今日の聖書でイエス様は語ります。

「わたしは光としてこの世にきた。それは、わたしを信じる者が、やみのうちにとどまらないようになるためである」。

今日はこの言葉を皆さんと共に考えてみたいと思います。

 イエス様は光として世に来たと語られました。ということは、この世は暗闇に覆われていることになります。そこにイエス様が光としておいでになったわけです。クリスマスの時によく読まれる聖書の箇所があります。マタイ福音書4章の言葉です。

「暗闇に住む民は大きな光を見、/死の陰の地に住む者に光が射し込んだ」(4:16)。

ここもイエス様が光としておいでになったことを語っています。

 何のために光としておいでになったのでしょうか。今日の聖書によれば、イエス様を信じる者が、だれも暗闇の中にとどまることのない」

ためです。この福音書の8章にあるイエス様の言葉を紹介します。

「わたしは世の光である。わたしに従って来る者は、やみのうちを歩くことがなく、命の光をもつであろう」。

イエス様は、イエス様に従う人たちが暗闇の中にとどまることがないように、闇の中を歩くことがないために、光としておいでになったことがわかります。

 このヨハネ福音書では、暗闇の中から光の中へ移ること、それが救いです。光の中を生きることが救いです。暗闇の中から、光の中へ移るというのは大きな変化ですから、救われるとき、その救いを喜びとして、はっきりと感じとることができます。

 たとえば旧約聖書の出エジプト記には、この救いが解放の出来事として書かれています。イスラエルの民はエジプト王の奴隷として毎日、辛く苦しい生活をしていました。つまり暗闇の中を生きているようなものです。希望がない生活が続くのです。しかし神さまは、イスラエルの民をエジプトから解放し、自由に生きることのできる土地へ導きます。奴隷状態からの解放は、暗闇の中から光の中へ移される救いです。イスラエルの民は、意気揚々とエジプトを出発したと書かれています(出エジプト14:8)。

 救いは、現実的です。暗闇の中から光の中へ移されたのですから。私自身、死の怖れと生きることの空しさから救われたとき、どんよりした曇り空の下に生きることから、青空の下に生きるようになった感じがしました。頭の上にのしかかる重しが取れたような解放感を感じました。信仰生活を始め、思い煩いからの解放、妬みからの解放、義務感からの解放など、折に触れて、それまでの不自由からの解放を味わってきました。救いを現実的なこととして感じることができました。

 あなたは、今、暗闇の中にいますか。それとも光の中に生きておられるでしょうか。あるいは、暗闇の中にいるのかどうか、わからないとおっしゃるかもしれません。暗闇というと、なにか絶望的な歩みをしているように感じます。ですから、私はそんなに辛い、苦しい生活をしているわけではないし、切実に救いを必要としているわけでもないし、暗闇の中にいるとは思えないとおっしゃる方もおられるでしょう。

 イエス様は光としておいでになりましたが、その結果はどうなったのでしょうか。ヨハネ福音書の最初にこう書かれています。

「光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった」(1:5)。

暗闇は光を理解しなかったとは、暗闇の中にいる人たちは、光であるイエス様を信じなかったとの意味です。

 3章には、次のように書かれています。

「光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。それが、もう裁きになっている」(3:19)。

人々はその行いが悪いので、光より闇の方を好んだというのです。あるいはこう言われています。

「悪を行う者は皆、光を憎み、その行いが明るみに出されるのを恐れて、光の方に来ないからである」(3:20)。
「悪を行う」

とか、

「その行いが悪い」

と言っても犯罪を行っているわけではありません。不道徳なことをしているとも限りません。聖書が語る罪は、神のみ心に反することを行うこと、神のみ心に反する生き方を持つことです。多くの人は自分の考えで歩みますから、神さまのみ心に逆らう部分が生じてしまいます。

聖書によれば、人はだれもが罪を犯しています。しかし自分は罪を犯していて、それが間違っていると気づいていないので、光の必要を感じない人も多いのです。

 聖書の言葉に戻ります。

「光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。それが、もう裁きになっている」。

裁きという言葉が出てきます。光の中を歩まず、暗闇の中を生きる、それが神による裁きに他ならないというのです。裁きとは、神から罰を受けることです。ここでは、暗闇を好む結果、暗闇がもたらす実を自ら実らせているというのです。光の中を生きることを選ばないので、悪い結果を自らに引き寄せるというのです。

