イエス様を信じる人がいれば、信じない人がいます。自分は信じても夫が信じない、あるいは妻が信じない、ということがあります。礼拝に誘えば来る方がいますが、誘いを断る人もいます。信じて欲しいと願っても、人はなかなか信じようとしないことがあります。信じないのは、その人を神さまが心をかたくなにされたからではないか、と思うことさえあるのではないでしょうか。

今日の聖書に

「神は彼らの目を見えなくし、その心をかたくなにされた」

とあります。そうか、だから、夫は、妻は、子供は、なかなか教会に来ないし、信じようとしないのだ、納得されるかもしれません。でも神さまのみ心は、人が救われることであって、滅びることではありません。ですから、神さまが信じることができないようにされたと考えるのは間違っていると思います。今日も聖書に聞きましょう。

 37節。

「このように多くのしるしを彼らの目の前で行われたが、彼らはイエスを信じなかった」

とあります。<多くのしるし>とありますが、ヨハネ福音書に記録されているイエス様のなさったしるし、奇跡は少ししかありません。しかし、この福音書に書かれていないしるしをイエス様は沢山行いました。そのことは、この福音書の最後に次のように書かれています。

「イエスのなさったことは、このほかにも、まだたくさんある。わたしは思う。その一つ一つを書くならば、世界もその書かれた書物を収めきれないであろう」。

 ユダヤ人たちは、イエス様の行った多くのしるしを見たのにイエス様を信じなかったのです。そしてユダヤ人たちがイエス様を信じなかったことについて、ヨハネ福音書の著者ヨハネは、預言者イザヤの言葉が実現したのだと語ります。38節の

「主よ、だれがわたしたちの知らせを信じましたか。主の御腕は、だれに示されましたか」。

これはイザヤ書53章1節の言葉です。

イエス様は人々に神について語り、また、しるしを行い、神さまの御業、奇跡を行ったのに、人々は信じることなく、また奇跡を見なかったごとくの有様です。まさにイザヤの預言したとおりだとヨハネは語ります。

 さらに40節。これもイザヤ6章からの引用です。いくら語っても、いくら奇跡を行っても人々は信じないように、神さまが彼らの心をかたくなにするとイザヤが預言したとおり、ユダヤ人たちは心をかたくなにして、イエス様を信じないのだ、とヨハネは説明します。

 預言者イザヤの時代も、イエス様の時代も、そして著者ヨハネが生きている時代も、神の言葉を語っても、人々はなかなか信じないのです。そして、私たちの時代においても、同じです。ヨハネは、それは神さまが人々の心をかたくなにしたからだと言います。

 そもそも信じるとはどういうことでしょうか。多くの人は、礼拝に来て説教を聴き続け、そしてある時、決心をして洗礼を受け、信仰者になります。説教を聴き続ける中で、納得できる時を待っているのです。そこで語られていることを何とか理解しようと思っているのです。でもあるとき、ふっと信じよう、信じてもいいとの気持ちに導かれるのではないかと思います。人は、自分の力で、自分の努力で、イエス様を信じることはできません。神さまの導きなしには、信じることはできません。そこで信仰は賜物、つまり贈り物だと言われます。実際聖書にも、そう書かれています。

 そうです、信仰に生きるのは、神さまの導きが必要なんです。たとえば、このような言葉が聖書にあります。

「聖霊によらなければ、だれも『イエスは主である』とは言えないのです」。

<イエスは主である>と告白するとは、イエス様を自分の主人と受け入れて生きること、イエス様に従順に生きることを意味しています。人は大抵、自分を主人と考えて生きていますから、イエス様を主人とし、自分はその家来であると考えるのは、神さまの導きが必要となります。イエス様を主人として生きる信仰は、聖霊が与えてくれるというのです。

 あるいは、聖霊は、罪とは何かを教えてくれるとあります。私たちは自分が罪を犯す者、罪人であると知るのは、聖霊の働きによるのです。ですから、私たちは自分の努力だけでは信仰を持つことはできません。信じるには、神の導きが必要なのです。

しかし信じないことについては、人間が、自分が信じないと決めればよいわけで、神の助けも必要ありません。今日の聖書では神さまが人間に、イエス様を信じないように働きかけたとあります。驚きます。しかし神さまは本当にそんなことをするのでしょうか。

