今日の聖書にこう書かれています。

「死は勝利にのみ込まれた。死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか」。

ビックリする言葉です。一体だれが、このような言葉を口にすることができるのでしょうか。そうだ、いつの日か、私が復活した時、この言葉を口に出そう、そんなことを思わせる言葉です。今日も、聖書の言葉に耳を傾けましょう。

 パウロはこのコリントの手紙一15章で復活について語ります。コリント教会には、死者の復活などないと主張する人がいたようです。それに対して、パウロは反論します。もし死者の復活がないなら、キリストも復活しなかったはずだ。そしたら復活していないキリストが復活したと宣べ伝えるのは無駄なことだ。キリストの復活を信じる信仰は無駄だ。復活の希望を抱く者は、最もみじめな人間だと語ります。でも違う!キリストは死者の初穂として復活したのだ、とパウロは語ります。さらに私たちも復活することをパウロは語ります。

 そこで目を留めたいのは、54節の言葉です。

「この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。『死は勝利にのみ込まれた』」。

信仰者は、救いを神の約束の実現として受け取るのです。私たちがいつの日か、復活するとき、聖書が言うとおり、死は勝利にのみ込まれたのだ、と私たちは救いを喜びます。信仰者は、救いを神の約束の実現として受け取るのです。

 聖書には、約束の実現として救いを得た人々が登場します。たとえば、旧約聖書の創世記に登場するアブラハム。神さまはアブラハムに次のように語りました。

「あなたは生まれ故郷/父の家を離れて/わたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民にし/あなたを祝福し、あなたの名を高める」。

アブラハムはこの神の約束を信じて、神さまが示す地に向けて旅をするのです。

 年老いたアブラハム夫婦には、子供がいませんでした。子供がほしいと何度願ったことでしょうか。その願いはかないませんでした。しかし今、神の約束が来たのです。<わたしはあなたを大いなる国民にする>。そしてアブラハムが100歳、妻サラが90歳の時に子供を授かります。そんな年齢の夫婦に子供が授かるはずがありません。まさに神さまが与えた子供です。アブラハムは、子孫が増え広がり、大いなる国民になるのを見ることはできませんが、子供の誕生を見たとき、神様の約束の実現の第一歩を見たのです。

 あるいは、旧約聖書の出エジプト記に登場するモーセ。当時イスラエルの民はエジプトにおいて奴隷でした。奴隷として厳しい労働のために、イスラエルの民は苦しんでいました。神はモーセを指導者に立て、イスラエルの民を自由に生きることのできる土地へ導くと約束しました。そして神さまは力ある業を行い、イスラエルの民をエジプトから脱出させ、カナンの地、自由に生きることができる土地へ導きました。イスラエルの民は、

「あなたがたを約束の地に連れて行く」

との神の約束の実現を見たのです。

 さらにイエス・キリストは待ち望まれた救い主として、時満ちて誕生されました。

 そして私たちは、イエス・キリストの再臨、私たちの復活、神の国の実現を待ち望んで生きる信仰者です。これらの実現は、私たちが生きている間は実現しないかもしれません。でも、その時が来ると私たちは信じます。そして私たちが復活した時、私たちは

「死は勝利にのみ込まれた。死よ、お前の勝利はどこにあるのか、死よ、お前のとげはどこにあるのか」

と喜びの声を上げるのです。神様の約束の実現を待ち望む、それが信仰者です。

 今日の聖書は、私たちの復活を伝え、死に対する勝利を伝えています。でも、死に対する救いを伝えるなら、復活などというややこしいことを語らず、<私たちは天国に行きます>と語るほうが分かりやすいです。

「父は僕の小さい頃死にました。僕は今老人です。父も僕も復活したら、父が若くて僕が老人なのでしょうか」

などと人は疑問を抱きます。ですから、私たちは天国に行きます、と語る方が分かりやすくていいのですが、聖書はそうは語りません。

それどころか今日の聖書には、わかりにくい言葉が添えられています。

「死のとげは罪であり、罪の力は律法です」(56節)。

この言葉を理解することによって、神さまへの深い感謝、キリスト者としての歩みが励まされることをお伝えしたいと思います。

 55節には、

「死よ、お前のとげはどこにあるのか」

とあり、56節では、

「死のとげは罪である」

とあります。多くの人は死を自然のことと考えています。命には初めがあり、終わりがあります。初めがあるのだから終わりがあるのは当たり前と考えるのです。しかし聖書は、死を自然のこと、当たり前のこととは考えていません。だから死のとげは罪であるというのです。私たちは死の支配下にあると聖書は伝えます。使徒パウロは語ります。

「一人の人によって罪が世に入り、罪によって死が入り込んだように、死はすべての人に及んだのです」(ローマ5:12)。

これは創世記3章に出てくるアダムのことを語っています。

 創世記3章にアダムとエバの物語があります。二人は、神さまが取って食べてはいけないと禁じられた木の実を食べてしまいました。それを食べるときっと死ぬと言われた木の実です。神さまに背いた罰として、彼らは死ぬ者となりました。人間の死、それは罪に対する神の裁きです。同時に、死は私たちを支配します。死の支配に逆らって生き続けることのできる人はいません。私たちは皆死ぬ者となりました。

 死が私たちを支配すると言うとき、さらに言わなければならないことがあります。私たちは、死を恐れ、恐れに捕らわれてしまうことです。我々は死を恐れるのです。ヘブライ人への手紙(2:14)にはこんな言葉があります。

