今日の聖書で、

「わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない」

とあります。イエス様によらなければ、神さまのもとへ行くことができないということです。イエス様によらなければ、神さまのもとへ行くことができないというのは本当なのでしょうか。ユダヤ教徒の人たちはイエス様を信じないで神さまを信じています。彼らが使っている聖書は、旧約聖書です。私たちイエス様を信じる者も旧約聖書を読みます。ユダヤ教徒の人たちは、イエス様を信じなくても神さまを信じることができるし、神のもとへ行くことができると主張するのではないでしょうか。

 たとえば詩篇の2篇にある言葉を紹介します。

「いかに幸いなことか/主を避けどころとする人はすべて」。

<主を避けどころとする>とは、辛いとき、困難に直面したとき、自分でどうしたらいいか分からないとき、自分ではどうしようもないとき、神さまのもとへ行き、神さまを避けどころとするというのです。神さまの守りの中に身を置くというのです。具体的には神さまに祈り、すべてを神さまにゆだねるのです。私たちだって神さまのもとへ行くことができると、ユダヤ教徒の人たちは話すに違いありません。

 <イエス様によらなければ神さまのもとへ行くことができない>との主張は独善的な主張なのでしょうか。それともイエス様は、ユダヤ教徒の人たちが知らない救いを与えることができるということなのでしょうか。イエス様の主張は、神さまがイエス様を通して与える救いのすばらしさを語っているのだと思います。それは、最初はユダヤ教徒の人に向けて語られたものであり、そしてすべての人に向けて語られたものです。今日も聖書に聞きましょう。

 13章の終わりの部分でイエス様は言いました。

「わたしが行く所にあなたたちは来ることができない」。

この弟子たちはある時イエス様に出会い、イエス様から

「わたしについてきなさい」

と言われ、イエス様に従った人たちです。彼らは仕事から離れ、家族をおいて、イエス様に従ってきたのです。ところが今、イエス様がどこかへ行ってしまうというのです。イエス様がいなくなってしまったら、弟子たちはこれからどうしたらいいのでしょうか。そればかりでなくイエス様は、ペトロが自分のことを裏切ると予告しました。一体これから何が起きるのか、自分たちはどうなるのか、弟子たちは心を騒がせたのです。不安・心配のために弟子たちの心は騒いだのです。

「神を信じなさい。そして私をも信じなさい」

とイエス様は言いますが、いなくなってしまうイエス様を信じることなんてできるのでしょうか。

 イエス様は言います。

「わたしがどこへ行くのか、その道をあなたがたは知っている」。

すると弟子のトマスが、

「主よ、どこへ行かれるのか、わたしたちには分かりません。どうして、その道を知ることができるでしょうか」

と答えます。

 これまでイエス様は何回か、

「わたしはわたしをお遣わしになった方のもとへ帰る」

と語られました。弟子たちはこれを聞いていました。ですから弟子たちはこれを覚えていると私は思います。でもイエス様が父なる神のもとへ行くと言っても、それがどういうことなのかは、弟子たちには分かりません。

だから弟子のトマスは

「どうして、その道を知ることができるでしょうか」

と答えました。するとイエス様は

「わたしは道であり、真理であり、命である」

と語られます。イエス様は、私は道であり、真理であり、命であると答えられましたが、一番大切なのは、イエス様が道であることです。

 

「わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない」

とイエス様は語ります。イエス様によらなければ、父なる神のもとへ行くことができないのでしょうか。旧約聖書を読むと、神を信じる人たちは、神のもとへ行っています。

「わたしの神、主よ、あなたを避けどころとします」

と告白して、イスラエルの民は、神のもとに身を寄せたのです。あるいはイスラエルの民は罪を犯したときは、悔い改め、神に立ち帰るのです。神のもとに行くのです。旧約聖書に登場する預言者は、

「神に立ち帰れ」

と繰り返しイスラエルの民に語りました。

 イエス様によらずとも、イスラエルの民は神のもとへ行っています。それなのになぜイエス様は、

「わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができないと語られるのでしょうか。そのためには旧約聖書が語っていることを知る必要があります。

 旧約聖書を読んで私たちが知ることは、人間は罪人であるということです。旧約聖書は何を語っているかというと、一つは人間を救う神がおられることを語ります。そしてイスラエルの民の歴史は、人間は罪を犯す者であることを告げています。さらに罪から救われるための救い主の到来を語っています。イエス様の時代のユダヤ人、特に宗教指導者である律法学者たちは、救いの必要を認めていませんでした。自分たちは神の戒めを守っていると誇りを持っていました。そこへイエス様がおいでになり、あなたがたは罪の中に死ぬと宣言されました。

 イエス様が与える救いは独特なものがあります。イエス様のことを宣べ伝えたパウロは救いについてそれは罪の赦しであり、罪からの救いであると語ります。イエス様の十字架の死、それはいけにえとしての死であり、私たちの罪を赦すためのものであると語ります。旧約に登場するイスラエルの人々は、罪を犯したとき、動物のいけにえを献げて神から罪の赦しを得ました。しかし、いけにえの血は、人の心を変えることはできません。ですから人はまた罪を繰り返します。罪からの解放を人は与えられないのです。

しかしイエス様の十字架の死、十字架で流されたイエス様の血は、私たちを罪から清めます。それだけではなく、イエス様を信じる者に与えられる聖霊は、私たちを新しく生まれ変わらせます。聖霊の働きにより私たちは神の子とされ罪から解放されます。このようにパウロは救いについて語ります。罪の赦し、罪からの解放、新しく生まれる、それがイエス様の与える救いの特長です。

