今日の聖書でも、イエス様はユダヤ人と語り合っています。ユダヤ人たちは、信仰を持っています。神は唯一であるとの信仰に立ち、神の戒め、律法を守ることに熱心です。しかしイエス様の活動、教えに、ユダヤ人たちは、疑問を感じています。それ故に、イエス様がメシアであることを信じることができません。

 しかしイエス様から見ると、彼らには柔軟性がありません。あるいは、自分はこれでいいのかと、自分を批判する心がありません。これでは進歩、成長がありません。私たちは神さまのことを十分知ることはできません。信仰のことは全部分かったなどと考えることはできません。だから、毎週礼拝で聖書の説き明かし説教を聞きます。私たちは信仰の世界へ招かれ、さらに信仰の世界の深みへと招かれています。

 今日の聖書で

「父がわたしの内におられ、わたしが父の内にいる」

との表現があります。ヨハネ福音書にはさらに

「あなたがたはわたしの内におり、わたしはあなたがたの内にいる」

という表現もあります。この表現は、私たちの信仰の本質に迫る大切なものを示しています。今日の聖書は、頑なと思えるユダヤ人たちをなおも信仰に招こうとするイエス様のお姿を見ることができます。イエス様の目に救いから漏れてもかまわない人は一人もいないのです。イエス様のお声に耳を傾けます。

 今日の聖書でユダヤ人たちが石を手にとって、イエス様を殺そうとしたとあります。ユダヤ人とイエス様は、論じ合っていたのですが、イエス様が

「わたしと父は一つである」

と語ったとき、ユダヤ人たちは、イエス様が神を冒?(ぼうとく)していると感じて、イエス様を石で殺そうとしました。律法という神の戒めのなかには、神を冒?する者を石打ちにして殺しなさいと定められているからです。

 するとイエス様は、抗議をします。

「わたしの行ったどの業のために、わたしを打ち殺そうとするのか」。

するとユダヤ人たちは、

「あなたは自分を神としているからだ」

と答えました。自分を神とすることは神を冒?することになります。

 たしかにイエス様は神を父と呼び、

「わたしと父は一つだ」(10:30)

と主張しました。イエス様ご自身は、自分を神と語っているのではなく、自分は神から遣わされ、神さまが語れと言われたことを語り、神さまがしなさいと言われたことをしており、自分は神さまと一つなのだと言ったのです。しかしユダヤ人たちは、イエス様の発言は自分を神とするものと考え、イエス様を殺そうとしたのです。

 イエス様は、聖書の言葉、詩篇82篇の言葉を引用して、神を冒?していないと弁明されます。この詩篇の引用と弁明は、正直理解しにくいです。この部分は省略します。ユダヤ人たちはイエス様の弁明に納得しなかったと受けとめればよいと思います。ユダヤ人たちは、イエス様がメシア、救い主であることを受け入れようとはせず、イエス様を殺そうとしています。

 さらにイエス様は語ります。37節。

「もし、わたしが父の業を行っていないのであれば、わたしを信じなくてもよい」。

イエス様が神さまの業を行っていないなら、イエス様を信じる必要はありません。当たり前のことです。そして38節。

「しかし、行っているのであれば、わたしを信じなくても、その業を信じなさい」。

<しかし、行っているのであれば>。イエス様は、ご自分が父なる神さまから遣わされ、父なる神さまから教えられたことを行っていると考えています。イエス様はこの点は譲りません。私は、神さまの業を行っている、だから、

「わたしを信じなくても、その業を信じなさい」

と語ります。<信じなさい>と命令するのです。命令されて人は信じるのか、とこの命令に驚きます。

 イエス様はユダヤ人たちが先入観をもっていることをご存知です。つまり<イエスは安息日の戒めを破っている>との思いが、ユダヤ人たちの心に影響を与えているのです。安息日の戒めを破っている者が、神さまの働きをするはずがないとの思いが、イエス様の働きを認めさせないのです。そこでイエス様は、わたしを信じなくてもいいから、業を信じなさいと命じます。つまりヨハネ福音書の5章では、38年も病気であった人をイエス様は癒やしました。9章では、イエス様は生まれつき盲人であった人の目を見えるようにしました。これらのいやしの業をどう思うか、考えて欲しいとイエス様はおっしゃったのです。

 イエス様が盲人の目を見えるようにしたとき、イエス様が神さまから来た人なのかどうか、ユダヤ人の間で意見が分かれました(9:16)。今、イエス様は、イエス様が神さまから遣わされておいでになったことを信じないユダヤ人たちと論じ合っています。信じようとしないユダヤ人たちにイエス様は、他のユダヤ人たちがどう言うかはともかく、あなた自身はどう思うか、と一人一人のユダヤ人に問いかけたのです。人間は、周りの人の意見に流されやすいものです。仲間の多くが抱いている意見と違う意見を持つことはむずかしいものです。つい私たちは仲間の意見に同調してしまいます。

 あなたは神さまの前に立つ者として、盲人の目が見えるようになったことは、神の働きなのかどうか、考えて欲しい、判断して欲しいとイエス様は語られたのです。周りの人、仲間の人の意見に左右されず、神さまの前に立つ人として、あなたはどう考えるのか、あるいは自分は先入観に囚われているのかも知れないので、心を白紙にして考えてみたらどうか、そのような判断をイエス様は求められたのではないかと思います。

