今日の聖書は、印象的です。イエス様が弟子たちの足を洗われるのです。イエス様がペトロの足を洗おうとされたとき、

「私の足など、決して洗わないでください」

とペトロが言うのも分かります。4節で、食事の席からとあるように、イエス様は弟子たちと一緒に食事の席に着いていました。食事の始まる前にイエス様が弟子たちの足を洗ったのかどうか、明確ではありません。

 私たちは、マタイ、マルコ、ルカ福音書では、イエス様が弟子たちと食事を共にしている場面が描かれていることを思い出します。それは最後の晩餐と呼ばれています。レオナルド・ダビンチの有名な

「最後の晩餐」

という絵があります。そしてこの食事が、聖餐式のもとになりました。私たちは礼拝の中で聖餐式を行います。私たちはパンとぶどう酒をいただきます。イエス様が十字架の上で、私たちの罪のために亡くなられたことを味わいます。私たちは罪赦され、神の国に迎えられる者とされたことを喜び、感謝します。

 しかしヨハネ福音書では、食事の場面は描かれず、イエス様が弟子たちの足を洗う様子が描かれています。これが何を意味しているのか、今日のテーマです。

 イエス様は、食事の席に着いていましたが、立ち上がり、上着を脱ぎました。さらに手ぬぐいを取って腰にまといます。それからたらいに水を汲んで、弟子たちの足を洗い、腰にまとった手ぬぐいでふきます。一人一人順番に弟子の足を洗っていきます。やがてペトロの番になりました。

 ペトロはイエス様が弟子の足を洗うのを驚いて見ていました。ついにイエス様が自分の所に来られたとき、言葉が口から出ました。

「主よ、あなたがわたしの足を洗ってくださるのですか」。

するとイエス様が答えます。

「わたしのしていることは、今あなたには分かるまいが、後で、分かるようになる」。

イエス様はただ汚れた足をきれいにしているのではないのです。そこには意味があるのです。それが何か、今、あなたには分からないが、後で分かるようにとイエス様は語られました。

 それでもペトロが断ると、イエス様ははっきりと答えます。

「もしわたしがあなたを洗わないなら、あなたはわたしと何のかかわりもないことになる」。

足を洗わなければ、あなたと私は関係がなくなる、というのです。するとペトロは、足だけではなく、手も頭も洗ってくださいというと、イエス様は、

「既に体を洗った者は、全身清いのだから、足だけ洗えばよい」

と答えます。

 一体これは何のことかと、これを読む人は考えます。私自身は、この箇所は何度も読んでおり、この箇所の意味は知っているつもりでした。

「既に体を洗った者は、全身清いのだから、足だけ洗えばよい」。

足だけ洗う、言ってみれば、これは<洗濯>です。私たちは、洗濯してきれいなものを身につけます。しかし汗で汚れたりするのでまた洗濯して、きれいにします。こうして私たちは洗濯してきれいにしたものを身につけます。足だけ洗う、それは洗濯のようなものだと考えるのです。

 少し詳しくお話しします。<全身清い>、これはイエス様を信じた結果です。私たちはイエス様を信じています。イエス様の十字架の死がもたらす恵みを信じています。つまり、イエス様は十字架で処刑されて死にました。十字架の上のイエス様の死、それは私たちに罪の赦しを与えます。私たちが過去において犯してきたすべての罪の赦しを与えます。それだけではなく十字架の上で流されたイエス様の血は、私たちの罪を清めます。著者のヨハネは、ヨハネの手紙の中でこう書いています。

「わたしたちは、御子イエスの血によってあらゆる罪から清められます」(ヨハネ一1:7)。

 罪を犯してきた私たちは自分の心が汚れていることを知っています。罪で汚れた心の汚れをイエス様の血は取り去るというのです。その結果、私たちの心は清められるのです。私たちはすべての罪を赦され、すべての罪の汚れが取り去られます。実にさわやかな心になります。

