今日の聖書では、イエス様は何も語っていません。ただロバに乗っているだけです。大勢の群衆は、イエスをメシア、救い主として歓迎し、歓呼の声を上げています。その様子を見て、ファリサイ派の人々は苦々しい思いを抱いています。そして弟子たちがいます。弟子たちは、イエス様がメシアであると信じていますが、イエス様がなぜロバに乗られたのか、分からないでいます。

 イエス様はロバに乗り、沢山の人に歓迎され、メシア、つまり救い主としてイスラエルの都に入られます。ついに救い主が人々の歓迎を受けながらエルサレム、神の都に入られるのです。

この福音書の著者ヨハネは、救い主として人々の賛美を受けているイエス様の姿を描いています。しかしイエス様を歓迎している大勢の群衆は、数日後、

「イエスを十字架につけろ、十字架につけろ」

と叫ぶ群衆になってしまいます。そこであらためて思います。私たちはイエス様のことを本当に知っているのだろうかと。今日も聖書に聞きましょう。

 12節に

「その翌日」

とあります。前日にイエス様は、ベタニアという村に行かれたのです。そこはマルタとマリアの姉妹、その兄弟ラザロが住んでいる村です。しばらく前イエス様は、死んで墓に葬られたラザロを生き返らせたのです。

 17節にこうあります。

「イエスがラザロを墓から呼び出して、死者の中からよみがえらせたとき一緒にいた群衆は、その証しをしていた」。

ラザロが生き返ったのを目撃した人々はエルサレムでそのことを色んな人に語ったのです。

「俺たちはすごいものを見たんだぜ、墓に葬られた人間が墓から出てきたんだ。イエスという男が、『ラザロよ、出てこい』と叫ぶと手足を白い布に巻かれたラザロが出てきたんだ。びっくりなんてもんじゃないよ」。

 9節では、イエス様がベタニア村にいることを知って、ユダヤ人の大群衆が、ベタニア村に来ます。イエス様に会うことだけが目当てではなく、ラザロを見るためであったと書かれています。

「びっくりなんてもんじゃないよ」

と驚きの体験を聞いた人が、自分たちも見てみたいものだ、とベタニア村に行ったのです。そして生き返ったラザロを見ます。

「へえ、あの男が生き返ったのか」。

この人々もまた、イエス様がラザロを生き返らせたことの証人として、エルサレムに戻って人々に伝えたのです。

 こうしてエルサレムにいる大勢のユダヤ人たちは、イエス様が来るのを期待をもって待っていました。いや、待ちきれなくて、人々は群れをなしてイエス様を出迎えに行ったのです。エルサレムの町を出てベタニア村に向かうのです。その時彼らは、

「叫び続けた」

とあります。

 彼らは、なつめやしの枝をもって迎えに出たとあります。戦争に行って勝利した指導者が凱旋するのを迎えるように、人々はナツメヤシの枝を振ってイエス様を歓迎するのです。そして叫びます。

「ホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように、/イスラエルの王」。

<ホサナ>は、もともと<神よ、救ってください>との意味と言われています。群衆の歓呼の声は、詩篇118篇25〜26節の引用です。25節は

「どうか主よ、私たちに救いを。どうか主よ、私たちに栄えを」

とあります。<どうか私たちに救いを>。これがホサナです。

 しかし、このホサナは別な意味で用いられるようになったと言われます。つまり、ある人に対して尊敬の念を表す言葉として用いられるようになったのです。たとえば、

「栄光あれ」

と言い換えてもいいようです。すると<栄光あれ、主の名によって来られる方に>となります。

私は人々がイエス様を讃える光景を心に思い描くとき、自分も思いっきり叫んでみたいとの思いに駆られます。そこには賛美の原点があると思います。賛美とは神さまを讃えることであり、大勢の人と一緒にいるとき、賛美の声は大きなものとなります。神の国に迎えられたときは、無数の信仰者たちと共に神さまを賛美できるだろうと期待しています。もちろん、わたしたちの礼拝でも、大きな声で神さまを賛美します。