 私たちは自分が神さまの前に立つ者であることを覚えることは大切なことです。なぜなら、神さまは私たちを裁く神でもあるからです。神さまは人間の罪を裁く方であるからです。ユダヤ人からすれば、神についてよく知らない盲人でさえも、自分の目を見えるようにしたイエス様を神さまから遣わされた人であると判断できたのです。最後の審判の日、神さまから

「あなたたちは、なぜ、私が遣わした者を信じなかったのか」

と問われたら、ユダヤ人たちはどう答えるのでしょうか。人は神さまの前に独りで立つ者として、その言動に責任を持ちます。

 ユダヤ人たちは、イエス様が安息日の戒めを破ったように思えたので、イエス様は神さまに遣わされた人ではないと思ってしまったわけですが、もう一度、先入観を捨てて、考えてみなさいとイエス様は、ユダヤ人たちに問いかけたように思います。

 イエス様は38節で、わたしの行った業が神からのものであると<信じなさい>と命じます。<信じなさい>との命令に驚きを覚えますが、理由があるはずです。素直になって、盲人の目を見えるようにする、それは神の働きであると信じなさいとイエス様はお命じになりました。続いて、イエス様は語ります。

「そうすれば、父がわたしの内におられ、わたしが父の内にいることを、あなたたちは知り、また悟るだろう」。

 <そうすれば>わかる、というのです。信じるなら、あなたも信仰の目が開かれて分かるというのです。つまり<父がわたしの内におられ、わたしが父の内にいることを、あなたたちは知り、また悟る>というのです。この<父がわたしの内におられ、わたしが父の内にいる>という表現は、ヨハネ福音書で繰り返し表れる表現です。父なる神さまとイエス様の関係を表す表現です。この表現は、何を意味しているのでしょうか。

 そこで、この表現が出てくる14章を見てみます。14章8節でイエス様の弟子のフィリポがイエス様に願いを述べています。

「主よ、私たちに御父を示してください」。

するとイエス様は、

「フィリポ、こんなに長い間一緒にいるのに、わたしが分かっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのだ。なぜ、『わたしたちに御父をお示しください』と言うのか」

と咎めます。さらに続けてイエス様は語ります。

「わたしが父の内におり、父がわたしの内におられることを、信じないのか」。

信じないのか、と弟子たちを強く咎めているように見えます。

 このことから、<父なる神さまがイエス様の内にいる>とは、神さまがイエス様を通して働き、ご自身を現すことを意味していると考えることができます。父なる神さまがイエスの内におられ、イエス様を通して働いておられるのです。ですからイエス様を見る人は、父なる神さまを見るのです。

 次に<イエス様が父なる神さまの内にいる>とはどういうことでしょうか。イエス様は繰り返し、ご自分は父なる神さまから遣わされ、神さまがしなさいと命じられたことを行い、神さまが語りなさいと命じられたことを語っていると語っています。つまり、イエス様は神さまに対して従順なのです。イエス様は神さまのお心を自分の心としています。<イエス様が父なる神さまの内にいる>とは、イエス様が神さまに対して従順であることを意味しています。あるいはイエス様が、神さまのお心を自分の心としていることを意味しています。だからイエス様は、父なる神さまと一つだと語られるわけです。

 そこでもう一度、イエス様が盲人の目を見えるようにした出来事を考えます。この出来事は、イエス様が神さまに従順になって行動した結果です。そして同時に、神さまがイエス様を通して働かれた結果です。神さまが働き、イエス様が働き、盲人の目が見えるという出来事が起こったのです。

 そこで、<信じなさい、そうすれば>とのイエス様の言葉に戻ります。盲人の目が見えるようになったという出来事が、神さまからのものであることを信じるなら、

「わたしが父の内におり、父がわたしの内におられることを、あなたたちは知り、また悟るであろう」

とイエス様は語られました。つまり神さまが働かれて、盲人の目を開けたことが分かれば、イエス様が神さまにお従いして、盲人の目を開けたことを知り、悟るというのです。

 信じることを命じるというのは、おかしいです。命じられて信じるなんて、そんなことできません。しかし、イエス様は、信じなさいとお命じになりました。<そうすれば、わかる>という出来事が起きるからです。

 中世の神学者でアンセルムスという人がいました。彼は

「知解を求める信仰」

ということを語りました。知解というのは、知ること、理解することを意味します。信仰のことをよく知るためにまず信じる、というのです。信じてみる、信じる人として生きてみる、そうすると信仰のことが分かるというのです。信仰者として生きることがどういうことか、それは信仰者になれば分かるというのです。信仰者をいくら観察しても、信仰についていくら考えても分からないというのです。歌舞伎に出てくる言葉があります。

「馬には乗ってみよ、人には添うてみよ」。

まず信じてみよ、とイエス様はおっしゃるのです。

 ユダヤ人たちは、残念ながらイエス様を信じませんでした。イエス様を捕らえようとしました。彼らのかたくなさをイエス様は悲しまれたことと思います。信じなさい、そうすれば分かる、これがイエス様のお言葉です。イエス様は私たちを信仰の世界へ招かれ、さらに信仰の世界の深みへと招かれています。

祈り