言い換えると、光の中を歩む幸い、祝福を受け取ることができないという結果を刈り取っているということです。これが暗闇の中にとどまる結果となります。いつも不平や不満を持っている人は、暗闇に留まっていると言えると思います。自分を偽り、自分をごまかし、自分は幸せだと思い込んでいる人も暗闇の中にとどまっていると言えると思います。

 イエス様が光としておいでになったのは、イエス様を信じる人が暗闇の中にとどまることのないためです。次に、イエス様を信じるとはどういうことなのでしょうか。ヨハネ福音書を読んでいると、よく、多くの人がイエス様を信じたとの記述に出会います。特にイエス様が奇跡を行ったのを見てイエス様を信じたというのです。私は聖書を読んでいて、この人たちは何を信じたのかと考えてしまいます。

 44節でイエス様は語ります。

「わたしを信じる者は、わたしを信じるのではなくて、わたしを遣わされた方を信じるのである」。

<わたしを信じる者は、わたしを信じるのではなく>。どういうこと? 一瞬、戸惑います。イエス様を信じるとは、イエス様をお遣わしになった方を信じることだとの意味です。イエス様をお遣わしになった方を信じなければ、イエス様を信じたことにはならないとの意味になります。それならイエス様をお遣わしになった方を信じるとは何を信じることになるのでしょうか。

 父なる神さまは、イエス様をこの世にお遣わしになりました。聖書は引用しませんが、イエス様は、父なる神さまから、

「これをしなさい」

と言われたことを行い、

「これを語りなさい」

と言われたことを語ったと、繰り返し話されます。イエス様は、ご自分の思いで語り、行動されたのではなく、神さまと心をひとつにして、神さまの御心を行い、神さまのみ心を教えられたのです。ですからイエス様を信じるとは、父なる神さまとイエス様は、一つであると信じることです。

 そしてイエス様を信じるとは、後からお話ししますが、イエス様とわたしが一つであることを信じることです。一つであると言っても、私たちとイエス様は対等な関係ではありません。私たちとイエス様が一つであることを、イエス様はたとえをもって語られます。羊飼いと羊のたとえがあります。イエス様は羊飼いで、私たちは羊です。羊である私たちは、羊飼いであるイエス様に導かれ、一つの群れをつくります。あるいは、イエス様は、ぶどうの木のたとえを語られました。

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である」。

枝である私たちはぶどうの木、つまりイエス様につながっており、一つのぶどうの木に私たちは組み込まれています。イエス様を信じるとは、イエス様と一つになることを意味します。

 イエス様を信じる者が、暗闇の中にとどまることのないように、イエス様は光としておいでになりました。暗闇の中にとどまることが具体的にどういうことかは、ヨハネ福音書にあまり語られていません。逆に光の中にとどまることが書かれていますので、これを明らかにしたいと思います。その手がかりは、<とどまる>という言葉です。イエス様を信じる人は、暗闇ではなく、光にとどまるのです。この<とどまる>という言葉は、この福音書に何回も出てくる重要な言葉です。

 この福音書で<とどまる>という言葉の使われ方を調べると三種類の使い方があります。一つは、イエス様の言葉、神さまの言葉との関連です。

「わたしの言葉があなたがたの内にいつもとどまるならば」(15:7)。
「あなたがたがわたしの言葉にとどまるならば」(8:31)。

ですから、光の中にとどまるとは、イエス様の言葉にとどまり、イエス様の言葉が、私たちの心にとどまることを意味しています。

 二つ目は、イエス様ご自身と私たち自身がひとつになることです。ぶどうの木のたとえの中の言葉を引用します。

「わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている」。

<つながっている>という言葉と訳されていますが、<とどまる>を意味する言葉が用いられています。イエス様はこれと似た言葉を語っています。

「あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいる」(14:7)。

イエス様と私たちが密接な関係にあることを示しています。イエス様と私たちが一体であることを示しています。そしてイエス様と私たちが一つであることは、言い換えれば、イエス様の言葉が私たちの心に留まり、私たちが、イエス様の言葉にとどまることと同じです。