 ヨハネ福音書では、パウロとは違った形で救いについて語ります。まずヨハネは語ります。

「光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ」。

人は光より闇を好むという表現で、人間の問題性つまり罪を語ります。そして救いについてはこう語ります。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」。

イエス様を信じる人には永遠の命が与えられるというのです。この命はイエス様を信じる人に与えられます。イエス様を信じたときから与えられています。

 そこでヨハネは、イエス様を信じる人は

「死から命へ移っている」(5:24)

という表現をします。ヨハネ福音書には<悔い改め>という言葉は出てきません。イエス様を信じるという決断の重要さを伝えています。さらに救いについて、罪の赦しを語るよりも、自由を語ります。パウロも救いを罪の赦し、罪からの解放として語っています。ヨハネは、救いを<自由>として語っています。

「わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である。あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする」(8:32)。

そして罪についてはこう語ります。

「罪を犯す者はだれでも罪の奴隷である。もし子があなたたちを自由にすれば、あなたたちは本当に自由になる」

と罪からの自由、罪からの解放を語ります。

 パウロにしろヨハネにしろ、語り方は違いますが、救いを罪からの自由に見ている点では共通しています。旧約聖書は、罪からの解放を与える救い主の到来を待ち望んでいますが、この解放を求める人は、イエス様の時代にはいませんでした。

 ヨハネ福音書の著者ヨハネは、この救いを

「父のもとに行く」

と表現します。ですから、イエス様を通らなければ、誰も父のもとに行くことはできないと語ります。救われるとは、神と共にあるということです。たといどんな困難があっても、どんなに苦しんでいたとしても、私たちが神さまのもとに行くなら、私たちが神さまと共にあるなら、私たちは救われています。救いとは問題・悩み・苦しみがないことを意味するのではなく、神と共に生きている状態を救いと聖書は語ります。神と共に生きる人は、苦しみの中にあっても、希望を持って生きることができます。希望を持てる、それが救われているということです。

 私たちが神のもとに行く、そこには特別な意味があります。今日の聖書の3節で、

「行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる」。

イエス様は弟子たちがついて行くことができないところに行きますが、戻ってくると語られます。そして

「あなたがたをわたしのもとに迎える」

というのです。弟子たちはイエス様のもとに行くのです。そしてイエス様を信じる私たちもイエス様のもとに行くのです。そしてイエス様のいるところに、弟子たちも・私たちもいることになります。これは何を意味しているのでしょうか。

 信仰者として生きるとは、神との交わりに生きることを意味します。神のもとに行く私たちは何をするのでしょうか。私たちは神のもとで、神のふところに安らいながら、私たちの思いを伝えるために祈ります。また神さまの御心を聞きます。父なる神さまの御心を聞きます。

 イエス様は弟子たちに

「わたしについてきなさい」

を語りました。弟子たちはイエス様について行くようにとの召しを受けたのです。神さまのもとに行く人は、神のみ心に従って生きるように<召し>を受けたのです。救いとは、神のみ心に従って生きるところにあります。旧約に登場するイスラエルの人々は、この点で失敗しました。彼らは神のみ心に従うよりも、自分の心と思いの欲するままに生きたのです。神さまに背を向けて歩んだのです。しかしイエス様は、私たちを救い、神と共に歩むことができるようにしてくださいました。

 イエス様を信じる者たちを神の子とし、父なる神さまとの親しい交わりの中に生きることができるようにしてくださいました。自由を救いの恵みとして与え、罪のために責められることからも救ってくださいました。そして何よりも、神の導きの中に歩むことができるようにされました。神のみ心に従うというのは、神の戒めを守ることだけを意味しません。たとえを用いて言うなら、私たちは羊であり、羊飼いである神さま・イエス様に従っていくということです。

 神さまが羊飼いとして羊をどのように導くのかは詩篇23篇に語られています。

「主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない。主はわたしを青草の原に休ませ/憩いの水のほとりに伴い魂を生き返らせてくださる」(詩篇23)。

これが神に導かれる人の告白です。イエス様は語ります。

「わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない」(6:35)。

 あるいは

「死の陰の谷を行くときも/わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる。あなたの鞭、あなたの杖/それがわたしを力づける」(詩篇23)。

災いを恐れないと告白するのです。

 私は牧師としてどうしたらよいのか、迷うことがしばしばありました。悩み、考え、他の牧師に相談することもありました。しかしやがて神さまに相談するようになりました。神さまが聖書を通して導きを与えてくださることが分かりました。神さまは私の置かれた状況をご存知であり、私を愛し、私を導こうとしておられると信じるようになりました。聖書を読む中で、神の導きを聴き取ることができることがわかりました。聖書の言葉を読み思いめぐらす時、導きが与えられるのです。聖書を読む、それは神さまのもとに行くことに他なりません。祈る、これも神さまのもとに行くことに他なりません。

 神のもとに行き、聖書を読み、祈るのです。導きに従うのです。すると神が共にいてくださることがわかります。神と共に歩むところに救いがあることが分かります。何が起きても、私は救われていることが分かります。神のもとに行く、それが救われて生きることです。こうして考えるとイエス様なしには神さまのところに行けないことが分かります。そしてイエス様によって神さまのところに行けることが分かりましたし、神さまのもとで日々の歩みをすることができる幸いを知ります。神さまのもとにいることができるので、神さまのもとにいるので、いつも喜び、すべてを感謝し、絶えず祈ることができます。イエス様こそ、まことの救い主です。

祈り