このヨハネ福音書が書かれた目的は、今日の聖書の最後でマルタが告白しているように、読者がイエス様が神の子、メシアであることを信じるためであり、信じて永遠の命を受けるためです。

 イエス様は、わたしは<命>であると宣言されました。イエス様は、私たちに永遠の命を与えてくださいます。永遠の命とは何なのか、それが今日のテーマです。イエス様を信じる人は、永遠の命をすでに持っています。イエス様を信じる人は、永遠の命を生きることができますし、永遠の命に生きているということができます。今日も聖書に聞きましょう。

 イエス様は、エルサレムに近いベタニアという村に行きました。そこにはマルタとマリアという姉妹が住んでいました。二人の兄弟ラザロが墓に葬られて4日が過ぎていました。11章の始めから読むと分かりますが、マルタとマリアは、イエス様に使いの者を送り、ラザロが病気であることを知らせました。イエス様がすぐに来て、ラザロをいやしてほしいと願ったのです。しかしイエス様は、使いの者と一緒にベタニア村に行くことはしませんでした。伝言を託しました。

「この病気は死で終わるものではない。神の栄光のためである。神の子がそれによって栄光を受けるのである」。

 イエス様がすぐに行かなかったので、ラザロは亡くなりました。そして墓に葬られました。墓に葬られて四日が過ぎて、イエス様はマルタとマリアのもとを訪ねたのです。イエス様が来られたと聞いて、マルタは出迎えに行きます。そしてマルタはイエス様に言います。

「主よ、もしここにいてくださいましたら、わたしの兄弟は死ななかったでしょうに」。

マルタは、イエス様がいやす力を持っているとの信仰を言い表し、イエス様がおいでにならなかったのでラザロは死んでしまったと事実をそのまま伝えました。

 さらに続けてマルタはイエス様に言います。

「しかし、あなたが神にお願いになることは何でも神はかなえてくださると、わたしは今でも承知しています」。

ラザロを癒やしてもらうことはできませんでしたが、イエス様が神さまにお願いすれば、神さまは何でもかなえてくださるとイエス様への信頼をマルタは、言い表しました。

 するとイエス様は、マルタに告げます。

「あなたの兄弟は復活する」。

ラザロは亡くなりましたが、復活の希望があると伝えました。私たちも葬儀の時、復活の希望を語り、また聞きます。

 

「あなたの兄弟は復活する」

との言葉は、終末、つまりこの世の終わりの日の復活を意味しています。この時代、イスラエルの多くの人々は死者の復活を信じていました。律法学者、ファリサイ派の人々は復活を信じており、会堂の礼拝で教えていたと思われます。そしてマリアも

「終わりの日の復活の時に復活することは存じております」

と語り、復活信仰を言い表しました。ここまでは、普通の会話です。

 ここから、新たな展開が始まります。イエス様は語ります。まず、

「わたしは復活であり、命である」。

イエス様は、ご自分がいかなる方であるかを語ります。さらに

「わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか」

とマルタに語ります。

 ここでイエス様は、新しいことを語ります。まず、<わたしを信じる者は、死んでも生きる>。これは、イエス様を信じて死んだ者は、生きる、つまり復活して生きるということです。マルタもこのイエス様の言葉は受け入れることができたと思います。次のイエス様の言葉は聞くものを驚かせます。

「生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない」。

<決して死ぬことがない>。これは理解しがたい言葉です。人間は、イエス様を信じていようといまいと、皆死にます。それなのに決して死ぬことはないというのです。この福音書の8章で、イエス様が同じ事を語りました。

「わたしの言葉を守るなら、その人は決して死ぬことがない」。

この時、これを聞いたユダヤ人たちは、イエス様のことを<悪霊に取り憑かれている>と非難しました。

 イエス様はここで、大切なことを明らかにしようとしています。

「わたしは命である」

とイエス様は言いました。イエス様を信じる人は、永遠の命を与えられます。永遠の命を与えられている人は、決して死ぬことがないとイエス様はおっしゃるのです。

 実は、信仰者は二つの命を持っています。一つは生物としての命です。この命には始まりがあり、終わりがあります。誕生において始まり、死をもって終わります。もう一つの命は、永遠の命です。この命には終わりはありません。この命が終わることに伴う死というものはないんです。ですから永遠の命を持つ人は、生物としては死にますが、死を越えて生きるというのです。そしてこのことを信じるか、とイエス様はマルタに問いかけます。