 39節では、ユダヤ人たちがイエス様を信じることができなかった理由があるとヨハネは語ります。その理由は、40節です。

「神は彼らの目を見えなくし、/その心をかたくなにされた」。

神さまが、人々を導き、イエス様を信じることができないようにされたと書かれています。信じたくても神さまに邪魔されて信じることができないこともあるかのような表現です。

でも、神さまは、信じたいと考えている人を信じないようにさせることがあるのでしょうか。神さまのみ心は人が救われることにあるので、信仰を邪魔することはありません。では、なぜ神さまがどのようにして人の心を見えなくし、心をかたくなにされるのか、と問われたら、そこには、神さまの目的があるからと答えることができます。

 たとえば、旧約聖書に出エジプトの出来事があります。エジプトでイスラエルの民は奴隷として苦しんでいました。神はモーセを指導者に選び、エジプトの王と交渉させます。イスラエルの民に休みを与え、神を礼拝させるようにとモーセはエジプトの王と交渉します。その時、神はエジプト王をかたくなにさせるとモーセに告げます。エジプト王が、休みを与えることを拒み続けるので、神さまはさまざまな奇跡を行い、エジプトに禍をもたらします。そして最終的に、エジプト王はイスラエルにエジプトから出て行けと命じます。それでイスラエルの民は自由になるわけですが、イスラエルの民は、神が偉大な神であることを思い知らされ、彼らは神の民となるのです。

エジプト王が心をかたくなにしたからこそ、神のみ業が繰り返し現れ、神さまの偉大さが現れたのです。神さまが人々の心をかたくなにするとき、そこには何か神さまの計画があると考えることができます。ただしそれがいつも人間に分かるとは限りません。

 42節で

「とはいえ、議員の中にもイエス様を信じる者が多かった」

とあります。37節の

「彼らはイエスを信じなかった」

という説明と矛盾しているように思えます。著者ヨハネは、神さまがユダヤ人たちの目を見えなくし、心をかたくなにされても、信じた人はいるというのです。ユダヤ人たちが心をかたくなにされてイエス様を信じなかったことについては、神さまの目的がありました。つまりイエス様が十字架で死ぬという目的です。目的があるからといって、ユダヤ人が心をかたくなにされたからといっても、だれもが信じないようにされたわけではなく、信じる人たちはいたのです。イエス様を信じるも、信じないのも、一人一人の決断によるのであって、神さまが信じるのを妨げたわけではありません。

 では、なぜ、ユダヤ人たちは、イエス様を信じることを拒んだのでしょうか。神さまが彼らの心をかたくなにしたからかもしれませんが、でも信じた人はいました。では信じなかった人は、何故信じなかったのでしょうか。そこを突っ込んで考えてみたいと思います。

 神さまを信じていない人が、イエス様と出会い、イエス様の話を聞き、イエス様の奇跡を見ても、イエス様を信じないのは分かります。そう簡単に神さまを信じることはできません。でもユダヤ人たちは、神を信じています。聖書も読んでいます。それなのに神さまがお遣わしになったイエス様を拒絶します。なぜでしょうか。

 それは、ユダヤ人たちの高慢の罪のためであると考えます。ヨハネ福音書の9章の最後でイエス様は語ります。

「わたしがこの世に来たのは、裁くためである。こうして、見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになる」。

イエス様がおいでになったということは、人はイエス様に対して何らかの態度を取ります。受け入れるか、拒むか、どちらかの態度を取ります。その結果、見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになるというのです。

 そしてユダヤ人たちが、

「我々も見えないということか」

と言います。するとイエス様は言います。

「見えなかったのであれば、罪はなかったであろう。しかし、今、『見える』とあなたたちは言っている。だから、あなたたちの罪は残る」。

 つまりユダヤ人たちは、自分たちは神を信じている、神を知っている、聖書も読んで、神についてよく知っていると主張します。つまり見えると主張しているのです。それなのになぜ、神がお遣わしになったイエスを信じることができないのでしょうか。そこに罪があるとイエス様は言います。ユダヤ人たちには、罪の自覚がないのです。彼らにあるのは、自分たちは神の教えを守っているとの自負です。

