今日もラザロの物語の続きです。イエス様がラザロを生き返らせたことから、イエス様は命を狙われる者となり、イエス様は十字架に向かって歩まれることとなります。今日も聖書に聞きましょう。

 イエス様は墓の入り口に立って

「ラザロ、出てきなさい」

と大声で叫ばれました。すると既に死んで墓に葬られたラザロが墓の中から出てきました。そこにいた人たちは、驚いたに違いありません。死んだ人が生き返って出てきたのです。

 しかも人々は、イエス様の祈りを聞いていました。イエス様は祈りました。

「父よ、わたしの願いを聞き入れてくださって感謝します。わたしの願いをいつも聞いてくださることを、わたしは知っています。しかし、わたしがこう言うのは、周りにいる群衆のためです。あなたがわたしをお遣わしになったことを、彼らに信じさせるためです」。

つまり死んでいたラザロが生き返ったことは、イエス様が神から遣わされたことを示していることになります。死んだ人間を生き返らせることができる人はいません。それ故、ラザロが生き返ったことは、イエス様が神から遣わされたことを示しています。だから、この出来事を目撃したユダヤ人の多くはイエス様を信じました。

 ところが、ラザロが生き返ったことを知っても、イエス様を信じない人たちがいました。ファリサイ派の人々、大祭司を含めた祭司たちです。イスラエルにおける宗教指導者たちです。イエス様が死者を生き返らせたという報告を聞きました。それがでっち上げ、いい加減なニュースとは思わなかったでしょう。宗教指導者たちは、イエス様がなさったことを知りました。しかし彼らは、イエス様が神に遣わされた人であるとは認めませんでした。信じようとはしませんでした。信じることを拒みました。

 信じるよりも、彼らは危機感を強く感じました。つまりイエス様を信じた人々がイエス様を担いで、ローマ帝国の支配に抵抗し、独立を勝ち取ろうとする抵抗運動が起きるのではないかと恐れたのです。

 そこで彼らは、最高法院を招集しました。最高法院というのは、日本の国会のようなものです。ローマの支配の下にありましたが、ある程度の自治は認められていたのです。そこで協議を行いました。

「この男は多くのしるしを行っているが、どうすればよいか。このままにしておけば、皆が彼を信じるようになる。そして、ローマ人が来て、我々の神殿も国民も滅ぼしてしまうだろう」。

 ローマ帝国に対して独立運動を起こせば、戦いが起きます。神殿は壊されます。そして結果は明らかで、弾圧されるに違いありません。そうなればローマの支配は一層強まります。祭司たちは、自分たちがいま持っている地位を失うことを恐れたのです。

彼らはイエス様がラザロを生き返らせたことを無視し、イエス様を信じることを拒み、自分の地位を守ろうとしました。保身に走り、イエス様を信じようとはしなかったのです。人は自分を変えることを拒む傾向があります。

 そこでイエスをどうするか協議しました。その時、大祭司のカイアファが提案をしました。

「あなたがたは何も分かっていない。一人の人間が民の代わりに死に、国民全体が滅びないで済む方が、あなたがたに好都合だとは考えないのか」。

イエスが死ねば、ローマに対する独立運動は起きないし、弾圧を受けることもないし、現状を維持できるというのです。イエスさえいなければ、いいのです。そしてイエスを殺すことにしたのです。

 ところが51節にこのカイアファの言葉に対するこの福音書の著者ヨハネの解説が書かれています。

「これは、カイアファが自分の考えから話したのではない。その年の大祭司であったので預言して、イエスが国民のために死ぬ、と言ったのである」。

これは分かりにくい文章です。<カイアファが自分の考えから話したのではない>という表現は、わかりにくいです。カイアファは、自分の考えでイエス様を殺そうと提案したのです。それなのに自分の考えから話したのではないとは、わかりにくいです。