 大勢の群衆は、

「栄光あれ。主の名によって来られる方に、祝福あれ」

と叫びました。この

「主の名によって来られる方に、祝福あれ」

という言葉は、過越祭という祭りの時に、エルサレムに巡礼の旅をしてきた人たちが、神殿に入るときに、歌ったと言われています。エルサレムまで巡礼に来た自分たちに祝福があるようにとの願いが込められています。あるいは、巡礼者に祭司が祝福した言葉だとも言われています。しかしこの場面では、イエス様に対して祝福があるようにとの言葉です。なぜ人々は、そのような言葉を口にしたのでしょうか。それは、イエス様がメシア、救い主だと考えたからです。

 イスラエルの民、ユダヤ人の間には、メシア到来の希望がありました。イスラエルは長らく大国の支配の下で苦しんできました。今は、ローマ帝国の支配下にあります。そこで、イスラエルを外国の支配から解放し、国を再興するメシアの到来を人々は待ち望んでいたのです。そして死者を生き返らせる人が登場したのです。この方こそ、メシアであると人々は考えたのです。その方がイスラエルの都エルサレムに来るのです。何かが起きると期待します。この方が来て何も起きないなどということは信じられません。

 やがて、大勢の群衆はロバに乗ったイエス様に出会い、今度は、イエス様と一緒にエルサレムの町に向かいます。喜びにあふれ、ワクワクした気持ちで歓呼の声を上げて進みます。何と喜ばしいことでしょう。何と誇らしいことでしょう。

 しかし、数日するとこの群衆は、イエス様を、

「十字架につけろ、十字架につけろ」

と叫ぶのです。死者を生き返らせる、それは素晴らしいことです。死者を生き返らせる、それはイエス様がメシア、救い主であるしるしです。でもイエス様は、私たちを何から救い出すのか、群衆は知りませんでした。勝手にローマの支配から解放してくれると期待したのです。イエス様がどのような救い主なのかは、聖書から知ることができます。聖書に聞かないと、私たちもイエス様を救い主と信じたとしても、自分勝手な救い主のイメージを抱くかもしれません。

 14節で、

「イエスはろばの子を見つけて、お乗りになった」

とあります。簡単な記述です。そんなに簡単にロバが見つかったのかと思いますし、ロバがみつからなかったら歩いて行かれたのかと思ったりします。実は、マタイ、マルコ、ルカ福音書では、イエス様はロバを見つけて連れてくるように弟子たちに命じておられます。ロバに乗ることは重要なのです。しかし、ヨハネは<イエス様はろばを見つけた>と簡単に書きます。

イエス様がロバに乗ったことについて、弟子たちは意味が分かりませんでした。戦争に勝利して凱旋する王とか将軍は、馬にのって凱旋します。ロバのような貧弱な動物に乗りません。ロバは重い荷物を運ぶ家畜です。英雄が乗る動物ではありません。見栄えも悪いです。ではイエス様はなぜ、ロバに乗ったのでしょうか。弟子たちは分かりませんでした。しかし、それは聖書に書いてあるのです。メシアはロバに乗ってくるのと聖書に書いてあります。

 旧約聖書ゼカリア書9章9節です。

「娘シオンよ、大いに踊れ。娘エルサレムよ、歓呼の声をあげよ。見よ、あなたの王が来る。彼は神に従い、勝利を与えられた者/高ぶることなく、ろばに乗って来る」。

メシアはロバに乗ってくると言うのです。

さらに10節。

「わたしはエフライムから戦車を、エルサレムから軍馬を絶つ。戦いの弓は絶たれ、諸国の民に平和が告げられる。彼の支配は海から海へ、大河から地の果てにまで及ぶ」。

ロバに乗ってくるメシアは、戦車、軍馬をなくし、平和を打ち立てるというのです。メシアは平和の君なのです。馬は戦いの象徴、ロバは平和の象徴です。戦いでは平和は生まれません。メシアであるイエス様だけが、平和をもたらすことができます。今イエス様がロバに乗ってくるのは、メシアのことを預言した言葉がまさに実現しているのです。

 でも弟子たちはイエス様がなぜ、ロバに乗っているのか分かりませんでした。16節。

「弟子たちは最初これらのことが分からなかったが、イエスが栄光を受けられたとき、それがイエスについて書かれたものであり、人々がそのとおりにイエスにしたということを思い出した」。

