21節でイエス様は

「はっきり言っておく」

と弟子たちに語ります。この<はっきり言っておく>という表現は、大切なこと・重大なことを伝えるときに、イエス様が用いる表現です。この表現を用いてイエス様は何を語られるのでしょうか。

「はっきり言っておく。あなたがたのうちの一人がわたしを裏切ろうとしている」。

弟子たちの中に自分を裏切る者がいると弟子たちにはっきりと告げたのです。弟子たちは驚いたことと思います。イエス様は誰のことを言っているのだろうと弟子たちは戸惑います。

 この時イエス様は心を騒がせていたとあります。実は少し前にもイエス様の心が騒いでいます。

「今、わたしは心騒ぐ。何と言おうか」(12:27)。

続けて

「『父よ、わたしをこの時から救ってください』と言おうか。しかし、わたしはまさにこの時のために来たのだ」。

ご自分が十字架の死を遂げる時が間近に迫ったとき、ほんの一瞬、ためらいを感じられたのです。しかしすぐに

「わたしはまさにこの時のために来たのだ」

と語り、ご自分の進むべき道を確認しています。

 そして今日の箇所でも

「心を騒がせ」

とあります。イエス様の心が揺れ動く中、一人の弟子がご自身を裏切ることを弟子たちに告げました。弟子の裏切りを語るのは、残念だし辛いしくやしいものです。心は揺れ、心が高ぶる中で、気持ちを引き締められたのではないかと想像します。ユダに対して、

「しようとしていることを、今すぐ、しなさい」

と語っているからです。ここにはイエス様の積極的な気持ちが表れています。ユダに対して裏切るなら裏切れ、と語っているからです。イエス様は、神のみ心に従い十字架の上で死ぬ覚悟ができています。

 イエス様は十字架の上で亡くなる直前

「すべてのことが今や成し遂げられたと知り、『渇く』と言われ」

ました。そして息を引き取られました。イエス様は、十字架の死に至るまで、神から与えられた使命に生きていたのです。十字架の上で死ぬ、それはイエス様にとって最後になすべき使命でした。

 弟子のペトロは、一体だれがイエス様を裏切ろうとしているのか知ろうとして、イエス様のすぐ近くにいる弟子・イエス様の愛しておられた弟子に合図をします。この弟子は

「それは誰のことですか」

とイエス様に尋ねます。するとイエス様は

「わたしがパン切れを浸して与えるのがその人だ」

と答えます。そしてユダに、パン切れを渡します。この弟子とイエス様とのやりとりは小さな声であり、他の弟子には聞こえなかったようです。イエス様がユダに言った言葉、

「しようとしていることを今すぐしなさい」

を、他の弟子たちは何のことか分からなかったとあるからです。

 ここで驚くことは

「サタンが彼の中に入った」

との言葉です。サタンとは、悪魔のことです。ユダの心はサタンに乗っ取られたのでしょうか。もしそうなら、ユダは被害者です。イエス様はユダを守ってもよかったのではないでしょうか。私は、悪魔が人の心を乗っ取るということはないと考えています。

 聖書を読むと、悪魔は人間を誘惑することが分かります。創世記3章には、神さまが取って食べてはいけないとされた木の実を食べるように、蛇の形をとった悪魔がエバを誘惑しています。イエス様が活動を始める前に荒野で40日間を過ごしたとき、イエス様は悪魔の誘惑に遭いました。悪魔は誘惑という形で人間を攻撃してきます。ペトロの手紙一にこうあります。

「身を慎んで目を覚ましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、だれかを食い尽くそうと探し回っています。信仰にしっかり踏みとどまって、悪魔に抵抗しなさい」(5:8〜9)。

 人の心は悪魔に乗っ取られることはありません。しかし悪魔の攻撃・誘惑に人は負けることはあります。ユダがなぜイエスを裏切ろうとしたのか理由は分かりません。分かりませんが、悪魔の攻撃に負けたのだと考えます。私たちは、悪魔の攻撃があるということはわきまえておいた方が良いと思います。

「私たちは、自分の弱さのために神さまの教えに従うことができません」

との祈りを時々聞きます。私は敗北宣言を聞いているように感じます。自分が悪魔に攻撃されているのだと知るなら、これに抵抗して勝つことができると知るのも大切だと思います。ヤコブは教えています。

「神に服従し、悪魔に反抗しなさい。そうすれば、悪魔はあなたがたから逃げて行きます」(ヤコブ4:6)。

聖霊の助けを求め信じて、負けるもんか、と悪魔に抵抗するのです。ユダは何らかの理由で悪魔の攻撃に負け、イエス様を裏切ることになってしまいました。

 30節でユダは

「すぐに出て行った。夜であった」

とあります。これは、ユダが出て行ったのが<夜>という時間帯であったと告げているわけではありません。この<夜>は暗闇を意味します。暗闇とは、光に敵対するものです。イエス様に敵対する勢力がイエス様を取り囲んでいるとの意味です。

 ユダの手引きによってイエス様は捕らえられます。そして裁判を受け、十字架につけられます。人々に救いをもたらそうとしたイエス様の働きは打ち砕かれ、今までの働きはすべて無駄になろうとしています。それが

「夜であった」

との表現が意味することです。イエス様を殺そうとしていたユダヤ人の願いが実現するのです。

 万事休すに見えます。しかしその時、救いの働きがなお行われるのです。どんな暗闇も光を打ち消すことはできません。どんなに深い暗闇でも、ひとすじの光がさせば、暗闇は、暗闇ではなくなります。ユダが出て行ったとき、イエス様は栄光を受けられた、いうのです。