 旧約聖書を読んで分かることがあります。それは罪の自覚ということです。自分が罪を犯す者であるとの自覚です。私は罪の自覚を、浅い自覚と深い自覚に分けることができるのではないかと考えます。浅い自覚とは、自分は間違ったことをした、罪を犯したという自覚です。罪の行為に目が向かいます。これに対して、罪の深い自覚とは、神に対して罪を犯したとの自覚です。神との関わりで罪を自覚します。

神に対して罪を犯したという自覚は、自分が神の前に生きているという自覚がないと持つことができません。そしてこの自覚は、私たちの心にはっきりと刻まれるのです。この刻印は、神がおられるとの確かな証拠であり続けます。そして自分が罪を犯す者であることを知らせ続ける刻印です。

 私は罪を犯したことがないと主張できる人間は一人もいません。だから、人は浅い罪の自覚は持つことができます。神の教え、律法を守っていると自負するユダヤ人たちは、神の前に罪を犯しているとの罪深い自覚はなかったのです。それがイエス様を拒絶した理由だと私は考えます。

 この深い意味での罪の自覚がないと、救い主であるイエス様を本当の意味で信じることはできません。自分は神さまに対して罪を犯したという自覚は、自分の滅びを予感させます。預言者イザヤも、神の前に自分がいると感じたとき、自分の罪を思い、

「災いだ。わたしは滅ぼされる」

と告白しました。

 それ故、神の前に罪人であると自覚を持った場合、人は赦しを求めざるを得なくなり、またこの罪から離れたくなります。どうしたら罪から離れることができるのかを知りたくなり、それを必死に求めるようになります。

 姦淫を犯したダビデは神に祈ります。詩篇51。

「神よ、わたしを憐れんでください/御慈しみをもって。深い御憐れみをもって/背きの罪をぬぐってください。わたしの咎をことごとく洗い/罪から清めてください。あなたに背いたことをわたしは知っています。わたしの罪は常にわたしの前に置かれています。あなたに、あなたのみにわたしは罪を犯し/御目に悪事と見られることをしました。神よ、わたしの内に清い心を創造し/新しく確かな霊を授けてください」。

ダビデは姦淫の罪を犯したと言っているのではなく、神さまに対して罪を犯し、神さまの目に悪事とみられることをしたと告白し、罪からの清めを求め、自分の内に清い心を創造してくださいと願っているのです。

 深い罪の自覚を持つ人は、新しく生まれ変わることを求めます。それを求める資格など自分にはないので、憐れんでくださいと祈ります。自分が聖霊の働きによって生まれ変わることを求めるのです。イエス様を拒絶できるのは、生まれ変わる必要を認めていないからです。自分はこれでいいのだ、と生まれ変わる必要を認めていないからです。イエス様だけが、私たちを新しく造り変えてくださいます。イエス様だけが、助け主、救い主なのです。

 イエス様はユダヤ人たちに言いました。

「あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している。ところが、聖書はわたしについて証しをするものだ。それなのに、あなたたちは、命を得るためにわたしのところへ来ようとしない」。

イエス様のところに行く必要を感じないから、イエス様のところに行きません。神さまを信じていても、イエス様のところに行く必要を感じないから、イエス様のところに行かないのです。自分たちは神の戒めを守っている、それ故、永遠の命を受け取ることができると考えているのです。自分たちが、神の前に、神に対して罪を犯していることに気づいていません。

 イエス様は弟子のトマスに

「信じない者ではなく、信じる者になりなさい」

と教えました。私は信じる者になりたいと願います。まだ神さまを、イエス様を信じることができないでいるあなた、信じることができるよう導いてくださいと祈りませんか。深い罪の自覚を持っていない方、神さまに対して罪を犯しているとの深い罪の自覚がまだないから、これを神さまに求めてみませんか。この自覚を持つとき、私たちはイエス様のもとに行くようになります。自分は罪を犯している、神の教えを破っているとの浅い罪の自覚だけだと、赦しのメッセージを聞いて満足し、自分を変える必要を感じません。イエス様が私たちの救い主であることが本当には分かりません。

 今日の聖書の最後に出てきたイエス様を信じる人たち。この人たちは恐れを抱き、人の目を気にして生きる信仰者です。この人たちは、迫害が起きれば、信仰はどうなるのでしょうか。この人たちは、茨の中に落ちた種のようです。思い煩いや、富の誘惑、その他の欲望に振り回され、実を結びません。豊かに実を結ぶ種ではありません。信じない者ではなく、信じる者でありたいと願います。

祈り