 永遠の命を持つ者としてあなたは今生きており、肉体が死んだ後も、永遠の命を持つ者としてあなたはなお生きる、このことを信じるか、とイエス様は問いかけたのです。

 マルタの答えは、

「はい、主よ、あなたが世に来られるはずの神の子、メシアであるとわたしは信じております」。

これは、イエス様の問いかけに真っ直ぐに答えたものとは言えません。イエス様が話されたことを理解することができなかったと思います。しかし、マルタは精一杯の思いで、信仰を言い表しました。イエス様を神の子、メシアとの告白をしたのだと思います。

 

「このことを信じるか」。

これは私たちにも向けられている問いです。皆さんは、どう答えられるでしょうか。

 答えるためには、永遠の命を持つとはどういうことなのかを知る必要があります。ヨハネ福音書の中でイエス様は、御自分を信じる人は永遠の命を与えられると繰り返し語ります。信仰者は、今、永遠の命を持っているのです。

 私たちは、洗礼を受けてクリスチャンになります。イエス様を信じて生きる者となります。私たちはイエス様と結ばれるのです。私たちがイエス様と結ばれた者となることについては、イエス様は二つのたとえを語っています。私たちは、羊飼いであるイエス様に養われる羊です。私たちは、ぶどうの木であるイエス様につながるぶどうの木の枝です。私たちをイエス様と結び合わせ、イエス様と結び合わされて私たちを生きるようにさせるもの、それが永遠の命です。あるいは、イエス様と私たちがつながっている、それを永遠の命を呼ぶこともできます。

 永遠の命を受け取った人は、神さまにつながり、イエス様につながり、神さまとの交わり、イエス様との交わりに生きるようになります。神さまとの結びつきは、生物としての人間の死をもっても終わりません。人間の死を越えて、なおこの結びつきは保たれています。この結びつきは、切れません。だから、イエス様が与えてくださる命は、永遠の命と呼ばれます。

 ですから、イエス様は永遠の命についてこう語られます。

「永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです」。

永遠の命とは、神とイエス様を知ることだというのです。神を知り、イエス様を知るから、神との交わり、イエス様との交わりに生きることができます。また交わりに生きるから、さらに神さまのこと、イエス様のことを深く知るようになります。もし私たちは神さまとの交わり、イエス様との交わりを持たず、この交わりの中で相手を知ることがなければ、永遠の命はなきに等しいのです。宝の持ち腐れとなります。

 永遠の命をいただいた者は、神との交わりに生きるのです。イエス様との交わりに生きるのです。するとその人にどのようなことが起きるのでしょうか。イエス様は語ります。

「わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない」。

イエス様は、永遠の命に生きている人は、飢え渇きを覚えない、と教えておられます。サマリアの女性にも、

「わたしが与える水を飲む者は決して渇かない」。

命であるイエス様との交わりに生きる人は、飢え渇きを覚えないとイエス様はおっしゃいます。イエス様を信じて生きるようになったあなたは、心の渇きが癒やされたのではないでしょうか。空しさから救われ、生きる意味・目的を知り、喜んで生きることができるようになったのではないでしょうか。

 永遠の命をいただいた者は、実を結びます。ぶどうの木のたとえでイエス様は教えます。

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ」。

豊かに実を結ぶ、これは永遠の命に生きている人の特徴です。あなたの人生に、神さまが結ばせてくださった実があるのではないでしょうか。その実は当たり前のものではありません。神さまが結ばせてくださったものです。

 永遠の命をいただいた者は、兄弟を愛する人になります。ヨハネは手紙の中でこう書いています。

「わたしたちは、自分が死から命へと移ったことを知っています。兄弟を愛しているからです。愛することのない者は、死にとどまったままです」(ヨハネ一3:14)。

私たちは死から命へ移っている、つまり永遠の命を持っていることを知っているというのです。なぜなら、兄弟を愛しているからとあります。兄弟を愛することは、永遠の命が生きていることの表れです。あなたは以前より、教会に連なる兄弟姉妹のことが気になるように変えられたのではありませんか。手紙を書いたり、電話をしたり、あるいは祈るようになったのではありませんか。それは、永遠の命があなたのなかで、生きていることを示しています。

 イエス様は語ります。

「わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、命である」(6:63)。

ペトロはイエス様に語ります。

「あなたは永遠の命の言葉を持っておられます」。

イエス様の言葉が、命なのです。

 ヨハネ福音書の冒頭にこう書かれています。

「言の内に命があった。命は人間を照らす光であった」。

イエス様の言葉が命であり、人間を照らす光なのです。永遠の命に生きる人は、イエス様の言葉、神さまの言葉という光に照らされて生きる人です。それ故、イエス様の言葉、神さまの言葉に従って歩みます。

 イエス様とのつながり、神さまとのつながりは、誰も、何ものもこれを切断することはできません。死も、切断することはできません。

 

「生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか」。
「はい、主よ、信じます」。

祈り