イエス様との出会いは、さまざまな影響を人に与えます。そこには特徴があります。人はささげる人間へと変えられます。献金をささげる人へと変えられます。時間をささげる人へと変えられます。人生をささげる人へと変えられます。マリアもまた高価なものをイエス様に献げました。イエス様の何が人を変えるのか、不思議です。イエス様との出会いが、その不思議をもたらします。

 今日の出来事と似た出来事がマタイ、マルコ、ルカ福音書に書かれています。ところが描かれ方が同じではないのです。たとえば、マタイとマルコ福音書では、シモンの家で起きたと書かれています。ヨハネ福音書では、マルタとマリアの家の出来事のように思えます。マタイとマルコでは、名前が記されていない一人の女性がイエス様の頭に香油を注ぎます。ヨハネでは、マリアという名の女性が、イエス様の足に香油を塗ります。ルカ福音書では、罪深い女とされる人が、涙でイエス様の足をぬらし、髪の毛で涙をぬぐい、その後で香油を塗っています。

 四つの福音書が似た出来事を書いていますが、内容は一致しているとは限らないのです。特に、マタイ、マルコ、ヨハネが伝える香油の注ぎの物語は、共に十字架を目前とした時の出来事であり、同一の出来事であると言ってよいと思います。同一の出来事なのになぜ、違いが生じるのでしょうか。同一の出来事であるなら、違いが生じるのはおかしいと思う人もいるかもしれません。四つの福音書が伝えているので、この油注ぎの出来事は重要な出来事であることが分かります。しかし、歴史的な出来事として書かれているわけではなく、むしろ信仰の出来事として描かれています。マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ、それぞれがイエス様を証ししようとして書いています。証しするという目的のために、物語の描かれ方が変わってくるのです。

 ですから、描かれ方のちがいを矛盾であるとか、おかしいと受け取るのではなく、そこに大切なメッセージが隠されていると考え、比較しながら読むことが大切となります。今日もヨハネの語る出来事に耳を傾けます。

 舞台は再びベタニア村です。しばらく前、イエス様は死んで葬られたラザロを生き返らせました。その出来事を知った人がたくさんイエス様を信じました。それをよく思わない、祭司長、ファリサイ派の人々が相談して、イエス様を殺すことにしました。そこでイエス様は、荒野に近い町へ退き、しばらくそこに滞在されました。

 そして過越祭が近づきました。過越祭にはたくさんのイスラエルの人たちがエルサレムに来ます。イエス様もエルサレムに行こうとしますが、その前にベタニア村を訪ねます。

 そして今、イエス様はある家で食事の席に着いています。そこには、イエス様によって生き返ったラザロがいます。ラザロの姉のマルタが、給仕をしています。まず、この食事の場面はどんな雰囲気だったのかと想像します。恐らく、マルタ家族の親しい人たちがいて、生き返ったラザロがいますから、打ち解けた雰囲気、そして喜ばしい雰囲気があったと思います。しかし、同時にイエス様が命を狙われていることは皆が知っていますから、重苦しい雰囲気、緊張に満ちた雰囲気もあったのではないかと想像します。

 そこにマリアが登場し、イエス様の足にナルドの香油を塗ります。植物から油をとることができます。オリーブオイルのように料理に用いられる油もありますが、香りを出すために用いられる油もあります。香りのためのものは、精油とか、エッセンシャルオイルとか呼ばれるそうです。ナルドの香油は、ヒマラヤ地方にある植物の根から絞り出してとるものと言われていて、インドから運ばれてきたそうです。イエス様の時代、貴重で高価なものでした。

 今日の聖書では、一リトラの香油が300デナリオンで売れるとあります。一リトラとは、326グラムです。およそ一カップ半の量で300日分の労働賃金に相当します。相当高価なものということができます。喜ばしくも緊張に満ちた場面でマリアは、イエス様の足にこの香油を塗るのです。

