旧約聖書に出てくるモーセは、死ぬ直前、見ていたものがありました。モーセは、エジプトで奴隷として苦しみの生活をしているイスラエルの民の指導者でした。神は、苦しんでいるイスラエルの民をエジプトから救いだし、乳と蜜の流れる豊かな土地へ導きました。

モーセはネボ山という山に登り、その山から、神がイスラエルの民に与えると約束された土地を眺めました。彼は、ネボ山の山頂から、約束の地を見て、ああ、ここまで来たのだと神の導きを感謝したことと思います。モーセはその約束の地に入ることは神から許されず、亡くなりました。

 イエス様は、十字架の死を目の前にしています。イエス様は御自分の死の向こうに何を見ておられるのでしょうか。イエス様は、御自分を信じる者たちが互いに愛し合う教会を見ておられたのではないでしょうか。

 今日の聖書で、イエス様がかつて神殿の境内でユダヤ人たちに語ったことと同じことを語ります。今しばらく弟子たちと共にいますが、ご自分がまもなく、いなくなること、ご自分を探しても見つけることができず、ご自分が行くところには誰も来ることができないと語られました。

 イエス様はこのことを実は二度語っています。この福音書の7章と8章においてユダヤ人たちに語っておられます。イエス様の弟子たちはイエス様のそばにいましたから、これを聞いていたと思います。今日の聖書でイエス様は弟子たちに対して語っておられます。誰もついて行くことができないところにイエス様が行かれる、という話しを弟子たちは三回聞きました。

 マタイ・マルコ・ルカ福音書においてイエス様は、ご自分がエルサレムで苦しみを受けて殺され、復活することを三回、弟子たちに語っておられます。似ているなと思わされます。

 イエス様がどこへ行かれるのか、弟子たちは理解できないでいます。13章の最初でイエス様は弟子たちの足を洗われました。足を洗うのは、しもべの仕事とされていましたから、弟子たちはイエス様の行為が何を意味しているのか分かりませんでした。イエス様は弟子のペトロにこう言われました。

「わたしのしていることは、今あなたには分かるまいが、後で分かるようになる」。

イエス様がどこへ行かれるのか、それも後で分かるようになります。後でというのは、弟子たちが聖霊を受けたら分かるようになるということです。

 イエス様は事が起こる前に、何が起こるかと語られます。たとえば13章でイエス様は、弟子の一人がご自分を裏切ろうとしているとあらかじめ告げられました。なぜ、あらかじめ語るかというと、イエス様を信じるためだというのです。イエス様が弟子に裏切られ、やがて死に至ります。でもそれは予想外のことではなく、すべて神さまのご計画の中にあることであり、弟子たちがイエス様を信じるためであるというのです。

 14章29節では、

「事が起こったときに、あなたがたが信じるようにと、今、その事の起こる前に話しておく」

と語られました。16章4節では、

「これらのことを話したのは、その時が来たときに、わたしが語ったということをあなたがたに思い出させるためである」

と語られました。イエス様が弟子たちの前からいなくなってしまうこと、つまり十字架の上でイエス様が亡くなり、イエス様がいなくなることが弟子たちにとって、戸惑いとなることをイエス様はご存知でした。そこで何が起きても弟子たちが戸惑わないように、ご自分の死を前もって語られたのです。

 続いてイエス様は、新しい掟を弟子たちに語ります。まず

「子たちよ」

と呼びかけます。この呼びかけ方は、ヨハネ福音書では一回しか出てこない呼び方です。新約聖書の後ろの方にヨハネの手紙があります。内容的には似た内容が書かれているので、ヨハネ福音書とヨハネの手紙の著者は同一人物であると考えられています。そのヨハネの手紙の中では、七回も<子たちよ>との呼びかけがなされています。親近感があふれる呼びかけです。

