今日はイースタ、主イエスの復活を祝う日です。私たちが日曜日に礼拝を献げるのも、実は、主イエスの復活を祝ってのことです。というのは、イスラエルの人々は週の七日目を安息日として、この日に神さまを礼拝しました。土曜日に礼拝をささげたのです。しかし主イエスは週の初めの日に復活されたので、イエス・キリストを信じる教会は、日曜に礼拝をささげるようになったのです。

 聖書はイエス様が十字架で死んで三日目に復活したと告げます。復活とは、死んだ人が生き返ったということではありません。生き返っただけなら、また死んでしまいます。復活とは、二度と死なない者として生き返ることを意味します。この世の人は復活を信じるなんて、愚かと考えるでしょう。科学の発達した時代に復活なんて、と思うでしょう。でも私たちが信じるには理由があります。

何かを信じて、それで私たちが変わらないなら、その何かを信じることにはあまり意味がないでしょう。しかし、私たちが変わるなら、信じることに意味があります。イエス様の復活を信じるとき、私たちは変えられるのです。神の力によって変えられます。だから私たちはイエス様の復活を信じます。

 イエス様の復活を信じるとは、イエス様を信じる私たちが新しく生まれることを信じることを含みます。私たちは、約二千年前にイエス様が復活したという出来事がたしかに起きたということだけを信じるのではありません。その出来事がわたしと関係があることを信じるのです。ただ信じるだけではなく、私たちは新しく生まれるのです。イエス様の復活は、<私たちが新しく生まれる>ことと結びついています。

 ヨハネ福音書の3章で、ニコデモという人物が登場しました。夜、人目を忍んで、ニコデモはイエス様を訪問します。イエス様はニコデモに告げます。

「人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」(3:3)。

あるいは

「だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない」。

イエス様の復活を信じる人は、新しく生まれた人であり、水と霊によって生まれた人です。私たちは自分が新しく生まれたことを知る時、イエス様の復活を確信します。今日も聖書に聞きます。

 イエス様は金曜日の午後3時頃十字架の上で犯罪者として処刑されて亡くなりました。イスラエルの人の暦では、一日は夕方から始まります。夕方になると、安息日になり、働くことができなくなります。そこで夕方になる前に、ヨセフとニコデモが、イエス様の遺体を引き取り、墓に納めました。そして日曜日の朝、マグダラのマリアという女性が墓に行きました。

墓の入り口をふさいでいた石が転がっているのを見ます。何か変だと思った彼女は、弟子たちのもとに戻り、報告します。するとペトロともう一人の弟子が、走って墓に行きます。そして中に入ると、イエス様の遺体はありません。イエス様の遺体に巻いていた亜麻布が、落ちています。イエス様の遺体がないのを確認してペトロともう一人の弟子は帰ります。

 マリアも恐らくペトロたちと一緒に走って墓に向かいました。マリアはペトロたちに遅れて墓についたと思います。ペトロともう一人の弟子は帰りますが、マリアは残ります。

マグダラのマリアは、かつてイエス様によって悪霊を追い出してもらったことがあります。七つの霊が、彼女に取りつき、苦しい日々を送っていました。イエス様が、彼女から悪霊を追い出しました。それ以降彼女は、イエス様に付き添ってイエス様と行動を共にしました。イエス様と弟子たちには、多くの婦人たちが一緒にいて、食事の世話などの奉仕をしていました。マリアもそのひとりになったのです。マリアにとって、イエス様は自分を救ってくれた大切な人でした。ですから墓で、イエス様の死を悲しみ泣いていました。

 泣きながら、墓の中を見ると、白い衣を着た二人の天使がいるではありませんか。すると天使はマリアに

「なぜ泣くのか」

と尋ねます。マリアは

「わたしの主が取り去られました」

と答えます。イエス様の遺体が消えてしまったというわけです。こう言いながらマリアが後ろを振り向くと、そこにイエス様が立っていました。でも彼女は、それがイエス様であるとは分かりませんでした。マリアは、お墓のある園の管理人だと思ったのです。その人が

