イエス様は弟子たちと過ごした最後の夜、弟子たちの足を洗われました。そして今日の聖書では、弟子たちにも

「互いに足を洗い合いなさい」

とお命じになりました。その時、わたしが模範を示したのだから、あなたがたは従いなさいとお命じになりました。そしてここには、祝福の言葉がありました。

「僕は主人にまさらなさい。このことが分かり、そのとおりに実行するなら、幸いである」。

今日は、互いに足を洗い合いなさいとの主の言葉に耳を傾けたいと思います。

 イエス様は、十字架にかけられる前の晩、弟子たちと一緒に過ごしました。ヨハネ福音書では、その時、イエス様は弟子たちの足を洗っています。イエス様が弟子たちの足を洗い終わると、上着を着て、再び席に着いて言われました。

「わたしがあなたがたにしたことが分かるか」。

 でもこれは変だと思います。なぜなら、イエス様はペトロの足を洗うとき、ペトロにこう言ったからです。

「わたしのしていることは、今あなたには分かるまいが、後で、分かるようになる」。

後で分かるようになると言われたのです。<後>というのは、洗い終わった後ではなく、もっと後のことです。だから、弟子たちの足を洗い終わってすぐ、

「わたしがあなたがたにしたことが分かるか」

との質問は、無茶な質問です。分かるはずがないのに、分かるか、と尋ねるのですから。

 イエス様は今十字架に着こうとしています。弟子たちが<分かる>とき、イエス様はもうこの世にはいないのです。ですから、その時が来たときのために、今ここでイエス様は弟子たちに教えようとしておられるのです。わたしは模範を示したのだから、あなたがたも互いに足を洗い合わなければならない、とイエス様は教えられたのです。

 弟子たちは今、イエス様が足を洗ったことの意味を理解できないでいます。しかし、やがて分かるときが来ます。イエス様の十字架の意味が分かる時です。その時、イエス様が弟子たちの足を洗ったことの意味が分かります。これは先週お話ししたことですが、大切なことなので繰り返したいと思います。

 イエス様が弟子の足を洗ったことの意味は、イエス様の十字架の死が、すべての人の罪を赦すためのものであり、すべての人を罪から清めるための死であったということです。弟子の足を洗う、それは罪の汚れから人を清めることのたとえとなっています。しかもそれは、愛から出た行為であるということです。13章の1節に、

「世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた」

とあるように愛から出た行為でした。さらに足を洗うというのは、しもべの仕事でした。イエス様はしもべではないのに、身を低くしてしもべの立場をとり弟子の足を洗われました。足を洗う、それは自分を低くする行為でもありました。弟子の足を洗う行為は、罪の汚れを落として清める行為であり、それは愛と謙遜によってなされる行為でした。このことが分かったなら、私の模範に従いなさいとイエス様はお命じになったのです。

 続けてイエス様は語られます。

「あなたがたは、わたしを『先生』とか『主』とか呼ぶ。そのように言うのは正しい。わたしはそうである。ところで、主であり、師であるわたしがあなたがたの足を洗ったのだから、あなたがたも互いに足を洗い合わなければならない」。

 弟子たちがイエス様のことを

「主」

と呼ぶのは正しいし、わたしはそうであるとイエス様は語られます。イエス様は主であり、師であるのだから、弟子たちは主イエスを模範として、弟子たちは互いに足を洗い合いなさいとイエス様はお命じになりました。イエス様が主であり、だからその模範にならうのです。イエス様が主であるというのが、模範にならう理由となります。このことを明確にするために、16節で、こう語られます。

「はっきり言っておく」。

 これはイエス様が、重要なことを語るときの前置きの言葉です。文語約聖書では、

「まことに、まことに汝らに告ぐ」

と訳されています。口語訳聖書は、

「よくよく言っておく」

と訳しています。文字通りに訳せば、

「アーメン、アーメン、わたしは言う」

との意味です。厳粛な気持ちで聞かなければならないことをイエス様は語られるのです。

 では何を語られたのでしょうか。

「僕は主人にまさらず、遣わされた者は遣わした者にまさりはしない」。

<僕は主人にまさらず>。どうでしょうか。この世の中の現実としては、主人にまさるしもべはいくらでもいると思います。会社でも、上司より優れている部下がいることも確かです。しかしイエス様がこのように言うとき、<主人>は神を指し、<しもべ>は人間を意味します。

 旧約聖書を読むと、神さまはご自分のことを<主なる神>とおっしゃいます。神さまは<主>であり、人は神の民であり、神に従うべきものとされています。でも神さまは<わたしは神だから、私に従え>と問答無用で命じておられるわけではありません。

 出エジプト記を読むと分かりますが、神さまは、人々を救う神としてご自身を現します。出エジプト記では、エジプト王の奴隷として苦しんでいるイスラエルの民を救う神として、ご自身を現しました。神さまの命令には、それに従うことに幸いがある、という特徴があります。神さまの命令は、人を幸いへと招く命令です。

 イエス様もわたしはあなたがたの<主>であり、あなたがたの<主>として模範を示したのですとまず語り、つぎに<僕は主人にまさることがない>ことが分かって、互いの足を洗い合うなら、あなたがたは幸いであると教えられました。

 