 香油は効果なので、石膏の壺に入れて保存すると言われています。マルコ福音書によれば、石膏の壺を割って、イエス様の頭に香油を注いだとあります。壺に入っていた香油をすべて注いだのです。今日の聖書で、イエス様の弟子のユダが、マリアの行為を咎めています。恐らくマリアは、一リトラすべての香油を使ったのだと思います。

 香料について私は全くの無知ですが、ミルトスという会社がそのホームページでナルドの香油を販売しています。それを見ると、小さな皿に数滴たらし、その皿を温めると香りが部屋に広がるそうです。たった数滴でも部屋に香りが広がりますから、一リトラ、一カップ半もの香油をイエス様の足に塗ったとすれば、部屋中に、相当強い香りが満ちたことになります。

「家は、香油の香りでいっぱいになった」

と聖書にありますが、香りが鼻につくほど、強かったのではないかと思います。

 そこで疑問が生じます。マリアはなぜ、イエス様の足に香油を塗ったのでしょうか。マルコとマタイが伝える物語では、一人の女性が、イエス様の頭に香油を注いだとあります。イスラエルでは、王とか祭司の就任式で、油を頭に注ぎます。メシアとは、油注がれたものの意味です。香油を頭に注ぐ、それは注がれた人がメシアであることを示すしるしです。ですから、香油を頭に注げば、イエス様がメシアであることを示すことになります。しかしマリアは、頭ではなく、足に香油を塗りました。

 足に香油を塗ることについては、ルカの7章に似た出来事があります。ルカの7章では、罪深いとされる女性が、自分の涙でイエス様の足をぬらし、髪の毛で涙をぬぐい、その後で、イエス様の足に香油を塗っています。足に香油を塗ることに特別な意味はありません。誰かを客として家に迎えた場合、その家の主人は、しもべに客の足を洗わせます。イエス様が客として招かれた時、その家の主人は、しもべにイエス様の足を洗わせるように気を遣うことをしませんでした。その時、一人の女性が、涙でイエス様の足を洗い、香油を塗ったのです。体を洗う水が少ない地域では、臭いを消すために香油を用います。

ルカの7章では、足をきれいにし、臭いを消すために香油が用いられたのです。イエス様に対してそのようなことをする女性の気持ちはイエス様に対する愛からであると説明が書かれています。しかし今日の場面は、足をきれいにして、臭いを消すためとは思われません。そこでなぜ、マリアはイエス様の足に香油を塗ったのか、疑問が残ります。

 さらにマリアは、高価な香油をなぜ、すべて使ってしまったのか、との疑問も残ります。ここには解釈の余地が残されています。注解書を読んでも納得のいく説明はありません。また説明をしない注解書もあります。マリアの本当の気持ちは、誰もわからないのです。だからこそ、思いめぐらします。以下に述べることは私の解釈です。私はマリアの信仰が、そうさせたのではないか、と考えます。イエス様に対するマリアの信仰が、香油をすべて、そしてイエス様の足に塗らせたのだと思います。

 ヨハネ福音書では、マルタとマリアは11章で初めて登場します。すでに彼らはイエス様と親しい関係にあります。二人の姉妹は、弟のラザロが重病になったのでイエス様を呼ぶために使いを送ります。しかしイエス様が来たのは、ラザロが死に、墓に葬られた後です。イエス様が来たとき、彼女たちはイエス様に言います。

「主よ、もしここにいてくださいましたら、わたしの兄弟は死ななかったでしょうに」。

彼女たちは、イエス様には病気を癒やす力があることを信じていました。さらに姉のマルタは、イエス様に向かって、

「あなたが世に来られるはずの神の子、メシアであるとわたしは信じております」

と告白しています。この信仰はマリアも同じだと思います。

 マルタとマリアについては、ルカ福音書が伝えています。イエス様が弟子たちと共に彼女たちの家を訪ねました。マルタは、接待で忙しくしていましたが、マリアは、イエス様の前に座り、イエス様の話をずっと聞いていました。マリアは、神の言葉を慕い求める信仰者であることが分かります。そのマリアは、死んだラザロを生き返らせるイエス様を目撃します。同時に、イエス様が命を狙われていることも知っています。もしかしたらイエス様は死ぬかも知れないとさえ思っています。今や敵の手によって殺されるかも知れないメシア、救い主であるイエス様をどう考えたらよいのか、マリアは、戸惑いの中にいたと思います。戸惑いの中にありましたが、マリアには確信があったのではないかと思います。