 塚本虎二という方は、こう訳しています。

「彼は、イエスが国民のために死なねばならぬことを自分ではそれとは気づかずに神の預言者として語ったのである」。

カイアファは、自分では気づかずに神の預言者として語った、というのです。これなら理解できます。

たとえば、信仰者の交わりの中で、だれかが語る言葉を神の言葉として受けとめる、ということは現実にあることです。語る本人は、自分が思っていることを語っているわけで、自分が神の言葉を語っているとは思いません。しかし聞く人は、神の言葉として受けとめるということがあります。

 カイアファは、イエスを殺せば、ローマに対する独立運動も起きないし、神殿が崩壊されることも起きない、と語り、イエスを殺すことが最善の策だと主張しました。そして実際、イエス様は十字架にかけられて殺されてしまいます。殺されてしまう人が救い主だなんて、おかしいとだれもが思います。しかし聖書は、そこに神のみ心を見ます。神の計画を見ます。救い主の死こそ、救いをもたらすというのです。

 それで<カイアファが自分の考えから話したのではない>という説明を著者ヨハネは加えたのだと思います。カイアファの行為を弁護しているわけではありません。救い主であるイエス様が殺されるのが神のみ心、神の計画であったとヨハネは主張しているのです。たいていの人は、殺されて死んだ人が救い主だなんて信じません。実際、ユダヤ人は、十字架で死ぬ人は、神に呪われている人だと考えました。そしてイエスを救い主と認めることをしませんでした。

 カイアファは、

「一人の人間が民の代わりに死に、国民全体が滅びないですむほうがよい」

と語りました。カイアファは気づきませんでしたが、これは神のみ心に一致していました。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」。

イエス様がメシアとして十字架で死んだのは、イエスを信じる人がすべて救われ、永遠の命を受けるためでした。

 ここで

「民の代わりに」

とあります。確かにイエス様は、私たちのために死んで下さいました。ヨハネ福音書を読むとき、イエスの死はなぜ、救いになるのか、その理由ははっきりしていないように思えるのです。イエス様は何のために死んだのか、ヨハネ福音書から読み取ろうとすると読み取れなくて苦労します。他の福音書では、イエス様は人間の罪を贖うために死んだ、つまり罪に対する神の怒りを、イエス様が人間に代わって受けられ、その結果、人間は救われると語っています。しかしヨハネ福音書は、イエス様の死が罪の償いであることを明確に語っているようには思えないのです。

 ヨハネ福音書では、メシアの死は<私たちのため>であったという表現をとります。たとえば、

「良い羊飼いは羊のために命を捨てる」(10:11)

とイエス様は語ります。羊飼いは羊を守るために死ぬのであって、羊の罪のためではありません。あるいは

「一粒の麦は地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが死ねば、多くの実を結ぶ」(12:24)

とあります。一粒の麦の種は、多くの実をもたらすために死ぬのです。あるいは

「わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう」(12:32)。

イエス様が死んで父なる神のもとに帰るとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せるとは、神の国に連れて行くという意味です。

 イエス様の死は、わたしたちの救いであるとヨハネは語ります。イエス様の死がどのように救いになるのかは語りません。ヨハネ福音書は、イエス様の死より、復活されたイエス・キリストが、私たちに何をしてくださるのかを強調して語っています。

「わたしは道であり、真理であり、命である」

とイエス様は語りますが、この<わたし>は、復活のキリストのことです。

「真理はあなたがたを自由にする」

との言葉も、真理であるキリストが、私たちを自由にするとの教えです。ヨハネ福音書は、復活のキリストが私たちにもたらす救いは解放である、と語っています。イエス様が過越祭の時に亡くなられるからです。

 56節でユダヤ人の過越祭が近づいたとあります。イエス様は、この過越祭の時に十字架につけられて死にます。過越祭とはどんな祭りなのでしょうか。なぜ、イスラエルの民、ユダヤ人は過越祭を祝うのでしょうか。

