→私たちは、誰かを支配しようなどとはあまり考えないと思います。もし誰かを支配するときは、相手が、自分は支配されていると気づかない形で支配するのが最善の支配です。なぜなら、支配されている人の反抗・抵抗が起きないからです。しかし大抵の支配は、支配される人に苦痛をもたらします。すると抵抗運動が起きます。

→聖書は、人間を支配する悪しき力の存在を語ります。その存在を聖書は悪魔とか、サタンとか呼んでいます。私たちの心のなかには色々な思いが湧いてきます。その思いのなかには、悪魔から来る思いもあると聖書は告げます。イエス様の弟子で、イエス様を裏切ったユダという男がいます。悪魔は、彼の心にイエスを裏切る考えを抱かせたとあります。

→創世記3章に、アダムとエバが、神さまから取って食べるなと禁じられた木の実を食べたことが書かれています。エバの前に蛇が現れ、取って食べるように誘惑します。その結果、二人とも禁じられた木の実を食べてしまいます。この物語は、人間の心に浮かぶ悪い思いが、悪魔から来ることを物語っています。

→<憎しみの連鎖>という言葉があります。平和を生み出すためには、争わず、問題が起きれば話し合って解決すれば良いことはだれでも分かります。しかし、相手からひどい仕打ちをされると、憎しみが生まれます。そして仕返しをしようという思いになり、仕返しをします。すると相手も憎しみを抱き、仕返しをしてきます。その結果、平和をつくることができず、いつも争っています。人は憎しみに心を支配されています。憎しみは、悪魔がもたらす思いです。

→この世は、悪魔の支配下にあります。この世に生きている人は、悪魔の支配下にあります。しかし多くの人はそれに気づいていません。

→イエス様は今日の聖書で、この世の支配者が追放されると語られました。悪魔はこの世の支配者です。イエス様がこれを追放することにより、私たちは、救いを与えられます。今日も聖書に聞きましょう。

→27節。

「今、わたしは心騒ぐ。何と言おうか。『父よ、わたしをこの時から救ってください』と言おうか。しかし、わたしはまさにこの時のために来たのだ」。

→イエス様は

「心騒ぐ」

とおっしゃいました。なぜでしょうか。それは死を前にしているからです。イエス様はこれまで何度か、<天の父のもとに帰る>と語ってこられました。そのためには死を通らなければなりません。そして今、その時が来たのです。死を目前にして心が騒ぐというのです。

→皆さんのなかには、イエス様がゲッセマネの園で祈られたことを思い出される方もあると思います。イエス様は祈られました。

「アッバ、父よ、あなたは何でもおできになります。この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように」。

→イエス様は弟子たちに三度、ご自分が捕らえられ、死ぬこと、そして三日目に復活することを語られました。イエス様は御自分が死ぬことを知っており、今、その時が迫ったときに祈られたのです。<この杯をわたしから取りのけてください>。<この杯>とは、十字架の死、苦難の死を指します。苦難の死を遂げないで、なお救い主として働く道があるなら、その道を歩ませてくださいとの意味です。しかしイエス様は、自分の願いではなく、神さまのみ心が行われるようにと祈られます。このイエス様の祈りはゲッセマネの祈りと呼ばれます。

→ゲッセマネの園の祈りを祈る時、イエス様はただお一人で祈られたのです。弟子たちは離れたところにいました。27節の言葉は、ヨハネ福音書におけるゲッセマネの祈りということができるかもしれません。しかしヨハネ福音書では、さばに群衆がいるのです。イエス様は

「わたしはまさにこの時のために来たのだ」

と語り、自分から選んで、十字架の死を選び取ります。そして、これが神のみ心であることを群衆に知らせようとしています。そのことはすぐに分かります。

→続けてイエス様は祈ります。

「父よ、御名の栄光を現してください」。

<御名>とは、神さまの名前のことですが、神さまの名は、神さまの本質、神さまご自身を意味します。イエス様は、神さまの栄光を現してください、と祈ります。神さまが栄光を現すとは、神さまが神さまであることを現すことを意味します。神さまが栄光を現してくれれば、人々が神を信じるきっかけになります。