 三番目は、ある場所に滞在することを意味します。

 以上のことを踏まえると、光の中にとどまるとは、イエス様との密接な関係に歩み、イエス様の言葉を心にとどめ、イエス様の言葉にとどまる、ということができます。逆に、イエス様との関係がなく、あっても希薄な場合、あるいはイエス様の言葉なしに生きるなら、それは暗闇の中に留まることになります。ですから自分の心と思いの欲するままに生きるなら、それは暗闇の中にとどまることとなります。

イエス様は光としておいでになり、私たちを親しい関係の中に、イエス様の言葉によって生きるように私たちを招いておられます。詩篇の言葉があります。

「あなたの御言葉は、わたしの道の光/わたしの歩みを照らす灯」(119:105)。

暗闇にとどまらない人は、神さまの言葉によって生きる人です。イエス様は、光としておいでになり、私たちを神さまの言葉によって生きるように招いておられます。

 光の中を歩む人、神さまの言葉によって生きる人の特徴は何でしょうか。それは喜びにあります。イエス様が私たちに与えてくださる喜びには特徴があります。それは、イエス様が私たちに与えてくださる喜びであり、この喜びは誰も、私たちから奪い取ることができないのです。イエス様が与えてくださる、とは言い換えると、私たちがそれまでは知らなかった喜びだということです。誰も奪い取ることができないとは、この喜びは、いつも私たちの心の中にあり、何が起きても、この喜びは私たちの心から消えないということです。

 

「わたしの喜びが彼らのうちに満ちあふれるように」(17:13)

「わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。その喜びをあなたがたから奪い去る者はいない」(16:22)。

イエス様とつながって、イエス様の言葉によって生きる人には、イエス様につながって生きる喜びがあり、その喜びは、誰も、そして何事も、私たちから奪うことはできないのです。

 聖書には、

「いつも喜んでいなさい」

との命令があり、そんなことは無理だという人がいます。この人は、イエス様が与えてくださる喜び、誰も奪えない喜びをまだ知らないのです。

 48節に

「わたしを拒み、わたしの言葉を受け入れない者に対しては、裁くものがある。わたしの語った言葉が、終わりの日にその者を裁く」

とあります。終わりの日に神の裁きがあるというのです。

 でもヨハネ福音書は、神の裁きは、今もあり、神の裁きを人は自ら引き寄せていると告げます。そのことは3章にあります。

「光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。それが、もう裁きになっている」。

つまり、光の中を歩む幸いを得ることができず、闇の中を歩くこと自体が、神からの罰だというのです。神の裁きは、人が自ら蒔いた種を刈り取るという形で現れることを教えています。

イエス様は光としておいでになりました。イエス様を拒む人は、光の中ではなく、暗闇の中に留まります。そして暗闇がもたらす実を刈り取ることになります。自ら招いた結果です。イエス様を信じるか否か、人の選択が、それに応じた結果をもたらします。イエス様を信じない人は、その不信仰の実を今、刈り取っているのです。イエス様を信じる人は、イエス様とつながって、イエス様と一つになって生きる人は、信仰の実を刈り取ります。

 そして終わりの日の裁きがあります。48節に

「わたしを拒み、わたしの言葉を受け入れない者に対しては、裁くものがある。わたしの語った言葉が、終わりの日にその者を裁く」

とあります。イエス様を信じなかった人には、終わりの日、神の裁きがあります。イエス様を信じない人は、この世において不信仰の実を刈り取りますが、終わりの日には、<滅び>を実として刈り取ります。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」。

ここには信じない人は滅びるとあります。

 現代人には、最後の審判とか、滅びとかは、なかなか受けとめにくいかもしれません。しかし聖書は神の言葉です。最後の審判が、本当にあるのかどうか、それを証明することはできませんが、私たちは、<ある>と考えます。それ故、神様を畏れ敬い、イエス様とひとつになる歩みを目指します。暗闇に留まらず、光の子として生きるよう、イエス様は私たちを招いておられます。

祈り