「なぜ泣くのか。だれを捜しているのか」

と尋ねます。

「あなたがあの方を運び去ったのなら、どこに置いたのか、教えてください。わたしが、あの方を引き取ります」

とマリアは答えました。するとイエス様が

「マリア」

と言われます。するとマリアは、目に前にいるのがイエス様だと気づきます。

 マリアは最初、そこにいるのがイエス様だと気づきませんでした。イエス様だと分かりませんでした。なぜなのか、と思います。イエス様のお姿が以前とはまったく違っていたわけではありません。いや、イエス様は以前と同じ姿なのに、イエス様だと分からなかったのです。

 ルカ福音書にも、イエス様と出会った二人の弟子が、イエス様だと気づかなかったと書かれています。この二人の弟子の名前は知られていませんが、彼らは、イエス様が亡くなってしまったので、エマオという自分たちの村に帰ろうとします。道々歩きながら話をしています。彼らはイエス様が十字架で死んだこと、そしてイエス様が生きておられると婦人たちが語ったことなどを話し合っていました。しかし弟子たちは皆、婦人たちが語るのをたわごとと受けとめ信じませんでした。この二人の弟子もそうです。イエス様が死んでしまったので、もとの生活に戻るべく、エマオの村に帰ろうとしていたのです。この二人が歩いているところにイエス様が来て、一緒に歩きます。イエス様は

「何の話をしているのですか」

と聞きます。

 この二人は、その人がイエス様だと分かりませんでした。イエス様はこの二人に聖書の話をします。救い主メシアは、苦しみを受けて死ぬことが聖書に書かれていると説明します。メシアが亡くなることは預言者が語っており、それが今実現したのだと説明します。さらに聖書全体にわたり、メシアについて書いてあることを説明されました。それでも二人は、一緒にいるのがイエス様だと気づきません。

 やがて彼らの村が近づきます。村に帰るためには道を曲がらなければなりません。しかしイエス様はまっすぐ行こうとします。そこでイエス様に、そろそろ夕方になるし、一緒に来て、私たちの所に泊まってくださいと強引に引き留めました。そして夕食を共にします。イエス様が神を賛美し、祈り、パンを裂いて二人に渡したとき、二人は、それがイエス様であると気づきました。彼らの目が開かれたのです。その時、イエス様の姿が消えてしまいました。

 マリアも、エマオに向かっていた二人の弟子も、イエス様が目の前にいるのに気がつきませんでした。なぜ気づかなかったのか、と思います。復活されたイエス様は、地上を生きたイエス様ではありません。しかし、復活されたイエス様の外見は、以前のお姿と変わりはありません。しかし、彼らは気づかなかったのです。聖書は、彼らの目が閉ざされていたと語っています(ルカ24:16)。

人は目が開かれないと、復活されたイエス様を見ても、それがイエス様だとが分からないのです。私たちも目が開かれないと、イエス様が私たちの救い主であることが分からないのです。

 目が開かれるとイエス様だと分かるようになります。

「マリア」

と呼ぶイエス様の呼びかけを聞いて、マリアはそれがイエス様と分かりました。マリアは、心の中で、復活されたイエス様の呼びかけを聞いたのです。二人の弟子たちは、イエス様から聖書の説明を聞きました。聖書がメシアについて語っていることについての説明をイエス様から受けました。聖書の説明を聞いているとき、彼らは心が燃えていました。聖書からメシアについて学んだのです。イエス様が食事の席でパンを手渡されたとき、彼らの目が開け、イエス様だと分かりました。

 主イエスを宣べ伝えたパウロという人物がいます。彼は最初、クリスチャンを迫害していましたが、復活されたイエス様に出会い、イエス様を宣べ伝える人とされました。そのパウロがこう語ります。

「自然の人は神の霊に属する事柄を受け入れません。その人にとって、それは愚かなことであり、理解できないのです。霊によって初めて判断できるからです」(コリント一2:14)。

自然の人とは、生まれながらの人、つまり聖書から神様のことを学んだことがなく、神さまを知らない人、信じていない人のことです。この自然な人は、神の霊に属する事柄を受け入れないとあります。生まれながらの人は、神に関する事柄を理解できず、愚かと思ってしまうというのです。つまり神の事柄については目が閉ざされているのです。主イエスの話を礼拝でいくら聞いても、イエス様が救い主だと分からないのです。それは目が閉ざされているからです。ヨハネ福音書では、この世の人は、真理の霊を見ようとも知ろうともせず、受け入れることができないとあります。真理の霊の導きを受けるとき、私たちは目が開かれます。