「ところで、子らは血と肉を備えているので、イエスもまた同様に、これらのものを備えられました。それは、死をつかさどる者、つまり悪魔を御自分の死によって滅ぼし、死の恐怖のために一生涯、奴隷の状態にあった者たちを解放なさるためでした」。

イエス様は、<死の恐怖のために一生涯、奴隷の状態にあった者たちを解放>したとあります。死は、私たちを恐怖の奴隷にするのです。私は子供の頃、祖母の死に遭い、人は死ぬものと知りました。死の恐怖におびえました。ですから死は、私たちの<敵>なのです。56節に

「死のとげは罪」

とあります。私たちは罪を犯し、つまり死の刺に刺され、死ぬ者となります。死は自然現象ではなく、罪がもたらす実なのです。

 さらに56節では

「罪の力は律法です」

とあります。律法は、神の掟、神の戒めを意味します。律法はよいものです。しかし神の律法が

「むさぼるな」

と命じると何が起きるのでしょうか。むさぼりたい、あれが欲しい、これがほしいとの気持ちが起きてきます。そしてむさぼることが罪であることを知りながら、私たちはむさぼってしまいます。

神さまを知らない人たちもむさぼって生きていますが、彼らは、それが罪だとは思っていません。人間としては当たり前のこと、むさぼることによって、満足し、幸せになることができるとさえ考えています。しかし神の戒めを知った者は、自分の欲に支配され、むさぼるとき、自分が罪を犯したことを知ります。自分が神に背く者であると知ります。さらに私たちは、罪に勝てないこと、罪の支配下にあることを知らされます。罪は、神の律法、神の掟を利用して、私たちを支配するのです。そして私たちもまた、罪の裁きとして死ぬ者となります。

 パウロは信仰者の苦悩を語ります。

「わたしは、自分のしていることが分かりません。自分が望むことは実行せず、かえって憎んでいることをするからです」(ローマ7:15)。

自分は神の戒めを行いたいと願っても実行せず、かえって逆のことをしているというのです。これは信仰者の真の姿を物語ります。パウロは自分の苦悩を信仰者の苦悩として語ります。

「わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている。もし、わたしが望まないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです」。

私たちの心の中に罪が住んでおり、私たちはその罪に支配されているというのです。

 私たちは罪を犯し、神から離れ、すべてのものから見捨てられる死を遂げます。すべてのものから見捨てられる、そこに死の恐ろしさがあります。イエス様も十字架の上で、

「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」

と叫ばれました。イエス様の死、それは神に見捨てられるという私たちが受けるべき神の裁きを代わって受けてくださった死です。

 人が死ぬのは当たり前のこと、自然のことに思えるかもしれません。でも聖書は、人が罪の支配下に置かれ、罪を犯し、神の裁きとして死ぬことを伝えています。そして人は死に支配され、死の恐怖の奴隷になっていると聖書は告げます。そして人は死ななければならないのです。人はなんとみじめなものでしょうか。

 しかし57節。

「わたしたちの主イエス・キリストによってわたしたちに勝利を賜る神に、感謝しよう」。

イエス・キリストは何をしてくださったのでしょうか。

イエス様は、私たちを罪から解放してくださいました。イエス様は、私たちを死から解放してくださいました。イエス様は、私たちを律法から解放してくださいました。旧約聖書の出エジプト記が、イスラエルの民のエジプト王の奴隷からの解放を語ったように、イエス様は、私たちを罪の支配から、死の支配から、律法から解放してくださいました。これが救いです。

 罪の支配は絶対ではなくなりました。聖霊の助けを得るなら、私たちは罪に勝利できます。死の支配は絶対ではなくなりました。復活の希望が与えられ、死を恐れる必要がなくなりました。また死の怖れは、私たちが神から離れているときに生じます。神と共に歩むなら、死の怖れは、私たちをとりこにはしません。

さらに私たちは、律法から解放されました。神の掟は守らなければならないとの義務感から解放されました。人は救われるためには、イエス様を信じればよいのであり、神の教えを守ることによって救われるのではありません。救われるために、神の教えを守らなければならないという苦しさから私たちは解放されています。

 私たちの地上の歩みは、解放感を味わいながらの歩みです。そこで58節。

「わたしの愛する兄弟たち、こういうわけですから、動かされないようにしっかり立ち、主の業に常に励みなさい。主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです」。

 神に背いたアダムは、神の裁きを受け、神から次のように言われました。

「お前は女の声に従い/取って食べるなと命じた木から食べた。お前のゆえに、土は呪われるものとなった。お前は、生涯食べ物を得ようと苦しむ。お前は顔に汗を流してパンを得る/土に返るときまで」。

神に背き、罪を犯したアダムは、神から離れて歩む者となりました。神から離れて生きる者にとって、そのなすことはすべて空しいのです。しかし、神と共に歩むのなら、そのなす業は、無駄になりません。いや祝福です。罪から解放され、死から解放され、律法から解放されて神に仕える者は、今や主の業に励むことができます。その苦労が決して無駄にならないことを知って、主の業に励みつつこの世の旅路を歩むことができます。

 この人は、復活の時、

「死は勝利にのみ込まれた。死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか」

と叫び、全身を救いで満たされ、神さまを讃えるのです。

祈り