今日の聖書ではマリアが弟の死を悲しんで泣いています。悲嘆に暮れています。イエス様は、マルタに

「私のもとに来るように」

マリアに伝えるように頼みました。そこから今日の物語が始まります。

 マルタが家に戻り、マリアのもとに行き、

「先生が、あなたをお呼びです」

と耳打ちをしました。マリアのそばには、慰めに来たユダヤ人たちがいたのですが、彼らには聞こえないように、マリアだけに聞かせるように耳打ちして知らせました。しかしユダヤ人たちは、マリアが墓に泣きに行くのだろうと思い、マリアの後を追いました。

 マリアは墓ではなく、イエス様のもとに行きました。イエス様のもとにひれ伏し、

「主よ、もしここにいてくださいましたら、わたしの兄弟は死ななかったでしょうに」

と言いました。姉妹だからでしょうか、姉のマルタもイエス様と出会ったとき、同じ言葉を言いました。イエス様に話した後、マリアはまた泣き続けました。さらにマリアを追ってきたユダヤ人たちも泣いていました。するとイエス様は、

「心に憤りを覚え、興奮」

されました。

 新共同訳聖書では<心に憤りを覚え、興奮して>と訳されていますが、以前の口語訳聖書では、

「激しく感動し、また心を騒がせ」

と訳されています。文語約聖書では、

「心を傷めて、悲しんで」

とあります。新改訳聖書では、

「霊の憤りを覚え、心の動揺を感じて」

となっています。新約聖書はギリシャ語で書かれていますが、訳がバラバラということは、もとのギリシャ語の単語の意味がわかりにくいのです。そこで訳す人が、イエス様の心の内を想像して、訳しています。

 口語訳聖書は、

「激しく感動し」

と訳しています。<感動>と<憤り>は全然違うと思います。

「激しく感動し」

と訳した人はイエス様の心をどう考えたのでしょうか。マリアは、悲嘆に暮れています。イエス様はそのマリアの心に深く共感したと考え、

「激しく感動し」

と訳したと推測できます。しかし、私はこの訳は賛成できません。イエス様は、ラザロを生き返らすつもりでいるからです。ラザロが生き返れば、マリアは喜びに包まれるのです。ですから、マリアが泣いているのを見て、深く共感するとは思えません。文語訳聖書の

「心を傷めて、悲しんで」

も、口語訳と似た意味だと考えます。

 では

「憤り」

と訳すなら、何に対する憤り、怒りなのでしょうか。この状況で、イエス様は何に対して憤られたのでしょうか。マリアと会話する直前、イエス様はマルタと会話しています。その時イエス様は言いました。

「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか」。

こう語ったイエス様は何に対して憤っておられるのでしょうか。

 目の前でマリアとユダヤ人たちが泣いているのをご覧になっているイエス様の姿を思い描くとき、イエス様の憤りの理由が分かるような気がします。人が亡くなれば、遺族の人は悲しみ、そして葬りをするのはある意味で自然なことです。人類は昔から、そうしてきました。

 しかしイエス様は、この場面で、死がマリアを、そして人々を支配している光景を見たのです。死の前に人間は無力であり、死の支配を受け入れざるを得ないと思っている人間の姿を見たのです。

 マリアはただ悲嘆に暮れています。マリアの悲しんでいる様子に、私は昨年亡くなられた真柄和子さんを思い起します。真柄さんは、ご主人が亡くなって葬儀をした後、3ヶ月ほど悲しみの海の底で日々を過ごしておられました。ご主人の死を悲しむだけの日々を過ごしておられたのです。しかし、やがて礼拝に集い、祈祷会に集い、礼拝説教のテープをいくつも、何度も聴くうちに生き返ったかのようにお元気になりました。明らかに福音による希望を得て、悲しみを乗り越えられたのです。

 聖書に戻りますとイエス様は、死の支配に屈している人間の姿を見たのです。ただただ悲嘆に暮れている人間の姿、死の前には、何の望みもないかのように悲嘆に暮れている人間の姿を見たのです。そしてこの現実にイエス様は憤ったのです。死こそが人間を最終的に支配するものである、とすることへの憤りです。

 イエス様は姉のマルタには、

「わたしを信じる者は死んでも生きる」
「生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない」

と語りました。そして

「あなたはこれを信じるか」

とマルタに問いかけたのです。

 マリアが泣いているのを見て憤ったイエス様は、

「どこに葬ったのか」

と尋ねます。するとマリアや他の人たちが

「主よ、来て、御覧ください」

と答えます。すると驚いたことにイエス様は涙を流されたのです。なぜ涙を流されたのでしょうか。これはどんな涙なのでしょうか。

 36節でユダヤ人たちはイエス様の涙を見て、

「ああ、なんと彼を愛しておられたことか」

と言いました。つまり愛する者の死を悲しむ涙だというのです。マリアの悲しみに深く共感し、涙を流されたというのです。

 しかしイエス様は、マリアやユダヤ人たちの泣く姿を見て、憤りを覚えたのです。イエス様はそこに死が支配している現実を見て憤ったのです。この憤りから、ラザロの死を悲しむ涙が出てくるとは思えません。

 もともとイエス様は死んだラザロを生き返らすつもりなのです。だからマルタとマリアの姉妹が使いを送りイエス様に

「あなたの愛している者が病気なのです」

と伝え、使いの者と一緒に来て、ラザロの病気を癒やして欲しいと願ったとき、イエス様はその願いに応えなかったのです。

 

