今日はペンテコステです。ペンテコステとはギリシャ語で50を意味します。イエス様が復活されてから50日目に、弟子たちの上に聖霊が降りました。聖霊、言い換えると神の霊です。そして弟子たちは大胆にイエス・キリストを宣べ伝え、キリストの教会が誕生しました。

 しかし私たちには、聖霊が今ひとつ分からない、という思いがあるのではないでしょうか。聖霊は見えませんし、聖霊を求めるのは良いけど、何か取り憑かれても困るという思いもあるかもしれません。日本基督教団の諸教会では、聖霊の働きを熱心に求めることが少ない現実もあると思います。

 今日の聖書で分かることですが、イエス様を宣べ伝えるためには、聖霊の働きがどうしても必要となります。だからイエス様は今日の聖書で、

「父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす」

とお命じなった後、

「聖霊を受けなさい」

と語られます。

 イエス様に遣わされるのは、特別な人だけではありません。私もあなたも、イエス様を信じる人は皆、イエス様に遣わされています。人それぞれの仕方で、イエス様のことを伝えるのです。私たちは、聖霊の導きを必要としています。今日も聖書に聞きましょう。

 イエス様は弟子たちをお遣わしになります。イエス様のことを宣べ伝えるために弟子たちをお遣わしになります。そこで、私たちが覚えておくべき事があります。それはイエス様が、その弟子たちのために祈っておられるということです。

 十字架にかけられる前の晩、イエス様は弟子たちと共に過ごしました。他の福音書では、イエス様が弟子たちと食事をしたことが書かれています。最後の晩餐と呼ばれています。ヨハネ福音書では、イエス様は弟子たちの足を洗い、その後、弟子たちに説教をなさっています。14〜16章です。そして最後にイエス様が祈っておられます。17章全体が、イエス様の祈りとなっています。そのなかに遣わす弟子たちのための祈りがあります。

 第一の祈りは、15節。

「わたしがお願いするのは、彼らを悪い者から守ってくださることです」。

イエス様はまず、弟子たちを悪い者から守ってください、と祈っています。イエス様を宣べ伝える弟子たちを、妨げる者たちから守ってくださいとの祈りです。あるいは、弟子たちをあらゆる誘惑から守ってくださいとの祈りです。あるいは、心がくじけないように、心が折れないように、あるいは怠けることがないように、とイエス様は弟子たちのために祈ります。イエス様を宣べ伝える弟子たちももちろん祈るでしょう。弟子たちは、イエス様を伝える働きが実るために、祈ります。祈らずには、宣べ伝える働きはできません。心に留めましょう、弟子たちより先に主イエスが祈っておられるのです。

 第二の祈りは17節。

「真理によって、彼らを聖なる者としてください。あなたの御言葉は真理です」。

弟子たちを聖なる者にしてくださいと祈っています。聖なる者とは、心がきれいな人とか、罪に汚れていない人を意味するのではありません。聖なる人とは、神さまに用いられるための特別な人という意味です。この世の人々から区別されて、神に用いられる人にしてくださいとの意味です。<真理によって>とあります。イエス様は、

「あなたの御言葉は真理です」。

と語ります。つまり<神さまのみ言葉によって生きる者>としてくださいとの意味です。神さまのみ言葉によって生きるという特長を持った人にしてください、との祈りです。

 真理であるみ言葉に生きる者とし、イエス様を宣べ伝える者にしてください、とイエス様は弟子たちのために祈っておられるのです。遣わされる弟子たちが、自分たちの働きのために祈る前に、既にイエス様が弟子たちのために祈っておられるのです。

 私たちもまた、イエス様に遣わされます。そして私たちのために、主イエスは祈っておられるのです。主イエスがあなたのために祈っておられるのです!あなたが真理の言葉に生きることができるように、主イエスが祈っておられます。あなたはそのことをご存知でしょうか。私たちはイエス様に祈られているのです。御言葉に生きることができるようにと祈られているのです。イエス様に祈られていることを忘れて、私たちが自分の必要を満たしてくださいとだけイエス様に祈っているとしたら、イエス様はどんな気持ちになられるのか、と思います。イエス様はお遣わしになる者のために祈られるお方です。

 しかし私たちが遣わされているって本当なのでしょうか。自分なんか、大したことはできない、と思われるかもしれません。遣わされても、何にもできない、と思われるかもしれません。だからこそ、イエス様は、

「聖霊を受けなさい」

と命じられるのです。

「受けなさい」

と命じられています。聖霊を受ける、これはイエス様のご命令です。

 一般的に言って、イエス様の命令を私たちはどう考えたらいいのでしょうか。現代の私たちは人から命令されることが嫌いです。自分の自由が侵されると考えるからです。ところが私たちは信仰者で、イエス様を私たちの主とすることを教えられています。イエス様は私たちの主人なのです。イエス様の命令なら、何が何でも、守らなければならないのでしょうか。何としても守れ、と言われると苦しくなります。イエス様の命令が重荷となり、守らねばとの義務感で苦しくなることがあります。

