今日の聖書には、復活されたイエス様が弟子たちと出会ったことが書かれています。イエス様は弟子たちに、あなたがたを遣(つか)わすと語り、聖霊を受けよ、と弟子たちに命じました。さらに罪を赦す権威を弟子たちに与えられました。ここを読んで、私は戸惑いを覚えました。イエス様は、ヨハネ福音書では、罪の赦しや悔い改めを語っていないからです。それなのに突然、罪の赦しが出てくるので、これをどう理解したらいいのか、立ち止まってしまいます。それを理解するためにも、今日の聖書に聞きたいと思います。

 イエス様が復活された日、弟子たちは、ユダヤ人を恐れて家の戸に鍵を閉め、家の中に閉じこもっていました。ユダヤ人を恐れていたのです。イエス様の仲間であることが知れたら、自分たちも捕らえられるに違いないと、恐れ、身を隠していました。すると夕方、突然イエス様が弟子たちの真ん中に現れます。ドアは閉じているのに、家の中に入ってこられたのです。不思議なことです。そして弟子たちに

「あなたがたに平和があるように」

と声をかけます。この言葉を聞いて、イエス様が亡くなった悲しみ、さらに捕まるかもしれないとの恐れから、弟子たちは自由になり、心は平安になったと思います。

 イエス様は、手とわき腹を弟子たちにお見せになりました。十字架の上でたしかに処刑されて死に、墓に葬られたイエス様であることをお示しになりました。それで弟子たちは喜びました。その弟子たちにイエス様は、

「あなたがたを遣わす」

と語り、さらに

「聖霊を受けなさい」

と命じます。そして

「だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る」

と告げられました。

 最初に今日の聖書を読んで戸惑いを覚えるとお話ししました。そこでイエス様は罪について、どのように語っておられるのかを確認します。たとえば、イエス様が神から遣わされたことを信じない、あるいはイエス様を信じない、それが罪だと繰り返し、イエス様は語っています。またイエス様を信じない者は罪の中で死ぬと語られます(8:24)。さらに

「はっきり言っておく。罪を犯す者はだれでも罪の奴隷である」

とも語っておられます(8:34)。そしてイエス様は、罪からの自由を与えると語ります(8:36)。罪についてイエス様が語られたことを確認した上で、今日の聖書に聞きます。

 イエス様は弟子たちに

「あなたがたを遣わす」

と語ります。何のために、どこに遣わすのかは語りません。マタイ、マルコ福音書では、イエス様は弟子たちに、全世界に出て行って福音を宣べ伝えなさい、と明確な使命を与えています。しかしここでは、

「あなたがたを遣わす」

と命じるだけです。そして弟子たちに息を吹きかけて、

「聖霊を受けなさい」

と語ります。

 皆さんのなかには、

「息を吹きかけて」

との言葉から、聖書のある箇所を思い出すかたがおられると思います。創世記2章7節です。

「主なる神は、土の塵で人を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった」。

神さまが、土で人の形を作られたのです。そして人の鼻の部分に命の息を吹き入れたのです。するとその土の塊が生きている人間になったというのです。

 あるいは旧約聖書のエゼキエル書37章を思い出す人もおられるでしょう。預言者エゼキエルは、骨で埋め尽くされた谷を見ます。預言者エゼキエルが骨に向かって語ると、骨と骨が近づき、骨に筋と肉が生じ、皮膚がその上を覆い、骨が人間の姿を取るのです。神さまがその人間に向かって霊を吹きかけたところ、その人間が生きる者となりました。たくさんの生きる人間が谷間に満ちたのです。神の霊を吹きかけられると人に命が与えられるのです。

 今、イエス様は弟子たちに

「聖霊を受けなさい」

と言って、息を吹きかけました。何が起きたのでしょうか。それは書かれていませんが、弟子たちは新しく造られた者となったのです。生まれ変わったのです。イエス様がニコデモに語った通りです(ヨハネ3章)。弟子たちは<神の子>とされたのです。

弟子たちはイエス様から、聖霊による洗礼を受けたのです。イエス様は、活動を始める前に、洗礼者ヨハネから洗礼を受けられました。その時、洗礼者ヨハネはイエス様について、

「聖霊によって洗礼を授ける人である」

と語っています(1:23)。そして今、弟子たちはイエス様から、聖霊による洗礼を受けたのです。

 イエス様は、私たちにも<聖霊による洗礼>を授けられるのでしょうか。答えは、イエスです。私たちは、洗礼を受けてクリスチャンになります。洗礼式では、洗礼を希望する人の頭の上に、水を垂らします。そしてその時、目には見えませんが、聖霊による洗礼が授けられると私たちは信じます。洗礼において、私たちも聖霊を受けるのです。そして私たちも新しく造られ、神の子とされます。そして聖霊が、永遠に私たちのうちにおられるようになりました。

 洗礼を受ける者が罪の赦しを与えられることはヨハネ福音書には書かれていません。イエス様の弟子のペトロは、使徒言行録ではっきりと語っています。

「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます」(使徒2:38)。

 イエス様は聖霊による洗礼を授けるかたであると語った洗礼者ヨハネは、イエス様について、

「世の罪を取り除く神の小羊」(1:29)

と語りました。イエス様は、罪を取り除くかただというのです。さらにイエス様ご自身

「わたしは罪からの自由を与える」

と語られました(8:36)。イエス様は、私たちに罪の赦しを与えるだけではなく、罪を取り除き、罪からの自由を与えられるのです。信仰者のうちに聖霊が住んでくださり、この聖霊の助けを受けるとき、私たちは、罪を取り除かれ、罪から自由にされていきます。ヨハネ福音書は、罪の赦しは語りませんが、罪からの自由、イエスが罪を取り除かれる方であることは語っています。罪の赦しは前提とされていると言うことができるのだと思います。