「この病気は死で終わるものではない。神の栄光のためである」

と語り、ラザロのもとに行くのを拒んだのです。そして数日してイエス様は出かけます。

「わたしは彼を起こしに行く」。

 イエス様は、ラザロを生き返らすつもりでいます。つまり死の支配を打ち破ろうとしています。そんな人がラザロの死を悲しむ涙を流すはずがありません。イエス様の涙はどんな涙なのでしょうか。

 4つの福音書を読む限り、イエス様が<涙を流された>と書かれているのは、ここだけです。イエス様が泣いたことが一度あります。それはイエス様がエルサレムに近づいたとき、やがて不信仰の町エルサレムの町が敵によって破壊されるのを知って<泣かれた>とルカ福音書にあります。

 私は、イエス様の涙は、<伝道者の涙>と呼べるのではないかと考えます。たとえば伝道者のパウロが語っている言葉があります。パウロがエフェソ教会の長老たちに別れを告げる場面で語った言葉です。

「アジア州に来た最初の日以来、わたしがあなたがたと共にどのように過ごしてきたかは、よくご存じです。すなわち、自分を全く取るに足りない者と思い、涙を流しながら、また、ユダヤ人の数々の陰謀によってこの身にふりかかってきた試練に遭いながらも、主にお仕えしてきました」。

 自分は取るに足りない者と思いながら、ユダヤ人たちの数々の妨害を受けながら、福音を宣べ伝えなさいという主のご命令に従うパウロが涙を流したのです。自分は取るに足りない者、不甲斐ない者と考えて流した涙でしょうか。それとも、自分は一生懸命、伝道しているのに妨害が重なり、妨害を受けることに対する悔し涙、一生懸命伝えているのに分かってもらえず、思い通りに行かないことへの恨みの涙なのでしょうか。罪の中にいて平気で生きていて滅びに向かっている人々のために流す悲しみの涙なのでしょうか。

 福音を伝える人は、

「宣べ伝えなさい」

との命令に忠実であることが肝心です。成果を上げることが第一の関心になってはいけません。成果が上がれば自分を誇るし、成果がなければ落胆します。自分の力不足を嘆いてはいけません。色々な妨げがあることに不満を抱いてもいけません。思い通りに行かないことに耐えることも必要です。人々の頑なさに直面しても非難せず、ひたすら、忠実に務めを果たすだけです。

 伝道者にできることは涙を流しながら神さまに祈ることです。伝道者でなくても、福音を伝えたいと願う人には流す涙があるに違いありません。ヨハネ黙示録には、迫害の中を生きる信仰者が流す涙を神さまがぬぐってくださるとあります。たとえば、

「見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる」。

 死が絶対的な王として君臨しているかのごとくの状態に憤りを示されたイエス様は、ラザロが葬られた墓に行きます。そこにマルタが登場します。イエス様が墓の入り口に置かれている石を取りのけなさいと命じます。イエス様は何をしようとしているのでしょうか。マルタは、イエス様が墓の中に入ろうとしていると思いました。そこで

「四日もたっていますから、もうにおいます」

と言います。死体が腐り始め、いやなにおいがするというのです。

 するとイエス様が答えます。

「もし信じるなら、神の栄光が見られると、言っておいたではないか」。

厳粛な言葉です。イエス様は、既にマルタに、

「もし信じるなら、神の栄光を見られる」

と語ったことがあると言っています。いつ語ったのでしょうか。二つ可能性があります。

 一つは、マルタが<ラザロが病気です>と使いを送ってイエス様に知らせたときです。その時イエス様は、

「この病気は死で終わるものではない。神の栄光のためである」

語りました。ですから、使いの者がイエス様のこの言葉をマルタに伝えた可能性があります。もしラザロが病気で死んで終わるのではないとするなら、まして神の栄光のためであるとイエス様がおっしゃったのだから、マルタには期待があっても良いはずです。

 生まれつき盲人の人が目が見えないのはなぜか、と弟子たちがイエス様に尋ねたとき、イエス様は、神の栄光が現れるためと語り、盲人の目を見えるようにしました。神のみ業を現されたのです。ですから、この病気は死で終わるものではない、神の栄光のためであるとイエス様が言うとき、神のみ業が現れることが期待できるのです。しかしマルタは、この主イエスの言葉を思い出すことなく、ラザロが死んだので葬儀を行い、遺体を墓に葬りました。現実に流されて、大切なイエス様の言葉を忘れてしまったということができます。

 あるいは、イエス様がマルタに、次のように語ったことです。

「わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか」。

ここには神の栄光という言葉はありませんが、イエス様を信じる者には死を越える希望があることが分かります。イエス様はこのことをマルタに思い出させようとしているのかもしれません。

 どちらにせよイエス様はご自分が語った大切な言葉を、マルタに思い出させようとしました。私たちには、現実に流されて、大切なイエス様の言葉を忘れてしまうことが起きるのです。しかしイエス様は、はじめから計画していたこと、つまりラザロを生き返らせるのです。イエス様は天を仰いで、天の父なる神に祈ります。イエス様がいやしの業をなさるとき、前もって祈る姿を見せることはありません。あえてイエス様が父なる神に祈るのは、その祈りを人々に聞かせるのは、これから起きることが神の業であることを知らせるためです。

 祈り終わり、イエス様が

「ラザロ、出てきなさい」

と大声で叫ばれたとき、ラザロは墓から出てきました。彼は生き返りました。死は絶対的な支配者ではなく、イエス様はその支配を打ち砕かれました。ラザロが生き返った出来事、それはイエス様が死に打ち勝つ救い主であることを指し示しています。イエス様が信じる者たちに与える命は、死を越える命、永遠の命であることを指し示しています。イエス様はイエス様を信じる者に永遠の命を与えてくださるお方です。

祈り