→すると神さまはイエス様の祈りに答えます。

「わたしは既に栄光を現した。再び栄光を現そう」。

→神さまは、既に<栄光を現した>のです。たとえば11章です。マリアとマルタの姉妹の兄弟ラザロが病気になりました。マリアとマルタはイエス様に使いを送り、来て欲しいと頼みました。イエス様が来てくれれば、病気を治してもらえると思ったからです。でもイエス様は、すぐに彼女たちの所に行こうとはしませんでした。そして言います。

「この病気は死で終わるものではない。神の栄光のためである。神の子がそれによって栄光を受けるのである」(11:4)。

→イエス様は、ラザロが死んだ頃を見計らって出かけます。着いたとき、ラザロは既に墓に葬られていました。イエス様は墓の前に立ち、

「ラザロ出てきなさい」

と叫び、ラザロを生き返らせます。ラザロが墓から出てきたとき、人々は驚きます。神のみ業を人々は見たのです。神の栄光が現れたのです。

→あるいは、9章でイエス様は生まれつき盲人の目を見えるようにしました。この生まれつき盲人の目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか、本人ですか、それとも両親ですか、と弟子たちがイエス様に質問したとき、イエス様は

「神のみ業が現れるため」

と答え、盲人の目を開きました。盲人の目が見えるようになる、それも神さまの御業です。神のみ業が、つまり神の栄光が現れたのです。神さまは、イエス様を通して、栄光を現されたのです。

→そして神さまは、<再び栄光を現そう>と語られました。具体的にどういうことなのかと思いめぐらします。たとえばイエス様が十字架で死んだ後、神さまはイエス様を復活させます。死者からの復活、それは神のみ業であり、神さまが栄光を現されたことになります。

→あるいはイエス様は一粒の麦の種の話をしました。

「一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ」。

種が死んで多くの実を結ぶように、イエス様は十字架で亡くなりますが、その死は、多くの人を救うことになります。イエス様の死は挫折の死ではなく、人々を救う死であり、神さまはイエス様の死を通して救いの業をなさって、栄光を現されることになります。

→この

「栄光を現す」

との神の声は、そばにいた群衆には、大きな音としてしか聞こえませんでした。群衆は、イエス様の祈りの答えとして、異様な大きな音を聞いたのです。ある人は、雷が鳴ったとか、別の人は、天使がイエス様に話しかけたのだと言います。

→30節でイエス様は、

「この声が聞こえたのは、わたしのためではなく、あなたがたのためだ」

と答えます。イエス様が神さまに遣わされた方であること、イエス様の死が、神の救いの業であることを神さまが教えておられるというのです。

→そして31節。

「今こそ」。

イエス様が十字架で亡くなるとき、その時何が起きるのかをイエス様は語ります。

「今こそ、この世が裁かれる時。今、この世の支配者が追放される」。

→<この世の支配者>とは、誰のことを指すのでしょうか。ひとつには、イエス様を捕らえようとするユダヤ人の指導者たちです。

「もはや、あなたがたと多くを語るまい。世の支配者が来るからである」(14:30)

とイエス様は弟子たちに語り、ユダヤ人たち、つまり世の支配者が、イエス様を逮捕するためにすぐに来ることを語っています。そして<この世の支配者>のもう一つの意味は、悪魔です。聖書は、この世は悪魔の支配下にあると告げます。

→本当でしょうか。聖書は本当だと語ります。たとえば、このヨハネ福音書の最初、1章5節。

「光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった」。

闇が覆っているこの世に光が輝いたのです。つまり救い主であるイエス様が人間を照らす光として、この世においでになりました。しかし暗闇は光を理解しなかったとあります。暗闇の中にいる人々は、イエス様を信じなかったというのです。悪魔の支配、それは人々を暗闇の中に閉じ込めるのです。