 しかし日々の生活の中で罪を犯し、罪の汚れを身にまといます。罪を犯したら、私たちはどうしたら良いのでしょうか。ヨハネは手紙の中で語ります。

「自分の罪を公に言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、罪を赦し、あらゆる不義からわたしたちを清めてくださいます」。

神さまに罪の赦しを求めます。そうすれば神さまは赦しを与えてくださり、私たちを罪から清めてくださいます。

 私たちは身につけるものを洗濯して、きれいなものを身につけるように、罪を犯すつど、いや知らずして罪を犯すこともありますから祈りにおいて、罪からの清めという<洗濯>をするのです。イエス様が弟子の足を洗われたことは、この罪の赦しを与えてくださるということです。イエス様は自ら、私たちの罪を洗い落としてくださるのです。

 イエス様が弟子たちの足を洗われたこと、それは日々犯す罪からの清めを指すと考えることができます。そのように、この聖書の箇所を私は理解してきました。しかし、説教の準備の中で、ちょっと違うのではないかと思い始めました。

 イエス様が弟子の足を洗う、それはイエス様の十字架を指し示すのではないかと思うようになりました。8節でイエス様は言われました。

「もしわたしがあなたを洗わないなら、あなたはわたしと何のかかわりもないことになる」。

イエス様によって足を洗ってもらわなければ、私たちはイエス様との関わりがなくなるというのです。言い換えれば、十字架のイエス様の死による罪の赦しと罪からの清めを受けないなら、私たちはイエス様との関係がないというのです。イエス様が弟子の足を洗ったことは、日々の罪の赦しという<洗濯>ではなく、私たちのすべての罪の赦し、すべての罪からの清めという十字架の死を指し示しているのです。そう考える理由があるのです。

 まず1節です。

「イエスは、この世から父のもとへ移る御自分の時が来たことを悟り」

とあります。イエス様にとって、十字架の死は、天の父のもとに帰るときなのです。十字架の上で亡くなり、復活し、そして天の父のもとに帰るのです。今や、地上での生活のために残された時間はわずかしかありません。目の前に十字架が迫っています。残されたわずかな時間、イエス様は何をするのでしょうか。イエス様は意を決したように弟子たちの足を洗います。

 さらに

「世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた」。

<世にいる弟子たち>とあります。イエス様のそばにいる弟子たちだけではなく、イエス様を信じるすべての人を意味します。この弟子たちを<この上なく>愛し抜かれたというのです。イエス様の徹底した愛がここにあるというのです。イエス様は自分を信じる者たちを徹底的に愛するのです。徹底的に愛して、目の前にいる弟子たちの足を洗うのです。弟子たちの足を洗う、洗足の行為は、十字架の死を指し示しています。

 また3節にはこう書かれています。

「イエスは、父がすべてを御自分の手にゆだねられたこと、また、御自分が神のもとから来て、神のもとに帰ろうとしていることを悟り」

とあります。ヨハネ福音書において、イエス様が繰り返し語ることがあります。それは、ご自分が神さまから遣わされてこの世に来たことです。そして何を話すにせよ、行うにせよ、それはすべて神から命じられたことだということです。イエス様は地上の生涯で、語ること、すべきこと、これらすべてを神さまは、イエス様にゆだねられたのです。そして今、イエス様の地上の生涯はまもなく閉じられることとなります。あとイエス様がなすべき事、それは十字架の死に向かって歩むことです。そのことを思いイエス様は、意を決して、弟子たちの足を洗うのです。洗足、それは十字架を指し示していると言ってよいと思います。

 十字架の死、それは自分の命を犠牲にすることです。しかもそれはイエス様の大いなる愛から出たことです。

「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」(15:13)

とあるように、イエス様の死は、愛そのものです。イエス様は、愛のゆえに死にます。イエス様の十字架の死は、すべての罪の赦しと罪からの清めを与えます。足を洗うことは、いっさいの罪からの清めを意味しています。