 イエス様の命令、神さまの命令を考えるときに忘れてはならないことがあります。神さまは、どんな時でも、わたしたちの最善を考えてくださるお方であるということです。その神様のご命令であるということです。神さまは、私たちにとって最善をご存知の上で、命令をなさるのです。私たちは、病気の診断を受けたら、医師の指示に従います。医師の指示に従って薬を飲みます。それは、医師の指示が、病気を治すことを知っているからです。神さまの命令は、私たちにとっての最善です。なぜなら、神さまは愛の神さまだからです。神さまを信頼するとは、私を助けてくださると信じるだけでなく、神さまの命令が、私たちにとって有益であると信頼することも大切な信頼です。羊は羊飼いに従っていれば、いつも守られ、食べ物を食べることができ、水も飲むことができ、安心して過ごせます。私たちは自分であれこれ心配せずとも、神さまの言葉に従う歩みをしていれば、最善の歩みができるのです。私たちは喜びで満たされるのです。

 聖霊を受けなさいとの命令も、私たちにとって最善の命令です。わたしたちの場合、実は洗礼を受けたときに、聖霊を受けているのです。イエス様は、聖霊による洗礼を授ける方だからです。私たちに必要なことは、聖霊に働いていただくことです。私たちのうちに住んでくださる聖霊に働いていただくことが大切です。私たちは、聖霊の助けなしに神さまの命令に従うことはできません。聖霊の助けがあれば、喜んで従うことができます。

 そこで聖霊の働きです。聖霊はどんな働きをなさるのでしょうか。イエス様は祈られました。

「真理によって、彼らを聖なる者としてください。あなたの御言葉は真理です」。

神さまの言葉が真理であると悟らせる、それが聖霊の働きです。だから聖霊は、真理の霊と呼ばれます。聖書が神の言葉であると悟らせるのが聖霊の働きです。日本基督教団の信仰告白にも聖書は神の言葉で、信仰と生活の規範であると私たちは告白します。

 真理の霊である聖霊に導かれると、私たちは、聖書を信仰と生活の規範とするようになります。規範などと言うと難しくなりますね。要は、聖書を読むのが楽しくなり、聖書の言葉を思いめぐらし、神さまの導きを受け取って生きるようになるということです。神さまの導きを大切にして生きるようになるのです。そうすると私たちは自由にされていくのです。それが何とも言えないほど、うれしいのです。福音に生かされる恵みで満たされます。

 聖霊の働きは求める人に与えられます。聖書を真理の言葉として受けとめることができるようにと祈り、真理の言葉として受けとめる思いで聖書を読み続ける中で、真理であるとの悟りが与えられていきます。

 イエス様は教えられました。

「わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である。あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする」。

この言葉がわが身に実現するのです。神さまの言葉が自分の身に実現することを経験したら、神さまの言葉が真理であると悟らせる聖霊の働きを知ったなら、私たちは神さまの恵みを語る者とされるでしょう。神さまの恵みを語るように、私たちは遣わされています。

 聖霊のことをパワーという人がいます。神の力だからということでしょう。それは正確ではありません。聖霊は、人格を持つ神です。人格を持つ神は、私たちの人格を尊重されます。聖霊の導きを受けるとき、私たちは霊に取り憑かれるというようなことは起きません。自分を失うというようなことは起きません。逆に、私たちが聖霊の働きを求めない限り、聖霊の方から、私たちを導くことは少ないです。聖霊は私たちの意志を重んじられるからです。

 テモテの手紙二に次の言葉があります。

「聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です」(テモテ二3:16)

とあります。聖書は神の霊の導きのもとに書かれたので、信仰者は、聖書を読むとき、聖霊の導きを求めます。その結果どうなるかというと、信仰者は、

「どのような善い業をも行うことができるように、十分に整えられるのです」。

聖霊が私たちを整えてくださるのです。神の教えを何が何でも守らなければならないなどと考える必要はありません。聖霊が私たちの心を整えてくださるのです。

 それゆえに警告の言葉が聖書にあります。

「神の聖霊を悲しませてはいけません」(エフェソ4:30)。
「霊の火を消してはいけません」(テサロニケ一5:19)。

 イエス様は弟子たちを遣わします。

「聖霊を受けなさい」

と命じます。聖霊の働きを受けてこそ、イエス様を伝えることができます。私たちもまた、イエス様を伝える者として遣わされています。

 そうです、私たちは遣わされて、イエス様を伝える者とされています。私たちはこの世の人の中にあって、この世の人と同じような生活をしています。この世の人と私たちの違うことは、私たちが神さまの言葉によって生きようとしていることです。神さまの言葉によって生きるように、私たちは遣わされています。神の言葉によって生き、その幸いを私たちは伝えるのです。そのために私たちは、聖霊の導きを求めて、聖書を読み、聖書が神の言葉であるとの悟りをいただいて歩みます。

祈り