「このことがわかり、その通りに実行するなら」

とあります。何が分かるかというと、<僕は主人にまさることがない>ということです。何だ当たり前ではないか、と思うかもしれませんが、決して当たり前ではありません。私たちは神さまに従うことより、自分のことを優先することがしばしばだからです。普段の生活で、神さまのことはほとんど考えないで、自分の生活のことだけを考えているのが、私たちの現実です。私たちは、神さまのご命令を気にしないで生きているのです。

 つまり、私たちは分かっていないのです。神さまの命令は真理であり、私たちを幸いへと招くものであることが分かっていないのです。神さまの知恵は、人間の知恵より遙かに優れているのです。人間は、そのことが理解できないでいます。イエス様は、

「わたしは道であり、真理であり、命である」

と語り、ご自身の語る言葉が真理であることを教えておられます。

 でも人は、なかなかイエス様語ることを真理と受けとめないのです。神さまが主なる方であり、この方に聞き従うのが最善であることが分からないのです。なぜでしょうか。人はそれぞれ、何かを真理と信じて生きているからです。多くの場合、それはその人の生活、経験の中から得られたものです。人は自分にとって真理だと信じていることに従って生きています。自分が本当だと思うことに従って生きています。自分こそが、自分の人生の主人なのです。

 そこにイエス様の教えがとび込んでくるとどうなるでしょうか。イエス様の教えを受け入れる、それはイエス様を人生の主人とすることです。私たちは、素直に受け入れることはできません。自分が、自分の人生の主人だからです。自分の人生の主人がイエス様であることが分かる、これは大変なことです。聖霊の導きを受けないと分からないことです。イエス様はわたしの主、わたしはイエス様のしもべであることが分かる、これは聖霊の導きの賜物です。完全に、このことが分かるということはないと思います。私たちには、自分を自分の人生の主人にしたいとの誘惑が常にあるからです。

 そこで大切なことは、具体的に互いの足を洗うことです。実行することです。足を洗うとは、具体的にどのようなことを意味しているのでしょうか。弟子のだれかが、罪を犯したとき、その人を裁かないのです。その人を赦します。その人を受け入れます。その人のために祈ります。共に主に仕える弟子として歩みます。それが足を洗うことです。教会員のだれかが罪を犯したら、あるいは、教会員の行動によって傷ついたり、不愉快な思いになったりしたとき、上で述べたように、その人の足を洗うのです。

 足を洗うのはしもべがすることです。足を洗うのは、愛から出た行為です。足を洗うのは、自己犠牲の行為です。自分のプライドがあると、抵抗を感じるかもしれません。あの人の足を洗う、とんでもない、私を傷つけた人のために祈るなんてとんでもない、そんな思いが湧いてくるものです。人を裁き批判する、それは簡単です。でもその人のために祈り続ける、忍耐のいることです。その人が神さまによって変えられるとの希望を持たなければ、祈り続けることはできません。

 そこで実際に足を洗ってみたらどうなるか、です。私たちの心はどんな気持ちになるかです。わかりますか。17節、

「このことが分かり、そのとおりに実行するなら、幸いである」。

イエス様がおっしゃったとおり、心は幸いで満たされます。私たちが知らなかった幸いです。喜びです。神さまだけが与えることのできる幸い、誰も私たちから奪うことができない幸いが与えられるのです。

それは具体的にどんな幸いなのでしょうか。私たちはイエスをメシア、救い主と信じます。19節に、『わたしはある』ということを、あなたがたが信じるようになるため、とあります。イエス様は、

「わたしは世の光である」

とか、

「わたしは道であり、真理であり、いのちである」

とか

「わたしは良い羊飼いである」

とか、

「わたしは〜である」

と語られました。これはイエス様が神であることを示す表現です。

 旧約聖書に登場するモーセが神さまと出会ったとき、モーセは神さまに名前を聞きました。すると神さまは、

「わたしはあるというものだ」

とお答えになりました。

「わたしはある」

は神さまを指す表現です。

「わたしは全能の神である」

と神さまはアブラハムに語りました。

「わたしは主である」

と神さまはモーセに語ります。

「わたしは主なる神である」

と神さまはイスラエルの民に語りました。そしてイエス様も

「わたしは〜である」

と語り、ご自身が神であることを示されたのです。

 イエス様は神さまです。イエス様を信じる人には永遠の命が与えられます。イエス様は信じる者たちに命を与える方です。イエス様は、私たちに命を与える方です。私たちが他の人の足を洗うとき、私たちが、イエス様から命をいただいているから、足を洗えることが分かります。イエス様から命をいただいたという幸いを知ります。永遠の命をいただいているという幸いが心に満ちるのです。この時、私たちはあらためて、イエス様が主であることが分かります。そしてイエス様が主であると信じて、足を洗います。すると幸いな思いが与えられ、イエスが主であると分かります。だからまた足を洗います。イエス様が弟子たちに互いに足を洗いなさいと命じたのは、イエス様を主として崇め、生きるためであり、命を与えられている幸いに生きるためでもあります。そして弟子たちが互いに愛し合ってイエスの弟子として歩むためでした。私たちもまた足を洗い合って、イエス様を主と仰いで歩みます。イエス様の体である教会を築いていきます。

祈り