→あるいは、3章19節。

「光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。それが、もう裁きになっている」。

人々は光よりも闇を好んだというのです。なぜ闇を好んだのかと言えば、悪魔に支配されているからです。現代の人は悪魔なんているはずがないと思うでしょう。

→ではなぜ、人の心に悪い思いが湧いてくるのでしょうか。そしてその悪い思いに人は、なぜ従うのでしょうか。聖書は、悪魔の働き、そして支配を見るのです。日本語でも

「魔が差す」

という表現があります。辞書によれば、<魔>とは人の心を惑わし害を及ぼす悪い神、とあります。昔の日本人も悪しき力の働きを感じているのです。

→ヨハネの手紙には、ズバリこう書かれています。

「わたしたちは知っています。わたしたちは神に属する者ですが、この世全体が悪い者の支配下にあるのです」(5:19)。

→<この世の支配者が追放される>とはその悪魔の支配が打ち砕かれるということです。悪魔の支配力は無力にされたということです。悪魔の支配に、私たちが勝利できるようになったということです。ヨハネの手紙にはこう書かれています。

「罪を犯す者は悪魔に属します。悪魔は初めから罪を犯しているからです。悪魔の働きを滅ぼすためにこそ、神の子が現れたのです」(3:8〜9)。

イエス様は、悪魔の働きを滅ぼし、その支配を打ち砕かれたのです。

→この世は、悪しき者の支配下にありますが、イエス様はその支配を打ち砕き、私たちを解放してくださったのです。今日の聖書で印象に残る言葉は<今>という言葉です。27節。

「今、わたしは心が騒ぐ」。

十字架をまえにしたイエス様のお気持ちです。そして31節、今こそ、この世が裁かれるとき、今、この世の支配者が追放される。今日の聖書には、<この世の支配者は追放された>というメッセージが鳴り響いています。

→32節でイエス様は語られます。

「わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう」。

<地上から上げられる時>にも二つの意味があります。一つは十字架にあげられる時、もう一つは、天の父なる神のもとへ上げられる時を意味します。イエス様は十字架の上で亡くなり、復活し、天の父のもとへ帰られます。

→イエス様が上げられる時、<すべての人を自分のもとへ引き寄せる>というのです。イエス様を信じる人はすべて、ご自分のもとへ、つまり天に引き寄せるのです。言い換えるとイエス様を信じる人に対する救いの約束です。

→続いて33節。

「イエスは、御自分がどのような死を遂げるかを示そうとして、こう言われたのである」。

イエス様の死は、一見して、敵対者によって殺されるという死です。しかし、イエス様の死は、神さまのご計画の中にある死であり、イエス様は自らこれを選び取られたのです。イエス様の死は、一粒の麦の種が死んで多くの実を結ぶように、多くの人を救いに導く死です。そしてイエス様の死は、この世の支配者、悪魔を追放し、その力を無力化し、私たちをその支配から解放し、自由にする死です。

→それ故にイエス様は

「光のある内に歩きなさい」
「光の子となるために、光のあるうちに光を信じなさい」

と人々を信仰に招きます。<光のあるうちに>、イエス様が死んでしまう前に光であるイエス様を信じ、歩きなさい、との勧めです。

→イエスは語られました。

「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ」(8:12)。

あるいはこうも語られました。

「わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である。あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする」(8:31〜32)。

→イエス様を信じる人の特徴は、暗闇の中を歩まず、光の中を歩むことです。いつも喜びと希望を持って歩みます。たとい不安や恐れがあったとしても、たとい迫害の中におかれたとしても、なお、それらにまさる喜びと望みを持って生きることができます。その心は平安に満たされます。

→イエス様を信じる人のもう一つの特徴は、自由です。さまざまな束縛から解放され、自由に歩みます。私たちは色々な思い、感情に支配されがちです。憎しみに支配され、憎しみの連鎖から逃れられない人たちもいます。思い煩いに縛られたり、罪責感に苦しめられたり、従いたいという神さまのみ心に心が固くなって従えなくなることもあります。色々なものが人間の心を縛り、束縛します。

→しかしイエス様を信じる人は、自由にされます。心が伸びやかになります。イエス様の言葉、真理の言葉が信じる人を自由にします。自由にされた人は、迫害の中にあっても、勇気を出して生きることができます。そして自由にされた人は、互いに愛し合う人とされます。救いの恵みは何と素晴らしいことでしょうか。

祈り