ヨハネ福音書20章の最後に、この福音書がなぜ書かれたのか理由が書かれています。この福音書を読んで、イエスが神の子であると信じた人が、いのちを受けるためであると書かれています。この命を<永遠の命>と呼びます。<永遠の命>というと私たちが死んだ後に受け取るものと思われるかもしれませんが、この永遠の命は、イエス様を信じる人がいただくものであり、イエスを信じている人は、すでに永遠の命を持っています。

 命というのは目に見えません。しかし私たちが命を持っていることは具体的に分かります。私たちが生物としての命を持っていることは、心臓が動いていることによって分かりますし、私たちが生きていることによって分かります。永遠の命も、それを持っている人にはその命の働きが現れます。

 皆さんのなかには、ご自分が永遠の命をいただいていることに気づいている人がいるでしょうし、まだ気づいていない人もいることと思います。気づいている人は、きっとこう言うのではないかと思います。

「私は変えられた」
「私は生まれ変わった」
「以前のわたしと今の私は違う」。

そして何が変わったのかを語ることができます。

 ちなみに私は聖書の言葉を土台にして物事を考えるように変えられました。旧約聖書の箴言3章5〜6節の言葉は、私にとって大切な言葉です。

「心を尽くして主に信頼し、自分の分別には頼らず常に主を覚えてあなたの道を歩け。そうすれば/主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる」。

つまり、神さまの言葉に信頼し、神さまの言葉を思いめぐらして生きるのです。私は永遠の命を与えられて生まれ変わり、み言葉によって生きる者とされました。

 今日の聖書でイエス様は、ご自分が命を与える方であることを深く自覚しておられます。今日も聖書に聞きましょう。

 エルサレムから東に3キロほど離れたところにベタニア村があります。そこにマルタ、マリアの姉妹、そして弟のラザロが住んでいました。イエス様はこの家族と親しかったようです。5節によれば、イエス様はマルタ、マリア、そしてラザロを愛していました。そのラザロが病気になりました。重い病気のようです。何としても弟を助けたい、イエス様ならきっといやしてくださる、そう思った姉妹は、使いをイエス様のもとに送りました。

 ラザロのことを聞いたイエス様は、その使いに伝言を託しました。

「この病気は死で終わるものではない」。

イエス様は使いと共にマルタとマリアのもとに行くことはしなかったのです。この使いが戻ったとき、ラザロはすでに亡くなっていたのか、あるいは使いが戻った後に亡くなったのか、それは分かりません。ラザロがすでに亡くなっていたのであれば、間に合わなかったか、と残念に思ったことでしょう。使いが戻ってから、亡くなったとすれば、イエス様はなぜ、来てくれなかったのか、と嘆いたかもしれません。イエス様の伝言を聞いた二人はどう思ったでしょうか。

 

「この病気は死で終わるものではない」。

この言葉を二人は理解できなかったでしょう。イエス様が彼らのもとを訪れたとき、二人とも

「主よ、もしここにいてくださいましたら、わたしの兄弟は死ななかったでしょうに」

とイエス様に話しています。イエス様の伝言には続きがあります。

「この病気は死で終わるものではない。神の栄光のためである。神の子がそれによって栄光を受けるのである」。

マルタとマリアは、この言葉の意味もよく分からなかったと思います。

 この伝言の後半の言葉は、イエス様が盲人の目を見えるようにした出来事を思い出させるものがあります。イエス様が弟子と一緒に道を歩いていたとき、生まれつき盲人の人がいたのです。そこで弟子たちがイエス様に、

「この人が生まれつき目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか。本人ですか、それとも両親ですか」

と質問します。するとイエス様は、

「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである」

とお答えになりました。

 物事のとらえ方は一通りではないことを知ります。人が盲人に生まれたのは、人間の罪のせいだとイエス様の時代の人は考えていました。しかしイエス様は、神の業が現れるためと、別な見方を語られました。マルタとマリアは、ラザロが死ぬなんてあってはならない、と考えました。しかしイエス様は、ラザロの病気は死で終わるものではないと考えています。ラザロは死ぬが、それで終わりではない、終わりでないどころか、神の栄光が現れるとマルタとマリアに伝えたのです。私たちの生活の中で、絶対に起きたら嫌だと思うことが起きたとき、それを通して神の栄光が現れると考えることができたら、どうでしょうか。希望が湧き、励まされるのではないでしょうか。私たちの身には色々なことが起きますが、このことを通して神さまの栄光が現れる、神さまのみ業が現れると考えたら、希望が湧いてきます。神さまの視点で物事を見ることができる、これは幸いなことです。

 イエス様が使いの者に伝言を託したとき、イエス様は御自分が何をするのか、決めていました。死んだラザロを生き返らせるつもりなのです。死者を生き返らせる、それは神のみ業です。人間にできることではありません。神が人を生き返らせるのを見る、それは神の栄光を見ることです。神の栄光を見るとは、光り輝く神の姿を見ることではありません。目の前に起きる神さまの御業を見る、それが神の栄光を見ることです。神さまの姿は目に見えませんが、神さまはご自身を現したのです。そして