 <子たちよ>と呼びかけてあなたがたに新しい掟を与えると語られます。

「互いに愛し合いなさい」。

これが新しい掟です。もう一度イエス様は繰り返されます。

「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」。

ヨハネ福音書の14〜16章は、イエス様の訣別説教と言われています。弟子たちとの別れに際しての説教です。その説教の直前に

「互いに愛し合いなさい」

とお命じになりました。この命令は、訣別説教の中でも繰り返されます。本当に大切なこととして、イエス様が弟子たちにお命じになったのです。

 この掟は、新しい掟だというのですが、何が新しいのでしょうか。ヨハネの手紙では、このようなことが書かれています。

「愛する者たち、わたしがあなたがたに書いているのは、新しい掟ではなく、あなたがたが初めから受けていた古い掟です。この古い掟とは、あなたがたが既に聞いたことのある言葉です。しかし、わたしは新しい掟として書いています」(ヨハネ一2:7)。

 

「互いに愛し合いなさい」。

これは古い掟だというのです。旧約聖書にあるので、目新しいものではないというのです。ある律法の専門家がイエス様に尋ねたことがあります。

「先生、律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか」(マタイ22:34)。

その時イエス様は、第一に全身全霊をもって神を愛すること、第二に自分を愛するように隣人を愛することこの二つが最も重要だと答えられました。愛の教えは既に旧約聖書で教えられていて、目新しい教えではなく、古い掟と言えるのです。しかし新しい掟とするとヨハネの手紙に書かれています。新しい掟とするのはヨハネ福音書も共通しています。

 

「互いに愛し合う」

ように命じられているのは誰でしょうか。それは弟子たちです。弟子たちとは、イエス様に愛された者たちのことです。

「わたしがあなた方を愛したように、互いに愛し合いなさい」

と命じられます。つまりイエス様に愛された者への掟なのです。しかし私たちは愛が何かを知っているのでしょうか。愛するとは何かを知っているのでしょうか。

ヨハネは手紙の中で述べています。

「イエスは、わたしたちのために、命を捨ててくださいました。そのことによって、わたしたちは愛を知りました。だから、わたしたちも兄弟のために命を捨てるべきです」(ヨハネ一3:16)。

そうです、私たちは<愛>を知ったのです。私たちは<愛する>ことが何かを知ったのです。愛とは、自分を犠牲にすることです。愛を知った者に対する愛の戒めだから、新しい掟なのです。

 イエス様は、弟子たちをこの上なく愛し抜かれて弟子たちの足を洗いました。イエス様が弟子の足を洗ったことは、十字架の死を意味します。ご自分を、罪を償ういけにえとして献げ、ご自分の死を通して、弟子たちの罪を赦し、弟子たちを罪から清めたのです。

 自分は罪などない人間であるかのように振る舞いつつも心の中では分かっている人に知られたくない罪、誰もいないところで、誰にも聞かれることのないところでも赦してもらうために神さまに対して口に出すのをためらう罪、この罪をイエス様は赦し、この罪から清めてくださいます。イエス様に愛され、愛が何かを知った人に対する掟なので、新しい掟なのです。

 旧約聖書に既に命じられている隣人愛とはどのような愛でしょうか。善きサマリア人のたとえが示すように、隣人愛とは、人からして欲しいことを人にすることです。見返りを期待することなく、自分がして欲しいと思うことを人にすることです。サマリア人のたとえでは、道端で強盗に襲われ、半死半生の旅人を助けることが愛することでした。隣人愛は、内容が多方面にわたります。

 しかし兄弟が互いに愛し合う時の愛は、内容が狭くなると思います。イエス様が弟子たちの足を洗ったことが模範となります。兄弟を愛するとは、その罪を赦すことです。今日読んだ聖書の中でペトロは