 <イエスが栄光を受けられたとき>とは、ヨハネ福音書に繰り返し語られることです。イエス様が十字架で亡くなり、復活し、天の父のもとに帰ること、これがイエス様の栄光の時なのです。イエス様が父なる神さまのもとから来たことが明らかとなり、イエス様がメシアであることがはっきりするからです。

 天の父のもとに帰ったイエス様は、信じる者たちに聖霊を注がれます。すると、聖霊を注がれた人は、聖書の言葉が分かるようになります。聖書の言葉が真理であると分かるようになります。聖霊を受けた弟子たちは、ゼカリア書の言葉を読んだとき、イエス様はメシアとして、人々に歓迎されて都エルサレムにおいでになったことを思い出しました。

 そもそもイエス様が十字架で死んだことも、弟子たちはなぜイエス様が死んだのか、メシアであるのになぜ死んだのか、分かりませんでした。しかしイザヤ書の53章を読むに及んで、イエス様の十字架の死は、私たちに罪の赦しを与えるものであることを知ったのです。弟子たちはイエス様のことを知るために聖書(旧約聖書)を読んだのです。聖書が、聖書だけが、メシアはいかなる方であるかを教えてくれます。だから私たちは、礼拝で聖書を説き明かす説教を聞きます。また日々の生活の中で聖書を読みます。

 私たちは聖書から、メシアであるイエスは、永遠の命を与える方だと教えられます。死んだラザロをイエス様が生き返らせた出来事はビックリする出来事ですが、これはしるしです。つまりイエス様が死者の中から復活することを指し示す出来事です。復活したイエス様は、メシアとして、私たち信じる者に永遠の命を与えます。だから主イエスはこう語ります。

「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない」(11:25)。

 永遠の命を与えられた人はどのような人なのか、私たちはヨハネ福音書から、これを知ります。永遠の命を受けた人の心には、神さまが住んでくださいます(14:23)。私たちのうちに住んでくださる神さまを聖霊と呼びます (14:17)。その人は、新しく生まれた人となります(3:5)。その人の心には、イエス様の言葉が宿ります(15:7)。その人は、真理によって自由な人になります(8:12)。

 聖書から、私たちはイエス様がメシアであり、この方が与える救いの恵みが何であるかを知り、その恵みをいただくことができるようになります。ですからイエス様が、メシアであると知る人は、歓喜の声を上げ、イエス様を賛美します。信仰者の賛美を受けるイエス様の姿が今日の聖書に描かれています。

 そして今日の聖書には、ファリサイ派と呼ばれる人が登場します。彼らは、多くの人たちが、イエス様に対して歓呼の声を上げているのを見て、苦々しい思いを抱いています。すでに彼らはイエスを捕らえ、殺そうと決めていました。しかしいまだ捕らえることができず、世をあげて人々がイエス様になびいているのを見て嘆きます。

でも彼らはなぜ、イエス様を信じようとはしないのでしょうか。イエス様は死者を生き返らせているのに、神さましかできないことをイエス様がしているのに、何故信じないのでしょうか。

 彼らは聖書を読み、そこから神さまの戒めを学び、それを熱心に守ろうとしています。神の戒めを守る自分たちに誇りを持っていました。しかし彼らは、イスラエルの歴史の中でイスラエルの民を導く、神の御心を知ろうとはしませんでした。あるいは、神さまのどんなお心から戒めが出てきたのか、その神さまのお心を知ろうとしませんでした。だから彼らは、イエス様がメシアであることを信じることができませんでした。自分たちは立派な信仰者である、そこから離れることができませんでした。

 ヨハネ福音書の最初に

「光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった」(1:5)。

なぜか分かりませんが、イエス様のことを聞いても、信じない人はいるのです。死者を生き返らせるイエス様の働きを知っても信じない人はいるのです。

 私たちは聖書を通して、メシアであるイエスのことをさらに深く、知りたいと考えます。メシアがいかなる方であるかが分かれば分かるほど、メシアが私たちに備えてくださる恵みに生かされることになるからです。メシアであるイエス様は私たちの思いを越える救い、恵みを用意しておられます。

祈り