 このヨハネ福音書には、

「栄光」

という言葉が何度も出てきます。たとえば<神が栄光を現す>という表現があります。その時<人は神の栄光を見る>ことになります。

 ラザロが死んで墓に葬られて4日過ぎた時、イエス様はその墓に行きます。墓は洞穴で、石でふさがれていました。イエス様は石を取りのけなさいと命じます。ラザロの姉妹マルタは

「もう四日も経っていますから、においます」

と言います。するとイエス様は、

「もし信じるなら、神の栄光が見られると、言っておいたではないか」

と言われます。

 そしてイエス様は、

「ラザロ、出てきなさい」

と大声で叫びます。すると死んでいたラザロが出てくるのです。死者が生き返ったのです。神はその栄光を現されたのです。

「栄光」

は、輝きを意味します。この場面では、何かが輝いているのが見えるわけではありません。見えるのは生き返ったラザロです。ここで見ることができる人は神の栄光を見たのです。

 ラザロを見てある人は、<うっそー、信じられない>と言います。別な人は<不思議だ、不思議だ、不思議だ>と言います。また別な人は、<これは神のみ業だ>と語ります。この人は、神が今、ここで御業を行ったと考えます。神がラザロを生き返らせたと考えます。ラザロが生き返ったという現象の背後に、神の働きがあると考えるのです。神の働きそのものは目には見えませんが、心の目で神の働きを見たのです。この<神のみ業を見る>ことを、神の栄光を見ると言います。

 神の栄光を見ると言っても、輝きに包まれている神を目撃するわけではありません。神が今ここにおられ、その御業を現されたと知ること、信じること、それが神の栄光を見るということです。神が奇跡を行うとき、神は栄光を現します。その奇跡を見て、信じる人は神のみ業を見た、神の栄光を見たというのです。信仰のない人は、すごいことを見た、と言うだけです。

 それとは別に人間が、神の栄光を現すことがあります。イエス様は、弟子のペトロについて語られます。

「はっきり言っておく。あなたは、若いときは、自分で帯を締めて、行きたいところへ行っていた。しかし、年をとると、両手を伸ばして、他の人に帯を締められ、行きたくないところへ連れて行かれる」。

<行きたくないところに連れて行かれる>とは、捕らえられることを意味します。さらにイエス様は続けます。

「ペトロがどのような死に方で、神の栄光を現すようになるかを示そうとして、イエスはこう言われたのである」。

 ペトロは殉教の死を遂げるのです。殉教するとは、たとい命を犠牲にしても信仰を貫くことを意味します。それは信仰者の信仰の強さを示すかもしれませんが、命を惜しくないと思わせるほどの神がおられるということです。殉教の死はすばらしい神がおられることを告げます。殉教とは、神を証しすることです。神を証しすることを<神の栄光を現す>と言います。その時神は栄光を受けられるのです。

 信仰者が神の証しをするとき、信仰者は神の栄光を現し、神は栄光を受けられます。神さまが御業を行い、栄光を現すとき、人は心の目で・信仰の目で神の栄光を見ます。

 31節。

「今や人の子は栄光を受けた。神も人の子によって栄光をお受けになった」。

<人の子>はイエス様のことです。イエス様も、神さまも栄光を受けたというのです。どういうことでしょうか。

 イエス様は神さまから遣わされ、神さまに忠実に歩まれました。十字架の死に至るまで忠実に歩まれました。己の死をもって神さまの救いの御業を現そうとするイエス様を神は、まことの救い主、神の御子とされたのです。そして私たちは、十字架につけられたイエス様が神の子、救い主であると信じます。私たちは十字架につかれたイエス様のお姿が栄光に輝くのを信仰の目で見るのです。

 そしてイエス様が命を犠牲にしてまでも神さまの救いの業を担われました。神さまが与える救いがどれほどすばらしいものかをイエスは示されます。それによって、イエス様は神さまの栄光を現されました。神さまは栄光を受けられたのです。

 神さまは、イエス様に救いの業を行うように託します。そしてイエス様は、救いの御業を託されていると信じて、命をも犠牲にします。こうして、神さまとイエス様は心をひとつにして人間を救う業を行われました。十字架につかれたイエス様のお姿は、人間の目には、みじめなものかもしれませんが、信仰を持つ者は、そのお姿の中に神の栄光・イエス様の栄光を見るのです。

 十字架で亡くなるイエス様は三日目に甦ります。そしてイエス様がまことの救い主であることがさらに明らかになり、神さまの力の偉大さもまた鮮やかに示され、神の栄光、イエス様の栄光が、さらに輝きを増すのです。

 ヨハネ福音書の第一章にこう書かれています。

「わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた」。

私たちは、十字架について亡くなるイエス様のお姿に、恵みと真理に輝いているのを見たというのです。これは私たち信仰者の告白と言うことができます。この栄光を見た人は、イエス様が示された真理に歩み、救いの恵みに感謝して歩むことになります。

 イエス様を信じる私たちは神の子です。私たちがイエス様が教えられた真理に歩み、救いの恵みに感謝して歩むなら、私たちは神さまを証しし、神さまの栄光を現しています。私たちが日曜日に、礼拝を献げていることは、神さまの栄光を現していることに他なりません。そして私たちは、神の子とされて生かされていることを光栄に感じます。つまり私たちは神さまから栄光を与えられています。

 イエス様と同じように、私たちもまた神さまの栄光を現し、神さまから信仰者という栄光をいただいて歩む者とされています。

祈り