 罪からの自由、罪を取り除くことについては、小切手でたとえることができます。小切手には、ある金額が書かれているとします。小切手そのものは現金ではありませんが、銀行に持っていけば、書かれた金額の現金に換えることができます。小切手は、現金になるとの約束です。その約束が実現するには、小切手を銀行に持っていかなければなりません。

 私たちは、罪が取り除かれる、罪から自由にされるとの約束を与えられました。洗礼を受け、私たちも神の子とされます。神の子は、罪からの自由、罪を取り除いてもらえると約束をいただいた者です。罪からの自由、罪を取り除いてもらえる、これは救いの恵みです。小切手を銀行に持っていくように、私たちは、神の子として歩み、罪からの自由を得ていきます。

 もう一つたとえをお話しします。青虫は、さなぎとなり、やがて蝶となり、空を羽ばたきます。青虫は、食草となる植物が活動の場所です。植物の葉を食べるために、動き回ります。青虫は、植物から離れることはできません。しかし蝶になれば、その植物から離れ、自由に飛び回ることができます。青虫は罪の支配されたわたしたちを意味します。蝶は、神の子とされたわたしたちを意味します。

 聖霊を受けるとは、罪から自由にされたことを信じることです。罪を取り除かれたと信じることです。神の子という蝶にされたことを信じることです。そして後は、蝶が自由に飛ぶように、私たちは神の子として生きるのです。神の子として生きていくとき、罪との戦いがありますが、聖霊の助けによって勝利し、私たちは罪から自由にされていることを味わいます。弟子たちは聖霊を受けました。それは罪の赦しを受け、罪から自由にされる救いの恵みを受けたことを意味します。弟子たちは今、そしてこの恵みを宣べ伝える者とされたのです。

 イエス様は、弟子たちに聖霊を与え、イエス・キリストによる救いを宣べ伝えさせます。イエス様を信じ、神の子とされる救いを宣べ伝えさせます。救いの中心は、罪の赦し、そして罪からの自由です。青虫は、いくら頑張っても空を飛ぶことはできません。蝶になったとき、飛ぶことができます。罪の中にいて、罪に支配されている私たちは、いくら頑張っても罪から自由になることはできません。しかし、聖霊を受け、神の子とされたと信じ、喜び、神の子として生きようとするなら、罪から自由にされていきます。罪の赦しを語ることは、罪からの自由を語ることにもなります。

 イエス様は、罪を赦す権威を弟子たちに与えました。では、福音を宣べ伝えるように召された牧師は、罪を赦す権威を与えられているのでしょうか。罪を赦す権威が自分に与えられているなんて、考えるだけでも、恐ろしいです。

 今日の聖書で、家の中に閉じこもっていた弟子たちが誰なのか書かれていません。そこにはイエス様を信じる者たちがいました。罪を赦す権威は、信じる者たちの群れ、つまり教会に与えられていると私たちは信じます。カトリック教会では、告解という儀式があって、信者が神父のもとに行って、個人的に罪の告白をし、罪の赦しを受ける習慣があります。プロテスタント教会は、そのようなことはしません。

 罪の赦しの権威は教会に与えられていると信じます。教会は福音を語ります。そして信じる者に洗礼を授けます。洗礼は罪の赦しを与えます。さらに礼拝の中で聖餐を行います。聖餐の中でパンとぶどう酒をいただくとき、私たちは、罪の赦しを味わいます。パンは十字架の上で裂かれたイエス様の体、ぶどう酒は十字架の上で流されたイエス様の血を表します。聖餐の中でパンとぶどう酒をいただくとき、私たちは、罪の赦しを味わいます。聖餐にあずかるのにふさわしい人は、自分が罪の赦しを必要とすることを知っている人です。そしてパンとぶどう酒をいただき、自分が罪の赦しの恵みをいただいていることを確認します。

 教会が、誰かの罪を赦せば、その人の罪は赦されます。しかし赦さなければ、その罪は残る、とあります。罪が赦される人がおり、罪が赦されない人がいるのです。罪が赦されない人がいるというのは、罪の赦しを求めているのに赦されない、ということではありません。

 ヨハネ福音書の言葉で一番有名な言葉があります。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」(3:16)。

救われる人もいれば、滅びる人もいることがわかります。しかし、神さまのみ心は、人がイエス様を信じ救われることにあります。

「神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである」(3:17)。

 神さまは、人がイエス様を信じるように、イエス様を宣べ伝える教会をお立てになりました。教会は福音を宣べ伝え、人々を救いに招きます。しかし、信じない人、信じようとしない人がいます。この人たちは、罪の赦しを求めません。ですから、罪の赦しは与えられません。滅びる人とは、招きに応じないで信じない人です。神のみ心はすべての人が信じて救われることです。しかしこの救いを拒む人に対して教会は赦しを告げることはできません。救いを拒む人は、自ら滅びを招いています。

 聖霊を受けた弟子たちは、罪の赦しを受け、罪から自由とされて生きる救いの恵みに歩みます。この弟子たちは、この救いへと人々を招きます。私たちもまた、弟子たちと同じように、罪の赦しを受け、罪から自由とされて生きる救いの恵みに歩みます。そして私たちも弟子たちと同じように、この救いへと人々を招きます。

あなたも復活の主と出会い、救いの恵みをいただきました。イエス様は、あなたに救いの恵みを与えるおかたです。

祈り