なる神は、自分の内にイエス様がいることを認めるのです。言い換えると父なる神は、自分とイエス様が一つであることを認めるのです。するとどうなるのでしょうか。父は子に使命を託すのです。父なる神は自分の行いたいことを、子であるイエス様を通して行われるのです。イエス様に使命を与えるのです。イエス様をこの世界にお遣わしになり、救いの御業をさせるのです。

つまり父なる神さまは、イエス様をメシア・救い主にされたのです。そして父なる神さまは、語るべき事・なすべき事をイエス様に教え、救いの働きをイエス様にゆだねられたのです。

 イエス様が父の内にいるということ、それは父なる神さまからすれば、自分の内にイエス様がいるということです。自分の内にイエス様を認めるということです。神さまとイエス様の関係は、父と子の関係なので、神さまは、子であるイエス様に自分の行う救いの御業をゆだねるのです。

 次に<父がわたしの内におられる>との表現です。イエス様からすると、自分の内に父なる神がおられるのです。自分の内に父なる神がおられることを認めます。するとどうなるでしょうか。イエス様と神さまの関係は父と子の関係です。子は父に従います。それ故、イエス様は、父から与えられた使命に歩みます。父なる神から、救い主・キリストとされたことを認めます。イエス様は、父なる神と自分が一つであることを知り、罪を犯す人間を救うという父なる神さまの業を担うのです。それ故イエス様は、私は父から遣わされた、父から話せと命じられたことを語り、父からせよと言われたことをしている、と父と一つであることを繰り返し語られたのです

 夫婦は一つであると言われます。それは言い換えれば、夫のうちに妻がおり、妻の内に夫がいるということです。<わたしが父の内におり、父がわたしの内におられる>という表現で、イエス様は御自分が父なる神と一つであることを語られたのです。

 10節で

「わたしが父の内におり、父がわたしの内におられる」

ことを信じないのか>とイエス様は語られました。さらにたたみかけるようにイエス様は語ります。11節では、

「わたしが父の内におり、父がわたしの内におられると、わたしが言うのを信じなさい」。
「私が言うのを信じなさい」

と言われるのです。私が言うのだから、信じなさいというのです。わたしが父と私は一つだとわたしが言うのを信じなさいと言うのです。私と父が一つだということを今分からなくても、私が言うので、信じなさいというのです。やがて分かるときが来るというのです。

 それでも信じられないなら、

「わざそのものによって信じなさい」

と言います。イエス様が行った業、ラザロを死者から生き返らせたこと、生まれつき目の見えない人の目を見えるようにしたこと、数千人の人にパンを分け与えたこと、水をぶどう酒に変えたことなどの働きは、イエス様が父なる神さまと一つだから行えたことだというのです。

 イエス様と父なる神は一つです。イエス様は神さまに従い、人々に教え、その働きをなさいました。イエス様のなさったことはすべて父なる神さまのお心から出たのです。ですからイエス様を見た人は、神を見たのです。イエス様を知っている人は、神さまを見たのです。イエス様を信じているあなたも、神さまを見ているのです。神さまを見ながら、つまり神さまの御心を知って信仰に歩んでいるのです。神を信じるとは、聖書に具体的に書かれているイエス様が神であると信じることです。

祈り