 過越祭は、出エジプトの出来事と結びついています。昔イスラエルの民は、エジプトで奴隷として苦しい生活をしていました。エジプト王の奴隷として、重労働で肉体を酷使する生活をしていました。イスラエルの民は、この苦しみからの救いを求めて、神に叫んだのです。何年も何年も、救いを求めて、神に祈り続けたのです。そしてその時が来て、神はイスラエルの民を救い出します。そのことが旧約聖書の出エジプト記に書かれています。

 イスラエルの民が奴隷から解放され、エジプトを脱出する前日の夜、イスラエルの家では、どこの家でも小羊を屠り、その血を家の玄関の上に塗りました。地が塗ってある家を神は通り過ぎましたが、血の塗っていないエジプト人の家には禍が降りました。その家で最初に生まれた子供が死んだのです。この禍を見て、エジプト王は、イスラエルの民を解放することを決心しました。イスラエルの民の救い、それはエジプト王の支配からの救い、奴隷状態からの解放でした。神さまの圧倒的な力、大いなる御業がエジプト王を屈服させ、イスラエルの民に解放を、自由を与えたのです。そしてイスラエルの民は、自由に生きることができる土地を目指して荒野を旅しました。

 洗礼者ヨハネは、イエス様を見て、

「見よ、神の小羊」

と指さしました。出エジプトの時、屠られた小羊のように、イエスの死は、イエス様を信じる者に解放をもたらします。

 イスラエルの民は、春に過越祭を祝います。過越祭の時、実にたくさんのユダヤ人がエルサレムに来ます。エルサレム神殿に詣でるのです。自分たちが信じる神は、エジプトから祖先を解放してくれた神であることを覚えるのです。ユダヤ人の家庭で過越祭を祝うときは、

「なぜこの祭りを行うのですか」

と子供が父親に質問します。すると父親は、出エジプトの物語を子供に語り、自分たちが信じる神がいかなる方であるかを伝えるのです。そして信仰が受け継がれていきます。

 イエス様がもたらす救い、それは解放です。第一の解放は、死からの解放です。イエス様は、御自分を信じる者に永遠の命を与えてくださいます。イエス様はマルタにおっしゃいました。

「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか」。

死はもはやわたしたちの支配者ではありません。

 イエス様が与えてくださる第二の解放は、罪からの解放です。

「はっきり言っておく。罪を犯す者はだれでも罪の奴隷である」(8:34)。

私たちは罪の奴隷です。だから罪を犯します。しかしイエス様はおっしゃいます。

「もし子があなたたちを自由にすれば、あなたたちは本当に自由になる」(8:36)。

イエス様は私たちを罪の支配から解放してくださいます。

 日本では、伝道が困難と言われています。困難な理由のひとつに、イエス様が罪から私たちを解放してくださることが語られてこなかったからではないか、と私は考えています。私たちは説教で、イエス様の救いは、罪の贖いであり、私たちはイエス様に救われ罪が赦されます、これが救いですと聞かされてきました。私たちは罪赦され、神さまは私たちを正しい者と見てくださいます。これが救いですと聞かされてきました。私たちは罪深い者であるが赦される、感謝なことですと祈るわけですが、罪から解放されるという体験がないために、本当の救いの喜びを味わうことができません。だからキリストを人に伝えることができないでいます。イエス様は、私たちを罪から解放してくださる方であることはもっと強調し、解放された喜びを語っていく必要があります。

 イエス様が与えてくださる第三の解放は、この世からの解放です。私たちはこの世に生きています。そしてこの世とは、神さまを信じない世界を意味しています。この世は、私たちに誘惑をもたらし、私たちに戦いを挑んできます。時には、この世は迫害をもたらします。しかしイエス様は語ります。

「あなたがたには、世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている」(16:33)。

 イエス様は私たちの身代わりに死んでくださり、救いを与えてくださいます。ヨハネ福音書によれば、その救いとは、復活者キリストが私たちにもたらす解放です。イエス様は私たちを、死と罪とこの世から解放し、私たちは生き生きと神の子として生きることができるようにされました。感謝です。

祈り