 目の前にいるのがイエス様だと分かったマリアに対して、イエス様は、すがりつくのはよしなさいと命じます。これは何を意味しているのでしょうか。イエス様は

「まだ父のもとへ上っていないのだから」

と理由を語ります。どういうことでしょうか。

 イエス様は十字架につく前の晩、弟子たちに語られました。

「わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる」(14:16)。

イエス様は、十字架で亡くなり、復活し、そして天の父のもとに帰ります。そしてイエス様は天から聖霊を送ります。聖霊が信じる者と永遠に一緒にいるようにしてくださいます。

 復活されたイエス様と関わりを持つことができるのは、聖霊を受けた人だけです。聖霊を受けた人でないと、イエス様の復活を信じ、復活されたイエス様と共に生きることができません。共に生きようなどと考えません。イエス様に触ってはいけないとは、聖霊を受けていない人は、復活の主イエスとの関わり、交わりを持つことはできないことを意味しています。そのことが

「すがりつくのはよしなさい」

という言葉で示されています。聖霊を受けていない人は、復活の主イエスとの関わり、交わりを持つことはできません。

 イエス様の復活を信じるとは、イエス様が復活されたことを信じるだけではなく、聖霊を受けて、私たちが新しく生まれることを信じることです。聖霊を受けて私たちの目が開けると、私たちは新しく生まれたことが分かります。神さまがイエス様を死から復活させたように、神さまは聖霊によって私たちを新しく生まれさせます。私たちは神の子とされます。罪の中に生きていた私たちが新しい人として、つまり神の子として生きるようになります。これを私たちの復活と呼ぶことができます。イエス様の復活を信じるとは、私たちの復活を信じることと同一なのです。

世の終わり、終末の時に、イエス様を信じて死んだ人たちはイエス様と同じように復活します。これは終わりの日の復活です。しかしもう一つの復活があります。信仰者の復活です。イエス様を信じた人が、新しい人に生まれ変わるという復活です。

 マリアは、

「マリア」

と呼びかけるイエス様の呼びかけを聞きました。彼女は、マリアを呼ぶイエス様の声を耳にしただけではなく、彼女の心に呼びかけるイエス様の声を聞いたのです。復活されたイエス様が彼女の心に語りかける声を聞いたのです。エマオ途上の二人の弟子は、復活されたイエス様から聖書の意味を聞き、彼らの心が燃えました。そして彼らの心の目が開かれていきました。

 そして、わたしたちもまたイエス様の復活を信じ、私たち自身の復活を経験します。イエス様を信じる私たちは生まれ変わったのです。私たちはイエス様を信じ、神の子となったのです。神さまがイエス様を復活させたように、神さまが、私たちを新しく生まれ変わらせ、私たちを神の子としてくださいました。罪の中にいる私たちが死んで、神の子としてよみがえったのです。

パウロの祈りの言葉を紹介します。

「わたしたち信仰者に対して絶大な働きをなさる神の力が、どれほど大きなものであるか、悟らせてくださるように」(エフェソ1:19)。

私たち信仰者に対して絶大な働きをする神の力を悟ることができるようにと祈っています。そして

「神は、この力をキリストに働かせて、キリストを死者の中から復活させ」

と語ります。キリストを復活させた神の絶大な力をあなたがたが悟るようにとパウロは祈ります。言い換えると、神の絶大な力があなたを神の子にしたことを悟りなさいというのです。信仰者であるあなたが神の子とされたというとてつもないことが起きたのです。イエス様の復活を信じるとは、イエス様を死者の中から復活させた神さまの絶大な力が、あなたに対して絶大な働きをなさることを信じることです。神の絶大な力によって、あなたは神の子とされたのです。

 青虫がさなぎになり、やがて蝶となります。青虫が美しい蝶になるとは、誰も信じることができません。しかし青虫は蝶になります。そのように、罪を犯し、罪に支配されていた私たちが神の子になります。イエス様の復活を喜ぶとは、私たちが神の子として新しく生まれたこと、罪人の私が死んで神の子として復活して今あることを喜ぶことです。罪人の青虫が、神の子という蝶になったのです。

祈り