「主よ、どこに行くのですか」

とイエス様に言います。さらにペトロは、

「あなたのためなら命を捨てます」

と語ります。でもイエス様は、ペトロがイエス様のことを三度

「知らない」

と言うだろうと予告します。それがやがて現実となります。でもイエス様は、そのペトロの裏切りの罪を赦されます。イエス様の弟子たちは、互いに赦し合うのです。

 ペトロはその手紙(ペトロの第一の手紙)の中で

「何よりもまず、心を込めて愛し合いなさい。愛は多くの罪を覆うからです」

と教えています(ペトロ一4:8)。<罪を覆う>とは罪を見えなくするとの意味です。それは他の弟子の犯した罪を見て見ぬ振りをするのではなく、その罪を赦し、その兄弟が罪を犯さない者となるように励まし導くことを意味します。弟子たちが互いに愛し合うとは、共に生きる者同士が愛し合うことを意味します。

 互いに愛し合う弟子たちには特徴があります。ヨハネは手紙の中で教えています。

「わたしたちは、自分が死から命へと移ったことを知っています。兄弟を愛しているからです」。

イエス様を信じる人は、永遠の命を与えられ、死から命に移っています。だから兄弟を愛することができるというのです。神の教えだから兄弟を愛するというのではなく、死から命に移っている、だから兄弟を愛するのだというのです。

 ヨハネは手紙の中で、さらに教えています。

「愛する者たち、互いに愛し合いましょう。愛は神から出るもので、愛する者は皆、神から生まれ、神を知っているからです」。

イエス様の弟子たち・イエス様を信じる者たちは、神から生まれ、神を知っており、神から出る愛を持っているので、互いに愛し合うというのです。神を知っている、神から生まれている、だから愛し合うというのです。神からいただいた愛があるので、互いに愛し合うというのです。

 別な言い方をするなら、イエス様を信じて神の子とされているから、イエス様を信じて新しく生まれた者とされているから、互いに愛し合うのです。イエス様を信じるあなたは、神さまから永遠の命を与えられているので、あなたは神の子であり、新しく生まれた者です、あなたはそのことを信じて生きているから、互いに愛し合うのです。

 イエス様は良い木は良い実を結ぶと教えられました。あなたが神の子なら、あなたが新しく生まれているなら、あなたは、互いに愛し合い、愛の実を結ぶというのです。

 私たちが神の子とされているのかいないのか、それは証明はできません。私たちが新しく生まれているのかどうか、それも証明はできません。私たちは、自分が新しく生まれて神の子とされていると信じて歩みます。そこで、私たちは互いに愛し合うのです。互いに愛し合っていく中で、自分が神の子とされ、新しく生まれていることが分かります。自分が神の子とされ、新しく生まれたことが分かるので、互いに愛し合うのではありません。そのことを信じて、互いに愛し合うとき、自分が神の子とされ、新しく生まれていることが分かります。

 イエス様の弟子には特徴があります。神の子です。新しく生まれています。そう信じて生きるという特徴があります。

 弟子たちが互いに愛し合うとどうなるのでしょうか。イエス様の弟子であることがすべての人に分かるようになるというのです。言い換えると、互いに愛し合う人が集まっているのが教会だというのです。教会の教会たるゆえんは、そこに集う信仰者が、イエス様の弟子として互いに愛し合っているところにあります。このような教会に来ると、人々はここには愛があると知るのです。

 教会は、互いに愛し合う交わりをいつも目指しています。この努力を放棄するなら、それは教会ではなくなります。教会に集う人々は、お互いに他人です。しかしお互いのことを気にかけ、祈り合うのです。共に聖書を学び、分かち合い、励まし合って信仰に歩みます。福音を伝える教会の働きを共に担います。時には意見が対立し、衝突します。でも互いに赦し合って、共に神さまに仕えます。このような交わりは他にあるでしょうか。神さまに愛された人々が作り出す奇跡です。互いに愛し合う人々が作り出す奇跡です。

 この世の人は、このような教会を見るときこの教会がイエス様の教会であることを知ると約束されています。それ故にイエス様は、

「私が愛したように互いに愛し合いなさい」

とお命じになります。

 イエス様は、十字架の死を目の前にしています。イエス様は御自分の死の向こうに御自分を信じる者たちが互いに愛し合う教会を見ておられたに違いありません。

祈り