今日の聖書で印象に残るのは、

「わたしのいるところに、わたしに仕える者もいる」

というイエス様のお言葉です。イエス様に仕える者、それは信仰者のことです。すると、

「わたしのいるところにあなたもいる」

とイエス様は私たちにおっしゃっていることになります。<イエス様のいるところ>、それはどこなのでしょうか。

私のいるところにイエス様が来て、私のことを助けてくださる、ということはよく分かります。それが私たちの信仰生活の一部であるからです。でもわたしがイエス様のいるところに行くって、どういうことなのでしょうか。イエス様のいるところへ行くと何が起きるのでしょうか。イエス様のいるところに、あなたもいる、イエス様のいるところに、わたしもいる、これがどういうことなのか、今日のテーマです。

 今日の聖書には複数のギリシャ人が登場します。彼らはギリシャ人ですが、神を畏れる人と呼ばれる人たちです。彼らは、自分の町にあるユダヤ人の会堂の礼拝に出席して、ユダヤ人が信じる神を畏れる思い、信じる思いがあるのです。それで過越祭の時、わざわざエルサレムまで巡礼の旅をしたのです。神を信じる思いは、ユダヤ人と変わりがないと思えます。エルサレムの町で彼らは、死んだラザロを生き返らせたという話を聞き、イエス様について関心を持ちます。イエスの弟子を探し、フィリポを見つけ、イエス様のもとに連れて行って欲しいと願います。イエス様のいる所へ行きたいと願いました。

 フィリポはアンデレのところに行きました。ギリシャ人たちをイエス様に会わせてよいものか、相談したのだと思います。二人はイエス様に会わせることにして、イエス様のもとに行きます。そしてイエス様に話します。イエス様は、お答えになるのですが、その答えは、答えになっていません。ギリシャ人に会おう、とか、今は会わないとか、の返事をしていません。いきなり

「人の子が栄光を受ける時が来た」

と語り始めます。

 ギリシャ人に会って彼らの話を聞いたり、彼らと話をする状況ではないのです。イエス様の死が間近に迫ったのです。それでイエス様は、弟子たちに教え始めます。

「はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ」(24節)。

聖書の中でもよく知られた言葉です。イエス様は、ご自身の死が多くの実りをもたらすと語りました。ご自分の死が多くの人を救いに導くことになると話されたのです。

 NHKのEテレで子供向けの番組で、種が発芽する様子を見たことがあります。土の中に蒔かれた種から、まず根が出ます。次に芽が出ます。やがて葉となります。最初は種の持つ栄養分によって植物は成長します。種は自分自身を栄養分として植物の成長のために提供します。やがて根から吸収した栄養分が植物を成長させ、実りをもたらします。その時、栄養分をすべて出し尽くした種は姿も形もありません。一粒の種は、地に落ちて死ななければ、種のままです。地に落ちて死ねば、実りを豊かにもたらすことがわかります。

 このたとえは、イエス様の死が、多くの実りをもたらすことを語ります。イエス様の死は、多くの人を救うのです。人々を救い、永遠の命を与えるものとなるのです。そのイエス様の死が間近に迫ったのです。

 続いてイエス様は語ります。25節。

「自分の命を愛する者は、それを失うが、この世で自分の命を憎む人は、それを保って永遠の命に至る」。

似た言葉が他の福音書にも出てきます。マルコ福音書の言葉を紹介します。

「自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のために命を失う者は、それを救うのである」(8:35)。

 イエス様ご自身、自分の命を救おうとは考えず、死を避けようとはしていません。まさにご自分の死に向かって歩みます。栄光の時が来た、つまり、イエス様の死の時が来たのです。神さまの救いの御業のために、ご自分の命を惜しむことをしません。25節の言葉は、イエス様ご自身のことを語る言葉です。そしてこれは弟子たちに向けられた言葉です。

 自分の命を愛するとは、自分の命に執着すること、自分のために生きることしか考えないことを意味します。自分の命を憎むとは、神さまのために自分の命を献げることを意味します。そして自分の命を愛する者は、自分の命を失うというのです。逆に、自分の命を惜しまない人が、命を保ち、永遠の命に至るというのです。永遠の命に至るとは、神の国に迎えられるとの意味です。

 自分の命を救おうとする者がこれを失い、命を失う者が命を得るというのです。この25節は、逆説的真理です。そしてこれは、弟子たちに対する教え、私たちに対する教えでもあるのです。

 先ほど引用したマルコ福音書では、

「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のために命を失う者は、それを救うのである」。

 イエス様に従おうとする者は、自分の十字架を背負い、イエス様のために、また福音のために命をささげなさい」

というのです。これを見て、人は厳しい教えだ、むずかしい教えだ、どうしてそうする必要があるのかよく分からない、と言うかも知れません。しかし、イエス様が教えられたからには、これは真理なのです。でも、すぐに真理であると私たちが納得できるわけではありません。

 多くの人は、自分の命を救おうとして、自分のために生きています。何かのために命を犠牲にするなんて、あり得ない、そう考えています。しかし、忘れてはならないことがあります。神様は人間を造られたということです。そして最初の人アダムとエバは、神さまに背いたということです。創世記のこの物語は、私たち人間が皆神の前に罪を犯す者であること、罪人であることを語っています。私たち人間は、罪人であり、考え方が逆転しているところがあるのです。まさに命についての考え方が逆転しているのです。私たちが、自分の命を愛すること、自分の命を救おうと考えることは、神の目から見れば、間違いなのです。だから、自分の命を失うことになるとイエス様は教えています。