 さらに別な視点からも、洗足が十字架を指していると考えることができます。イエス様は弟子たちと食事の席に着いていました。他の福音書では、イエス様は弟子たちにパンを分け与え、またぶどう酒を分け与えます。そしてご自分の死を記念するためにこのように行いなさいと聖餐を行うことをお命じになりました。イエス様の十字架の死、それは私たちのための死であることを味わいなさいとイエス様はお命じになったのです。このように重要なことをイエス様は弟子たちにお命じになったのです。

 ヨハネ福音書では、イエス様は弟子たちの足を洗われました。イエス様に足を洗ってもらわなければ、その人はイエス様と何の関わりも持たない人だというのです。洗足、それは明らかに、重大なことなのです。つまり、イエス様の十字架を指し示しています。このように考えるとき、弟子の足を洗うことは、イエス様を信じる者たちのいっさいの罪が赦され、いっさいの罪からの清めを与えることを教えているのです。

 イエス様は弟子たちの足を洗いました。その中には、イスカリオテのユダがいます。イエス様はユダの足も洗われたと思います。2節によれば、ユダの心には、イエス様を裏切るとの思いがありました。そのユダの足をイエス様は洗いました。ではユダの心は清められ、イエスを裏切る思いは消えたのでしょうか。消えませんでした。ユダは清い者とされませんでした。

ユダはイエス様を信じていないからです。罪からの清め、それは信ずべきことです。ユダはイエス様を信じていないので、罪からの清めを神さまからの恵みとして受け取ることができなかったのです。イエス様の十字架の死は、罪の清めという恵みを私たちにもたらします。これは信ずべきものです。

 信ずべきものと言ったのは、私たちは、自分が罪から清められていると実感できないからです。洗礼を受けたからといっても、私たちの心が清められたとは感じません。以前と同じように、悪しき思いも湧いてきます。それなのに清められたとどうして言えるのでしょうか。

 そこで大事なことは、私たちは信仰者であるということです。信じる者であるということです。私たちは目に見えるものによってではなく、信仰によって歩みます。罪が清められたと実感できないから、罪が清められたとは信じられない、というのではなく、たとい実感できなくても、罪から清められたと信じて生きるのです。<罪が清められたと実感できないから、罪が清められたとは信じられない>というのでは、どこにも信仰がありません。

「信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです」(ヘブル11:1)

とあるように、望んでいる事柄、つまりいっさいの罪から清められていることを確信する、それが信仰です。確信できないなら、とにかく、自分はすべての罪から清められていると<考える>ことです。そんな信じられないものを信じるのか言うなら、信仰者であることをやめたらいいです。

実感できなくても、信じることにするのです。実感できないからといって信じないのではなく、信じるようにするのです。

「私はイエス様の十字架の死のおかげで、すべての罪から清められた」

と私は信じます、と毎日告白したらよいと思います。自分の心は罪で汚れているという思いは捨てるのです。

「私はイエス様の十字架の死のおかげで、すべての罪から清められた」

との信仰を自分のものにするのです。

 信仰とは決断です。ここでは、イエス様を信じるとき、恵みとしてすべての罪の赦しと、その清めを恵みとしていただいていると信じるのです。信じているとやがてそれが現実となります。実感がもたらす疑いを捨てます。信じることを選ぶのです。信仰者とは、疑いが生じるとき、信じることを選ぶ人です。

 7節の

「わたしのしていることは、今あなたには分かるまいが、後で、分かるようになる」

とのイエス様の言葉は、私たちにも当てはまります。目に見えるものではなく、信仰によって歩むとき、つまり実感ではなく、信仰によって歩むとき、神さまの恵みは現実となります。イエス様を信じる人は罪から清められています。それは神の恵みです。あなたはすべての罪から清められています。私はこのように、福音を宣言します。

祈り