「神の子がそれによって栄光を受ける」

とは、ラザロを生き返られたイエス様が、神さまから遣わされたことが明らかになるということです。

 イエス様がラザロを生き返らせるとき、人は神の栄光を見るのです。そしてイエス様が死に打ち勝つ方であることが明らかとなります。ラザロが生き返ること、それはしるしです。イエス様が死に打ち勝つ方であることを示すしるしです。さらに、イエス様が復活することのしるしです。

なぜ、そんなことが言えるのでしょうか。イエス様がご自分が良い羊飼いであると語られたとき、次のように話されました。

「誰もわたしから命を奪い取ることはできない。私は自分でそれを捨てる。わたしは命を捨てることもでき、それを再び受けることができる」。

 イエス様は、二日後、ユダヤに行こうと弟子たちに語ります。つまりラザロの所へ行こうというのです。その時、弟子たちが言います。

「ラビ、ユダヤ人たちがついこの間もあなたを石で打ち殺そうとしたのに、またそこへ行かれるのですか」。

イエス様の行動に疑問を示します。しかし、イエス様は行くのです。自分の命を捨てることになるかもしれませんが、ユダヤへ行こう、とイエス様は言うのです。イエス様は、自分の命を捨てることもできますが、再び受けることができます。つまり復活することができるというわけです。

 ラザロを生き返らせることには、大きな意味があったのです。イエス様が死に打ち勝つ救い主であり、十字架の上で死んでも、復活なさる救い主であることを指し示すのが、ラザロの生き返りなのです。

 11節でイエス様は言います。

「わたしたちの友ラザロが眠っている。しかし、わたしは彼を起こしに行く」。

弟子たちはラザロが眠っていると勘違いしました。ラザロは死んでいるのです。しかしイエス様は、ラザロのもとに行きます。ラザロの家があるベタニアはユダヤです。エルサレムにほど近く、エルサレムにはイエス様を殺そうと考えている者たちがいるのです。イエス様は、身の危険を知りつつ出かけるのです。自分の命を捨てる覚悟で出かけるのです。

ここでイエス様は、ラザロのことを<友>と呼んでいます。イエス様は、

「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」

と教えられましたが、今まさに、友であり、愛するラザロのために、命の危険を冒してラザロのもとに向かいます。

 9〜10節の言葉は分かりにくいです。イエス様は自分が生きることができるのは限られた時間であり、その時間の中で、すべきことをしなければならないとの思いが言い表されていると考えます。だから身の危険をものともせず、出かけられるのです。

 良い羊飼いは羊のために命を捨てるとイエス様は話されました。愛するラザロのために、命を捨てる覚悟をしてイエス様はユダヤに行きます。イエス様が友として愛するのはラザロだけではありません。イエス様は弟子たちに教えます。

「わたしの命じることを行うならば、あなたがたはわたしの友である」。

イエス様は弟子たちを友と呼び、さらに私たちをも友と呼んでくださいます。私たちは讃美歌で、

「慈しみ深き友なるイエスは」

と歌いますが、この友であるイエス様は、私たちの羊飼いとして、良い羊飼いとして、命を捨ててくださる方です。イエス様は死を覚悟してユダヤに行きます。それは私たちのためでもあります。良い羊飼いが死ぬのは、羊がいのちを受けるため、しかも豊かに受けるためです(10:10)。

 14節。

「ラザロは死んだのだ。わたしがその場に居合わせなかったのは、あなたがたにとってよかった。あなたがたが信じるようになるためである。さあ、彼のところへ行こう」。

ここでイエス様が出かけるのは、弟子たちが信じるようになるためであるとあります。弟子たちが何を信じるためなのでしょうか。

 イエスがラザロを生き返らせる直前、神さまに祈っています。11章の41節以降にこうあります。

「父よ、わたしの願いを聞き入れてくださって感謝します。わたしの願いをいつも聞いてくださることを、わたしは知っています。しかし、わたしがこう言うのは、周りにいる群衆のためです。あなたがわたしをお遣わしになったことを、彼らに信じさせるためです」。

ここではラザロを生き返らせるのは、それを見た群衆が、イエス様が神から遣わされたことを信じるためだというのです。弟子たちは既にイエス様が神から遣わされた方であると信じています。それなら、弟子たちは何を信じるようになるというのでしょうか。

 ラザロが生き返るとは、イエス様が死に打ち勝つ方であることを示しています。それ故、弟子たちはイエス様が死に打ち勝つ方であることを信じるようになることです。そしてイエス様が、復活することを信じるようになることです。ラザロの生き返りは、イエス様が死に打ち勝つ方であることのしるしであり、イエス様が復活されることのしるしです。今、弟子たちはラザロの生き返りを見ても驚くだけですが、イエス様が十字架の上で亡くなり、復活された後、弟子たちはラザロの生き返りの意味を理解するようになります。

 イエス様はこれまで、

「わたしを信じる者は永遠の命が与えられる」

と語ってこられました。そして今、信じる者たちに永遠の命を与えるために、ご自分の命を捨てる覚悟で、ユダヤに行き、ラザロを生き返らそうとしているのです。そして最後に、十字架の上でご自分の命をお捨てになり、復活し、私たちの良き羊飼いとなってくださいます。今イエス様は、死を覚悟してユダヤに行きます。

祈り