 ヨハネ3章でこう書かれています。

「光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ」。

ここに罪人である人間の考え方が逆転していることが分かります。そこで、私たちは目が開かれることが大切です。ヨハネ福音書の9章で、イエス様は生まれつき目の見えない人の目を見えるようにしました。これはいやしの奇跡です。しかし盲人の目が見えるようになったというだけの話しではありません。私たちの心の目をイエス様は開いてくださるという話しです。私たちの心の目が開かれるとき、イエス様の教えが真理であると分かります。つまり、自分の命を憎む人、自分の命を神の前にささげる人が、命を保ち、永遠の命に至ることが真理であると分かるようになります。

 26節を読みます。

「わたしに仕えようとする者は、わたしに従え。そうすれば、わたしのいるところに、わたしに仕える者もいることになる」。

ここには約束と命令があります。

「わたしに従え」

、それが命令です。この命令には約束が伴っています。つまり、イエス様に従う人はイエス様のいるところにいることになる、というのです。

 イエス様のいるところにいる、とはどういうことでしょうか。<イエス様のいるところに私たちがいる>、これは、私たちが<生きる>ということです。<イエス様のいるところに私たちがいる>、それは私たちがイエス様につながっているということです。イエス様が語るぶどうの木のたとえがあります。私はぶどうの木、あなたがたはその枝であるとイエス様は語ります。さらに

「人が私につながっており、私もその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ」

とあります。<生きている>から、実を結ぶのです。あるいは、羊飼いと羊のたとえをイエス様は語りました。

「わたしが来たのは、羊がいのちを受けるため、しかも豊かに受けるためである」(10:10)。

イエス様によって<いのちを豊かに受ける>、言い換えるとイエス様によって生きるのです。

 私たちは誰だって生きている、それは確かです。しかしイエス様は言います。

「あなたがたが生きているというのは名ばかりで実は死んでいる」。

イエス様によって、私たちは本当に生きることができるのです。イエス様はこのようなことを語っています。

「死んだ者が神の子の声を聞く時が来る。今やその時である。その声を聞いた者は生きる」(5:25)。

死んだ者が神の子の声を聞くと生きるというのです。人は、生物としては生きているかもしれませんが、神の前に、生きているとは言えないのです。罪を犯しているからです。その結果、光が世に来たのに、人々は光より闇を好んだのです。それはまさに死んだに等しいのです。しかし、神の子の声を聞く人は生きるのです。イエス様のいるところに私たちが<いる>とは、私たちがイエス様につながり、私たちが生きる者となるということです。

 イエス様のいるところに私たちが<いる>ことが大切です。そこで考えてください。現実の私たちはどこにいるのでしょうか。あなたはどこにいるのでしょうか。神さまから取って食べてはいけないと禁じられた木の実を食べたアダムとエバに対して、神さまは言われました。

「どこにいるのか」。

 イエス様が語られた放蕩息子のたとえ。ルカ15章。あの放蕩息子は、神の目から見て、いなくなってしまったのです。神さまから見て、どこかに行ってしまったのです。自分から神さまから離れて、行方知れずになってしまったのです。イエス様のいるところに私たちが<いる>ことが大切です。現実の私たちはどこにいるのでしょうか。あなたはどこにいるのでしょうか。

 イエス様のいるところに私たちが<いる>ことが大切です。それはイエス様につながっていることだとお話ししました。私たちがイエス様とつながって生きることができるように実は、イエス様が祈っておられます。

「父よ、わたしに与えてくださった人々を、わたしのいる所に、共におらせてください。それは、天地創造の前からわたしを愛して、与えてくださったわたしの栄光を、彼らに見せるためです」(17:24)。

すごいことが書かれています。まずイエス様は、私たちがイエス様のいるところに<いる>ことができるようにと祈られます。それは何のためかというと、イエス様の栄光を見るためであるというのです。天地創造のまえから神の子として持っているイエスの栄光を見るためであるというのです。言い換えるなら、イエス様が本当に救い主であることが分かるということです。そして私たちがイエス様を讃えるようになるということです。私たちがイエス様の喜んでお従いするようになるということです。そうなるように、イエス様は、私のために、あなたのために祈っておられるというのです。

 さらにイエス様はおっしゃいます。

「わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる」(14:3)。

イエス様は、十字架で亡くなり、天の父のもとに帰りますが、また戻ってきて、イエス様のもとに私たちを迎えてくださるというのです。復活された主イエスが、私たちを迎えてくださるのです。その結果として、<こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる>というのです。イエス様が迎えてくださるので、私たちはイエス様のいるところにいることができるというのです。私たちは復活されたイエス様のもとにいるというのです。

 そして今日の聖書では、

「イエス様に従えば」

、私たちはイエス様のいるところに行くことができるというのです。イエス様が迎えてくださるので、私たちもイエス様のところに行くのです。こうして私たちはイエス様につながり、イエス様との交わりに歩みます。その時、私たちは豊かに実を結びます。

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ」(15:5)。

 色々な実があると思います。神さまを賛美する心。神さまの言葉を喜ぶ心。兄弟姉妹、互いに愛する心。これらの心から生み出される行いはすべてイエス様につながっていることから生まれる実です。

 イエス様のいるところにいるために、私たちはぶどうの木の枝として、ぶどうの木であるイエス様につながるのです。私たちは羊として、羊飼いであるイエス様の羊となるのです。その時、私たちは生きるのです。私たちがイエス様のいるところにいることができるようにと、イエス様は私たちのことを祈っておられます。

祈り