そこで思い出すのが創世記に登場するアブラハムです。アブラハムは、神の約束によって、100歳の時に子供が与えられました。その子の名はイサクです。イサクから彼の子孫が増え広がるというのが神の約束でした。ところが神はそのイサクを献げよとアブラハムに命じるのです。イサクをささげるとは、別のいい方をすれば、イサクを殺すことです。イサクが死んだら、子孫が増え広がるという神の約束はダメになります。でも神はイサクを献げよと命じます。アブラハムは戸惑いを覚えます。

アブラハムは、イサクを献げイサクが死んだとしても、神はなお約束を実現する方であると信じて、イサクを献げました。ナイフでイサクを殺す直前、神はイサクに手にかけるなと命じました。イサクを献げなさいとの神の命令を聞いて、アブラハムは戸惑ったに違いありません。でも彼は神を信じ、神の命令に従おうとしました。

 マリアは、イエス様は死ぬかも知れない、たとい死んでもなお、イエス様はメシア救い主であると信じたのではないか、と私は考えます。信仰者の歩みにおいて、どう考えたらいいのか分からないときがあるものです。信仰を貫くことが不合理に思えることがあります。しかし、アブラハムもマリアも、信仰を貫いたのです。さらにマリアは、イエス様が神であると信じていたので、頭に香油を塗るのを控え、足に塗ったのではないかと想像します。

 そしてマリアは、イエス様を崇めるゆえに、高価な香油をすべて使ったのです。惜しげもなく使ったのです。イエス様に高価な香油のすべてをささげたのです。イエス様のためには、大切なものをもささげる信仰がマリアにはあったのです。イエス様との出会いは、私たちに、ささげる歩みを導きます。自分のために生きることを求める人間が、ささげる人に変えられる、そこにイエス様との出会いの不思議があります。

 パウロも

「こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です」

と語っています。自分自身を神に喜ばれるいけにえとして献げなさいと勧めています。

 マリアの行為を咎めたユダに対して、イエス様は、

「この人のするままにさせておきなさい」

と語り、

「私の葬りのために、それを取っておいたのだから」

と語ります。意味が分かりにくいのですが、イエス様はマリアの行為とご自分の死を結びつけて考えています。香油は、亡骸を葬るときに使われるからです。遺体に香油を塗り、布を巻き、遺体が腐るのを防ぐのです。そのようにして遺体を墓に納めます。

 イエス様は、マリアの行為をご自分の葬りに備えるものだと語ります。イエス様はご自分が死に向かっていることを知ります。イエス様は、天の父のもとからこの世においでになり、また父のもとに帰ることを知っていますし、そのつもりです。そして今、その時が近づいています。しかもご自分の命を狙うものによって殺されるかも知れないと予期しています。しかし、ここに神のみ心があることをイエス様は確認します。マリアの行為に、神のみ心を見たのです。殺されてしまうかも知れない自分に、高価な香油をささげる信仰者がいるのです。自分を神の子、神と信じる人がいるのです。この死を通して神のもとに帰ることをイエス様は確認します。そしてエルサレムに行き、最後の働きをなさいます。

 聖書はマリアの心境を語ることはしません。なぜ彼女がイエス様の足に香油を塗ったのか、なぜ、高価な香油を惜しげもなく使ったのか、正確なことは分かりません。しかし、イエス様との出会いは、信じる者たちを、自分をささげる人生に導くことを伝えています。私もあなたも、ささげる歩みに導かれたのではないでしょうか。マリアも、そのようなイエス様との出会いを経験したのです。

祈り